注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

記念式典の服装について!主催者側とゲスト側の女性の場合!

記念式典の服装について悩んでいる女性はいませんか?
主催者側の女性とゲスト側の女性の服装について、そのポイントやマナーを紹介します!
また、会社の記念式典に参加する女性の服装もお伝えしますよ!

式典に招待された場合によく聞く「セミフォーマル」についてや、祝賀会に出席する場合の女性の服装についてもまとめてみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

服にペンキが!服についてしまったペンキの落とし方について

服にペンキがついてしまったらもう諦めるしかない?洋服にマジックや油性ボールペンがついてしまうとがっか...

親に旅行をプレゼントするなら海外?おすすめなスポットをご紹介

親が生きているうちに親孝行したい!いつかしてあげたいと思っているその瞬間にも、親もあなたも年を重ねて...

1周忌の挨拶!お悔やみの手紙についてや服装について

故人が亡くなってから1年立つと1周忌という法要が行われます。一周忌は親族や近しい人だけで行われるので...

親にスマホを買ってもらうための説得方法はコレだ!

親にスマホを買って!と言うだけではスマホを手に入れることはできないのです。 スマホが本気で欲し...

男友達との旅行は部屋別にするのが鉄則!誤解されないルール

女性同士の旅行というのはよくあることですが、異性の男友達から旅行に誘われたら、あなたはどうしますか?...

指が短い人でもピアノは弾ける?不利?の悩みにお答えします

指が短いとピアノは不利では?と感じてしまいます。 確かに指が短いとオクターブを弾くだけで痛くもなり...

海で浮き輪があっても流される『離岸流』に遭わないために

夏と言えば海!毎年海水浴へ行くことが楽しみという人も多いでしょう。 しかし、海には危険がつきも...

タトゥーを入れたいと思う心理は?タトゥーを入れることの意味

「タトゥーを入れたい」と思う人の心理には一体どのようなものがあるのでしょうか。ただ単にファッションと...

自分好みのリースを手作り!可愛く見える作り方やコツをご紹介

クリスマスになると玄関にリースを飾るお家が増えていますね。可愛いリースが飾ってあると見ているこちらも...

マタニティ用スカートで仕事でも通用するものは?服装選びのコツ

マタニティ時期でも仕事を頑張っている妊婦さんも多いですが、困るのが服装です。 スカートやパンツ...

スピード違反の取り締まりの種類!ルールを守って安全運転を!

スピード違反で捕まった経験のある人は、スピード違反の取り締まりに対して嫌悪感を持っていることが多いで...

古文のコツとは?中学古文を苦手克服するための勉強法

国語の中でも古文が苦手という中学生も多くいるのではないでしょうか? では、中学古文の苦手を克服...

お花モチーフを手作りで!フェルトの可愛いお花をハンドメイド

フェルトは切りっぱなしでOKなので、お花のモチーフを作る時にも使いやすいアイテムです。 そこで、フ...

余興が盛り上がるムービーの作り方やアイデアについて知りたい

結婚式などの余興を盛り上げるもののひとつにムービーがありますよね。 新郎新婦だけではなく、友達や家...

車の窓ガラスを割る方法とは?災害時のためにも知っておこう

車の窓ガラスを割る機会なんて人生の中でそうあるものではない、と思っている人が多いかもしれませんが、災...

スポンサーリンク

記念式典の主催者側の女性の服装について!

記念式典を主催する側で出席する時には、いくつか注意するポイントがあります。

記念式典ですので、ラフなスタイルは厳禁です。
その為、フォーマルなドレスコードがマナーです。

フォーマルなドレスコードでは素足は厳禁です。
また、厚手のストッキングや黒タイツもNGです。

最も一般的な薄手で肌の色に近いベージュのストッキングを着用しましょう。

また、靴は3~7cm程度のヒールのあるパンプスを履きます。

つま先の出ているサンダルやミュールなどは、フォーマルな席にはふさわしくありません。
また、ブールもカジュアルな履物になりますので避けましょう。

足を綺麗に見せたいのなら7cmヒールがおすすめです。

もっとも綺麗に見せるヒールの高さだといわれています。

他にも注意したいのがアクセサリーや時計です。
高価でキラキラした時計やアクセサリーは控えましょう。

ビジネスパーティーでは派手さではなく上品さが求められます。

記念式典のゲスト側の女性の服装について!

記念式典のゲストとして出席する場合には、まず招待状を確認しましょう。

「平服」と記載されていませんか?
平服とは、略礼服のことを指しています。

イブニングドレスやカクテルドレス、スーツなどのかしこまった服装ではなく、女性ならワンピースやシャツとスカートなどの綺麗な服装が望ましいでしょう。

決してカジュアルな服装という意味ではありません。

記念式典はビジネスでご招待されることがあると思います。
そういった場合には、あなたを好印象に見せることが大事です。

式典というのはビジネスでは特別なシーンですので、参列する以上は服装が大事なポイントとになるでしょう。

上品さとさり気ない華やかさを感じさせる服装が好まれるでしょう。

会社の記念式典に参加!女性場合、服装はどうしたらいい?

会社で記念式典が行われることになった場合の服装は悩みますよね?
そんな時には、先輩や上司に相談してみるのがよいでしょう。

女性には華やかさを添えて欲しいと考えている会社や、整然とした雰囲気を好む会社もあります。
会社によってはフォーマルドレスやスーツなど、社内ルールとしてのドレスコードが設定されている場合もあります。

また、式典自体の規模や来賓などによっても変わってくるでしょう。

式典で最も多い服装は略礼装です。
ワンピースやアンサンブル、スーツなどです。

カジュアルすぎる素材や、体のラインが出るものは避けたほうが無難です。
また、派手過ぎないものを選びましょう。
昼間の式典ではラメなどのキラキラ光る素材もNGです。

夜の式典の場合は、昼間よりも少し華やかさのある方が良いでしょう。

ドレスは「上品さとさり気ない華やかさ」がポイントです。
スールの場合は、地味になりがちですので、フリルのついたブラウスなどを着用すると、華やかさがプラスされるのでおすすめです。

式典に招待されたけど、服装のセミフォーマルってなに?

式典などの服装では「セミフォーマル」を指定されることがよくあります。

服装には大きく分けて「フォーマル」「セミフォーマル」「インフォーマル」とがあります。
日本語でいうと「正装」、「準礼装」、「略礼装」となります。

フォーマル(正装)は結婚式の主催者側など、かなり限られたシーンでしか着る機会がないので、あまり気にしなくても良いでしょう。

セミフォーマル(準礼装)は正装ではないけれど、それに準ずる服となります。
結婚式に参列するとき、入学式や卒業式、式典などの改まった席で最も多く求められる服装です。

一般的には昼ならセミアフターヌーンドレス、夜ならカクテルドレスなどが準礼装にあたります。

ただし、女性にはこれを着ればOKという明確な決まりなく、素材やデザイン、出席するパーティの時間や場所、出席される他の方などを考えて選ぶ必要が出てきます。

尚、柄物より無地のほうが格上とされます。

祝賀会に出席する場合の女性の服装について!

祝賀会にもし出席することになったら注意しなくてはいけないのは、服装の色です。

お祝いの席ですので、明るいカラーがおすすめです。
白やピンク、水色、若草色などのパステルカラーを中心に選びましょう。
選びがちな黒色は、お祝いの席では主役の方に対して失礼にあたる場合もあります。

ドレスコードが指定されている場合には、指示に従った服装を選びましょう。
礼服や格式高い服装をドレスコードと設定している時には、和装なら、振袖留袖などの正装を選びましょう。洋装の場合はフォーマルドレスになります。

特に指定の無い場合や、セミフォーマルと指定がある場合には、「上品さとさり気ない華やかさ」をポイントに選びましょう。
明るいイメージが良いとはいえ、あまり派手な柄物は避けるのが無難です。
周りの人と足並みを揃えることも大事です。