注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

幼稚園からピアノを始めるべき?習い事のピアノについて

ピアノは習い事の中でもかなり人気ですよね。小さい頃から始めたほうがいいとは聞くけれど、実際どのくらいの年齢から始めたらいいのでしょうか?

幼稚園から始めるのがベストなの?習い事をさせるなら優しい教室?厳しい教室?

子どもにとってピアノの習い事はどんな効果があるの?気になるピアノの習い事について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園の面接で落ちたあとの対策や二次募集園を探す方法

幼稚園の面接で落ちた場合、その後どうしたらいいのか頭が真っ白になってしまいますよね。子どもより親のほ...

セキセイインコの保温は湯たんぽでも大丈夫?保温の方法

セキセイインコの保温に湯たんぽを使うことはできるのでしょうか?インコ用のヒーターが届くまでの間、簡易...

釣り女子が気になるトイレ事情について調べてみました

釣りは男性のイメージがありますが、最近は釣りを楽しむ釣り女子も増えています。 釣りの方法は、船...

腕時計をしない人の心理とは。時計の選び方でわかる隠れた心理

最近は腕時計をしない男性も増えていますが、その理由は何だと思いますか? そうです!やはりスマホ...

猫の寝床を手作りしよう!ポイントや注意点をご紹介します

猫の寝床を手作りするという飼い主さんもいらっしゃるでしょう。 ダンボールで作ったものや猫テント...

さまざまなお祝いメッセージの書き方のコツをご紹介

お祝いと一言で言っても、さまざまなものがあります。 結婚や出産、新築祝いなど、お祝いのメッセージの...

側溝の掃除は役所がしてくれる?気になる疑問について

側溝が詰まってしまった場合は役所に掃除をしてもらう?そう考えている人は少なくないはずです。 し...

写真映えするキュートな花かんむりを手作り!簡単な作り方

幼い頃、シロツメクサで花かんむりを作った。そんな思い出ありませんか?花かんむりは女子の憧れ、花かんむ...

ハンカチの折り方で子どもと一緒に簡単に楽しめる遊びを紹介

ハンカチの折り方で子どもが喜ぶものが作ることができたら、外出先で飽きてしまった子供をあやす道具として...

男友達との旅行は部屋別にするのが鉄則!誤解されないルール

女性同士の旅行というのはよくあることですが、異性の男友達から旅行に誘われたら、あなたはどうしますか?...

テーブルマナー・フランス料理のフォークとナイフの基本の使い方

大人になると、色々なシーンでマナーが必要になります。食事のときのテーブルマナーもそのうちの一つです。...

自分好みのリースを手作り!可愛く見える作り方やコツをご紹介

クリスマスになると玄関にリースを飾るお家が増えていますね。可愛いリースが飾ってあると見ているこちらも...

車の燃費が悪くなった。その原因と改善策をご紹介!

最近車の燃費が悪くなった、急激に燃費が悪くなったと感じていませんか? 単に車が劣化した、部品が...

一人暮らしでペットを飼う大学生のメリットや注意点!

大学生になり一人暮らしを始めたけど寂しい…。そんなときにペットを飼おうと考える人もいると思います。 ...

運動会の持ち物【保育園編】定番以外であると嬉しい便利グッズ

待ちに待った保育園の運動会!前日までにあらゆる持ち物を準備します。 運動会の持ち物リストはある...

スポンサーリンク

ピアノの習い事は幼稚園から始めたほうがいい?

実際に幼稚園でピアノを習っている子が多くいます。
子供にとってピアノの習い事は左右の両手で異なる動きをするので脳の活発が刺激され、早いうちからやると最も効果的といわれています。

4~5歳から始める子が多く、早ければ早いだけピアノの音に耳が慣れてくるのも早いです。
最初はピアノを弾くというよりも、ピアノの音やリズムに合わせてお遊びのような程度ですが、それが今後のピアノをやってく上で重要になってきます。

小学生にあがると音感の脳の発達の成長により、幼稚園のときにやっていたことが生かされるのです。

「絶対音感」というのはピアノ習っている子すべてにあるわけではないですが、小さいうちからしていると「絶対音感」を持てるようになる子も中にはいます。

幼稚園から小学校の6年間まじめに習っているのであれば、この年月で上達はしますが中学校にあがると、行動範囲が広がり、部活で忙しかったり、違うことに興味がでてきて、辞めてしまう子も多いです。しかし、ピアノを弾く事でリフレッシュできるのであれば、本格的に習わなくても、週に必ず1回は弾くと決めておけばピアノの感覚も忘れずに保てるでしょう。

幼稚園からピアノの習い事をさせるなら優しい教室?厳しい教室?

ピアノを習う上で、先生とお子さん相性というのも重要です。
相性が合わないと習い事の日が憂鬱でやる気もなくなり、伸びる技術も伸びません。

ピアノの先生にも大きく分けて優しい先生、厳しい先生がいます。
どのような先生のもとでならうかは、体験などにいった時に先生の指導の特徴や子供に合っているかなどチェックして決めましょう。

厳しい先生の方が心も鍛えられ、しっかりと礼儀を覚え、上達も早いという意見もありますが、お子さんが厳しい先生を怖がってしまうと話は変わってきてしまいますよね。

優しい先生で伸びる子もいれば伸びない子もいますので、いざその教室に入ってみないとわからないのが正直なところと言えます。

習う前にいくつかの教室を体験しお子さんに合いそうな教室を選ぶことも、子供のピアノの成長にとってはカギとなってきます。

幼稚園からピアノの習い事をすればキレにくい子どもに?

ピアノはとても難しく、脳、目、耳からの情報が脳を刺激し、その刺激による命令で素早く判断が求められ左右バラバラに指を動かします。
これは、とても容易なことではなく、大人からピアノを始める人は脳や手の動きが慣れるまでには苦労するでしょう。
そのため早いうちからピアノを習った方がいいといえるのかもしれません。

この脳のバランスを鍛えることで集中力や、楽譜を読解する力や記憶する力が養われます。

集中力がつくことで、小学校にあがってからも、なれない1時間弱の授業などもスムーズに対応できるかもしれません。
また、集中できなくてイライラしてしまうことも少なくなると思います。

幼稚園からピアノを習わせるなら個人?グループ?

幼稚園からピアノを習うのであれば、その教室によって、個人レッスンだったりグループレッスンだったりと様々かもしれません。

ピアノのグループレッスンの特徴

まずは音に触れる、慣れるというところから始まるので、個人ではなくてグループレッスンになる事が多いです。
みんなで一緒に先生のピアノにより音に合わせてリズムをとったり、音で楽しむことを覚えます。
またグループならではの遊びやゲームを取り入れられ子供は同じ年代の子とお遊び感覚で楽しくレッスンに行く事ができると思います。
「ピアノは楽しいものだよ」という気持ちつくりから始まる傾向があります。

ピアノの個人レッスン

幼稚園からの個人レッスンでも、もちろん音に触れる、慣れるというような取り組みもしますが、ピアノに触れる機会が早いといえます。
楽譜が読めなくても先生と一緒に簡単な曲を練習したり、そうしていると自然にドの音符の形や楽譜の位置、ピアノのドの位置など覚えてきます。

個人レッスンの方がピアノを弾くことを練習するのが早い傾向があります。

ピアノの習い事。ピアノは必ず必要?

ピアノを習わせたいけど本当にピアノまで必要なの、と習う前から気がかりですよね。
ピアノがお家にあるとピアノに触れる機会も多くなり、教室で弾くピアノの音と同じ音や指の感覚でそのまま練習できるし上達にもつながるので理想です。

「お家にキーボードがあるから買わなくていいかな」とお考えのみなさん、それは少し違います。

キーボードとピアノでは音、鍵盤を押す力、音を出す機能が異なりせっかく養われる音感や感覚もあやふやになっていてしまう可能性があります。

ピアノは金銭的にも負担がかかるし、マンション住まいや、お家の条件などによっても購入が困難であれば、電子ピアノの代用をオススメします。

ピアノよりは少しお財布に優しく、近所迷惑防止にイヤフォンをつけて弾く事ができます。

子供の脳にとても効果的といわれている習い事ですので、お子さんが楽しんでいけるように親の手助けも必要になってきます。