注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

髪の毛が掃除機に絡まる!原因と対処方法について

掃除機に絡まる髪の毛をなんとかしたい!なんだか最近、掃除機の吸引力が悪くなったような?もしかしたら、髪の毛や糸くずが絡まっているせいかもしれません。

そんなときは、この方法で掃除機をキレイにしちゃいましょう!

定期的に掃除機を掃除することで、吸引力が安定して長持ちさせることができるのではないでしょうか?掃除機以外で髪の毛を掃除するならこのアイテムがおすすめです!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車中泊のできる軽自動車。燃費を下げない方法について

車中泊もできる軽自動車が人気のようです。ちょっと休みたいときや足を伸ばしたいときなどフラットにできる...

指が短い人でもピアノは弾ける?不利?の悩みにお答えします

指が短いとピアノは不利では?と感じてしまいます。 確かに指が短いとオクターブを弾くだけで痛くもなり...

入院の保証人は家族以外じゃなければいけない?理由について

入院の保証人とはいったいどのようなものなのでしょうか? 同一家族内からは保証人は立てられないとはどん...

ハロワの求人から消えたときは締切?ハロワの求人について

ハロワの求人から消えた企業はもう面接を受けることはできないのでしょうか?面接を受けようかどうか迷って...

関越自動車道が渋滞する原因とは?渋滞回避術もご紹介!

年末年始やゴールデンウィークなど、大型連休を利用して家族で車で出かけることも多いでしょう。 そ...

パンプスのサイズが合わないのはどうしたらいい?対処方法とは

パンプスのサイズが合わないときには、どう対処したらいいのでしょうか? 出先で、パンプスのサイズ...

【ロサンゼルス空港で乗り継ぎ】時間潰しにおすすめの遊び方!

ロサンゼルス空港で乗り継ぎして他のアメリカ国内の都市や他の国へ行く場合、乗り継ぎ時間が何時間もある場...

タヒチとモルディブどっちを旅行しようか迷っている人へ

新婚旅行でタヒチとモルディブのどっちにしようか悩んでいませんか? どちらもリゾート感満載の観光地で...

アゲハ蝶の幼虫を育てよう。与えるエサの種類と注意点

美しいアゲハ蝶を自宅で育てて幼虫から羽化させてみましょう。エサと飼育環境させ整えれば、比較的容易に飼...

精神の不安定さからくる涙。その理由と止める方法

泣きたいときには、泣いてもいい気がしますが大人の場合そんなわけにもいきませよね。 精神の不安定...

腕時計をしない人の心理とは。時計の選び方でわかる隠れた心理

最近は腕時計をしない男性も増えていますが、その理由は何だと思いますか? そうです!やはりスマホ...

グアムと沖縄、行くならどっち?迷ったときの選別方法

今年の夏休みはどこか旅行に行きたいな~と思っている方、必見です。グアムと沖縄のどっちかで悩んでいるな...

スピード違反の取り締まりの種類!ルールを守って安全運転を!

スピード違反で捕まった経験のある人は、スピード違反の取り締まりに対して嫌悪感を持っていることが多いで...

カラスは捕獲しても良い?法律的にカラスはどっち?カラスについて

ゴミを散らかしたり、ときには襲ってきたりとやっかいものと言われることが多いカラスは捕獲してもいいので...

幼稚園のママの年齢層はどのくらい?ママ同士の付き合い方

幼稚園のママはいったいいくつなんだろう・・・。もしかして一人だけ年齢的に浮いている?と気になってしま...

スポンサーリンク

髪の毛掃除機に絡まる髪の毛はアレでカットしよう!

掃除機の吸引力がなんだか落ちたと感じるとき、もしかしたら髪の毛が掃除機に絡まっていることがあるかも知れません。

掃除機に髪の毛が絡まると、回転ブラシが回らなくなります。そのため吸引力が落ちたと感じることもあるでしょう。絡まった髪の毛は案外取りづらいものです。手で引っ張って取り除こうとしても、なかなか絡まった髪の毛は取れません。

そんな時、ハサミを使ってみましょう。
ハサミで回転ブラシに絡みついた髪の毛や、糸くずを切ります。そうすることで、一気に絡まったゴミが取れやすくなります。絡みついた髪の毛や糸くずを全て取り除いたら、固く絞った雑巾で、回転ブラシの車輪や吸い込み口付近の汚れを拭き取りましょう。

掃除機の吸い込み口は、回転ブラシなどが付いているため、汚れやすい箇所でもあります。汚れが溜まると、掃除機の吸引力が弱まることがあります。掃除機を使う頻度にも寄りますが、1ヶ月に一度は簡単に清掃することがお勧めします。定期的に掃除機をお手入れすることで、ゴミのつまりを防ぐことが出来ます。

掃除機に絡まる髪の毛を簡単に取ることができる掃除機を選ぼう!

掃除機をかける度に、長い髪の毛は、ヘッドに絡みつきます。回転ブラシが高速に回転するものであればあるほど、複雑にしっかりとヘッドに絡みつきます。しっかりと絡みついた髪の毛は、手でとるのは非常に難しいものです。お手入れせずにそのままでいると、気付いたときには、髪の毛が複雑に絡みあって、ぐるぐる巻きになっていることもあるかも知れません。

しかし、掃除機の種類によっては、髪の毛がどんなにヘッドに絡まっていたとしても、簡単に取れることが出来るものがあります。ヘッドブラシのロックレバーを押して、ブラシを横から抜くことができるものであれば、ブラシを抜き取って絡まった髪の毛を簡単に取り除くことが出来ます。もし、これから掃除機の購入を検討しているようであれば、ヘッドのブラシ部分にも注目してみてください。

お使いの掃除機のヘッドのブラシが外せないようなら、ハサミなどを使い、ブラシを傷つけないように、絡まった髪の毛を切って取り除くことをお勧めします。しかし、いくらハサミを使ったとしても、時間がかかってしまう作業ではあります。

ヘッドの回転ブラシを外すことができれば、数秒で絡まった髪の毛を除去できるのです。

掃除機に絡まる髪の毛はどう掃除している?

掃除機に絡まる毛は、ハサミなどを使って掃除をしている人が多いようです。

そもそも、髪の毛などは、本当によく床の上に落ちています。特に、カーペットや絨毯に落ちた毛は目立ちやすいものです。ペットを飼っているお宅などでは、ペットの毛が絨毯と複雑に絡み合い、掃除機でもなかなか吸い取れないこともあるでしょう。髪の毛やペットの毛は、絨毯の奥のほうに入り込んでいる場合は、どんなに掃除機をかけてもなかなかとることは出来ませんよね。

掃除機をかけるときはコツがあります。ゆっくりと動かすことが大切です。特に絨毯のような毛の長いものの上をかける時には、すばやく動かしても、ゴミを吸い取ることは出来ません。ゆっくりと引く動作を中心に、往復させることが必要です。吸引力を一番高いモードに設定して、かけましょう。

髪の毛 掃除機に絡まる髪の毛が嫌ならペーパーモップがおすすめ!

髪の毛が掃除機に絡まると、その後のお手入れが非常に面倒ですよね。

絨毯などでは使用できないのですが、フローリングの床であれば、ペーパーモップがお勧めです。モップなので、電気を必要としません。掃除機のように音もしないため、夜の掃除にぴったりです。マンションなどでは、隣や下の部屋の人に迷惑がかかることを気にして、夜に掃除機をかけることが出来ない場合があります。そんな時は、このペーパーモップは最適といえるでしょう。

ウエットタイプとドライタイプのものがありますが、クッション性のあるシートがゴミをしっかりと絡めて取ってくれます。

ちょっとした隙間時間に掃除ができるため、こまめに掃除した場合などは、ペーパーモップがお勧めです。しかし、広い範囲を掃除したい場合には、やはり掃除機が最適です。

毎日の掃除にはペーパーモップ、時々掃除機を使うというように使い分けると、細やかな掃除に繋がるかも知れませんね。

髪の毛で掃除機を吸うのもいいけれど、この方法もおすすめ

髪の毛を掃除機で吸うという方法で、掃除をしている人もいるかも知れませんが、ブラシに絡まるというのが気になるところです。そんな方には、手軽に気付いたときに髪の毛を掃除できる、便利な粘着ローラーがお勧めです。

粘着ローラーを使うと、絨毯の上についた、小さなゴミや髪の毛をたくさん取ることが出来ます。気付いたときにすぐに使えるのでお勧めです。また、深夜に掃除機をかけると音が気になることがありますが、粘着ローラーなら音がしないため、いつでも使用できます。電気も必要としないため、便利です。掃除機ではなかなか取れないほこりもしっかりと取ってくれます。

しかし、強く押し付けると、絨毯が痛んでしまうので注意しましょう。軽く往復するように転がすことが大切です。絨毯の毛の流れとは逆の方向に転がすと、ゴミがよく取れますよ。