注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

髪の毛が掃除機に絡まる!原因と対処方法について

掃除機に絡まる髪の毛をなんとかしたい!なんだか最近、掃除機の吸引力が悪くなったような?もしかしたら、髪の毛や糸くずが絡まっているせいかもしれません。

そんなときは、この方法で掃除機をキレイにしちゃいましょう!

定期的に掃除機を掃除することで、吸引力が安定して長持ちさせることができるのではないでしょうか?掃除機以外で髪の毛を掃除するならこのアイテムがおすすめです!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

服が高い。なぜこんなにも値段が違うの?服の値段について

高い服と安い服は何が違うのでしょうか?素材?それとも人件費?なぜ似たような服でもこれほどまでに値段に...

釣り女子が気になるトイレ事情について調べてみました

釣りは男性のイメージがありますが、最近は釣りを楽しむ釣り女子も増えています。 釣りの方法は、船...

ハムスターの種類や性格について!ハムスターの飼い方をご紹介

ハムスターは種類によって性格も違うものなのでしょうか?飼いやすいハムスターとは? とくに人気の...

ピアスはある程度年齢がいった男性が付けるのは不評と判明!

女性でピアスをしている方は多いですが、最近は年齢問わず男性もピアスを楽しむ時代となっています。 ...

干支の置物はいつまで置いておく?片付ける時期や片付け方法

お正月になると干支の置物を飾る人もいますよね。ここで気になってくるのが、干支の置物はいつまで飾ってお...

ミディアムボブのパーマをゆるふわに仕上げるコツやポイント

ミディアムボブのパーマは一歩間違うと、広がり気味のヘアスタイルに見られがち。 可愛くゆるふわに...

靴下の洗濯は裏返して洗濯すると長持ちします

靴下を買い換える頻度は多くありませんか?穴があく、生地が薄くなる、履いている途中でずり落ちてくる、毛...

不妊は離婚の理由になるの?不妊の苦しみとその末路とは

不妊を理由として離婚することはできますか? 基本的に離婚は、双方の合意があればどのような理由で...

ご祝儀を会社から頂いた場合お返しは必要?マナーについて

結婚祝いや出産祝いなどで会社からご祝儀を頂く場合があると思います。そんなときに気になるのがお返しです...

親に旅行をプレゼントするなら海外?おすすめなスポットをご紹介

親が生きているうちに親孝行したい!いつかしてあげたいと思っているその瞬間にも、親もあなたも年を重ねて...

クリスマスプレゼントにはコレ!3歳のおもちゃ以外のプレゼント

おもちゃ以外のものをプレゼントしたいけど、3歳の子供のクリスマスプレゼントに何を上げたら良いかわから...

男友達との旅行は部屋別にするのが鉄則!誤解されないルール

女性同士の旅行というのはよくあることですが、異性の男友達から旅行に誘われたら、あなたはどうしますか?...

古文のコツとは?中学古文を苦手克服するための勉強法

国語の中でも古文が苦手という中学生も多くいるのではないでしょうか? では、中学古文の苦手を克服...

舞台俳優へのプレゼントにオススメなものと贈る場所とは

好きな俳優さんの舞台に行く人や通う人は多いと思います。 何か差し入れをしたいと思っても、実際に...

寒い朝は布団から出たくない!スムーズに起きる方法はコレ!

気温が低くなってくると、朝起きるのが億劫になってきますよね。寒い朝は布団からなかなか出たくないもので...

スポンサーリンク

髪の毛掃除機に絡まる髪の毛はアレでカットしよう!

掃除機の吸引力がなんだか落ちたと感じるとき、もしかしたら髪の毛が掃除機に絡まっていることがあるかも知れません。

掃除機に髪の毛が絡まると、回転ブラシが回らなくなります。そのため吸引力が落ちたと感じることもあるでしょう。絡まった髪の毛は案外取りづらいものです。手で引っ張って取り除こうとしても、なかなか絡まった髪の毛は取れません。

そんな時、ハサミを使ってみましょう。
ハサミで回転ブラシに絡みついた髪の毛や、糸くずを切ります。そうすることで、一気に絡まったゴミが取れやすくなります。絡みついた髪の毛や糸くずを全て取り除いたら、固く絞った雑巾で、回転ブラシの車輪や吸い込み口付近の汚れを拭き取りましょう。

掃除機の吸い込み口は、回転ブラシなどが付いているため、汚れやすい箇所でもあります。汚れが溜まると、掃除機の吸引力が弱まることがあります。掃除機を使う頻度にも寄りますが、1ヶ月に一度は簡単に清掃することがお勧めします。定期的に掃除機をお手入れすることで、ゴミのつまりを防ぐことが出来ます。

掃除機に絡まる髪の毛を簡単に取ることができる掃除機を選ぼう!

掃除機をかける度に、長い髪の毛は、ヘッドに絡みつきます。回転ブラシが高速に回転するものであればあるほど、複雑にしっかりとヘッドに絡みつきます。しっかりと絡みついた髪の毛は、手でとるのは非常に難しいものです。お手入れせずにそのままでいると、気付いたときには、髪の毛が複雑に絡みあって、ぐるぐる巻きになっていることもあるかも知れません。

しかし、掃除機の種類によっては、髪の毛がどんなにヘッドに絡まっていたとしても、簡単に取れることが出来るものがあります。ヘッドブラシのロックレバーを押して、ブラシを横から抜くことができるものであれば、ブラシを抜き取って絡まった髪の毛を簡単に取り除くことが出来ます。もし、これから掃除機の購入を検討しているようであれば、ヘッドのブラシ部分にも注目してみてください。

お使いの掃除機のヘッドのブラシが外せないようなら、ハサミなどを使い、ブラシを傷つけないように、絡まった髪の毛を切って取り除くことをお勧めします。しかし、いくらハサミを使ったとしても、時間がかかってしまう作業ではあります。

ヘッドの回転ブラシを外すことができれば、数秒で絡まった髪の毛を除去できるのです。

掃除機に絡まる髪の毛はどう掃除している?

掃除機に絡まる毛は、ハサミなどを使って掃除をしている人が多いようです。

そもそも、髪の毛などは、本当によく床の上に落ちています。特に、カーペットや絨毯に落ちた毛は目立ちやすいものです。ペットを飼っているお宅などでは、ペットの毛が絨毯と複雑に絡み合い、掃除機でもなかなか吸い取れないこともあるでしょう。髪の毛やペットの毛は、絨毯の奥のほうに入り込んでいる場合は、どんなに掃除機をかけてもなかなかとることは出来ませんよね。

掃除機をかけるときはコツがあります。ゆっくりと動かすことが大切です。特に絨毯のような毛の長いものの上をかける時には、すばやく動かしても、ゴミを吸い取ることは出来ません。ゆっくりと引く動作を中心に、往復させることが必要です。吸引力を一番高いモードに設定して、かけましょう。

髪の毛 掃除機に絡まる髪の毛が嫌ならペーパーモップがおすすめ!

髪の毛が掃除機に絡まると、その後のお手入れが非常に面倒ですよね。

絨毯などでは使用できないのですが、フローリングの床であれば、ペーパーモップがお勧めです。モップなので、電気を必要としません。掃除機のように音もしないため、夜の掃除にぴったりです。マンションなどでは、隣や下の部屋の人に迷惑がかかることを気にして、夜に掃除機をかけることが出来ない場合があります。そんな時は、このペーパーモップは最適といえるでしょう。

ウエットタイプとドライタイプのものがありますが、クッション性のあるシートがゴミをしっかりと絡めて取ってくれます。

ちょっとした隙間時間に掃除ができるため、こまめに掃除した場合などは、ペーパーモップがお勧めです。しかし、広い範囲を掃除したい場合には、やはり掃除機が最適です。

毎日の掃除にはペーパーモップ、時々掃除機を使うというように使い分けると、細やかな掃除に繋がるかも知れませんね。

髪の毛で掃除機を吸うのもいいけれど、この方法もおすすめ

髪の毛を掃除機で吸うという方法で、掃除をしている人もいるかも知れませんが、ブラシに絡まるというのが気になるところです。そんな方には、手軽に気付いたときに髪の毛を掃除できる、便利な粘着ローラーがお勧めです。

粘着ローラーを使うと、絨毯の上についた、小さなゴミや髪の毛をたくさん取ることが出来ます。気付いたときにすぐに使えるのでお勧めです。また、深夜に掃除機をかけると音が気になることがありますが、粘着ローラーなら音がしないため、いつでも使用できます。電気も必要としないため、便利です。掃除機ではなかなか取れないほこりもしっかりと取ってくれます。

しかし、強く押し付けると、絨毯が痛んでしまうので注意しましょう。軽く往復するように転がすことが大切です。絨毯の毛の流れとは逆の方向に転がすと、ゴミがよく取れますよ。