注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

記念式典の服装について!主催者側とゲスト側の女性の場合!

記念式典の服装について悩んでいる女性はいませんか?
主催者側の女性とゲスト側の女性の服装について、そのポイントやマナーを紹介します!
また、会社の記念式典に参加する女性の服装もお伝えしますよ!

式典に招待された場合によく聞く「セミフォーマル」についてや、祝賀会に出席する場合の女性の服装についてもまとめてみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家電量販店の店員の知識があるかの見分け方や失敗しないコツとは

家電量販店で家電を購入する際、できれば商品知識がある店員さんに色々聞きたいですよね。 では、家...

家は木造?鉄筋がいい?構造の違いから見るメリットとデメリット

家の構造には、木造や鉄筋コンクリートといった工法がありますが、それぞれどんな違いがあるのか正直分から...

福神漬けがカレーに添えられるなぜについて。始まりは大正時代

福神漬けと言えばカレー。 当たり前のようにカレーのお供にしている福神漬けですが、ふと『なぜ、カレー...

ストッキングが破れるのが太もも部分のときの対処法と予防対策

ストッキングを履いているとうっかりひっかけて破れることがあります。 破れたときがなぜか太もも部分ば...

夢でいつも同じ場所が何回も出てくる理由とそのメッセージとは

子供の頃からいつも同じ場所にいる夢を何回も見てしまうってことありませんか? 目が覚めてから「またあ...

猫の寝床を手作りしよう!ポイントや注意点をご紹介します

猫の寝床を手作りするという飼い主さんもいらっしゃるでしょう。 ダンボールで作ったものや猫テント...

退職後は健康保険に未加入?いいえ!国保に加入しています

会社を退職したあとは、健康保険の任意継続をしない限り、それまで会社で加入していた健康保険を使うことは...

クワガタやカブトムシの捕まえ方は?バナナトラップの作り方

夏になると、クワガタやカブトムシを捕まえたいというお子さんもいますよね!ひと夏の思い出として、親子で...

ウェルカムボードを手作りしたい!出来れば100均のアイテムで

結婚式に欠かせないウェルカムボードは、専門の業者にお願いするか、手作りにするかの2択になると思います...

文鳥がくちばしを鳴らすのはなぜ?文鳥の気持ちと体の変化

文鳥がいつもとは違う行動を取る場合、飼い主としては心配になってしまいます。 また聞いたことがな...

パンプスのサイズが合わないのはどうしたらいい?対処方法とは

パンプスのサイズが合わないときには、どう対処したらいいのでしょうか? 出先で、パンプスのサイズ...

猫の鳴き声で気持ちを知ろう!「クルル」と鳴くときの気持ちを解説

猫が「クルル」と鳴き声を出したとき、まだ上手にコミニュケーションが取れていない飼い主さんは、一体どん...

グアムと沖縄、行くならどっち?迷ったときの選別方法

今年の夏休みはどこか旅行に行きたいな~と思っている方、必見です。グアムと沖縄のどっちかで悩んでいるな...

余興が盛り上がるムービーの作り方やアイデアについて知りたい

結婚式などの余興を盛り上げるもののひとつにムービーがありますよね。 新郎新婦だけではなく、友達や家...

お花モチーフを手作りで!フェルトの可愛いお花をハンドメイド

フェルトは切りっぱなしでOKなので、お花のモチーフを作る時にも使いやすいアイテムです。 そこで、フ...

スポンサーリンク

記念式典の主催者側の女性の服装について!

記念式典を主催する側で出席する時には、いくつか注意するポイントがあります。

記念式典ですので、ラフなスタイルは厳禁です。
その為、フォーマルなドレスコードがマナーです。

フォーマルなドレスコードでは素足は厳禁です。
また、厚手のストッキングや黒タイツもNGです。

最も一般的な薄手で肌の色に近いベージュのストッキングを着用しましょう。

また、靴は3~7cm程度のヒールのあるパンプスを履きます。

つま先の出ているサンダルやミュールなどは、フォーマルな席にはふさわしくありません。
また、ブールもカジュアルな履物になりますので避けましょう。

足を綺麗に見せたいのなら7cmヒールがおすすめです。

もっとも綺麗に見せるヒールの高さだといわれています。

他にも注意したいのがアクセサリーや時計です。
高価でキラキラした時計やアクセサリーは控えましょう。

ビジネスパーティーでは派手さではなく上品さが求められます。

記念式典のゲスト側の女性の服装について!

記念式典のゲストとして出席する場合には、まず招待状を確認しましょう。

「平服」と記載されていませんか?
平服とは、略礼服のことを指しています。

イブニングドレスやカクテルドレス、スーツなどのかしこまった服装ではなく、女性ならワンピースやシャツとスカートなどの綺麗な服装が望ましいでしょう。

決してカジュアルな服装という意味ではありません。

記念式典はビジネスでご招待されることがあると思います。
そういった場合には、あなたを好印象に見せることが大事です。

式典というのはビジネスでは特別なシーンですので、参列する以上は服装が大事なポイントとになるでしょう。

上品さとさり気ない華やかさを感じさせる服装が好まれるでしょう。

会社の記念式典に参加!女性場合、服装はどうしたらいい?

会社で記念式典が行われることになった場合の服装は悩みますよね?
そんな時には、先輩や上司に相談してみるのがよいでしょう。

女性には華やかさを添えて欲しいと考えている会社や、整然とした雰囲気を好む会社もあります。
会社によってはフォーマルドレスやスーツなど、社内ルールとしてのドレスコードが設定されている場合もあります。

また、式典自体の規模や来賓などによっても変わってくるでしょう。

式典で最も多い服装は略礼装です。
ワンピースやアンサンブル、スーツなどです。

カジュアルすぎる素材や、体のラインが出るものは避けたほうが無難です。
また、派手過ぎないものを選びましょう。
昼間の式典ではラメなどのキラキラ光る素材もNGです。

夜の式典の場合は、昼間よりも少し華やかさのある方が良いでしょう。

ドレスは「上品さとさり気ない華やかさ」がポイントです。
スールの場合は、地味になりがちですので、フリルのついたブラウスなどを着用すると、華やかさがプラスされるのでおすすめです。

式典に招待されたけど、服装のセミフォーマルってなに?

式典などの服装では「セミフォーマル」を指定されることがよくあります。

服装には大きく分けて「フォーマル」「セミフォーマル」「インフォーマル」とがあります。
日本語でいうと「正装」、「準礼装」、「略礼装」となります。

フォーマル(正装)は結婚式の主催者側など、かなり限られたシーンでしか着る機会がないので、あまり気にしなくても良いでしょう。

セミフォーマル(準礼装)は正装ではないけれど、それに準ずる服となります。
結婚式に参列するとき、入学式や卒業式、式典などの改まった席で最も多く求められる服装です。

一般的には昼ならセミアフターヌーンドレス、夜ならカクテルドレスなどが準礼装にあたります。

ただし、女性にはこれを着ればOKという明確な決まりなく、素材やデザイン、出席するパーティの時間や場所、出席される他の方などを考えて選ぶ必要が出てきます。

尚、柄物より無地のほうが格上とされます。

祝賀会に出席する場合の女性の服装について!

祝賀会にもし出席することになったら注意しなくてはいけないのは、服装の色です。

お祝いの席ですので、明るいカラーがおすすめです。
白やピンク、水色、若草色などのパステルカラーを中心に選びましょう。
選びがちな黒色は、お祝いの席では主役の方に対して失礼にあたる場合もあります。

ドレスコードが指定されている場合には、指示に従った服装を選びましょう。
礼服や格式高い服装をドレスコードと設定している時には、和装なら、振袖留袖などの正装を選びましょう。洋装の場合はフォーマルドレスになります。

特に指定の無い場合や、セミフォーマルと指定がある場合には、「上品さとさり気ない華やかさ」をポイントに選びましょう。
明るいイメージが良いとはいえ、あまり派手な柄物は避けるのが無難です。
周りの人と足並みを揃えることも大事です。