注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

マタニティ用スカートで仕事でも通用するものは?服装選びのコツ

マタニティ時期でも仕事を頑張っている妊婦さんも多いですが、困るのが服装です。

スカートやパンツなど選択肢はいくつかありますが、スカートを履く場合は何を選ぶべきなのでしょうか。スカートを選びのポイントは?

マタニティ用か普通服かで迷うと思いますが、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストッキングが破れるのが太もも部分のときの対処法と予防対策

ストッキングを履いているとうっかりひっかけて破れることがあります。 破れたときがなぜか太もも部分ば...

靴下の洗濯は裏返して洗濯すると長持ちします

靴下を買い換える頻度は多くありませんか?穴があく、生地が薄くなる、履いている途中でずり落ちてくる、毛...

幼稚園のママの年齢層はどのくらい?ママ同士の付き合い方

幼稚園のママはいったいいくつなんだろう・・・。もしかして一人だけ年齢的に浮いている?と気になってしま...

日本が好きな外国人に聞いた!日本の魅力と特徴・美味しい食べ物

日本が好きだという外国人は意外と多いものです。日本には独自の文化や風習があり、四季があるのも魅力の一...

男性がネックレスをつけるのには隠された心理が関係していた!

最近男性でもネックレスをオシャレとして身に付けている人を見かけます。実はただのオシャレではなく、そこ...

アクリル絵の具は洗濯してもOK!布に描くことが可能なアイテム

アクリル絵の具を使って布に描くとき、「洗濯をしてもアクリル絵の具は落ちない」という話を聞いたことがあ...

文鳥がくちばしを鳴らすのはなぜ?文鳥の気持ちと体の変化

文鳥がいつもとは違う行動を取る場合、飼い主としては心配になってしまいます。 また聞いたことがな...

ココアとコーヒーの違いはなに?共通点もご紹介!

ココアやコーヒーにはどんな違いがあるのかご存知でしょうか?ココアには甘いイメージを持っていて、コーヒ...

側溝の掃除は役所がしてくれる?気になる疑問について

側溝が詰まってしまった場合は役所に掃除をしてもらう?そう考えている人は少なくないはずです。 し...

機内持ち込みのバッグで女性にオススメな使い方や入れたい物

海外など長い期間の旅行ならつい荷物が多くなってしまいますね。 荷物は3つのバッグに分けるととて...

警察と消防の給料事情!安定した給料は魅力的だが危険と紙一重

警察と消防。結婚相手として人気の高い職業ですが、どのくらいの給料があるのかも気になります。 地方公...

アパートのトイレの臭い。原因と対処方法について

アパートのトイレを掃除してもなんか臭いが取れていないような。 気になる臭いの原因はココかもしれ...

猫の寝床を手作りしよう!ポイントや注意点をご紹介します

猫の寝床を手作りするという飼い主さんもいらっしゃるでしょう。 ダンボールで作ったものや猫テント...

ラインで友達の連絡先を別の友達に教える方法について紹介!

ラインで友達の連絡先(ラインアカウント)を 別の友達に紹介したい場合、どのような方法があるのでしょう...

昭和の女性の服装の移り変わり。女性のファッションの歴史

激動の時代と呼ばれる「昭和」。 女性の服装は時代の移り変わりと共に、どのような変化をしてきたのでし...

スポンサーリンク

マタニティ用のスカートを仕事で履くべき?仕事中におすすめの服とは

マタニティの時期でも、しっかりとお仕事されている妊婦さんも増えています。お腹が大きくなるにつれ、今まで履いていたスカートがきつくなってしまい、履けなくなってきたという妊婦さんもいるでしょう。

スーツの着用が義務付けられている職場では、マタニティとはいえ、スーツを着て仕事をしなければなりません。

そんな時おすすめなのが、妊婦さんのためのマタニティスーツです。勿論マタニティーの為に作られているので、お腹周りに締め付けがなく、仕事がしやすいのがポイントです。お腹が少し大きくなってきた場合、今までと同じ洋服では、仕事中に立ったり座ったりする単純な動作でさえ、きつく感じることがあるでしょう。そんな時、マタニティスーツを着用すると随分楽になることに気付くでしょう。

だからといって、妊娠の期間はそんなに長くはないのに、あえてマタニティスーツを買わなくても良いのではと考える人も少なくないはずです。

実は、マタニティスーツはマタニティの時期だけでなく、授乳ができる仕様になっているものも多く、産後にも着用することが出来ます。
ビジネスシーンだけでなく、お宮参りや、冠婚葬祭などにもフォーマルウエアとして利用できます。

少し大きいサイズのトップスの購入を検討しているのでれば、是非マタニティ用のスーツの購入をおすすめします。

仕事でマタニティ用のスカートなどを選ぶ時のポイント

事務職であれば、デスクに座って仕事をすることが殆どなので、それほど服装に気を使わなくてもよいかもしれません。だからといって、仕事に行く服装であることには変わりないため、スカートやパンツ、ワンピースなど、カジュアルすぎないことが大切です。

お腹が大きくなると、今まで着ていたスカートやワンピースでは丈が短くなってしまうこともあるでしょう。
ポイントとしては、長めの丈を選ぶことです。妊娠中は体を冷やさないように注意しなければならなく、丈が長ければ、冷え対策にも繋がります。

営業職であれば、マタニティであったとしても社外の人と接することが多いため、身だしなみに気を配る必要があります。
スーツが基本スタイルである場合も、多いでしょう。妊娠中期の段階では、インナーを工夫したり、ジャケットのボタンを開けるだけでもお腹の締め付けが少なくなり、持っているスーツで十分対応できると思います。

しかし、妊娠後期になってくると、手持ちのスーツが入らなくなったり、お腹周りがきつくて動きにくいこともあるでしょう。そんな時は、マタニティスーツが便利です。黒のマタニティスーツを選べば、ビジネスシーンだけなく、フォーマルな席でも十分活用できます。中のインナーを変えることで、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

仕事にも着ていけるマタニティ用スカートを選ぶ時の注意点

マタニティであれば、仕事に着ていく服装に、いくつか注意点があります。
お腹が大きくなると、妊婦でも動きやすく着やすい洋服を選ぶことがあるでしょう。その場合、スカートであったとしても、ゆったりしているのであればどんなものでも良いという訳ではありません。

あくまで仕事に行くのですから、オフィスでも浮かないような、黒や紺、ベージュといったフォーマルな色のスカートや洋服を選んで着用するべきです。

また、お腹が楽だという理由でワンピースを着用する人もいるかも知れませんが、ワンピースをそのまま着ているだけでは、オフィス感があまりない場合もあります。上からジャケットを羽織ったり、制服の上だけを着用、もしくは制服に似たような色のトップスやワンピース選んで、社内で浮かない工夫しましょう。

ワンピースでもデザイン的には、妊娠後期のお腹が大きくなってきた時にお腹周りが窮屈になるものもあります。そのような時は、手持ちのワンピースではなく、マタニティウエアの着用をおすすめします。

制服の着用が義務付けられている職場であれば、マタニティ用の制服があるのか尋ねてみましょう。もしないような場合でも、大きいサイズの制服を貸し出しできるのか確認してみると良いかもしれません。

事務仕事にふさわしいマタニティ服

事務仕事にふさわしいマタニティ服は、どのようなものなのでしょうか。

シンプルでエレガントなマタニティスーツであれば、産後にも使えるだけでなく、かしこまった席や、結婚式、お宮参りなどにも活用することができます。ですから、カジュアルタイプの事務服を選ぶのではなく、ある程度、フォーマルなタイプのものを選ぶのが良いでしょう。色は、黒や紺であれば着回しもききます。

マタニティ用であっても、産後や授乳の時期に使えるのかどうか必ず確認して選びましょう。妊娠初期や中期であれば、今現在のお腹の大きさに合わせるのではなく、今後、お腹が大きくなった時や産後も着ることができるのかを、考慮することも大切です。

ただでさえ、妊娠中は体調変化が大きく、仕事中であっても出来る限り体に負担を掛けたくないはずです。

また、産後は色々とお金がかかります。ですから、お腹に合わせて洋服を買い換えたりすることがないよう、洋服代だけでも、産前産後ともに使用できるマタニティウエアを選ぶのが賢い選択です。長い目で見て着用することが出来れば、家計にも優しい選択といえるでしょう。

お宮参りの際、着物を着る人もいるとは思いますが、このようなビジネスでも使えるマタニティスーツを着用すれば、着物よりも動きやすく、授乳もしやすいため便利です。

マタニティ時期と仕事を両立させるには?

マタニティの時期は、服装だけに気をつければ良いという訳ではありません。

体調や生活の変化も大きく、通常の通勤時間ではラッシュ時と重なってしまうような場合もあるでしょう。つわりがひどく、いつもの時間に出勤が困難という妊婦さんもいるかも知れません。

そんな時は、会社に相談して、出勤時間をずらしてもらったり、勤務時間をかえてもらうなどしましょう。

また、妊娠中は体にも負担がかかります。お腹が張りやすいようなら、座る時間を増やしてもらったり、こまめに休憩をとることが出来るような環境づくりをしてもらえるよう、会社に相談してみましょう。

体調管理の面からも、マタニティ時期に仕事をするのが辛いという人もいるでしょう。しかし仕事と両立させるためには、自分への体の気遣いとともに、会社に配慮してもらうことがとても大切なのです。

無理をして体を壊してしまわないよう、しっかりと家族や会社に相談することが必要です。