注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ハムスターの種類や性格について!ハムスターの飼い方をご紹介

ハムスターは種類によって性格も違うものなのでしょうか?飼いやすいハムスターとは?

とくに人気のあるハムスターの種類や性格について紹介します。やはり人気のハムスターは飼いやすさにも定評があるようです。

また、ハムスターの行動からわかるハムスターの気持ちや飼うときに気をつけることなどもチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミディアムボブのパーマをゆるふわに仕上げるコツやポイント

ミディアムボブのパーマは一歩間違うと、広がり気味のヘアスタイルに見られがち。 可愛くゆるふわに...

アゲハ蝶の幼虫を育てよう。与えるエサの種類と注意点

美しいアゲハ蝶を自宅で育てて幼虫から羽化させてみましょう。エサと飼育環境させ整えれば、比較的容易に飼...

海の生物はすべて危険だと思った方がいい!

海は楽しい! 海で楽しむ時、その海に生息する生物に危険で注意しなければならない生き物が居るのかどう...

男友達との旅行は部屋別にするのが鉄則!誤解されないルール

女性同士の旅行というのはよくあることですが、異性の男友達から旅行に誘われたら、あなたはどうしますか?...

オタクの服装の特徴を解説!定番のアイテムや黒一色が特徴です

ドルオタ・アニオタなどオタクといっても色んなタイプがいます。 オタクといえば秋葉原でしょうか。...

親に旅行をプレゼントするなら海外?おすすめなスポットをご紹介

親が生きているうちに親孝行したい!いつかしてあげたいと思っているその瞬間にも、親もあなたも年を重ねて...

ココアとコーヒーの違いはなに?共通点もご紹介!

ココアやコーヒーにはどんな違いがあるのかご存知でしょうか?ココアには甘いイメージを持っていて、コーヒ...

服が高い。なぜこんなにも値段が違うの?服の値段について

高い服と安い服は何が違うのでしょうか?素材?それとも人件費?なぜ似たような服でもこれほどまでに値段に...

家は木造?鉄筋がいい?構造の違いから見るメリットとデメリット

家の構造には、木造や鉄筋コンクリートといった工法がありますが、それぞれどんな違いがあるのか正直分から...

子犬の首輪はつけっぱなしがいいワケと、付け方や時期について

子犬に首輪をつけっぱなしにするのはかわいそう?苦しそう? 室内飼いが多い最近では、家で首輪はつけな...

テーブルマナー・フランス料理のフォークとナイフの基本の使い方

大人になると、色々なシーンでマナーが必要になります。食事のときのテーブルマナーもそのうちの一つです。...

キャリーケースのサイズや選び方は日数にあわせて!

国内や海外の旅行にかかせないキャリーケースですが、日程によってどんなサイズがいいのか悩んでしまいます...

マタニティ用スカートで仕事でも通用するものは?服装選びのコツ

マタニティ時期でも仕事を頑張っている妊婦さんも多いですが、困るのが服装です。 スカートやパンツ...

写真映えするキュートな花かんむりを手作り!簡単な作り方

幼い頃、シロツメクサで花かんむりを作った。そんな思い出ありませんか?花かんむりは女子の憧れ、花かんむ...

ライブ最前列の緊張感を楽しいものに!最前列ならではの楽しみ方

ライブで運良く最前列に入れるなんて、想像しただけで緊張してしまうものです。だって大好きなアーティスト...

スポンサーリンク

ハムスターの種類や性格!ジャンガリアンハムスター

とってもわがままな性格で有名なジャンガリアンハムスターですが、飼いやすいところもあります。

  • 懐きやすい
    ジャンガリアンハムスターは、何も考えていないようなボーッとしたような表情ですが、実際はそうではありません。人に懐いてくれます。
    しかしよく噛んだりもしてしまいますが、一緒にハムスターと遊びたいのであればジャンガリアンハムスターはお勧めでしょう。
  • ちゃんとトイレができる
    ジャンガリアンハムスターは、ちゃんとした飼育できる環境があれば、きちんとトイレを覚えてくれます。ハムスターの種類は色々ありますが、その中でも特に覚えてくれる種類なので、家が汚れたくなくてもジャンガリアンハムスターはお勧めです。
  • 頭がいい
    頭がいいので飼いやすいでしょう。

ハムスターの種類や性格 ロボロフスキーハムスターなど

●ロボロフスキーハムスター
ロボロフスキーハムスターは小さい種類で、ゴールデンハムスターと比べると大体半分程度と、とてもミニサイズになります。

とっても臆病なので警戒もしやすく、人も警戒しやすいために観賞用になります。
俊敏な動きが可愛くて、見るだけという人向けです。

●キンクマハムスター
ジャンガリアンのように人気のあるキンクマハムスターは、ゴールデンハムスターを改良してつくられた種類です。
性格はゴールデンハムスターに似て、温厚で頭もいいです。
一緒に過ごすにあたって人気もあります。

人に慣れてきますが、懐いてくれる事はないようです。
マイペースにお散歩します。

●チャイニーズハムスター
小さいチャイニーズハムスターは、目がクリクリしていて体も細め、しっぽが長いために、ネズミに似たような見た目です。

俊敏に動き回るし高いところに登ってしまったりするために、落ちてしまう事がないように気をつけないといけません。
特に他のハムスターと変わった育て方をするというような事もなく、エサなども一緒です。

ハムスターの種類や性格 ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスターの性格

ゴールデンハムスターはとても人気がある種類になります。

ゴールデンハムスターを飼育している人も多いのではないでしょうか。
ハムスターの代表とも言えるゴールデンハムスターの特徴を紹介します。

  • おっとりして温厚
  • のんびりしていてマイペース

ゴールデンハムスターは頬の袋に食べ物の詰め込むのが好きで、そんな姿も可愛いです。

  • 自分のテリトリーを持っているので複数で飼う事は避けましょう。

手の平サイズで小さすぎないために、そのハムスターの重みや暖かさが感じられ、飼っている実感が味わえます。

人懐っこく頭もよく、ゆっくりと動きます。
トイレや、飼い主の声などを覚えたりします。

しかし頭がよくて、体も大きく力もあるために脱走しないように工夫しましょう。

ハムスターの行動からみるハムスターの気持ち

ハムスターがケージを噛んでしまう

外に出たいあらわれです。

  • 縄張りをチェックしたい
  • 外にでて遊びたい

普段はケージの外に出た事がないようなハムスターより、ケージの外でお散歩したりしているハムスターの方がケージを噛んだりする事が多いようで、自分の縄張りを見回りたいという行動だともいわれています。

回り車でハムスターが急に止まるのはなんで

回り車で走っているハムスターは、遠くまで走ったつもりになっています。
そして周りに外敵がいないか警戒しているようです。

背中を見せるハムスターは怖がっている

手のひらに乗せた時などに、すぐに後ろを向いてしまうのは、まだ人と目を合わせるのが怖いようです。
慣れてくると後ろを向いてしまう事も減ってくるようです。

ハムスターが鼻をヒクヒクさせる

ハムスターは目が悪いです。
なので匂いで周りを理解している時にヒクヒクさせるようです。

ハムスターはよく眠る?ハムスターの飼い方

ハムスターは夜行性です

昼間はよく眠っているので、行動することも少ないです。
睡眠を邪魔しないように、床材を換えたり食事を与えたりする事は夜にしましょう。

人間は夜に眠る人が多いので生活をするにあたってリズムは違ってしまいます。
だからといってスキンシップは大切なので怠らないで下さい。
スキンシップをしている事で、普段と違った事をしていないか、食事などはどうかなどの健康もチェックをする事ができて、早めに病気に気づけたり予防できたりします。

ハムスターの環境と食事

ハムスターを飼う事によって大切なのは、キレイな環境と、栄養のバランスがとれる食事で、ちゃんと観察する事です。

小さくて可愛いですが、かよわくもあります。
ハムスターの性格、生活のリズムなどの特性をちゃんと理解して、大事に飼育してあげましょう。

ハムスターが噛んでしまう理由

食事を探す本能的な好奇心といえます。
ハムスターの歯は前歯が、食事をするためにとても発達しています。
ハムスターは外敵を攻撃するようなものではないのです。
弱い力で噛む事は、エサを探している本能の好奇心といわれています。
そして、見えるものが食べ物であるのか確かめているだけという事です。