注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ハンカチの折り方で子どもと一緒に簡単に楽しめる遊びを紹介

ハンカチの折り方で子どもが喜ぶものが作ることができたら、外出先で飽きてしまった子供をあやす道具としても使えます。
ハンカチなら子供とのお出かけにも必ず持ち歩いているので簡単に使えて便利です。

そこで、ここではハンカチの折り方で子どもと一緒に簡単に楽しめる遊びについてお伝えしていきましょう。

これで、子供が喜ぶハンカチの折り方やハンカチを自分で折るメリットなどがわかり、これからの子育てにも生かされていくことでしょう。
ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家は木造?鉄筋がいい?構造の違いから見るメリットとデメリット

家の構造には、木造や鉄筋コンクリートといった工法がありますが、それぞれどんな違いがあるのか正直分から...

警察と消防の給料事情!安定した給料は魅力的だが危険と紙一重

警察と消防。結婚相手として人気の高い職業ですが、どのくらいの給料があるのかも気になります。 地方公...

靴下の洗濯は裏返して洗濯すると長持ちします

靴下を買い換える頻度は多くありませんか?穴があく、生地が薄くなる、履いている途中でずり落ちてくる、毛...

テーブルマナー・フランス料理のフォークとナイフの基本の使い方

大人になると、色々なシーンでマナーが必要になります。食事のときのテーブルマナーもそのうちの一つです。...

親にスマホを買ってもらうための説得方法はコレだ!

親にスマホを買って!と言うだけではスマホを手に入れることはできないのです。 スマホが本気で欲し...

イギリスの文化で、日本との違いはこんなところがあります!

日本と同じ島国イギリスは、やはり似ている部分はあるのでしょうか? イギリス料理は美味しくないと...

腕時計をしない人の心理とは。時計の選び方でわかる隠れた心理

最近は腕時計をしない男性も増えていますが、その理由は何だと思いますか? そうです!やはりスマホ...

耳垢は耳鼻科でごっそり取る?耳掃除の方法や耳垢の働きとは!

耳垢を耳鼻科でごっそりと取ってもらったなんて経験がある人はいませんか? たくさん取れると気持ちいい...

結婚式のナプキンが持ち帰りOKな場合と色々な活用方法

友人や親戚や職場の人などの結婚式に出席したときに、テーブルに用意されたナプキンの持ち帰りを司会の方か...

幼稚園からピアノを始めるべき?習い事のピアノについて

ピアノは習い事の中でもかなり人気ですよね。小さい頃から始めたほうがいいとは聞くけれど、実際どのくらい...

風船を浮かせる裏技をご紹介!子供の誕生会を盛り上げましょう

子供の誕生会を自宅でする場合、どんな飾りつけにしようかとママとして悩んでしまうのではないでしょうか。...

ミディアムボブのパーマをゆるふわに仕上げるコツやポイント

ミディアムボブのパーマは一歩間違うと、広がり気味のヘアスタイルに見られがち。 可愛くゆるふわに...

台湾旅行へ!携帯電話の充電で気をつける事や旅行の必需品も!

台湾旅行を計画しているそこのあなた!携帯電話の充電についてちょと不安になっていませんか? コン...

フィギュアの買取は箱なしでも可能!買取専門店を要チェック

フィギュアの買取は箱付きが条件で、箱なしなら受け付けてくれないのでは?というのは誤解です。 箱なし...

子犬の首輪はつけっぱなしがいいワケと、付け方や時期について

子犬に首輪をつけっぱなしにするのはかわいそう?苦しそう? 室内飼いが多い最近では、家で首輪はつけな...

スポンサーリンク

ハンカチの折り方ひとつで子どもには楽しい遊びになる

小さなお子様と一緒にお出かけされる方なら、移動途中や移動先で子供が飽きてしまわないようにいろいろなおもちゃなどを用意されることも多いと思います。

しかし、おもちゃはスペースをとりますから、それでなくても大きな荷物が更に大きくなる原因では無いでしょうか?

おすすめ「ハンカチ遊び」

ハンカチは手を拭いたりするために、多くのママが持ち歩くアイテムですよね。

おもちゃに比べるとずっとコンパクトに持ち運ぶことができる

おもちゃでは1通りの遊び方しか出来ないので数が必要になりますが、ハンカチなら折り方とアイディア次第で遊び方は無限です。お出かけの時に子どもとの遊びに、ぜひハンカチを取り入れてみませんか?

ハンカチで簡単にできる子供が喜ぶバナナやリボンの折り方を紹介

ハンカチの折り方はたくさんありますが、はじめは小さな子どもウケ間違い無しの「バナナ」の作り方からご紹介しましょう。

ハンカチでバナナ

  1. ハンカチを広げて、4隅を中心に集めるように内側に折ります。
  2. 中心をつまんで持ち、反対の手を上から下へスライドさせて、下の部分を握ります。
  3. 中心をつまんでいた手を離すと、バナナのような形になっていますよね。
    上からハンカチをめくれば、バナナの完成です。
  4. おさるのフリをして食べる真似をしたりすると、子どもが大喜びしてくれます。

次にご紹介するのはリボンです。

実はリボンだというのは知ったのは大人になってからで、子供の頃は「おっぱーい!」と言って胸辺りにセットして笑い転げていました。
きっと皆さんも、一度は経験があるのでは?

ハンカチでリボン

  1. ハンカチを裏返して広げ、中心のラインに向かって左右をそれぞれ内側に折ります。
  2. ひっくり返してから、次は上下を中心のラインに向かって内側に折ります。
  3. ハンカチの中心部分にはハンカチの4隅が集まってきていますよね?
  4. 左側の上下のハンカチの隅をまとめて左手でつまみます。
  5. 右側も同じ様に右手でハンカチの隅をまとめてつまみ、左右に少し引っ張るとリボンが完成します。

ハンカチの折り方で子どもの思考力や想像力も鍛えられる

ハンカチを、水分を吸い取るだけのものにしておくなんて勿体無い!持ち運びに便利なので、いつでもどこでも子どもが遊べるのがハンカチのメリットです。
折り紙よりも柔軟なので、ハンカチにしか出来ない柔らかい作品が魅力です。

子どもの成長にも役立つ

ですが、ハンカチを使っていろいろな折り方を楽しむことは、他にもメリットがあるのです。

「折る」という行為では手を上手に使わなくてはいけませんから、指先のトレーニングになります。

また、難しい折り方に挑戦すればするほど集中力が必要になりますし、「ここを折ったらこうなるんだな。」ということを理解するためには、思考力や想像力、空間認識能力も必要になりますから、遊びながらこれらを鍛えることが出来るのです。

子どもにとっては、楽しみながらこれらを鍛えられるということは大きなメリットとなります。

子どもに合わせたハンカチ遊びがしやすいハンカチを選びましょう

「小さな子どもとのお出かけする時には、ハンカチは役立つかも」少しでも共感を頂けたなら、ぜひハンカチ用意して子どもと一緒に遊んでみてくださいね。

ハンカチは薄くて大きめのハンカチがおすすめ

タオル地ハンカチではタオルで折れる作品を楽しめますが、小さなお子様の場合には扱いにくい事も多いのです。

また、引っ張ったりして遊べるように、破れにくい生地のものや、破れても怒らずに済む価格のハンカチを選ぶのもポイントです。

数枚用意するなら、柄違い、サイズ違いにすると、遊びの幅がさらに広がりますよ。

ハンカチがあれば友達も一緒に遊ぶこともできます

ハンカチでいろいろな折り方をして遊ぶ事をおすすめするのは、作品を作るだけではなく、さらにそれを使った遊びまで発展させることが出来るからです。

たとえハンカチが1枚しか無くても、それで何かを作って遊ぶなら、お友達と一緒でも出来ますよ。

先程ご紹介した「バナナ」なら、おさるが二人でも楽しいですよね。
リボンを作ってオシャレごっこも楽しいですし、水着にして楽しむことも出来ます。

ハンカチで作品を作って遊ぶ方法をご紹介してきましたが、ハンカチの遊び方はそれだけではありません。

ハンカチはゲームの道具としても使えるもの

昔からあるハンカチゲームと言えば、ハンカチ落としですよね。鬼がハンカチを落として席とりするゲームです。

他にもじゃんけんの勝者から敗者へハンカチを回して、2枚ハンカチを手にしてしまったら罰ゲームをするハンカチ回しや、音楽など一定時間ハンカチを回して最終的に持っている人が負けとなる爆弾ゲーム、ハンカチの取り合いをするハンカチ取りやいもほりゲームなど、いろいろなゲームを楽しむことが出来ますよ。

子供とのお出かけでは手を洗う機会が多いのでハンカチは必須ですが、それ以外の使いみちも沢山楽しめますから、忘れずに持ち歩きたいアイテムです。