注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

古い通帳は処分すべき?その理由と処分する方法を教えます

通帳がいっぱいになって新しい通帳になりますが、気がつくと古い通帳が何冊も引き出しの中に入っていた…そんな人も多いのではないでしょうか?

古い通帳は保管しておくべきなのでしょうか?それとも処分した方がいい?銀行に持っていけば処分してくれるの?

もう使わない古い通帳は処分しよう!その理由と処分方法を教えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ラジオの電波が入りにくい原因と電波を入りやすくする方法を解説

ラジオの電波が入りにくいと、大切な情報を聞くことができずに困ってしまいますよね。特に災害などの時は、...

免許証の写真写りがひどい。全国民共通の悩みを解決しますよ!

免許証の写真写りがひどいことで得するのは、お笑い芸人さんくらいでしょうか? 免許証の写真写りが...

絵が上手くなる方法。まずはどんな顔を描きたいのかを決めよう

絵が上手くなる方法【顔】 顔を描く時に、注意しなければならないいくつかの点があります。 それ...

赤ちゃんには母乳?それとも粉ミルク?選択方法について

赤ちゃんを育てるのには母乳?それとも粉ミルク?どちらにするか悩んでいるのなら、先のことを見越して決め...

アパートのドアの隙間を防ぐ対処法で寒さや虫の対策をしよう

アパートのドアに隙間があると、風が部屋の中に入り込むのでとても寒くなってしまいます。ドアの隙間を塞い...

寺や神社のお守りは複数持っていても大丈夫!神様は喧嘩しません

妊娠している時に「安産祈願」のお守りをたくさんもらった場合、これって全部持ち歩いてもいいのかな?と疑...

寝る前にチーズを食べると太る?おやすみ前に小腹が空いたとき

寝る前に小腹が空いた時はどんなものを口にしたらいいのでしょうか?何も食べないほうがいいのはわかってい...

掃除や片付けが苦手な人へ 掃除や片付けを楽にこなそう

掃除や片付けが苦手な人は多いのではないでしょうか?私自身も掃除や片付け苦手です。 掃除や片付け...

首都高の運転は難しい!高速を走る時のコツやポイントとは

首都高の運転は怖い…。という人は多いのではないでしょうか?なぜ、首都高の運手は難しいと思われているの...

名古屋の観光で子供向けのスポット!色んなジャンルが楽しめます

名古屋には観光スポットがたくさんありますが、動物園や水族館など子供向けの施設も以外とありますよ! ...

鍋の焦げ付きを取る方法!鍋の素材に合わせた効果的な落とし方

うっかり鍋を焦がしてしまったという時には、しばらくお湯に付けておいてから洗いますが、それでもこびりつ...

服を買うことが苦手な人のための洋服の買い方を教えます!

少しでもおしゃれな服を着たいと思っていはいるものの、服を買うことが苦手という女性もたくさんいると言わ...

日本にはどんな魅力があるのでしょうか海外の反応は?

日本には独特な魅力がある観光地が数多くあります。 その中には日本人はそれほど行かないのに、海外の人...

ダウンジャケットの洗濯をコインランドリーでする場合の注意点

1シーズン着用した後のダウンジャケットの洗濯は、クリーニング店に頼んだ方が良いことはわかっていても料...

塩を清めの為に持ち歩く人は増えている!使い方や交換時期を解説

日本人にとっては馴染み深い、盛り塩やお清めの塩。 神棚にお供えしたり、お店の玄関先やトイレなど...

スポンサーリンク

古い通帳は銀行へ持っていけば処分してくれるの?

お給料などの管理や、生活費の管理、電気代やガス代などの公共料金や、スマホなどの通信費など、銀行の通帳を見て様々な事が管理ができて把握できます。

通帳をみて、入金や支出がどの位だったか見返したり、管理できるので便利なのですが、引き落としや収入などを同じ銀行ですればするほど、通帳記帳をするところがなくなり、新しい通帳に繰り越していかないといけなくなり、その分いっぱいになった通帳がどんどん溜まっていきます。

通帳は大切なものというイメージからか、古い通帳も全部取っておいている人もいますが、中には必要はなくなったけど、どう処分していいか分からないという理由の人がいます。

いっぱいになってしまった古い通帳は自分で管理するか、個人情報に気をつけて処分しましょう。
銀行では、不必要になった通帳の処分などは引き取りなどしていませんので注意して下さい。

古い通帳は処分すべき?それとも保管しておくべき?

記帳したものを見返したりする事などの為に、いっぱいになった古い通帳も、過去最近のものを1冊分は管理しておき、あとは必要に応じて不要なものは処分してしまっても大丈夫です。

もしも更に前の取引の記帳分が必要になったとしたら、その取引している銀行から、過去10年ほど分が保管されているので、手数料はかかってしまいますが調べてくれて入手する事が可能になります。

税務署でも法人や個人の事業主に、領収書、帳簿、レシートなどを5年から7年は保管するようにと義務を出しています。

事業主からしたらそうした書類を保管する事によって、取引を証明できる事ができるために必要になるのです。

もしも年金の引き落としの証拠などとして、10年分以上の通帳の記帳が必要で取っておきたいのであれば、場所はとってしまいますがそれで安心できるのならそれでもいいでしょう。

必要かどうかをしっかり見極めましょう。

古い通帳を処分する場合は新聞紙に包んで燃えるゴミとして出そう

いっぱいになって古い通帳を捨てるときは、そのまま捨てるのではなく、分からなくなるように工夫しましょう。

古い通帳を処分する方法

  • 1枚ずつバラバラにして、順番を変える
  • 見られたくないところ(名前や口座番号などの個人情報とか)に油性のマジックで塗りつぶす
  • シュレッターにかけるかハサミで細かく切る
  • 紙袋や紙類に分けて包んでゴミの日に出す

簡易なつくりの小さいシュレッダーも、お値段がお手ごろで市販されています。
シュレッダーはさみになると、更にお手ごろなり場所もあまり取りません。

また、活字が分かりにくくなるスタンプなどもお手ごろな価格で市販されています。

通帳以外にも、お手紙やハガキ、配達など個人情報が記載されているものが沢山ありますので、そのようなものを処分する時のためにも、その量や使用頻度、使用方法などご自身の生活スタイルなどに合わせて選びましょう。

古い通帳は処分した方が金運もアップするかも?

余分なものがたくさんあると、金運にも良くありません。

お財布の中も、レシートが入っていたり、普段使用しないカードやポイントカードが入っているのは良くないと言われ、お金(現金)以外は必要最低限にした方がいいとされています。

本当に必要な物かどうかを考えて、必要であると判断したものだけを残す断捨離する事もいいでしょう。

通帳は、その必要とする理由にもよりますが、大抵は、今使用している通帳1冊と、過去1番最近の1冊があれば捨てていいとされています。

いくつも口座がある場合で、使っていない通帳があるのであれば解約してしまう事も選択肢の一つです。

使わないもの、いらないものがあっても意味がありませんので、自分でしっかり把握する事によって、今までよりも管理が楽にもなるのでおすすめです。