注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

一人暮らしでペットを飼う大学生のメリットや注意点!

大学生になり一人暮らしを始めたけど寂しい…。そんなときにペットを飼おうと考える人もいると思います。

ペットは飼い主に癒しや温もりをくれますが、メリットだけではないということを知っておきましょう。

安易に飼い始めると後々大変になってしまうこともあります。ここではペットを飼うことについてメリットや注意することなどをご紹介していきますのでしっかり考えてから飼うようにしましょうね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガチャガチャはなぜ人気?外国人が感じるその魅力とは

ガチャガチャといえば日本では子供が楽しむものという印象でしたが、今では外国人に人気のおみやげの一つと...

パンプスのサイズが合わないのはどうしたらいい?対処方法とは

パンプスのサイズが合わないときには、どう対処したらいいのでしょうか? 出先で、パンプスのサイズ...

6ヶ月くらいから赤ちゃんは人見知りをする?対処方法について

赤ちゃんの人見知りは何ヶ月くらいから始まるものなのでしょうか? だいたい6ヶ月くらいからと言わ...

記念式典の服装について!主催者側とゲスト側の女性の場合!

記念式典の服装について悩んでいる女性はいませんか? 主催者側の女性とゲスト側の女性の服装について、...

歌の才能は生まれつき?歌の才能やセンスは環境が左右する!

歌が上手い人を見ると「やっぱり才能がある、センス抜群!」と思ってしまいます。 歌手の中にも親が...

女性のネックレスの長さは色んなタイプがある!ベストサイズとは

首元を華やかに演出してくれる女性のネックレス。 プリンセスタイプ・マチネタイプ・オペラタイプな...

幼稚園のママの年齢層はどのくらい?ママ同士の付き合い方

幼稚園のママはいったいいくつなんだろう・・・。もしかして一人だけ年齢的に浮いている?と気になってしま...

日本が好きな外国人に聞いた!日本の魅力と特徴・美味しい食べ物

日本が好きだという外国人は意外と多いものです。日本には独自の文化や風習があり、四季があるのも魅力の一...

不妊は離婚の理由になるの?不妊の苦しみとその末路とは

不妊を理由として離婚することはできますか? 基本的に離婚は、双方の合意があればどのような理由で...

海で浮き輪があっても流される『離岸流』に遭わないために

夏と言えば海!毎年海水浴へ行くことが楽しみという人も多いでしょう。 しかし、海には危険がつきも...

【ガーランドの簡単な作り方】余った布でカラフルに部屋を飾ろう

子供の誕生日に布を使ったガーランドを作ってみたいと考えているママも多いでしょう。 しかし、普段針や...

猫の鳴き声で気持ちを知ろう!「クルル」と鳴くときの気持ちを解説

猫が「クルル」と鳴き声を出したとき、まだ上手にコミニュケーションが取れていない飼い主さんは、一体どん...

お花モチーフを手作りで!フェルトの可愛いお花をハンドメイド

フェルトは切りっぱなしでOKなので、お花のモチーフを作る時にも使いやすいアイテムです。 そこで、フ...

退職後は健康保険に未加入?いいえ!国保に加入しています

会社を退職したあとは、健康保険の任意継続をしない限り、それまで会社で加入していた健康保険を使うことは...

うさぎの種類で飼いやすいのは?ウサギを選ぶポイント

あまり鳴くことがなく、飼いやすいと言われているうさぎですがそのうさぎの種類はなんと50種類にものぼる...

スポンサーリンク

一人暮らしの大学生がペットを飼うメリットは?

今までは家族と一緒に当たり前のように暮らしていて、いざ一人暮らしを始めてみたけれどなんだか心細く寂しい気持ちを感じたことはないでしょうか。

一人暮らしをしてみないと家族の温もりには中々気付けませんよね。
寂しくそんな温もりが欲しいけれど大学のために始めた一人暮らしだと、実家に戻るわけにもいかないことと思います。

そんな時はペットを飼って温もりを感じましょう!

ペットを飼うにはさまざまな利点がありますのでご紹介します。

一人暮らしの大学生がペットを飼う利点

  • ペットを見ていたり、一緒に遊んだりするだけで心が癒される。
  • 精神的に不安定になることが少ない。
  • 寂しさを紛らわせることができる。

ペットを飼うことは何よりも寂しいといった気持ちを少なくし、メンタルを安定させる効果があるでしょう。

一人暮らしの大学生がペットを飼うなら知っておこう!

大学は殆どの場合、4年間通うことになることと思います。

寿命の長いペットを飼うと、卒業後にそのペットをどういった形で飼い続けるのかを考える必要があります。

ペットを飼う上では、途中で飼育放棄をしたり、外へ逃がしたりという行為は厳禁です。
ペットを基準に進路を考えることは少し違いますが、進路の問題などで、途中で飼育放棄をしてしまう心配があるのであれば、大学期間に合った寿命のペットを飼うことをオススメします。

またペットを飼うと病院にかかることになると思います。

犬や猫の場合は、健康であっても感染症予防のワクチンなど意外と費用はかかります。

社会人とは違いまとまった収入がない大学生は、アルバイト代でそこまで補填することは難しいかもしれません。

そういった点もふまえてペットを飼うことが大切であり、ペットを飼う際にも自分が寿命まで責任を持って育てられるペットを飼う必要があるでしょう。

一人暮らしの大学生がペットを飼うときは家族の協力が必要

例えばペットが病気にかかってしまった場合、今日は学校に行かなければいけないから時間のあるときに病院に連れて行こうなどと考えている間に、症状が悪化してしまい旅立ってしまう可能性もあります。

そのためペットが病気など体調が悪そうな場合には、なるべく早く動物病院へ連れて行き獣医師に診てもらう必要があります。

ですが、ペットを中心とした生活を送っていると学校生活やアルバイトが二の次になってしまい本来一番大切である学校生活に支障が出てしまいます。

こうした時に家族に協力してもらえるかなどを家族と話し合った上でペットを飼う必要があります。

実家で常に自分以外の誰かが居る環境とは全く違います。

家族が遠方に居てすぐに来てもらえる距離ではない場合など、さまざまなケースが考えられますのでそういった点も含め家族としっかりと相談した上でペットを飼うようにしましょう。

一人暮らしをしている大学生がペットを飼う時はデメリットもある

一人暮らしの寂しさを紛らわすためにペットを飼うことは利点もありますが、欠点もあります。
ペットを飼うに伴いどんな欠点が出てくるのかをご紹介します。

一人暮らしの大学生がペットを飼うことで起こる欠点

  • 毎日必ず餌を与えなければいけない。
  • 排泄物はこまめに処理し、定期的に掃除をしなければいけない。
  • 部屋を荒らされる場合もある。

ペットを飼う上では必ず餌と掃除はついてきます。

大学生であれば、日中は学校へ行っているので不在でまた飲み会などがあると家に帰宅する時間も遅くなったり、家に帰宅できない日が出てきて餌を与えることができないなんてこともあることと思います。

また家に帰宅すると部屋の中がぐちゃぐちゃに荒らされていたりする可能性もゼロではありません。

学校に行きながら両立することは、そう簡単ではないと言えます。

一人暮らしの大学生がペットを飼うには、こういったさまざまな欠点があることもふまえた上でペットを飼うようにしましょう。

一人暮らしの大学生におすすめのペットは?

ペットを飼う上で人気で定番なのは犬や猫ですよね。

しかし犬や猫を飼うことは、想像以上に大変であったりします。

ペットを初めて飼うのであれば「ハムスター」がオススメです。
ほとんど手はかからないと言われていて、可愛く癒されるので初心者向けでありとても人気のあるペットですが、犬や猫とは違いあまり懐くことがないと言われています。

ハムスターは、幅のとらないケースで飼うことができますので置き場所の余裕がない家でも飼うことができ飼育費用はほとんどかかりません。

またハムスターの生態は、夜行性で暑さに弱く、寿命が2~3年と短いです。
餌は人口飼料が主食でトイレを覚えることは少ないですが臭いはそんなに気になるものではありませんが、ケースの掃除を2日に1回のペースでしなければいけません。

ハムスターを飼う上での注意点は、ロボロフスキー種は慣らすのが難しく、またハムスター専門の動物病院は少なく、多頭飼いをする場合はストレスがかかり共食いが起こってしまう可能性もありますので注意が必要です。

犬や猫と比較すると、飼育費用も安価で飼育する上でも比較的楽に飼うことができますので一人暮らしの大学生にはオススメかもしれません。