注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

オタクの服装の特徴を解説!定番のアイテムや黒一色が特徴です

ドルオタ・アニオタなどオタクといっても色んなタイプがいます。

オタクといえば秋葉原でしょうか。ひと目でオタクとわかる人がたくさんいて、同じよう服装をしています。

オタクの服装にみられる特徴を紹介していきます。
やはり定番はアニメのTシャツでしょう。他にはこんなアイテムがオタクにみられるかも。

オタクと思われたくない人は注意してくださいね。

オタクの人でもカッコいい人はいます。外見に気を配ることが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スピード違反の取り締まりの種類!ルールを守って安全運転を!

スピード違反で捕まった経験のある人は、スピード違反の取り締まりに対して嫌悪感を持っていることが多いで...

ご祝儀を会社から頂いた場合お返しは必要?マナーについて

結婚祝いや出産祝いなどで会社からご祝儀を頂く場合があると思います。そんなときに気になるのがお返しです...

ライブ最前列の緊張感を楽しいものに!最前列ならではの楽しみ方

ライブで運良く最前列に入れるなんて、想像しただけで緊張してしまうものです。だって大好きなアーティスト...

マタニティ用スカートで仕事でも通用するものは?服装選びのコツ

マタニティ時期でも仕事を頑張っている妊婦さんも多いですが、困るのが服装です。 スカートやパンツ...

ハムスターの種類や性格について!ハムスターの飼い方をご紹介

ハムスターは種類によって性格も違うものなのでしょうか?飼いやすいハムスターとは? とくに人気の...

アロマスプレーの作り方!無水エタノールで作る方法

市販のアロマスプレーを使ったことがある方も多いと思います。リビングや寝室などスプレーを使うと、いい香...

ハロワの求人から消えたときは締切?ハロワの求人について

ハロワの求人から消えた企業はもう面接を受けることはできないのでしょうか?面接を受けようかどうか迷って...

写真映えするキュートな花かんむりを手作り!簡単な作り方

幼い頃、シロツメクサで花かんむりを作った。そんな思い出ありませんか?花かんむりは女子の憧れ、花かんむ...

塩でお清め!持ち歩く事で得られる塩の効果!塩は開運アイテム

「塩にはお清めの効果がある」という話を聞いたことがある人もいますよね!街を歩いていると、盛り塩をして...

警察と消防の給料事情!安定した給料は魅力的だが危険と紙一重

警察と消防。結婚相手として人気の高い職業ですが、どのくらいの給料があるのかも気になります。 地方公...

家電量販店の店員の知識があるかの見分け方や失敗しないコツとは

家電量販店で家電を購入する際、できれば商品知識がある店員さんに色々聞きたいですよね。 では、家...

室内では帽子を脱ぐのがマナーですが女性も同じなのかを解説

ニット帽やベレー帽や麦わら帽子など女性のファッションのトータルコーディネートには欠かせないアイテムの...

タトゥーを入れたいと思う心理は?タトゥーを入れることの意味

「タトゥーを入れたい」と思う人の心理には一体どのようなものがあるのでしょうか。ただ単にファッションと...

運動会の持ち物【保育園編】定番以外であると嬉しい便利グッズ

待ちに待った保育園の運動会!前日までにあらゆる持ち物を準備します。 運動会の持ち物リストはある...

カラスが怖いと道を通れない時は「バンザイ」で回避できる

カラスの子育て時期は人を襲うこともあるため怖いですし、その道を通れないこともあります。 カラス...

スポンサーリンク

まずは定番、ひと目でわかるオタクの服装の特徴を紹介

まずは定番、ひと目でわかるオタクの服装の特徴を紹介します。

  • アニメやマンガのTシャツ

一般の人が見ないような、アニメやマンガのキャラクターのTシャツを着ていたら、その人がオタクである事は間違いないです。
本人がオタクだと思われることを納得して来ているのなら問題ありませんが、一般の人の中には、露骨な美少女キャラのグッズなどを身に着けて外を歩いている人に対して嫌悪感を抱く人もいますので、注意しましょう。

  • ネルシャツ

普通のおしゃれな人も着ることがある、チェックのネルシャツは、オタクの人が来ている確率はグンと上がります。
体がほどよく引き締まっていて、姿勢良く着ていればそれなりに格好良く着こなせる服装ですが、小太りでだらしない体形だったり、猫背で姿勢悪く着ていると、「この人はオタクだな」と一発で見抜かれてしまいます。

  • 中学生みたいな服装

オタクの人たちは、服装に頓着が無い人が多くいます。
そのため、中学生の時に買った服をそのまま着続けたり、その時のコーディネートを参考にしたような服装をしている人がいます。
顔年齢と服装年齢が合っていないため、アンバランスな印象を与えてしまいます。

オタクの服装の特徴は全身黒タイプもいます

オタクの服装の特徴は全身黒タイプもいます。

オタクの人でも、それなりのファッションは身に着けたいとは思いつつも「どうせ自分はイケメンじゃないから、黒い服しか似合わない」とか「色の組み合わせとかわからないから、全部黒にしちゃおう」などの理由から取り合えず、全身黒い服を身に着けてしまう人もいます。

いかにもビジュアル系バンドをやってそうなおしゃれな人なら良いのですが、全くそんな感じがしない人は、オタクオーラ丸出しです。

そうなってしまう原因は、周囲のファッションを参考にしないことにあります。
アニメやマンガ、ゲームのキャラクターは、一部を除いては、現実ではありえないような突飛な服装をしています。
そういったキャラクターの服装は現実ではマネできないのは理解してはいるものの、実際どういったものを選べば良いのかわからず、とりあえず全身黒コーデにしたり、ネルシャツを着てしまうのです。

本気で恥ずかしくない服装をしたいのなら、ファッション誌を買って参考にすべきです。
何を買っていいか分からない場合は、取り合えず3誌ほど買って、その中で自分に合っていそうな雑誌を買い続けましょう。
また、ファッションは、季節感も大切ですので、最低でも1年以上は買い続けて、季節に合った着こなしを勉強しましょう。

オタクは服装にお金をかけないという特徴

オタクは服装にお金をかけないという特徴があります。
その理由は、もちろん「趣味にお金をかけたいから」です。

「服なんて取り合えず着てれば良い」と思っているオタクからすると、1着に数万円や数十万円してしまうハイブランドの服はナンセンスと言えます。
ですので、生地がクタクタなっていても同じ服を何年も着続けたり、「安かったから」と言って、ヘンテコな服を着てしまうのです。

オタクの多くの人は「おしゃれ=お金がかかる」と考えていると思いますが、決してそんな事はありません。
実は、芸能界やモデルなどの多くのおしゃれな有名人は、中学生や高校生の頃は、値段の安い洋服店で、おしゃれを楽しんでいた経験を持っています。
芸能人達は、容姿が優れているからといって、子供の頃からお金持ちの生活をしている訳ではありません。
学生の少ないお小遣いの中からやりくりして、低予算でのおしゃれを研究してきたのです。
つまり、そういった人たちは「おしゃれオタク」だったと言えます。
ですから、少ない予算でもおしゃれな服装は出来るのですから、服に使うお金が無いからと言って、あきらめないで下さい。

オタクにも色んな種類がある!代表3選!

「オタク」と一言でいっても、オタクにも色んな種類があります。
その中でも代表3選をご紹介します。

  • アニメオタク

「オタクと言ったらこれ!」と言われるくらい代表的なものです。
アニメは、マンガが原作だったり、ゲームが原作だったりする事が多くありますので、それらの事柄も同時にオタク知識を備えている人が多くいます。

  • アイドルオタク

アイドルオタクは、通称「ドルオタ」とも言われ、アイドルのファンで、その知識が豊富な人を指します。
そのタイプはさまざまで、一つのアイドルグループに集中して応援するタイプや、複数のアイドルグループを応援しているタイプ、また、それらの中でも、CDやDVDで楽しむタイプや、積極的にコンサートに行くタイプなど、その種類は数多くあります。

  • 鉄道オタク

鉄道オタクは、通称「鉄オタ」と呼ばれており、鉄道を愛するオタクです。
そのオタクの種類は、アイドルオタク異常に細分化されており、鉄道の写真を撮ることに情熱をかける「撮り鉄」、実際にその列車に乗ることに喜びを見い出す「乗り鉄」など、さまざまなタイプの鉄道オタクがいます。

女性のオタクも増えています!古典オタク女子とは

女性のオタクも増えています!古典オタク女子とは、どういったタイプのオタクなのでしょう。

古典オタク女子と言っても、源氏物語のような古典文学を好むオタク女子のことではありません。
ここで言う場合の古典オタク女子は、昔からいる、おしゃれに興味も無く、引きこもりがちなオタク女子のことです。
服装はダサいままで外出する人もいれば、外ではおしゃれにしていて、オタクに見えなくても、家に帰ると別人のようにだらけた格好になるのも、この女子の特徴です。

こういった生活スタイルは、オタク女子あるあると言えます。
オタクの女子が好むジャンルは、比較的オタク男子と似ている傾向にも見えますが、同じアニメオタクでも、女性向けのアニメ中心に見ていたり、アイドルオタクでも、男性アイドルの追っかけをしていたりと、中身は全く違うものです。