注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ストッキングが破れるのが太もも部分のときの対処法と予防対策

ストッキングを履いているとうっかりひっかけて破れることがあります。
破れたときがなぜか太もも部分ばかりなら、もしかしたらサイズが合っていないかもしれません。

そこで、ストッキングが破れるのが太もも部分のときの対処法について、サイズの見直しや破れるのを防ぐ正しい履き方、オススメ、破れてしまったときにできる応急処置や予防対策などお伝えしていきましょう。

これで、これからストッキングを使うときは、太ももに負担がかからないように履き方や選び方に気をつけることができます。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

室内では帽子を脱ぐのがマナーですが女性も同じなのかを解説

ニット帽やベレー帽や麦わら帽子など女性のファッションのトータルコーディネートには欠かせないアイテムの...

髪の毛が掃除機に絡まる!原因と対処方法について

掃除機に絡まる髪の毛をなんとかしたい!なんだか最近、掃除機の吸引力が悪くなったような?もしかしたら、...

指が短い人でもピアノは弾ける?不利?の悩みにお答えします

指が短いとピアノは不利では?と感じてしまいます。 確かに指が短いとオクターブを弾くだけで痛くもなり...

タロット占いで未来を占える期間は?カードが教える未来の時期

タロット占いで未来を占う場合、一体どのくらい先までの期間を占うことができるのでしょうか。「未来」を占...

筋肉が硬いのは体質のせい?硬くなる原因と対処方法

筋肉が硬いのは体質のせい?筋肉が凝っている、固いと疲労の原因になってしまう? そもそもなぜ筋肉...

夢でいつも同じ場所が何回も出てくる理由とそのメッセージとは

子供の頃からいつも同じ場所にいる夢を何回も見てしまうってことありませんか? 目が覚めてから「またあ...

お花モチーフを手作りで!フェルトの可愛いお花をハンドメイド

フェルトは切りっぱなしでOKなので、お花のモチーフを作る時にも使いやすいアイテムです。 そこで、フ...

男性がネックレスをつけるのには隠された心理が関係していた!

最近男性でもネックレスをオシャレとして身に付けている人を見かけます。実はただのオシャレではなく、そこ...

フラダンスの発表会の費用について場所による違いや楽しみ方

フラダンスの発表会には費用がかかります。衣装代はもちろん、会場費など教室によって生徒も負担することに...

セキセイインコの保温は湯たんぽでも大丈夫?保温の方法

セキセイインコの保温に湯たんぽを使うことはできるのでしょうか?インコ用のヒーターが届くまでの間、簡易...

自転車のサビ取りの方法や保管方法、サビの防止について

いつの間にか自転車にサビが発生してしまっていたという経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか...

白いバッグは手入れが大変でも絶対欲しい!白さを保つ手入れ方法

暖かくなってくるとファッションも変わり、それに合わせてバッグも変えたくなりますね! 白いバッグ...

写真映えするキュートな花かんむりを手作り!簡単な作り方

幼い頃、シロツメクサで花かんむりを作った。そんな思い出ありませんか?花かんむりは女子の憧れ、花かんむ...

演奏会の髪型はどうしたら良い?男の子の髪型や服装をご紹介

お子さんの演奏会や発表会!晴れ舞台を初めて経験する息子、当人よりも親御さんの方が緊張をしてしまうので...

精神の不安定さからくる涙。その理由と止める方法

泣きたいときには、泣いてもいい気がしますが大人の場合そんなわけにもいきませよね。 精神の不安定...

スポンサーリンク

ストッキングが破れるのが太もも部分なのはサイズの見直しを

新社会人として働くようになるとストッキングを履く機会が一気に増えますが、そんなストッキングは生地が薄く繊細なため、ちょっと引っかけると破れてしまうことが少なくありません。
またストッキングが破れる時には同じ場所ばかりで破れることも多く、中には、太ももなどのいつも決まった場所ばかりで破れるなんて人もいるのではないでしょうか。

ここではストッキングが「太もも」などの決まった場所ばかりで破れる場合の対処法をお伝えします。

まず初めに気にすべきなのは「サイズ」です。
自分の身の丈に合っていないものを無理に履いてしまってはいないでしょうか。
小さいものを無理に履けばストッキングが破れる大きな原因となります。
そのためまずは着用しているストッキングのサイズは本当に自分に適しているのか?をチェックしてみましょう。

また、もしもどのサイズを選べば良いか分からないという場合には、パッケージに記載されている目安サイズよりも少し大きめのものを選ぶと良いです。
大きい分には余裕がありますので「破れる」という最悪な状況は防ぐことができるはずですよ。

ストッキングの太もも部分が破れるのを防ぐ正しい履き方

一方で適したサイズのストッキングを選んでも履き方に問題があれば意味がありません。
ではどのような履き方をすれば破れる可能性を低くすることができるのか?
「正しい履き方」を見ていきましょう。

ストッキングの正しい履き方

  1. まずはストッキングに足をスムーズに通せる状態にします。
    ストッキングの一番上から一番下までをまとめて集めるのが良いです。
  2. つま先からストッキングに足を入れて交互にゆっくりとストッキングを引き上げます。太ももは特に破れやすいため慎重に少しずつ上げるようにします。
  3. 上まであげたらつま先や踵、お腹まわりに違和感が無いか確認しましょう。
ストッキングを破れないようにするためには「慎重」に取り扱うのがポイントです。
「一気に上まであげちゃえ!」のような履き方は避け、あくまでもゆっくり少しずつ上に上げていくようにしましょう。

スカートには太もも部分が破れるのを防ぐストッキングを選ぶのもオススメ

ストッキングは基本的にお腹まわりの色が濃くなっていますよね。
また、色が濃くなっている部分の下部には「ランガード」という、万が一伝線した場合に被害を広めないためのガードがついていると思います。

このランガードは伝線防止になるという良い点がある反面で太もも部分のストッキングの伸びが悪いという欠点があります。
場合によってはその伸びの悪さから無理に伸ばそうとすると太もものストッキングが破れてしまうこともあります。

そのため決まって太ももの所ばかり破けるという場合にはランガードの位置がもう少し上にあるタイプのストッキングを選ぶのが良いでしょう。

通常タイプと比較するとお腹まわりの伝線防止の範囲は狭まってしまいますが、その分ストッキングを伸ばせる範囲は広くなりますので、太もも部分が破れる可能性は抑えることができるでしょう。

外出先でもうっかりストッキングが破れたときの便利な応急処置

ストッキングはいつどこで破れるか分かりません。
外出先や会社のトイレで用を足した後にビリッと破れることもあるでしょう。ここではそんな緊急事態を凌ぐ「便利な応急処置」についてご紹介します。

ストッキングが破れたときの応急処置のポイントは「伝線を防ぐこと」です。

ストッキングは一度破れてしまうとあっというまに伝線してしまいます。
そのため応急処置としてはこの伝線を防ぐことを目的に行うようにします。

実際に行う方法としては破れた場所の繊維を固めるようにします。
速乾性のあるノリやトップコート、ヘアスプレーなどを破れた場所に塗れば、更なる被害の拡大を抑えることができます。
ただモノによっては繊維が固まるのに時間を要したり、固まり具合が弱い場合もありますので注意が必要です。

ストッキングが破れないように日頃から予防対策をしておきましょう

ストッキングの「破れ」は付き物でもあるため仕方ない部分もあるのですが、でもやっぱり破れているストッキングというのは見た目的にも決して良いものではありませんよね。また、破れる頻度が高ければそれだけ出費も多くなり、生活に支障が出てしまうこともあるでしょう。

そこで今日からはストッキングが破れることのないように「予防」を心がけてみてはいかがでしょうか。
爪をこまめに整えるのはもちろんのこと、保管場所や洗濯の方法に配慮するのもひとつの予防対策です。
また、中にはストッキングを冷凍庫に入れたら破れ難くなったという人いるようですので、頻繁に破れるという方は一度試してみると良いかもしれません。

一方で万が一破れた時のために備えて「予備」を用意しておくのもひとつの予防です。
予備が手元にあればすぐに取り替えることができて安心ですよ。