注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

歌の才能は生まれつき?歌の才能やセンスは環境が左右する!

歌が上手い人を見ると「やっぱり才能がある、センス抜群!」と思ってしまいます。

歌手の中にも親が有名人歌手ということも多いですし、才能は生まれつきだとどうしても感じてしまいます。

歌の才能は本当に生まれつきや遺伝によるものなのでしょうか。歌が上手いかどうかは何で決まってしまうの?

なぜ歌は才能とセンスが全てだと思われているのか。そんな疑問についてもお答えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お盆は電車も空いてるし電話も鳴らない!ベストな仕事環境だった

「お盆の時に仕事なんてかわいそうに」と思っていませんか? いえいえ、そんなことはありません。 ...

ハムスターの種類や性格について!ハムスターの飼い方をご紹介

ハムスターは種類によって性格も違うものなのでしょうか?飼いやすいハムスターとは? とくに人気の...

アクリル絵の具は洗濯してもOK!布に描くことが可能なアイテム

アクリル絵の具を使って布に描くとき、「洗濯をしてもアクリル絵の具は落ちない」という話を聞いたことがあ...

筋肉が硬いのは体質のせい?硬くなる原因と対処方法

筋肉が硬いのは体質のせい?筋肉が凝っている、固いと疲労の原因になってしまう? そもそもなぜ筋肉...

余興が盛り上がるムービーの作り方やアイデアについて知りたい

結婚式などの余興を盛り上げるもののひとつにムービーがありますよね。 新郎新婦だけではなく、友達や家...

【子猫の睡眠】4ヶ月の子猫の睡眠時間の平均と成猫の睡眠時間

猫はいつも寝ているイメージがある人もいますよね。うとうとしている猫の姿はとっても可愛いものです。 ...

液晶テレビの画面に傷が、薄くすることはできる?傷の対処法

液晶テレビの画面に傷がついてしまったときに消すことはできるのでしょうか?消すことはできなくとも薄くす...

お守りを落としたことの意味とは?モノが持つエネルギーについて

お守りを落とした! バチが当たってしまいそうで、ビクビクしてしまいますが、お守りが自分の身代わりに...

古文のコツとは?中学古文を苦手克服するための勉強法

国語の中でも古文が苦手という中学生も多くいるのではないでしょうか? では、中学古文の苦手を克服...

不妊は離婚の理由になるの?不妊の苦しみとその末路とは

不妊を理由として離婚することはできますか? 基本的に離婚は、双方の合意があればどのような理由で...

ミディアムボブのパーマをゆるふわに仕上げるコツやポイント

ミディアムボブのパーマは一歩間違うと、広がり気味のヘアスタイルに見られがち。 可愛くゆるふわに...

猫の鳴き声で気持ちを知ろう!「クルル」と鳴くときの気持ちを解説

猫が「クルル」と鳴き声を出したとき、まだ上手にコミニュケーションが取れていない飼い主さんは、一体どん...

カラスは捕獲しても良い?法律的にカラスはどっち?カラスについて

ゴミを散らかしたり、ときには襲ってきたりとやっかいものと言われることが多いカラスは捕獲してもいいので...

【ガーランドの作り方】簡単にできる可愛い手作りガーランド

壁や窓ぎわにあるガーランドはお部屋を明るくしてくれて、お子様がいるご家庭にもぴったりです。 ガーラ...

ご祝儀を会社から頂いた場合お返しは必要?マナーについて

結婚祝いや出産祝いなどで会社からご祝儀を頂く場合があると思います。そんなときに気になるのがお返しです...

スポンサーリンク

歌の才能は生まれつき遺伝なの?

歌が上手い人もいれば下手な人もいます。一体この違いは何なのでしょう?生まれつきの才能なのでしょうか?

もちろん、遺伝という部分も少なからずあるでしょう。しかしそれだけでなく、どれだけ音楽に触れて育ってきたかによっても大きな差が生まれるのです。

例えば小さい頃からピアノを習い良い音楽に触れる機会の多かった子に、音痴な子というのはいません。

これは、我々が日本語を話せるのと同じことです。私たちが日本語を話せるのは、親が日本人だからではありません。例え親が日本人であったとしても、英語を聞いて育った場合には英語しか話せない子に育つのです。つまり、それだけ日本語に触れてきたから日本語を話せるようになったということです。

歌に関してもこれと同じ事が言えるということです。小さい頃から良い音楽に触れる機会が多ければ、それだけ歌唱力も身につくのです。

今からでは遅くはありません。たくさんの良い音楽に触れてしっかりと練習をすることで、歌は上手くなるのです。

歌の才能が生まれつきじゃないと何が違うの?歌が上手い人に共通することとは

歌が上手い人の共通点としてまず挙げられるのが、歌が好きであるということ。歌が好きだからこそ、自然といつも歌っています。歌を上達させる為に練習は欠かせません。そんな練習が、意識しなくても出来ているから歌もどんどん上手くなっていきます。

そして歌を歌える場所があるということもとても重要になります。いくら頭の中で歌っていたって、上達することはありません。しっかりと声を出せる場所があるということも、歌が上手くなる為には欠かせないポイントなのです。

例えば防音の部屋だったり、家の近くにカラオケがあったり。こういった環境が整っている人というのは、歌が上達しやすいでしょう。

そしてもう一つ、器用であるかどうかというのも歌の上手い下手に大きく関わってきます。歌を歌う際には声の微妙なコントロールが必要になりますので、それを上手く出来るかも重要になります。生まれつきの器用さもありますが、練習することでカバーすることも可能なのです。

歌の才能が生まれつきじゃないならまだ間に合う?歌が上手く聞こえるためには?

歌が上手く聞こえる為には、音程はもちろんリズム感や抑揚なども重要になります。そして意外にも、歌詞をしっかりと発音出来ているかということも欠かせない要素になってくるのです。歌詞がキレイに発音出来るだけで、歌が上手く聞こえるのです。

歌詞をキレイに発音する為には、お腹から声を出すことと滑舌を良くすることが大切になります。日常生活の中でもお腹から声を出すようにしたり、滑舌良く喋ることを意識してみてください。

得に「たちつてと」や「ぱぴぷぺぽ」の音は聞き取り難いと言われています。歌詞を声に出して読んでみて、きちんと発音が出来ているのかをチェックしてみましょう。

そして、同じ歌詞でも音域が高い方が発音が難しくなります。歌手は簡単そうに歌っている曲でも、実際に歌ってみると同じように出来なかったりしますよね。歌手はそれだけの努力をしているのです。

自分の音域に合わせた曲を選ぶというのも、歌が上手く聞こえるための一つの方法です。

歌の才能がある人とは?

歌の才能がある人というと、生まれながらにして持った特別な力があるという風に捉える人が多いでしょう。

しかしそれは勘違いです。才能がある人というのは、人よりも上達するスピードが早い人のことを指すのです。練習もせずに最初から出来る人というのはいません。もしいるとしたら、それは俗にいう天才です。

では、そういった才能のある人に追いつく為にはどうしたら良いと思いますか?答えは簡単です。才能がある人の倍、努力すれば良いのです。

才能がある人と同じように練習して追いつけるはずがありません。だから、置いていかれない為にも倍の練習をこなしてください。

才能ある人がかなりの練習量を積んでいる場合には、確かに追いつくのが難しいかもしれません。しかし、才能がある人というのは努力を怠ることに加え、長続きしない傾向にあります。

その隙をついて倍の練習をすることで、才能ある人に並ぶか、もしくは越えられることだって可能です。そうなれば、次はあなたが「才能がある」と言われる存在になるかもしれませんね!

なぜ歌は才能とセンスが全てだと思われているの?

歌唱力のある人の歌を聞くと、「この人は努力したんだな」というよりも「この人は才能があるな」と思う人が多いのでは無いでしょうか?どうして歌が上手い人というのはそれを才能だと思われるのか、不思議ですよね。

歌は特別な練習をしなくても歌えてしまう人が多いというのが、一つの理由でしょう。それに加えて、音楽のジャンルによっては技術的なことよりも声や歌詞、歌い方などでお客さんに好きと思って貰えれば認めてもらうことが出来ます。

しかし、だからと言って努力しなくて良いというものでもありません。やはり誰もが下手な歌よりも、上手な歌を聞きたいと思っています。だから練習するに越したことは無いのです。

そして元々歌が上手い人というのは、上手いというよりも「器用」なのです。だから、自分に才能が無いと思う人でも、練習をすることで技術を身に付ければいくらでも上手くなることは可能ですよ!