注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

6ヶ月くらいから赤ちゃんは人見知りをする?対処方法について

赤ちゃんの人見知りは何ヶ月くらいから始まるものなのでしょうか?

だいたい6ヶ月くらいからと言われていますが、なぜこの頃から人見知りが始まるの?人見知りの原因とは?

また、赤ちゃんすべてが人見知りをするというわけではなく、人見知りをしない赤ちゃんもいるそうです。強い人見知りをしたときにはどんな対応をしたらいいのでしょうか?赤ちゃんの人見知りについて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のハンドルグリップがベタベタに!その原因と対処方法

自転車のハンドルグリップが、気がつくとベタベタになってしまった経験ありませんか? 何も付着して...

写真映えするキュートな花かんむりを手作り!簡単な作り方

幼い頃、シロツメクサで花かんむりを作った。そんな思い出ありませんか?花かんむりは女子の憧れ、花かんむ...

アクリル絵の具は洗濯してもOK!布に描くことが可能なアイテム

アクリル絵の具を使って布に描くとき、「洗濯をしてもアクリル絵の具は落ちない」という話を聞いたことがあ...

サングラスのテンプルに歪みがあった時の修理方法とは

サングラスには、フロントからこめかみを経由して耳にかける「テンプル」と呼ばれる部分がありますが、長く...

海の生物はすべて危険だと思った方がいい!

海は楽しい! 海で楽しむ時、その海に生息する生物に危険で注意しなければならない生き物が居るのかどう...

釣り女子が気になるトイレ事情について調べてみました

釣りは男性のイメージがありますが、最近は釣りを楽しむ釣り女子も増えています。 釣りの方法は、船...

ストッキングが破れるのが太もも部分のときの対処法と予防対策

ストッキングを履いているとうっかりひっかけて破れることがあります。 破れたときがなぜか太もも部分ば...

クリスマスプレゼントにはコレ!3歳のおもちゃ以外のプレゼント

おもちゃ以外のものをプレゼントしたいけど、3歳の子供のクリスマスプレゼントに何を上げたら良いかわから...

ハムスターの種類や性格について!ハムスターの飼い方をご紹介

ハムスターは種類によって性格も違うものなのでしょうか?飼いやすいハムスターとは? とくに人気の...

カラスが怖いと道を通れない時は「バンザイ」で回避できる

カラスの子育て時期は人を襲うこともあるため怖いですし、その道を通れないこともあります。 カラス...

グアムと沖縄、行くならどっち?迷ったときの選別方法

今年の夏休みはどこか旅行に行きたいな~と思っている方、必見です。グアムと沖縄のどっちかで悩んでいるな...

男性がネックレスをつけるのには隠された心理が関係していた!

最近男性でもネックレスをオシャレとして身に付けている人を見かけます。実はただのオシャレではなく、そこ...

バージンロードを一緒に歩く両親がいない場合の方法

結婚式といえば父親とバージンロードを歩き、新郎の場所まで行きますよね。しかし、両親がいない花嫁さんの...

猫の寝床を手作りしよう!ポイントや注意点をご紹介します

猫の寝床を手作りするという飼い主さんもいらっしゃるでしょう。 ダンボールで作ったものや猫テント...

幼稚園の面接で落ちたあとの対策や二次募集園を探す方法

幼稚園の面接で落ちた場合、その後どうしたらいいのか頭が真っ白になってしまいますよね。子どもより親のほ...

スポンサーリンク

6ヶ月から赤ちゃんの人見知りが始まる?どうして人見知りするの?

その子の成長や性格にもよりますが、早い子だと産まれてから6ヶ月位から人見知りをするようになるといいます。

成長は個人差がありますが大体この頃になると、視力も良くなってきて脳も発達し、色々な事を分かってくるようになってきます。

いつも見ているママやパパなどの顔と、他の人の顔も見分けられるようになってきます。
今までは全く人見知りがなかった赤ちゃんも、急に人見知りするようになったりします。

人見知りは顔を認識できるようになった証

今まではちゃんと認識できていなくても、目が良くなってきたり、目の前にあるものをちゃんと見る事が可能になった事が理由になります。

赤ちゃんの脳の発達

いつも見慣れている顔を認識できます。
知らない顔を見ると、誰なのか分からなくて戸惑ってしまいます。

このような理由から人見知りが始まっていくのです。

6ヶ月くらいから赤ちゃんが人見知りするのは目が見えてきているシルシ?

赤ちゃんの人見知りが始まる理由の1つ、視力の成長

産まれてばかりの赤ちゃんだと、視力が大体0.02位しかなくて、色も白と黒のモノクロカラーとしてしか見えていません。
視力が良くなってくるのが、大体産まれてから6ヶ月位になり人見知りが始まると言われています。

産まれてから3ヶ月位から4ヶ月位になると、追いかけて見る事が出来るようになり、色も分かるようになってきます。
ママの顔をちゃんと分かって、笑顔を見せてくれるようにもなってきます。
大体基本的に人見知りが始まると言われている、産まれてから6ヶ月ほどになると、視力が0.2位にまで成長し、ちゃんと見えている事になります。また、目がちゃんと見えて認識できている、産まれてから6ヶ月位の赤ちゃん。
同時に感情も成長しています。
産まれてすぐの頃は感情もシンプルでしたが、怖いこと、楽しいこと、触りたい好奇心や嬉しい感情などが芽生えてくる時期になります。

目が見えるようになってきた赤ちゃんは、人や物の違いを認識します。

6ヶ月前から人見知りをする赤ちゃんもいるようです

早いうちから人見知りをする赤ちゃんもいます。
通常は5ヶ月か6ヶ月に人見知りをすると言われていますが、3ヶ月過ぎ、もしくは4ヶ月ほどの赤ちゃんがパパに人見知りをしてしまう子もいます。

人見知りとはまた違うようなものかもしれませんが、パパと赤ちゃんがあまり関われていなかったりすると、赤ちゃんにはパパが安心できない人と受け取ってしまうのかもしれません。

もしパパに人見知りをするようになったら、ちゃんとパパも育児をして赤ちゃんと関わればいいのです。

普段お世話していて安心している存在のママと楽しそうにしているところを見ていても、安心できる人だと分かるでしょう。

その子の性格や環境などによって、人見知りがいつまで続くは様々です。
保育園に早くから通うようになった子は人見知りもしなくなるのも早くなる子が多いと言われています。

人見知りをしない赤ちゃんはいるの?人見知りが強い場合は?

その子によっては人見知りをしないという赤ちゃんもいます。
人見知りがない理由は、その子の性格、今までの暮らし方などの環境などによって変わってくると言われています。
人見知りをしているけど、気づかれないような位という事もあります。

いつも人と接する機会が多かったり、一緒に暮らしている人数が多かったり、兄弟姉妹が多いという環境で過ごしていれば、人見知りをする子も少ないと言われていたりもしますが、やはり性格もありますので人見知りをする子もいます。

人見知りをしない事が不安?

見知りが始まる子が多いなか、人見知りをしていなければ、「発達障害」や「自閉症」の可能性を指摘されたり心配したりする人もいるようですが、人見知りでは判断できません。

あまりにも赤ちゃんが人見知りするなら、パパや他の人に家事をしてもらったり荷物を持ってもらったり頼りましょう。
赤ちゃんから離れられなくてスムーズに何もできなくなっていても割り切りましょう。

赤ちゃんの人見知りはどのように対処したらいい?

いつもママじゃないとダメという赤ちゃんがいて、ママは他に何も出来なくなってしまったりする事があります。

赤ちゃんに人見知りしてほしくない相手と、仲良くしているところを見せましょう。
よく、パパや、おばあちゃん、おじいちゃんにも人見知りが激しい赤ちゃんがいます。
そういった場合もママが仲のよいというところを普段から見せる事を続けていくことで、赤ちゃんも安心できるようになり、人見知りを軽減させる事ができるようになってくる事があるようです。

いきなり抱っこされてしまえば警戒されてしまう可能性があります。最初はママが抱っこして、そのまま頭に触れたり手を触れたりして慣れさせてあげましょう。