注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

白いバッグは手入れが大変でも絶対欲しい!白さを保つ手入れ方法

暖かくなってくるとファッションも変わり、それに合わせてバッグも変えたくなりますね!

白いバッグはどんなスタイルにもあって、一つは欲しいアイテムですね。

ですが白いバッグはすぐに汚れが目立ってしまい、お手入れが大変です。

バッグには革製品や合皮、手軽なトートバッグなど色んなタイプがあります。

それぞれのお手入れの仕方を紹介します!

またバッグのお手入れでありがちな、誤解していることもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

名札ワッペンは服に穴が開かずに便利!名札ワッペンの作り方

名札を服に直接付けると穴が空いてしまいますよね。毎日名札を付け替えていると、その穴もだんだんと目立つ...

タヒチとモルディブどっちを旅行しようか迷っている人へ

新婚旅行でタヒチとモルディブのどっちにしようか悩んでいませんか? どちらもリゾート感満載の観光地で...

秋の北海道観光おすすめの場所!秋の北海道には魅力がたくさん

秋に北海道観光をしようと思っている人に、北海道のおすすめの観光スポットをご紹介します!秋の北海道には...

フラダンスの発表会の費用について場所による違いや楽しみ方

フラダンスの発表会には費用がかかります。衣装代はもちろん、会場費など教室によって生徒も負担することに...

親に旅行をプレゼントするなら海外?おすすめなスポットをご紹介

親が生きているうちに親孝行したい!いつかしてあげたいと思っているその瞬間にも、親もあなたも年を重ねて...

映画館に食べ物や飲み物を持ち込み禁止なのは何故?その理由とは

ほとんどの映画館では、食べ物や飲み物の持ち込みが禁止されています。 それでも持ち込みをする人が...

筆の洗い方の紹介!固まった場合や、普段のお手入れについて

書道を習い事でやっているお子さんもいれば、趣味で書道をやっている方もいますね。 筆を使ってその...

耳垢は耳鼻科でごっそり取る?耳掃除の方法や耳垢の働きとは!

耳垢を耳鼻科でごっそりと取ってもらったなんて経験がある人はいませんか? たくさん取れると気持ちいい...

幼稚園からピアノを始めるべき?習い事のピアノについて

ピアノは習い事の中でもかなり人気ですよね。小さい頃から始めたほうがいいとは聞くけれど、実際どのくらい...

幼稚園のママの年齢層はどのくらい?ママ同士の付き合い方

幼稚園のママはいったいいくつなんだろう・・・。もしかして一人だけ年齢的に浮いている?と気になってしま...

6ヶ月くらいから赤ちゃんは人見知りをする?対処方法について

赤ちゃんの人見知りは何ヶ月くらいから始まるものなのでしょうか? だいたい6ヶ月くらいからと言わ...

釣り女子が気になるトイレ事情について調べてみました

釣りは男性のイメージがありますが、最近は釣りを楽しむ釣り女子も増えています。 釣りの方法は、船...

不妊は離婚の理由になるの?不妊の苦しみとその末路とは

不妊を理由として離婚することはできますか? 基本的に離婚は、双方の合意があればどのような理由で...

【ロサンゼルス空港で乗り継ぎ】時間潰しにおすすめの遊び方!

ロサンゼルス空港で乗り継ぎして他のアメリカ国内の都市や他の国へ行く場合、乗り継ぎ時間が何時間もある場...

ラインで友達の連絡先を別の友達に教える方法について紹介!

ラインで友達の連絡先(ラインアカウント)を 別の友達に紹介したい場合、どのような方法があるのでしょう...

スポンサーリンク

白い革のバッグの手入れの方法を紹介

白いバッグの手入れをする時には、悩みますよね。特に革の素材だと、ちょっと擦っただけでも傷になる上に汚れも目立ちやすいものです。正しいお手入れをサボッて油断していると、摩擦や負担がかかる部分からひび割れてきてしまいます。

そんなことになる前に、白い革のバッグの正しい手入れを知って実践しましょう。革の手入れで大切なのは、傷む前に手入れすること。傷んでから慌てて手入れしたのでは遅いのです。

白い革のバッグの手入れの道具

  • 馬毛ブラシ
  • クリームエッセンシャルローション
  • ローションを塗る用の布
  • グローブクロス

●白い革のバッグの手入れの方法

  1. ブラシでバッグの表面や隙間についた埃やごみを落とします。毛先が細く柔らかい馬毛がおすすめです。
  2. 布を使って少量のクリームエッセンシャルローションを全体に塗りこみます。
    革を保護し、ツヤを出し、汚れを落としてくれる優れものですが、塗りすぎは厳禁です。
  3. ブラシを全体に大きくかけて、ローションを伸ばします。
  4. グローブクロスで余分なローションを拭き取って完了です。

白い布バッグの手入れの方法について

白いキャンパス地のトートバッグは、ちょっとしたお出かけやお買い物など様々なシーンで活躍してくれます。しかしその便利さゆえについヘビロテしてしまい、気づけば薄汚れてぼろぼろになってしまうなんてことも。

普段使いのバッグこそ、いつも清潔に保って痛いですよね。白い布バッグの手入れについてまとめてみました。

少しの汚れを落としたいなら

  • 叩く

少しの汚れを落とすなら、丸洗いは避け部分的な手入れで十分です。中性洗剤を水で薄めた液を作り、タオルなどに含ませます。汚れた部分をタオルでポンポンと叩いて綺麗にしましょう。汚れが落ちたら、タオルを水で洗い硬めに絞ったもので再度拭きましょう。

  • 消しゴム

水を使って色褪せや型崩れが心配なバッグには、意外なものが役に立ちます。汚れが気になる部分を、プラスチック消しゴムで軽くこすってみましょう。擦りすぎたり強く擦ると布を傷めてしまうので注意してください。

  • 雨などで濡れた場合

乾いたタオルで水分を拭き取ります。白い布製のバッグは一部だけ濡れているとシミになる可能性があるので、全体を固く絞ったタオルで拭いて完了です。

  • 丸洗いするなら
  1. 洗濯機は使わず手洗いです。使用量の目安に従い水かぬるま湯で薄めた中性洗剤を溜めます。漂白剤は色落ちの恐れがあるので使わないようにしましょう。
  2. 丁寧に押し洗いします。揉んだり擦ったりすると布が傷んでしまいます。
  3. 乾いたタオルで水分を拭き取ったら、日陰に干しましょう、重力による型崩れを防ぐには平干しがおすすめです。

白いバッグに付いた黄ばみのお手入れ方法

白いバッグについてしまった黄ばみはとっても気になりますよね。そんなときの正しい手入れの方法をご紹介します。汚れてしまったからと諦めず、正しい手入れをして長く愛用しましょう。

白いバッグの黄ばみを取るのに必要な道具

  • 酵素系漂白剤(粉タイプ)…大さじ1強
  • 洗濯用固形洗剤
  • 洗濯ブラシ
  • お湯(40~50度くらい)…1リットル
  • タオル

白いバッグの黄ばみを取る方法

  1. たらいにお湯をため、白いバッグをお湯につけて濡らします。
  2. 黄ばみの気になる部分に、固形石鹸を泡が立つまで擦り付けます。
  3. 洗濯ブラシで軽くブラッシングします。強く擦ると布を傷めてしまうので気をつけましょう。
  4. 泡を水で洗い流します。
  5. たらいのお湯に漂白剤を溶かし、バッグをつけて2時間程度放置します。
  6. 水でしっかりすすぎ、乾いたタオルで水分を拭き取り形を整えます。
  7. 日陰で風通しの良いところに干します。扇風機などで風を送るのも良いでしょう。

バッグの手入れの仕方間違えてない?

正しい手入れの方法を知っておくことで、大切なバッグを長持ちさせて使い続けることができます。

間違った手入れとしてありがちなのが、バッグの保存方法です。バッグの長期保存で怖いのが、型崩れとカビですね。バッグの中に詰め物をして、袋に入れて埃を防ぎましょう。袋はカビ防止のために通気性の良い布のタイプが良いでしょう。乾燥剤を入れるとなお良いですね。

また、「防水加工がされているバッグだから水に濡れても大丈夫」というのもありがちな落とし穴です。バッグの表面は防水加工がされていても、チャックの隙間や縫い目から染み込んだ水が内部の芯のボール紙やスポンジを濡らしてしまいます。水に濡れたときは、乾いたタオルで水気を取り通気性の良い日陰で完全に乾かしましょう。

白いバッグは夏の必需品!オススメコーデ

真っ白なバッグはどんな季節にも使える万能選手です。中でも特に暑い季節にぴったりです。青い空とよく似合い、焼けるような日差しのなかで涼しげな白がぱっと目を惹きます。

白いバッグのおすすめ夏コーデをご紹介

コットンキャンバス地の白いバッグ

ナチュラルな雰囲気の白いトートバッグにはゆるっとした雰囲気のコーデがおすすめです。風でふわっと広がるフレアスカートで涼しさを演出しましょう。トップスには夏らしいボーダーを合わせると今っぽくまとまります。足元がサンダルかスニーカーかでテイストを変えることができます。

白のストロートートバッグ

白のストロートートバッグは、夏にこれ異常ないくらいぴったりだと言えるでしょう。せっかくなのでバッグを主役にコーディネートします。ボトムは夏らしい雰囲気で白いバッグにも良く合うデニム生地を選びましょう。トップスにはあまり主張の強すぎないものを選ぶことで、白いストローバッグが引き立ちます。

オールシーズンのコーデに合わせられる嬉しい白いバッグは、きちんと手入れしていつでも使えるようにしておきましょう。