注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

靴の形や特徴!女性のシューズは種類が一杯!シーンにあわせて

女性の靴には本当に多くの種類があります。

パンプスやサンダル、フラットシューズの中にも形によってさらに細かく分類されていますね。

それぞれのシーンや用途に合わせて、足元のオシャレが出来て楽しい女性の靴。
コーディネートや特徴について詳しく紹介します。

また靴を選ぶときに、気を付けたいポイントもみてみましょう!

そして旅先にも靴を持って出かけましょう!あると便利な靴達をご紹介!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

釣り女子が気になるトイレ事情について調べてみました

釣りは男性のイメージがありますが、最近は釣りを楽しむ釣り女子も増えています。 釣りの方法は、船...

服が高い。なぜこんなにも値段が違うの?服の値段について

高い服と安い服は何が違うのでしょうか?素材?それとも人件費?なぜ似たような服でもこれほどまでに値段に...

家は木造?鉄筋がいい?構造の違いから見るメリットとデメリット

家の構造には、木造や鉄筋コンクリートといった工法がありますが、それぞれどんな違いがあるのか正直分から...

海の生物はすべて危険だと思った方がいい!

海は楽しい! 海で楽しむ時、その海に生息する生物に危険で注意しなければならない生き物が居るのかどう...

文鳥がくちばしを鳴らすのはなぜ?文鳥の気持ちと体の変化

文鳥がいつもとは違う行動を取る場合、飼い主としては心配になってしまいます。 また聞いたことがな...

さまざまなお祝いメッセージの書き方のコツをご紹介

お祝いと一言で言っても、さまざまなものがあります。 結婚や出産、新築祝いなど、お祝いのメッセージの...

6ヶ月くらいから赤ちゃんは人見知りをする?対処方法について

赤ちゃんの人見知りは何ヶ月くらいから始まるものなのでしょうか? だいたい6ヶ月くらいからと言わ...

コンサートとライブの違い!リサイタルとフェスの違いも解説!

「コンサートに行く」・「ライブに行く」という言葉を使う、耳にすることもありますよね。 何気なく使っ...

昭和の女性の服装の移り変わり。女性のファッションの歴史

激動の時代と呼ばれる「昭和」。 女性の服装は時代の移り変わりと共に、どのような変化をしてきたのでし...

犬をバリカンでカットする時には怪我をしないよう準備が大切

自宅で犬をカットしてあげるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?バリカンであってもこのよ...

100均の商品を使ってシールを手作りしたい

手紙やプレゼントの包装などを可愛くデコれるものと言えば、シールが便利ですよね。 世の中には可愛いシ...

クリスマスプレゼントにはコレ!3歳のおもちゃ以外のプレゼント

おもちゃ以外のものをプレゼントしたいけど、3歳の子供のクリスマスプレゼントに何を上げたら良いかわから...

イギリスの文化で、日本との違いはこんなところがあります!

日本と同じ島国イギリスは、やはり似ている部分はあるのでしょうか? イギリス料理は美味しくないと...

風船を浮かせる裏技をご紹介!子供の誕生会を盛り上げましょう

子供の誕生会を自宅でする場合、どんな飾りつけにしようかとママとして悩んでしまうのではないでしょうか。...

警察と消防の給料事情!安定した給料は魅力的だが危険と紙一重

警察と消防。結婚相手として人気の高い職業ですが、どのくらいの給料があるのかも気になります。 地方公...

スポンサーリンク

女性の靴といえばパンプス!まずは種類や形から

女性らしい演出をする靴といえばやはりパンプス!
つま先のデザインは様々。デザインにより印象が変わってきます。

【ポインテッドトゥ】
つま先のデザインがシュッと尖っているものです。
ポインテッドとは「尖っている」の意。
カッコよく印象付けしたい人におススメの形。
最近ではレディースだけでなく、男性用のビジネスシューズでも先の尖ったタイプを見かけることが多くなりました。

【ラウンドトゥ】
つま先のデザインが丸く緩やかなもの。
流行や服装を選ばず、何にでも合いやすいので、一足あると使い勝手が良くとても便利です。
靴選びに困ったときには役立ちそうです。

【アーモンドトゥ】
名前の通り、つま先がアーモンドのように細くなっているタイプの靴です。
ポインテッドトゥとラウンドトゥの間くらいなので、カジュアルでもフォーマルでも
様々なシーンで使えます。

【スクエアトゥ】
名前にスクエアとあるように、つま先の形が平らで台形のような形に見えるものを指します。
女性らしさを演出するよりもマニッシュな服装に合うため、ビジネススーツに合わせやすいです。

【オープントゥ】
つま先が広めに開いているタイプを指します。
熱がこもりにくく、涼しく履けるので夏向きの靴です。
オープントゥよりも小さく開いているデザインは、ピープトゥといいます。

歩きやすいので女性に人気なぺたんこ靴も種類はイロイロ

ヒールは疲れる!長時間歩く!という方々に人気なペタンコ靴(フラットシューズと言います)。こちらも種類は様々。

【ローファー】
レディース、メンズ問わず人気なフラットシューズのひとつ。
定番中の定番。きちんと感が出るので、カジュアルな服に合わせると、大人な演出ができます。
学生服やビジネススーツに合わせられることが多い印象です。

【オペラシューズ】
素材や色の種類が豊富!柄物、エナメル、ベロアなどなど個性的なものまで!
普段使いに一足あると、コーディネートの幅が広がります。

【スニーカー】
今、スカートにもスニーカーを合わせるコーデが多いですね。
歩きやすさは飛びぬけていますね。走ることも怖くない。
一年通して履けるし、プチプラで可愛いスニーカーも多いのでついつい集めがち。
ちょっとコンビニまで行くときなんかも使えるし、やっぱりあると便利ですよね。

【スリッポン】
ここ数年で特に春夏に見かけることが増えました。
ペタンコなのにオシャレに見える!紐なしのものもあるので、脱ぎ履きが楽ちん。
歩きやすいし、おしゃれだし、活躍の場が多そうです。アウトドアにもオススメです。

夏の女性の靴はサンダルで決まり!どんな種類がある?

夏と言えばサンダル!
ネイルも見せれるし、おしゃれの幅が広がりますね。
サンダルにも種類が色々あるので紹介していきたいと思います。

【フラットサンダル】
フラットとはかかとのない平らなものを指します。ペタンコサンダルですね。
ヒールのあるものに比べると、足に負担がかかりにくく、歩きやすいです。
ヒールに慣れていない方は、フラットサンダルをオススメします。

【アンクルストラップサンダル】
アンクルストラップで足首を固定することにより、
安定感が増し、無いものと比べると歩きやすいです。
ヒールが高くてストラップがないと脱げてしまうことがありますが、このタイプはそういった心配がありません。
女性らしさを演出できるデザインなのでとても人気があります。
ヒールがあると、ひざ位置が上がるのでスタイルも良く見えます。

【コンフォートサンダル】
コンフォートサンダルとは、とても快適で歩きやすいサンダルのこと。
程よくソールに厚みがあるので長時間歩くときやレジャー向けです。
ビーチファッションやボーイッシュなコーデと相性が良いです。

女性の靴選びは足の形から選んでみる

履きたい靴があっても足の形に合わないことがあります。
合わない靴を履いていると、靴擦れを起こしたり、痛みの原因に。
足が絆創膏だらけになってせっかくのおしゃれも楽しさ半減!
そうならないように自分の足の形に合ったものを選びましょう。
【外反母趾】
外反母趾でお悩みの方は少なくないとおもいます。
外反母趾の方には足をしっかり包み込んでくれる、靴やサンダルがオススメです。
ストラップなしのものよりストラップ有りのもの、サンダルではプラットフォームやサボサンダルがオススメです。
【偏平足または足の幅が広い】
このタイプの方は衝撃を抑えてくれるクッション素材のソールのものを選ぶと良いと思います。
ピンヒールで硬いソールのものよりもウェッジソールやヒールが太めのもの、コンフォートサンダルが適していると思います。
また靴の幅が広いものは「3E」などの表示があるので、こちらもチェックしてみると良いかもしれません。
【甲高】
足の甲が高い方には、甲の部分が広く空いているもの、または甲の部分のサイズが調整できるようになっているものがオススメ。
アンクルストラップやトングタイプのものが履きやすいと思います。

女性は旅先でも足元にこだわって!持っていきたい靴

おしゃれはしたいけど、旅行先では何を履けば良いんだろうと迷ってしまいますよね。服装は選ぶのは簡単だけど、靴選びは悩みます。

一言で旅行と言っても、シーンに合わせて選び方があります。
観光メインでとにかく歩き回る!という方はスニーカーがオススメです。
特に今はスニーカーに合わせるコーデがたくさんあるので、おしゃれもしながら、
足を痛めたり疲れる心配も減るので、無理にヒールを履いて旅先で辛い思いをするよりも初めからスニーカーだと安心です。

  • リゾート地ではサンダルがオススメ!
    ヒールは低い方が疲れにくく、足も痛めにくいです!
    スニーカーのように砂が入って不快な気持ちもあまりありません。
  • ディナーやレストランでのオススメはパンプス
    ヒールは7センチのものだと、スタイルも良く見え、コーディネートをスッキリさせてくれます。

キャリーケースに余裕があるのであれば、以上の3足を持っていくのがオススメです。
レストランでスニーカーはちょっとって気が引けるかもしれませんので。
メインをスニーカーにして、あとはあまりかさばらないデザインの靴を1~2足備えておくとシーン別に使えるので安心です。

靴選びはデザインだけでなく、足の形に合うものや歩きやすさなどを考慮すると、本当に選ぶのに迷いますよね。
ぜひ!お気に入りの一足に出会えますように!