注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

イギリスの文化で、日本との違いはこんなところがあります!

日本と同じ島国イギリスは、やはり似ている部分はあるのでしょうか?

イギリス料理は美味しくないと言われることもありますが、実際はどうなのでしょう?

またイギリスの文化で日本との違いとはどんなことなのでしょうか?

イギリスの文化には、雨がふっても傘はささないといった風習がありました。

イギリスと日本の風習について、詳しくみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ご祝儀を会社から頂いた場合お返しは必要?マナーについて

結婚祝いや出産祝いなどで会社からご祝儀を頂く場合があると思います。そんなときに気になるのがお返しです...

ハムスターの鳴き声。プスプスは口や喉からではなく鼻からの音

ハムスターの鳴き声!? キュッキュやクッククククというハムスター特有の鳴き声ではなく『プスプス...

幼稚園の面接で落ちたあとの対策や二次募集園を探す方法

幼稚園の面接で落ちた場合、その後どうしたらいいのか頭が真っ白になってしまいますよね。子どもより親のほ...

結婚式のナプキンが持ち帰りOKな場合と色々な活用方法

友人や親戚や職場の人などの結婚式に出席したときに、テーブルに用意されたナプキンの持ち帰りを司会の方か...

ミディアムボブのパーマをゆるふわに仕上げるコツやポイント

ミディアムボブのパーマは一歩間違うと、広がり気味のヘアスタイルに見られがち。 可愛くゆるふわに...

干支の置物はいつまで置いておく?片付ける時期や片付け方法

お正月になると干支の置物を飾る人もいますよね。ここで気になってくるのが、干支の置物はいつまで飾ってお...

右手の小指に指輪をつける意味と左手につける意味・効果について

右手の小指に指輪をつけている人を見かけることもありますよね。右手の小指に指輪をつけることには、どんな...

靴下の洗濯は裏返して洗濯すると長持ちします

靴下を買い換える頻度は多くありませんか?穴があく、生地が薄くなる、履いている途中でずり落ちてくる、毛...

神奈川のおすすめ観光スポット!子供も楽しめる場所を大特集!

夏になると、子供とお出かけして思いっきり遊ばせてあげたいと思いますよね。 神奈川県にはいろいろ...

お守りを落としたことの意味とは?モノが持つエネルギーについて

お守りを落とした! バチが当たってしまいそうで、ビクビクしてしまいますが、お守りが自分の身代わりに...

腕時計をしない人の心理とは。時計の選び方でわかる隠れた心理

最近は腕時計をしない男性も増えていますが、その理由は何だと思いますか? そうです!やはりスマホ...

古文のコツとは?中学古文を苦手克服するための勉強法

国語の中でも古文が苦手という中学生も多くいるのではないでしょうか? では、中学古文の苦手を克服...

お守りの中身を開けるのはNG?お守りの中身と処分方法について

神社やお寺などでお守りを購入した事がある人もいますよね。お守りの中身を開けると、一体どんなものが入っ...

アパートのトイレの臭い。原因と対処方法について

アパートのトイレを掃除してもなんか臭いが取れていないような。 気になる臭いの原因はココかもしれ...

海の生物はすべて危険だと思った方がいい!

海は楽しい! 海で楽しむ時、その海に生息する生物に危険で注意しなければならない生き物が居るのかどう...

スポンサーリンク

イギリスの文化に驚き!日本との違いとは

イギリスと日本は共に島国なので似ている点もあります。
でも、全然似ていない点もあるのです。

私がびっくりしたのは、イギリス人は傘をささないことです。

日本でも雨の多い時期があります。
その頃になると、傘やレインコートなどの雨具を持ち歩いたりしますよね?

イギリスはとても雨が多いとご存知ですか?
一日の間にめまぐるしく天候が変わるのです。

しかし、イギリスではそんなに頻繁に雨が降るのに、傘をささない人がとても多いのです。
雨に当たりながら普通に歩く人が多いことに、びっくりすると思います。

イギリスでは日本とは違って、ミスト状だったり、ボタボタと落ちるような雨なので、傘をさしても防ぎきれないのが、傘を使わない理由のようです。

イギリス人の習慣でびっくりしたことはもう一つあります。

たぶん、日本人なら誰でもびっくりして、ちょっと不安になるかもしれません。

日本では食器を手洗いするとき、泡のついたスポンジで洗ってから、泡を流して乾燥させたり、布巾で拭いたりするのが一般的だと思います。

しかし、イギリスではシンクにお湯を溜めて泡の中で洗い、すすがずに乾かします。
仕上げに布巾で拭くので問題ないというのがイギリス流の考え方のようです。

イギリスの文化について知っていますか?日本にはない日本との違い

イギリスと聞いて思い浮かべるのは「紳士・淑女」ではないでしょうか?

英国紳士という言葉まであるように、伝統的にマナーを重んじる国です。
レディーファーストはもちろん、会話やジェスチャー、テーブルマナーなど、多岐にわたって紳士・淑女らしい振る舞いが要求されます。

イギリスは伝統的に身分社会があって、大きく3つの階級に分けられています。
上流階級・中流階級・労働者階級です。
上流階級の子供たちは有名学校に通い、話し方や立ち振る舞いも勉強します。

しかし、労働者階級が、お話に出てくるような貧しい人達かというとそうでもありません。
サッカー選手などで莫大な資産をもっている方がいますが、彼らは労働者階級だったりします。
資産と階級は全く別のものなのです。

最近では薄れてきている文化のようですが、イギリス人のものの考え方の根底にはまだまだ存在していることでしょう。

イギリスの食文化は?日本との違いはここ!

イギリスの食文化と聞けば「ティータイム」が思い浮かびますよね?

「アフタヌーン・ティー」と呼ばれる、午後のお茶の習慣はとても有名です。
おやつ時の午後3時頃から午後6時くらいまでの間に、紅茶と一緒にお菓子や軽食を楽しむ時間です。

イギリスはマナーの文化なので、もちろんティータイムにもルールがあります。
カジュアルな場合は問題ありませんが、フォーマルな場合にはマナーを守らなくてはいけません。

日本における茶道のように、お約束事があります。

ティーフーズは銀の3段のスタンドで出されます。
下からサンドイッチ、ペイストリー、スコーンの順に盛り付けられることが多いです。
スコーンは焼きたての温かいものを出す決まりがあります。

ティーフーズは食べる順番も決まっています。まずはサンドイッチです。
続いてスコーン、最後にペイストリーです。

ちなみにペイストリーというのは小麦粉やバター、卵などを使った練り粉生地の焼き菓子です。

イギリスと日本、実は似ている部分もある?

これまで見てきたように、同じ島国でも日本とイギリスでは違う部分が沢山あります。
しかし、似ている部分もあるのです。

アメリカなどの欧米では明るく積極的な人が多く、自己主張もはっきりしている人が多く、自分の意見を通そうとする傾向があります。

しかし、イギリスはマナーを重んじる国なので、「プライバシーを尊重して相手に迷惑をかけない。」という考えが根付いています。

その為イギリス人は場の空気をよんで行動したり、相手を思いやって意見する事が多いです。

「他人を詮索しない。」「迷惑をかけない。」といった文化は、日本人と似ているところがありますよね?

また、イギリスの方は他人との人間関係にも少し距離をおく傾向があります。
欧米諸国に良く見られるようなフランクさはあまり無いでしょう。

そのせいで社交性がないと見られてしまうこともあるようです。

イギリス料理でオススメな食べ物はなんでしょう

イギリス料理でおすすめなのは、ティータイムには必ず出てくるスコーンです。
焼きたてのスコーンは絶品です。
クリームとジャムをつけていただくのが定番です。

他にもフィッシュアンドチップスがおすすめです。
白身フライですが、日本のようなパン粉のついたものではなく、衣のふわっとしたてんぷらのような感じです。
お値段もお手ごろなのでとてもおすすめです。

忘れずに一度は食べてみて欲しいのが「イングリッシュブレックファースト」です。
これはイギリスの伝統的な朝食セットです。
トースト、スクランブルや目玉焼きなどの卵料理、トマトスライスのソテー、マメを煮込んだもの、ベーコンやソーセージ、マッシュルーム、ハッシュポテトなどがワンプレートになったものです。