注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

機内持ち込みのバッグで女性にオススメな使い方や入れたい物

海外など長い期間の旅行ならつい荷物が多くなってしまいますね。

荷物は3つのバッグに分けるととても便利という分け方を紹介します。

洋服や日用品などは大きなスーツケース、機内持ち込みのバッグには身の回りの物や財布などの貴重品を入れておきましょう。

バッグの上手な使い分けの方法や 女性ならではの機内持ち込みバッグの中に入れておくと便利な物を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のハンドルグリップがベタベタに!その原因と対処方法

自転車のハンドルグリップが、気がつくとベタベタになってしまった経験ありませんか? 何も付着して...

フラダンスの発表会の費用について場所による違いや楽しみ方

フラダンスの発表会には費用がかかります。衣装代はもちろん、会場費など教室によって生徒も負担することに...

車のCDプレーヤーが故障?故障原因と対処法について

車のCDプレーヤーが動かない!故障?と感じたら・・・。故障といっても症状によっては当たり前ですが、対...

ハロワの求人から消えたときは締切?ハロワの求人について

ハロワの求人から消えた企業はもう面接を受けることはできないのでしょうか?面接を受けようかどうか迷って...

100円ライターはガスを抜いてから!捨て方を紹介します!

あなたも気が付いたら100円ライターが家にたくさんたまっていませんか? そして、ライターの捨て方で...

お守りの中身を開けるのはNG?お守りの中身と処分方法について

神社やお寺などでお守りを購入した事がある人もいますよね。お守りの中身を開けると、一体どんなものが入っ...

カラスが怖いと道を通れない時は「バンザイ」で回避できる

カラスの子育て時期は人を襲うこともあるため怖いですし、その道を通れないこともあります。 カラス...

海の生物はすべて危険だと思った方がいい!

海は楽しい! 海で楽しむ時、その海に生息する生物に危険で注意しなければならない生き物が居るのかどう...

親と不仲で【一人暮らし】したい人の理由や特徴について

親と不仲だから一人暮らしして、自由に暮らしたいと考えている人もいると思います。どうしてそのように思う...

風船を浮かせる裏技をご紹介!子供の誕生会を盛り上げましょう

子供の誕生会を自宅でする場合、どんな飾りつけにしようかとママとして悩んでしまうのではないでしょうか。...

耳垢は耳鼻科でごっそり取る?耳掃除の方法や耳垢の働きとは!

耳垢を耳鼻科でごっそりと取ってもらったなんて経験がある人はいませんか? たくさん取れると気持ちいい...

歌の才能は生まれつき?歌の才能やセンスは環境が左右する!

歌が上手い人を見ると「やっぱり才能がある、センス抜群!」と思ってしまいます。 歌手の中にも親が...

アクリル絵の具は洗濯してもOK!布に描くことが可能なアイテム

アクリル絵の具を使って布に描くとき、「洗濯をしてもアクリル絵の具は落ちない」という話を聞いたことがあ...

古文のコツとは?中学古文を苦手克服するための勉強法

国語の中でも古文が苦手という中学生も多くいるのではないでしょうか? では、中学古文の苦手を克服...

【子猫の睡眠】4ヶ月の子猫の睡眠時間の平均と成猫の睡眠時間

猫はいつも寝ているイメージがある人もいますよね。うとうとしている猫の姿はとっても可愛いものです。 ...

スポンサーリンク

長期のお出かけなら女性のバッグは機内持ち込みも含めて3つが便利!

それぞれのバッグの使用方法に分けて、3つに分けましょう。

  • 大きいバッグ

長期間ならスーツケースが基本的におすすめです。
着替えだったり、基礎化粧品などの重たくなりがちなもので、すぐに使用しないもの、ホテルに着いてから大丈夫なものはスーツケースなど大きいバッグに入れましょう。

  • 中くらいのバッグ

機内に持ち込める大きさのものを、その飛行機の規格を守って選びましょう。

機内に持ち込みたいものを入れる、貴重品とは別のサブバッグになります。
ビジネスバッグのようなものやリュックなどが好ましいでしょう。

  • 小さいバッグ

常に身につけている貴重品などを入れるバッグです。
お財布やスマホなどの貴重品が入る小さ目のショルダーバッグや、斜めがけバッグがお勧めです。

ちょっとしたお散歩や、ホテルなどの施設でランチなど、重たいものを持ち歩くほどでもない時に、身軽に最低限のものを入れて、いつも持ち歩けるような小さいバッグはとても役に立ちます。

機内持ち込みのバッグの中に入れておきたい女性のグッズ

小さくて、いつも身につけていられるショルダーバッグや肩掛けバッグに、貴重品など必要なものを入れましょう。

機内に持ち込む小さいバッグにいれるもの

  • お財布(日本のお金と外資、クレジットカード、身分証明書など)
  • スマホ
  • パスポートやビザ
  • 海外旅行障害保険証
  • 流せるティッシュ
  • 必要に応じて、常備薬や生理用品、メイクポーチや、筆記用具など

化粧品などの液体やジェル、クリーム状のものを機内で使用したいなら、100g以下になる容器に入れましょう。
また、ジッパーが付いている透明の袋に入れます。
全てで1リットル以下であるものを1つまでしか持てないので気をつけましょう。

また、普段使用している常備薬の他に、必要そうな薬があれば用意しておくと安心でしょう。

女性が機内持ち込みにもち込むバッグの選び方

着替えなどを入れる大きなバッグ以外の、機内に持ち込めるサイズのサブバッグには、貴重品以外の、機内で必要になりそうなものを必要最低限入れます。

飛行機の荷物入れに入れたりするので、軽いもので、しっかりとジッパーなどが付いているもので、持ちやすいものを選びましょう。

また、飛行機の中だけではなく、旅行先でも持っているものなので、重たくならない事を前提に必要最低限なものは入るものにします。

できれば、飲み物やストールなどが余裕もって入るものがおすすめで、長時間持ち歩いていても疲れにくいものにしましょう。

貴重品まではいかなくても、温度調節などで必要になるだろうという物を持ち歩くためのもののバッグです。

重くて疲れてしまうようなら困りますので、できるだけ中身も軽いものを選ぶようにしましょう。

旅行で持って行く女性のバッグはなるべく軽い物がいい

着替えの服や温度調節に使用するストールなどは、できるだけ軽いものを選ぶようにします。
また、お財布やポーチなども、重みのあるものは避けます。

本革製品や1部のブランドのものなど、バッグ自体に重さがあるものは、物を入れてしまえば普段は良くても、旅行の時なら大変になったりします。

また、急な雨などで濡れてしまったりする事も考えても、軽くて丈夫で、雨や汚れに強い素材のものがおすすめです。

例えスーツケースでも、持ち上げたりしないといけない場面はたくさんあります。

そこで苦戦してしまうようなら、周りの人にも迷惑がかかってしまう事もありますので注意しましょう。

何でもかんでも持っていくよりも、本当に必要なものかを考えて快適に過ごせる対策をします。

また、荷物を少なくしてしまえば、大きいバッグも機内に持ち込めるサイズにして、全て自分で管理する事が可能になります。

預けてしまえば待ち時間もたくさん出てしまいますので、更に快適になります。

帰りの荷物が増えても大丈夫!キャリーオンバッグの選び方

自分の持っていく荷物に合わせて大きさを考えないといけません。
旅行先で買ったお土産を入れたりと増えた荷物を入れるのに、キャリーオンバッグがあれば、多少安心です。

大きければ大きいほど、荷物をたくさん入れれますし安心できますが、その分重たさが出てしまいます。
重たければ持ち上げないといけないときに大変ですので、荷物が入った状態で自分でスムーズに持ち上げられるかどうかも判断しないといけません。

また、機内に持ち込めるサイズでなければ預けなければいけなくて、待ち時間がとても長くなります。

そして、マチがどの位あるかもしっかりとチェックしないといけません。
バッグがズレて落ちてきてしまっては、グラグラしてしまってスムーズに動かせなくなりますので、マチが充分に足りているかを確認しましょう。

また、旅行先から帰りの荷物を別料金で送ってくれるところもありますので、そのようなサービスを利用してもいいでしょう。