注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

幼稚園からピアノを始めるべき?習い事のピアノについて

ピアノは習い事の中でもかなり人気ですよね。小さい頃から始めたほうがいいとは聞くけれど、実際どのくらいの年齢から始めたらいいのでしょうか?

幼稚園から始めるのがベストなの?習い事をさせるなら優しい教室?厳しい教室?

子どもにとってピアノの習い事はどんな効果があるの?気になるピアノの習い事について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

文鳥がくちばしを鳴らすのはなぜ?文鳥の気持ちと体の変化

文鳥がいつもとは違う行動を取る場合、飼い主としては心配になってしまいます。 また聞いたことがな...

秋のパンプスは寒い、ダサくならずに暖かくする方法とは

秋はブーツを履くには早すぎるし、だからといってパンプスだと寒い。この季節の変わり目には、どのように寒...

夢で同じ場所の夢を見る!知らない場所が何度も出てくる時の暗示

私達が眠っている間に見る夢には、隠されている意味や何かの暗示があることもあります。普段は夢についてあ...

クリスマスプレゼントにはコレ!3歳のおもちゃ以外のプレゼント

おもちゃ以外のものをプレゼントしたいけど、3歳の子供のクリスマスプレゼントに何を上げたら良いかわから...

うさぎの種類で飼いやすいのは?ウサギを選ぶポイント

あまり鳴くことがなく、飼いやすいと言われているうさぎですがそのうさぎの種類はなんと50種類にものぼる...

記念式典の服装について!主催者側とゲスト側の女性の場合!

記念式典の服装について悩んでいる女性はいませんか? 主催者側の女性とゲスト側の女性の服装について、...

マタニティ用スカートで仕事でも通用するものは?服装選びのコツ

マタニティ時期でも仕事を頑張っている妊婦さんも多いですが、困るのが服装です。 スカートやパンツ...

車の燃費が悪くなった。その原因と改善策をご紹介!

最近車の燃費が悪くなった、急激に燃費が悪くなったと感じていませんか? 単に車が劣化した、部品が...

演奏会の髪型はどうしたら良い?男の子の髪型や服装をご紹介

お子さんの演奏会や発表会!晴れ舞台を初めて経験する息子、当人よりも親御さんの方が緊張をしてしまうので...

関越自動車道が渋滞する原因とは?渋滞回避術もご紹介!

年末年始やゴールデンウィークなど、大型連休を利用して家族で車で出かけることも多いでしょう。 そ...

液晶テレビの画面に傷が、薄くすることはできる?傷の対処法

液晶テレビの画面に傷がついてしまったときに消すことはできるのでしょうか?消すことはできなくとも薄くす...

幼稚園のママの年齢層はどのくらい?ママ同士の付き合い方

幼稚園のママはいったいいくつなんだろう・・・。もしかして一人だけ年齢的に浮いている?と気になってしま...

海で浮き輪があっても流される『離岸流』に遭わないために

夏と言えば海!毎年海水浴へ行くことが楽しみという人も多いでしょう。 しかし、海には危険がつきも...

親に感謝の気持ちを伝える手紙の書き方。卒業式なら

親に感謝の気持ちがあったとしても、面と向かって言葉にして伝えるというのはちょっと照れくさいですよね。...

ご祝儀を会社から頂いた場合お返しは必要?マナーについて

結婚祝いや出産祝いなどで会社からご祝儀を頂く場合があると思います。そんなときに気になるのがお返しです...

スポンサーリンク

ピアノの習い事は幼稚園から始めたほうがいい?

実際に幼稚園でピアノを習っている子が多くいます。
子供にとってピアノの習い事は左右の両手で異なる動きをするので脳の活発が刺激され、早いうちからやると最も効果的といわれています。

4~5歳から始める子が多く、早ければ早いだけピアノの音に耳が慣れてくるのも早いです。
最初はピアノを弾くというよりも、ピアノの音やリズムに合わせてお遊びのような程度ですが、それが今後のピアノをやってく上で重要になってきます。

小学生にあがると音感の脳の発達の成長により、幼稚園のときにやっていたことが生かされるのです。

「絶対音感」というのはピアノ習っている子すべてにあるわけではないですが、小さいうちからしていると「絶対音感」を持てるようになる子も中にはいます。

幼稚園から小学校の6年間まじめに習っているのであれば、この年月で上達はしますが中学校にあがると、行動範囲が広がり、部活で忙しかったり、違うことに興味がでてきて、辞めてしまう子も多いです。しかし、ピアノを弾く事でリフレッシュできるのであれば、本格的に習わなくても、週に必ず1回は弾くと決めておけばピアノの感覚も忘れずに保てるでしょう。

幼稚園からピアノの習い事をさせるなら優しい教室?厳しい教室?

ピアノを習う上で、先生とお子さん相性というのも重要です。
相性が合わないと習い事の日が憂鬱でやる気もなくなり、伸びる技術も伸びません。

ピアノの先生にも大きく分けて優しい先生、厳しい先生がいます。
どのような先生のもとでならうかは、体験などにいった時に先生の指導の特徴や子供に合っているかなどチェックして決めましょう。

厳しい先生の方が心も鍛えられ、しっかりと礼儀を覚え、上達も早いという意見もありますが、お子さんが厳しい先生を怖がってしまうと話は変わってきてしまいますよね。

優しい先生で伸びる子もいれば伸びない子もいますので、いざその教室に入ってみないとわからないのが正直なところと言えます。

習う前にいくつかの教室を体験しお子さんに合いそうな教室を選ぶことも、子供のピアノの成長にとってはカギとなってきます。

幼稚園からピアノの習い事をすればキレにくい子どもに?

ピアノはとても難しく、脳、目、耳からの情報が脳を刺激し、その刺激による命令で素早く判断が求められ左右バラバラに指を動かします。
これは、とても容易なことではなく、大人からピアノを始める人は脳や手の動きが慣れるまでには苦労するでしょう。
そのため早いうちからピアノを習った方がいいといえるのかもしれません。

この脳のバランスを鍛えることで集中力や、楽譜を読解する力や記憶する力が養われます。

集中力がつくことで、小学校にあがってからも、なれない1時間弱の授業などもスムーズに対応できるかもしれません。
また、集中できなくてイライラしてしまうことも少なくなると思います。

幼稚園からピアノを習わせるなら個人?グループ?

幼稚園からピアノを習うのであれば、その教室によって、個人レッスンだったりグループレッスンだったりと様々かもしれません。

ピアノのグループレッスンの特徴

まずは音に触れる、慣れるというところから始まるので、個人ではなくてグループレッスンになる事が多いです。
みんなで一緒に先生のピアノにより音に合わせてリズムをとったり、音で楽しむことを覚えます。
またグループならではの遊びやゲームを取り入れられ子供は同じ年代の子とお遊び感覚で楽しくレッスンに行く事ができると思います。
「ピアノは楽しいものだよ」という気持ちつくりから始まる傾向があります。

ピアノの個人レッスン

幼稚園からの個人レッスンでも、もちろん音に触れる、慣れるというような取り組みもしますが、ピアノに触れる機会が早いといえます。
楽譜が読めなくても先生と一緒に簡単な曲を練習したり、そうしていると自然にドの音符の形や楽譜の位置、ピアノのドの位置など覚えてきます。

個人レッスンの方がピアノを弾くことを練習するのが早い傾向があります。

ピアノの習い事。ピアノは必ず必要?

ピアノを習わせたいけど本当にピアノまで必要なの、と習う前から気がかりですよね。
ピアノがお家にあるとピアノに触れる機会も多くなり、教室で弾くピアノの音と同じ音や指の感覚でそのまま練習できるし上達にもつながるので理想です。

「お家にキーボードがあるから買わなくていいかな」とお考えのみなさん、それは少し違います。

キーボードとピアノでは音、鍵盤を押す力、音を出す機能が異なりせっかく養われる音感や感覚もあやふやになっていてしまう可能性があります。

ピアノは金銭的にも負担がかかるし、マンション住まいや、お家の条件などによっても購入が困難であれば、電子ピアノの代用をオススメします。

ピアノよりは少しお財布に優しく、近所迷惑防止にイヤフォンをつけて弾く事ができます。

子供の脳にとても効果的といわれている習い事ですので、お子さんが楽しんでいけるように親の手助けも必要になってきます。