注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

古い通帳は処分すべき?その理由と処分する方法を教えます

通帳がいっぱいになって新しい通帳になりますが、気がつくと古い通帳が何冊も引き出しの中に入っていた…そんな人も多いのではないでしょうか?

古い通帳は保管しておくべきなのでしょうか?それとも処分した方がいい?銀行に持っていけば処分してくれるの?

もう使わない古い通帳は処分しよう!その理由と処分方法を教えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高校生活への不安や怖い気持ち。引きずらずに自分らしくいる方法

高校生活への不安や怖いと感じる気持ち、とってもよくわかります。 未知の世界を想像すると恐怖や不安を...

アパート2階に住む時に試したい騒音対策とは

アパート2階に住むと気になるのが、1階に響く音です。 子供の足音や椅子を引く音など、アパートの...

チェックイン時間に遅れる時の対処法!ホテルへの連絡を忘れずに

宿泊の予約をしていたホテルのチェックイン時間に遅れそうな時は、前もって宿泊先のホテルに連絡を入れるこ...

一人暮らしの掃除の頻度とは?一人暮らしの掃除のコツ

一人暮らしの掃除の頻度はどのくらいが平均なのでしょうか?働いている人は、やはり掃除をするのはお休みの...

詩の書き方とは?小学校高学年はココを意識して詩を作ろう

小学校高学年はどのようにして詩を書いたらいいのでしょうか?詩の書き方は好きなことを書いていいからこそ...

アナログとデジタル時計のそれぞれの短所や長所と心理的効果

ビジネス用やプライベート用などで腕時計は必要ですね。購入を考えた時にアナログかデジタルかで悩んでしま...

親指が長い人と短い人の性格の違いとは?さっそくチェックしよう

手相で性格がわかるということは有名ですが、実は指の長さによってもだいたいの性格がわかると言われていま...

ホテルの当日予約は電話がオススメな理由とお得になるタイミング

ホテルの当日予約には、電話予約をするのがオススメです。 また、ホテルを当日に予約したいときは、...

自治会への挨拶は引っ越し後必ず必要なのか

引っ越しをしたときは、粗品を持って近所に挨拶回りを行いますが、自治体にも挨拶が必要なのか迷ったことあ...

乳児と幼児の違いとは?保育園での過ごし方やタイミング

保育園に入れるなら、乳児のときから?それとも幼児になってからがいい?そもそも、保育園には何歳から入る...

電子レンジのオーブン機能の使い方や注意点を紹介します

電子レンジのオーブン機能の使い方がわからないから、温める専門として使っている人は多いのではないでしょ...

絵が上手い子供について。親子で書くことを楽しむには

絵が上手い子供になって欲しいと願うなら、子供に対してどのような声掛けをしながら接すると良いのでしょう...

車のタッチペンを使った補修方法!綺麗に仕上げるコツ

車に出来た傷。そのまま放置してしまうとサビの原因にもなってしまいます。 そこで活用したいのが「...

上の階の騒音は直接言うより管理会社へ!それでもダメな時は

上の階の騒音で悩んでいる人も多いことでしょう。 騒音に耐えられなくなったからと言って、直接苦情...

車選びでピンク色に乗るのに年齢は関係ないという意見は多い

車の購入を考えている場合に気になるのが、車種の他に車の色も気になるところではないでしょうか。 ホワ...

スポンサーリンク

古い通帳は銀行へ持っていけば処分してくれるの?

お給料などの管理や、生活費の管理、電気代やガス代などの公共料金や、スマホなどの通信費など、銀行の通帳を見て様々な事が管理ができて把握できます。

通帳をみて、入金や支出がどの位だったか見返したり、管理できるので便利なのですが、引き落としや収入などを同じ銀行ですればするほど、通帳記帳をするところがなくなり、新しい通帳に繰り越していかないといけなくなり、その分いっぱいになった通帳がどんどん溜まっていきます。

通帳は大切なものというイメージからか、古い通帳も全部取っておいている人もいますが、中には必要はなくなったけど、どう処分していいか分からないという理由の人がいます。

いっぱいになってしまった古い通帳は自分で管理するか、個人情報に気をつけて処分しましょう。
銀行では、不必要になった通帳の処分などは引き取りなどしていませんので注意して下さい。

古い通帳は処分すべき?それとも保管しておくべき?

記帳したものを見返したりする事などの為に、いっぱいになった古い通帳も、過去最近のものを1冊分は管理しておき、あとは必要に応じて不要なものは処分してしまっても大丈夫です。

もしも更に前の取引の記帳分が必要になったとしたら、その取引している銀行から、過去10年ほど分が保管されているので、手数料はかかってしまいますが調べてくれて入手する事が可能になります。

税務署でも法人や個人の事業主に、領収書、帳簿、レシートなどを5年から7年は保管するようにと義務を出しています。

事業主からしたらそうした書類を保管する事によって、取引を証明できる事ができるために必要になるのです。

もしも年金の引き落としの証拠などとして、10年分以上の通帳の記帳が必要で取っておきたいのであれば、場所はとってしまいますがそれで安心できるのならそれでもいいでしょう。

必要かどうかをしっかり見極めましょう。

古い通帳を処分する場合は新聞紙に包んで燃えるゴミとして出そう

いっぱいになって古い通帳を捨てるときは、そのまま捨てるのではなく、分からなくなるように工夫しましょう。

古い通帳を処分する方法

  • 1枚ずつバラバラにして、順番を変える
  • 見られたくないところ(名前や口座番号などの個人情報とか)に油性のマジックで塗りつぶす
  • シュレッターにかけるかハサミで細かく切る
  • 紙袋や紙類に分けて包んでゴミの日に出す

簡易なつくりの小さいシュレッダーも、お値段がお手ごろで市販されています。
シュレッダーはさみになると、更にお手ごろなり場所もあまり取りません。

また、活字が分かりにくくなるスタンプなどもお手ごろな価格で市販されています。

通帳以外にも、お手紙やハガキ、配達など個人情報が記載されているものが沢山ありますので、そのようなものを処分する時のためにも、その量や使用頻度、使用方法などご自身の生活スタイルなどに合わせて選びましょう。

古い通帳は処分した方が金運もアップするかも?

余分なものがたくさんあると、金運にも良くありません。

お財布の中も、レシートが入っていたり、普段使用しないカードやポイントカードが入っているのは良くないと言われ、お金(現金)以外は必要最低限にした方がいいとされています。

本当に必要な物かどうかを考えて、必要であると判断したものだけを残す断捨離する事もいいでしょう。

通帳は、その必要とする理由にもよりますが、大抵は、今使用している通帳1冊と、過去1番最近の1冊があれば捨てていいとされています。

いくつも口座がある場合で、使っていない通帳があるのであれば解約してしまう事も選択肢の一つです。

使わないもの、いらないものがあっても意味がありませんので、自分でしっかり把握する事によって、今までよりも管理が楽にもなるのでおすすめです。