注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

靴の形や特徴!女性のシューズは種類が一杯!シーンにあわせて

女性の靴には本当に多くの種類があります。

パンプスやサンダル、フラットシューズの中にも形によってさらに細かく分類されていますね。

それぞれのシーンや用途に合わせて、足元のオシャレが出来て楽しい女性の靴。
コーディネートや特徴について詳しく紹介します。

また靴を選ぶときに、気を付けたいポイントもみてみましょう!

そして旅先にも靴を持って出かけましょう!あると便利な靴達をご紹介!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オタクの服装の特徴を解説!定番のアイテムや黒一色が特徴です

ドルオタ・アニオタなどオタクといっても色んなタイプがいます。 オタクといえば秋葉原でしょうか。...

液晶テレビの画面に傷が、薄くすることはできる?傷の対処法

液晶テレビの画面に傷がついてしまったときに消すことはできるのでしょうか?消すことはできなくとも薄くす...

【ガーランドの簡単な作り方】余った布でカラフルに部屋を飾ろう

子供の誕生日に布を使ったガーランドを作ってみたいと考えているママも多いでしょう。 しかし、普段針や...

自分好みのリースを手作り!可愛く見える作り方やコツをご紹介

クリスマスになると玄関にリースを飾るお家が増えていますね。可愛いリースが飾ってあると見ているこちらも...

アクリル絵の具は洗濯してもOK!布に描くことが可能なアイテム

アクリル絵の具を使って布に描くとき、「洗濯をしてもアクリル絵の具は落ちない」という話を聞いたことがあ...

靴下の洗濯は裏返して洗濯すると長持ちします

靴下を買い換える頻度は多くありませんか?穴があく、生地が薄くなる、履いている途中でずり落ちてくる、毛...

お守りを落としたことの意味とは?モノが持つエネルギーについて

お守りを落とした! バチが当たってしまいそうで、ビクビクしてしまいますが、お守りが自分の身代わりに...

お香典を友人に包むときの金額やマナーについて

友人から突然の訃報をうけ葬儀に参列する場合、お香典を包むことになると思います。そこで気になるのが、ど...

干支の置物はいつまで置いておく?片付ける時期や片付け方法

お正月になると干支の置物を飾る人もいますよね。ここで気になってくるのが、干支の置物はいつまで飾ってお...

入院の保証人は家族以外じゃなければいけない?理由について

入院の保証人とはいったいどのようなものなのでしょうか? 同一家族内からは保証人は立てられないとはどん...

お守りの中身を開けるのはNG?お守りの中身と処分方法について

神社やお寺などでお守りを購入した事がある人もいますよね。お守りの中身を開けると、一体どんなものが入っ...

タコとイカの違いは足の数だけではなかった!

「タコとイカの違いはなんでしょう」という質問で一番多い答えが「足の数」ではないでしょうか。 ただ調...

タイの気温は年間で見ても暖かい?タイの気候とは

タイの気温はいったいどのくらいなのでしょうか?一年中、暖かいイメージがあるタイですが四季はあるのでし...

室内では帽子を脱ぐのがマナーですが女性も同じなのかを解説

ニット帽やベレー帽や麦わら帽子など女性のファッションのトータルコーディネートには欠かせないアイテムの...

一人暮らしでペットを飼う大学生のメリットや注意点!

大学生になり一人暮らしを始めたけど寂しい…。そんなときにペットを飼おうと考える人もいると思います。 ...

スポンサーリンク

女性の靴といえばパンプス!まずは種類や形から

女性らしい演出をする靴といえばやはりパンプス!
つま先のデザインは様々。デザインにより印象が変わってきます。

【ポインテッドトゥ】
つま先のデザインがシュッと尖っているものです。
ポインテッドとは「尖っている」の意。
カッコよく印象付けしたい人におススメの形。
最近ではレディースだけでなく、男性用のビジネスシューズでも先の尖ったタイプを見かけることが多くなりました。

【ラウンドトゥ】
つま先のデザインが丸く緩やかなもの。
流行や服装を選ばず、何にでも合いやすいので、一足あると使い勝手が良くとても便利です。
靴選びに困ったときには役立ちそうです。

【アーモンドトゥ】
名前の通り、つま先がアーモンドのように細くなっているタイプの靴です。
ポインテッドトゥとラウンドトゥの間くらいなので、カジュアルでもフォーマルでも
様々なシーンで使えます。

【スクエアトゥ】
名前にスクエアとあるように、つま先の形が平らで台形のような形に見えるものを指します。
女性らしさを演出するよりもマニッシュな服装に合うため、ビジネススーツに合わせやすいです。

【オープントゥ】
つま先が広めに開いているタイプを指します。
熱がこもりにくく、涼しく履けるので夏向きの靴です。
オープントゥよりも小さく開いているデザインは、ピープトゥといいます。

歩きやすいので女性に人気なぺたんこ靴も種類はイロイロ

ヒールは疲れる!長時間歩く!という方々に人気なペタンコ靴(フラットシューズと言います)。こちらも種類は様々。

【ローファー】
レディース、メンズ問わず人気なフラットシューズのひとつ。
定番中の定番。きちんと感が出るので、カジュアルな服に合わせると、大人な演出ができます。
学生服やビジネススーツに合わせられることが多い印象です。

【オペラシューズ】
素材や色の種類が豊富!柄物、エナメル、ベロアなどなど個性的なものまで!
普段使いに一足あると、コーディネートの幅が広がります。

【スニーカー】
今、スカートにもスニーカーを合わせるコーデが多いですね。
歩きやすさは飛びぬけていますね。走ることも怖くない。
一年通して履けるし、プチプラで可愛いスニーカーも多いのでついつい集めがち。
ちょっとコンビニまで行くときなんかも使えるし、やっぱりあると便利ですよね。

【スリッポン】
ここ数年で特に春夏に見かけることが増えました。
ペタンコなのにオシャレに見える!紐なしのものもあるので、脱ぎ履きが楽ちん。
歩きやすいし、おしゃれだし、活躍の場が多そうです。アウトドアにもオススメです。

夏の女性の靴はサンダルで決まり!どんな種類がある?

夏と言えばサンダル!
ネイルも見せれるし、おしゃれの幅が広がりますね。
サンダルにも種類が色々あるので紹介していきたいと思います。

【フラットサンダル】
フラットとはかかとのない平らなものを指します。ペタンコサンダルですね。
ヒールのあるものに比べると、足に負担がかかりにくく、歩きやすいです。
ヒールに慣れていない方は、フラットサンダルをオススメします。

【アンクルストラップサンダル】
アンクルストラップで足首を固定することにより、
安定感が増し、無いものと比べると歩きやすいです。
ヒールが高くてストラップがないと脱げてしまうことがありますが、このタイプはそういった心配がありません。
女性らしさを演出できるデザインなのでとても人気があります。
ヒールがあると、ひざ位置が上がるのでスタイルも良く見えます。

【コンフォートサンダル】
コンフォートサンダルとは、とても快適で歩きやすいサンダルのこと。
程よくソールに厚みがあるので長時間歩くときやレジャー向けです。
ビーチファッションやボーイッシュなコーデと相性が良いです。

女性の靴選びは足の形から選んでみる

履きたい靴があっても足の形に合わないことがあります。
合わない靴を履いていると、靴擦れを起こしたり、痛みの原因に。
足が絆創膏だらけになってせっかくのおしゃれも楽しさ半減!
そうならないように自分の足の形に合ったものを選びましょう。
【外反母趾】
外反母趾でお悩みの方は少なくないとおもいます。
外反母趾の方には足をしっかり包み込んでくれる、靴やサンダルがオススメです。
ストラップなしのものよりストラップ有りのもの、サンダルではプラットフォームやサボサンダルがオススメです。
【偏平足または足の幅が広い】
このタイプの方は衝撃を抑えてくれるクッション素材のソールのものを選ぶと良いと思います。
ピンヒールで硬いソールのものよりもウェッジソールやヒールが太めのもの、コンフォートサンダルが適していると思います。
また靴の幅が広いものは「3E」などの表示があるので、こちらもチェックしてみると良いかもしれません。
【甲高】
足の甲が高い方には、甲の部分が広く空いているもの、または甲の部分のサイズが調整できるようになっているものがオススメ。
アンクルストラップやトングタイプのものが履きやすいと思います。

女性は旅先でも足元にこだわって!持っていきたい靴

おしゃれはしたいけど、旅行先では何を履けば良いんだろうと迷ってしまいますよね。服装は選ぶのは簡単だけど、靴選びは悩みます。

一言で旅行と言っても、シーンに合わせて選び方があります。
観光メインでとにかく歩き回る!という方はスニーカーがオススメです。
特に今はスニーカーに合わせるコーデがたくさんあるので、おしゃれもしながら、
足を痛めたり疲れる心配も減るので、無理にヒールを履いて旅先で辛い思いをするよりも初めからスニーカーだと安心です。

  • リゾート地ではサンダルがオススメ!
    ヒールは低い方が疲れにくく、足も痛めにくいです!
    スニーカーのように砂が入って不快な気持ちもあまりありません。
  • ディナーやレストランでのオススメはパンプス
    ヒールは7センチのものだと、スタイルも良く見え、コーディネートをスッキリさせてくれます。

キャリーケースに余裕があるのであれば、以上の3足を持っていくのがオススメです。
レストランでスニーカーはちょっとって気が引けるかもしれませんので。
メインをスニーカーにして、あとはあまりかさばらないデザインの靴を1~2足備えておくとシーン別に使えるので安心です。

靴選びはデザインだけでなく、足の形に合うものや歩きやすさなどを考慮すると、本当に選ぶのに迷いますよね。
ぜひ!お気に入りの一足に出会えますように!