注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

寒い朝は布団から出たくない!スムーズに起きる方法はコレ!

気温が低くなってくると、朝起きるのが億劫になってきますよね。寒い朝は布団からなかなか出たくないものです。でも、いつまでも寝ているわけには行きませんし、会社に遅刻してしまいます。

寒い朝でもスムーズに起きるにはどうしたらいいのでしょうか。何かいい方法はある?

そこで今回は、寒い朝でも布団から出られるようにする方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

映画館に食べ物や飲み物を持ち込み禁止なのは何故?その理由とは

ほとんどの映画館では、食べ物や飲み物の持ち込みが禁止されています。 それでも持ち込みをする人が...

フィギュアの買取は箱なしでも可能!買取専門店を要チェック

フィギュアの買取は箱付きが条件で、箱なしなら受け付けてくれないのでは?というのは誤解です。 箱なし...

ラインで友達の連絡先を別の友達に教える方法について紹介!

ラインで友達の連絡先(ラインアカウント)を 別の友達に紹介したい場合、どのような方法があるのでしょう...

指が短い人でもピアノは弾ける?不利?の悩みにお答えします

指が短いとピアノは不利では?と感じてしまいます。 確かに指が短いとオクターブを弾くだけで痛くもなり...

ハムスターの鳴き声。プスプスは口や喉からではなく鼻からの音

ハムスターの鳴き声!? キュッキュやクッククククというハムスター特有の鳴き声ではなく『プスプス...

さまざまなお祝いメッセージの書き方のコツをご紹介

お祝いと一言で言っても、さまざまなものがあります。 結婚や出産、新築祝いなど、お祝いのメッセージの...

ライブ最前列の緊張感を楽しいものに!最前列ならではの楽しみ方

ライブで運良く最前列に入れるなんて、想像しただけで緊張してしまうものです。だって大好きなアーティスト...

ウェルカムボードを手作りしたい!出来れば100均のアイテムで

結婚式に欠かせないウェルカムボードは、専門の業者にお願いするか、手作りにするかの2択になると思います...

カラスが怖いと道を通れない時は「バンザイ」で回避できる

カラスの子育て時期は人を襲うこともあるため怖いですし、その道を通れないこともあります。 カラス...

退職後は健康保険に未加入?いいえ!国保に加入しています

会社を退職したあとは、健康保険の任意継続をしない限り、それまで会社で加入していた健康保険を使うことは...

幼稚園からピアノを始めるべき?習い事のピアノについて

ピアノは習い事の中でもかなり人気ですよね。小さい頃から始めたほうがいいとは聞くけれど、実際どのくらい...

運動会の持ち物【保育園編】定番以外であると嬉しい便利グッズ

待ちに待った保育園の運動会!前日までにあらゆる持ち物を準備します。 運動会の持ち物リストはある...

【子猫の睡眠】4ヶ月の子猫の睡眠時間の平均と成猫の睡眠時間

猫はいつも寝ているイメージがある人もいますよね。うとうとしている猫の姿はとっても可愛いものです。 ...

イギリスの文化で、日本との違いはこんなところがあります!

日本と同じ島国イギリスは、やはり似ている部分はあるのでしょうか? イギリス料理は美味しくないと...

名札ワッペンは服に穴が開かずに便利!名札ワッペンの作り方

名札を服に直接付けると穴が空いてしまいますよね。毎日名札を付け替えていると、その穴もだんだんと目立つ...

スポンサーリンク

寒い朝に布団から出たくない時は寝る前から翌朝の準備を!

寒い!だから布団から出たくない。というのであれば、起きる時間に合わせて部屋を暖かくしておけばいいのです!

暖房のタイマーをセットして、起きる30分前~1時間前に暖房のスイッチが入るようにしておきます。

この翌日の一手間で、起きるときには部屋の中はポッカポカ!寒いから布団から出たくない。という問題は解決です。

しかしそれを朝起きられない言い訳に使っていた方は、もう言い訳は出来ません。時間になったら布団から出なければいけませんので、家族と一緒に住んでいる方などは特に、朝のまったりタイムを失うことになります。

もし部屋の中を温めても寝起きがつらいのなら、布団の中で血行を良くする工夫を行いましょう。

布団の中で足の曲げ伸ばしを行うだけでも、血行が良くなりますよ!

寒い朝に布団から出たくない時の対処法

やはり寒い朝は、布団から出る時間に合わせて部屋の温度を上げておくと、寒くて布団から出たくない!という事がなくなります。

それでも布団から出ると一瞬ヒヤッと感じるという方は、布団から出たところに防寒グッズを用意して置くと良いですよ。

冬用の暖かいルームシューズやフリースがあれば、布団から出ても体温が奪われにくくなります。

また寒さよりも、目覚めが悪いのが布団から出たくない原因なら、まずはカーテンを開けて朝日を浴びることです。

よく話題になりますが目覚めにはセロトニンの分泌が重要!このセロトニンは明かりを浴びることで分泌が促されるのです。

なので、朝起きたらカーテンを開けて光を浴びてください。目が覚めて布団から出る気になるはずです。

その他にも体を中から温める事が一日の体調にも関係してくるので、朝は冷たいものを取るよりも暖かいもので胃腸を温めてください。

朝はアイスコーヒーよりも、ホットコーヒーを!お味噌汁を飲むのも、体を中から起こしてあげることに役立ちますよ。

寒い!布団から出たくない時にみんなはどうしてる?

寒い朝、布団からでたくないのは自分だけではありません。多くの人が経験済みです。

では、みんなはどうやって寒い朝を乗り越えているのか、気になりませんか?

やっぱり多いのはタイマーを利用して部屋を暖かくする方法、気温差が布団の中と部屋でなくなることによって、布団から出やすくなるんです。

しかし逆に暖かいと余計目が覚めない。という方もいらっしゃいます。

そんな方は逆に寒さに触れることで、目を覚まさせ布団から出るという方法を実践しています。

みんな、自分にあった方法を取り入れて寒い朝も、布団から起きだしているんですね。

睡眠の質を良くすることで寒い朝の目覚めをスッキリ!

部屋が寒いに関わらず、どうしても朝は苦手!目が覚めないというのであれば、やはり睡眠時間を考えてみる必要があるのではないでしょうか。

人にとって必要な睡眠時間は決まっています。しかし個人差があるために、それよりも少ない時間でも睡眠時間は十分に足りるという方や、もっと眠らないと朝の目覚めが悪いという方もいらっしゃるでしょう。

本当に自分の睡眠時間は足りているのか?また寝すぎているために、睡眠のサイクルに合っていないのではないか?考えて見ましょう。

ちなみに深い眠りと浅い眠りを繰り返し行っていることを知っていますか?その浅い眠りに起きる時間を合わせると、すんなりと目が覚めてよいと話題になっていますよね。

またその睡眠に合わせて起こしてくれる携帯アプリなどもありますので、寒くて目覚めの悪い朝などに活用してみるという方法もありますよ。

朝すっきりとしない!目が覚めない場合は睡眠の質なども、見直す必要があります。

寒い朝に布団から出るまでにかかる時間はどのくらい?

目が覚めて布団から出る時間と寒さは、本当に関係をしているのでしょうか?もし、関係しているというのなら同じ地域や県によって、布団から出る時間に違いが出ますよね。

寒い北海道や東北などは、暖かい地域に比べると布団から出るのが遅くなるはずです。

しかし同じ家に住んでいる家族でも違いがあります。性格や生活スタイルの違いによっても布団から出るまでの時間には違いがあると考えられます。

これを大きくとらえると県民性でも違いが出るということになりますよね。

のんびりゆったりと行動する人が多い県では布団から出るのが遅くなり、時間を有効に使いたいと忙しく動く人が多い県では布団から出る時間も早くなるということです。

布団から出る時間一つでも、住んでいる地域や県の特徴を知ることもできるというわけです。