注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

一人暮らしが怖い!克服する方法は?住む場所選びも大切です

一人暮らしをするのが怖い、どうにかして克服したい!と思っている人に、どんな風にその気持を克服したら良いかご紹介します。

それまでは誰かと住んでいたのに、一人で暮らすようになると怖さや寂しさを感じてしまうのも仕方がない事。でも、いつまでもそれを克服できないと、家に帰るのが嫌になってしまいますよね。

そこで今回は、一人暮らしを怖いと感じる気持ちを克服する方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

屋根裏のネズミはすぐに駆除しよう!その方法と注意点を解説

屋根裏から「タタタタ」「ガサガサ」という音が聞こえると不気味ですよね。そして夜も眠れないという人も多...

住宅の階段幅はどうする?意外と重要な階段幅の決め方

注文住宅を決める際、意外と盲点なのが階段幅です。 住宅の階段幅は建築基準法である程度決められて...

上の階の騒音は直接言うより管理会社へ!それでもダメな時は

上の階の騒音で悩んでいる人も多いことでしょう。 騒音に耐えられなくなったからと言って、直接苦情...

電話の受話器が上がっている?それを確認する方法を教えます

何回電話をしても話し中の時って「もしかして受話器上がっている?」って思ってしまいますよね。 相...

高校の学校見学会に着ていく服装は?子供と親の服装ポイント

高校の学校見学会で迷うのが服装です。 子供の服装もそうですが、たくさんの保護者が参加する中で、どん...

オービスの撮影は必ず気づくの?昼間は気づかない可能性も!

道路上に設置されてあるオービス。 スピードの取締りを行う機械ですが、オービスは皆さんがご存知の通り...

電子レンジのオーブン機能の使い方や注意点を紹介します

電子レンジのオーブン機能の使い方がわからないから、温める専門として使っている人は多いのではないでしょ...

給油口のキャップを紛失したら!重要な対処方法について

最近はガソリンや軽油をセルフで入れられるようになって、給油口のキャップをし忘れてしまう場合も。もし紛...

アルバムを収納する際は押し入れの下段手前がベスト

アルバムの収納場所で多い押し入れですが、適当に置いたりダンボールに入れっぱなしにして、いざ見たい時に...

布を購入するときのサイズは何センチから?お店によって違います

布を購入するときにはどのくらいのサイズから買うことができるのでしょうか?私はずっと1メートルからしか...

本にシミができてしまう原因とは?キレイに落とす方法を教えます

読み終わって押入れや本棚に入れたままにしていた本を久しぶりに出してみると、「シミ」がついていることが...

パンプスの色がストッキングについて黒くなるのを防ぐ方法とは

パンプスを履いたときに色移りしてストッキングが黒くなるのはかっこ悪い!だからといって、素足でパンプス...

カレーの匂いってなかなか取れない。鍋に染み付いた臭いの取り方

カレーの匂いって残りますよね。 室内にも、服にも食器にも鍋にも… カレーは作りやすい半面、後...

プールで財布はどうする?海やプールでの盗難防止対策はコレ!

暑い季節になってくると、海やプールに行って思いっきり遊びたいと思いますよね!夏を満喫することはとって...

友達からの遊びを断りたい!無難な断り方とスッキリ断る方法

友達からの遊び。 嬉しいけれど、行けない。 行きたくない。 行こうと思っていたけど、前の日にな...

スポンサーリンク

一人暮らしをする時は治安の良い場所を選んで怖い気持ちを克服

女性の1人暮らしの場所選びはとても慎重になります。
必ず事前に住む地域の下調べをしましょう。
分からなければ、不動産に行って相談してみましょう。

住む位置が市の栄えている場所ですと、徒歩圏内には困らない程度にお店やクリニックなどあり便利だと思いますが、夜間の少々の騒音などは仕方がありません。

女性の1人暮らしで特に大切なのは駅の位置です。
夜の一人歩きを考えると駅から距離のない場所が無難です。

このようの繁華街、駅の近くとなると家賃もやや割高にはなってきますが、自分の身を守るためにはどこを妥協するか、どこを優先するかを検討していきましょう。

初めての女性の1人暮らしですと特に親が心配するので、通勤で電車を利用する人なんかは駅の近くを選ぶ人が多いのではないでしょうか。

1人暮らしという新たな試みをするのであれば、安心できる場所に住みたいものですね。

一人暮らしが怖いと思う気持ちを克服したい!気をつけたいことは?

女性の1人暮らしは、女性の1人暮らしならではの危険がたくさんあります。
カーテンや窓の飾りなど、自らここに「女性の私が住んでいます」なんて、見せびらかすようなことは避けましょう。
それは金銭面も手間も特に関わらない対策に1つです。

カーテンはピンクや赤、女性ならではの色は避け遮光カーテンにして、中の行動が外からわかりにくいようにしましょう。
そして、窓や玄関の外には飾り物などや女性と匂わすような物を置くのは避けます。

また特に1階に住む方は洗濯物の外干しもやめておくといいですね。
洗濯物ですぐ女性である事が特定できます。

物件選びの時には、近所や同じアパートにどんな人が住んでいるかもチェックしておくといいですよ。
実際に住んでみないとわからない事もたくさんあるでしょうが、大まかな情報を少しでも取り入れておくと、変な近隣の人と接する可能性は低くなりますね。

一人暮らしが怖い!でも克服したい、怖いと思うのはどんな時?

1人暮らしの女性にどのような時が怖いか聞いてみました。

  • 災害
    災害は各地で起こっています。
    1人暮らしが初めてですと、少しの地震でもビクビクしてしまいます。
    少しくらいの地震ですとすぐに慣れてしまいますが、避難を伴う災害ですと、1人で非難しなければなりません。
    避難経路、避難場所の把握をしっかりとしておきましょう。

  • 虫が大嫌いな女性は多いです。
    家の中に虫がでても、1人で退治しなければなりませんよね。
    得意にゴキブリなんかは黒しく大きく、素早いです。
    虫退治グッズの常備しておくといいですね。
  • 不法侵入、空き巣被害
    家を空ける時間が多い人に、このような被害に遭いやすい傾向があります。
    家を空けるときはレースのカーテンをし、外に洗濯物を干さないように、そして夜は遮光カーテンをして、外から行動がわからないようにしておきましょう。
    中に人がいないとわかると空き巣被害にも遭いやすくなってしまいます。

このような被害に1度遭うと、次もあるのではないかという恐怖に駆り立てられるそうです。

一人暮らしの怖さを克服するには防犯対策が大事

女性の1人暮らし、少々の手間や出費がかさんでも防犯対策はしっかりとしていきましょう。
なにか起こってからではおそいですよ。
少しの手間と出費に比べれば、命の方がよっぽど大事です。

  • 防犯ブザーの持ち歩き
    1人暮らしをする親の見張りがなくなるために夜でも出歩きやすく、出歩く頻度や時間帯の幅が広くなります。
    防犯ブザーは必ずカバンの中にいれて持ち歩き、家の中でも何かすぐに使えるようにしておくといいでしょう。
  • 警察へのアクセス
    最寄の交番はどこにあるか把握しておきましょう。
    なにかあったらスマホで、すぐに110番できるように、ワンプッシュ登録をしておくと便利です。
    なにかあってからでは、気が動転しスマホの操作もままならない事がありますので、あらかじめ用心しておくことをオススメします。
  • 近隣の人との交流
    挨拶程度で構わないので、近隣の人とのコミュニケーションをとっておきましょう。
    いざという時にサポートしてくれたりします。
    近所付き合いは面倒くさいかもしれませんが、いざというときには助かる場合もあるんですよ。

一人暮らしが怖い時の色々な克服方法

1人暮らしをしていたら怖い事がたくさん起こります。
それは時に自分の思い込みによるものだったり、気の持ち用だったりもしますので、全部に対応していくとあなたも疲れ果ててしまいます。
そんな時の対処法を紹介しますので、参考にしてくださいね。

ある程度の防犯をしっかりしておく

  • 窓、ドアの戸締りは必ずしっかり行う
    1階に住んでいるのであれば、窓に防犯グッズを設置しておけば尚更安心です。
    カーテンは遮光カーテンの使用をオススメします。
  • 災害はいつ起きるかわからない
    どうせこないと思っている油断の方が恐怖です。
    最寄の避難やアパートの避難経路など確認しておきましょう。
    また防災グッズをリュックにまとめて常備しておくことをオススメします。
  • 怖いDVDやテレビ番組を見ない
    怖いもが苦手なれば、最初から見ないと言う対策をすることも必要です。