注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

さまざまなお祝いメッセージの書き方のコツをご紹介

お祝いと一言で言っても、さまざまなものがあります。
結婚や出産、新築祝いなど、お祝いのメッセージのを贈る状況はさまざまです。
嬉しい気持ちや、相手の幸せを願う気持ちを伝えるためにはそれぞれ書き方にコツがあります。
そのいくつかの状況に合わせた書き方のコツをご紹介しますので、相手に気持ちが伝わるような素敵なメッセージを作成しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のハンドルグリップがベタベタに!その原因と対処方法

自転車のハンドルグリップが、気がつくとベタベタになってしまった経験ありませんか? 何も付着して...

サッカー選手の結婚が早い理由と結婚することで得られるメリット

サッカー選手の結婚は早いという印象を持っている方はいませんか?自分の周りの男性に比べると、若くして結...

【ガーランドの作り方】簡単にできる可愛い手作りガーランド

壁や窓ぎわにあるガーランドはお部屋を明るくしてくれて、お子様がいるご家庭にもぴったりです。 ガーラ...

お盆は電車も空いてるし電話も鳴らない!ベストな仕事環境だった

「お盆の時に仕事なんてかわいそうに」と思っていませんか? いえいえ、そんなことはありません。 ...

タコとイカの違いは足の数だけではなかった!

「タコとイカの違いはなんでしょう」という質問で一番多い答えが「足の数」ではないでしょうか。 ただ調...

写真映えするキュートな花かんむりを手作り!簡単な作り方

幼い頃、シロツメクサで花かんむりを作った。そんな思い出ありませんか?花かんむりは女子の憧れ、花かんむ...

コンサートとライブの違い!リサイタルとフェスの違いも解説!

「コンサートに行く」・「ライブに行く」という言葉を使う、耳にすることもありますよね。 何気なく使っ...

車の窓ガラスを割る方法とは?災害時のためにも知っておこう

車の窓ガラスを割る機会なんて人生の中でそうあるものではない、と思っている人が多いかもしれませんが、災...

家電量販店の店員の知識があるかの見分け方や失敗しないコツとは

家電量販店で家電を購入する際、できれば商品知識がある店員さんに色々聞きたいですよね。 では、家...

子犬の首輪はつけっぱなしがいいワケと、付け方や時期について

子犬に首輪をつけっぱなしにするのはかわいそう?苦しそう? 室内飼いが多い最近では、家で首輪はつけな...

フィギュアの買取は箱なしでも可能!買取専門店を要チェック

フィギュアの買取は箱付きが条件で、箱なしなら受け付けてくれないのでは?というのは誤解です。 箱なし...

退職後は健康保険に未加入?いいえ!国保に加入しています

会社を退職したあとは、健康保険の任意継続をしない限り、それまで会社で加入していた健康保険を使うことは...

警察と消防の給料事情!安定した給料は魅力的だが危険と紙一重

警察と消防。結婚相手として人気の高い職業ですが、どのくらいの給料があるのかも気になります。 地方公...

指が短い人でもピアノは弾ける?不利?の悩みにお答えします

指が短いとピアノは不利では?と感じてしまいます。 確かに指が短いとオクターブを弾くだけで痛くもなり...

秋の北海道観光おすすめの場所!秋の北海道には魅力がたくさん

秋に北海道観光をしようと思っている人に、北海道のおすすめの観光スポットをご紹介します!秋の北海道には...

スポンサーリンク

お祝いメッセージの書き方のコツ。結婚式祝いなら

人生にはたくさんのお祝いの瞬間があります。
親しい人が幸せになる時には、一緒に幸せを喜び合いたいものですよね。
そういう気持ちを伝える時に便利なのが、お祝いのメッセージです。
直接口に出すのが恥ずかしいという方にもおすすめの方法ですよ。

しかし、筆無精な方だとどのように書いたら良いのか迷ってしまうことでしょう。
メッセージの書き方にもコツがあります。

人生最大のイベントとも言える、「結婚」のお祝いに添えるメッセージからご紹介しましょう。

結婚式のお祝いメッセージの書き方のコツ

  • 結婚を祝う気持ちから書き始めて、今後の二人の幸せを願う文で締める。
  • 「、」や「。」は終わりをイメージさせるの使わない。
  • 「別れる」、「離れる」、「終わる」などの忌み言葉は縁起が悪いので使わない。
  • 「ますます」、「しばしば」、「いろいろ」などの重ね言葉は再婚をイメージしやすいので使わない。
  • お互いの立場を考慮して、適切な表現を使う。

これらの事に気をつけて、長すぎず簡潔な表現で気持ちを伝えると良いでしょう。

「ご結婚おめでとうございます! 〇〇さんの晴れ姿を見ることが出来て嬉しいです これからもお幸せに」

目上の人には使えませんが、友人や後輩に贈るメッセージにいかがでしょうか?

お祝いメッセージの書き方のコツ。出産祝いなら

結婚の後に多い嬉しい出来事と言えば、出産ですよね。
出産祝いのメッセージにも書き方のコツがあります。

出産祝いのメッセージの書き方のコツ

  • 赤ちゃんや出産された方の状態を確認する。
  • 「消える」「切れる」「絶える」「終わる」など、赤ちゃんの健康が脅かされる事を連想させるような言葉は使わない。
  • 出産した方だけでなく周りの方にも配慮した言葉を選ぶ。
出産はとにかくおめでたいイメージですよね。
多くの赤ちゃんが元気に生まれてきて、周りの家族は喜びに溢れています。
しかし、中にはそうではない状況である時もあります。
お祝いメッセージを送るときには、「おめでとう!」という言葉が適切であるかを判断してからにするのがマナーです。

出産祝いの品やメッセージは早くに渡したくなるものですが、ママ宛の場合には注意が必要です。

産後のママは出産の疲れや寝不足の中、赤ちゃんのケアについての指導を受け、さらには家に迎える準備もしなくてはいけません。
いろいろな初めてが重なって心身ともに疲れていることも多いのです。
状況がわからない時には、SNSなどでお祝いメッセージを贈って、改めてお祝いするのでも良いでしょう。

贈りたい自分の気持よりも受け取る方の状況を優先するのが、出産祝いのメッセージを贈る最大のポイントになります。

お祝いメッセージの書き方のコツ。新築祝いなら

結婚後に憧れるものといえば、「家」ではないでしょうか?
家の購入はとても大きな買い物ですから、購入のためには大きな決意と覚悟をするはずです。
親しい方が家を購入したときには、「頑張って欲しい!」というエールや新生活への期待を込めてお祝いメッセージを贈りたいですね。

新築祝いのメッセージの書き方のコツ

  • 「失う」、「壊れる」、「傾く」、「落ちる」、「流れる」など、家を失うような事をイメージさせる言葉は縁起が悪いの使わない。
  • お祝いの言葉に始まり、家の褒めポイントを一つ以上文章に織り込んでから、新しい生活に期待をはせるような言葉で締める。
  • お祝いの品を贈る時には、品を選んだ理由などを書き加えてもOK。
  • お互いの立場を踏まえて、適切な言葉を選ぶ。
家の褒めポイントは、実際に家を見たことがない場合には何を書いたら良いのか迷いますよね。
そういう時には土地柄や利便性などを褒めポイントにしてみましょう。
「この家にしてよかったな。」と思わせることが出来たら、かなり優秀なお祝いメッセージです。
また、新しい生活への不安を払拭して、明るい気持ちに慣れるような文面にすると良いでしょう。

お祝いメッセージの書き方のコツ。退職祝いなら

仕事をしているとどんな人でも一度は経験するのが、「退職」です。
新しい仕事に挑戦するためだったり、出産を機に子育てに専念するため、もしくは定年退職かもしれません。
いずれにせよ、退職は新しい人生への門出です。
門出には、輝かしい未来へ旅立つお祝いの言葉を届けたいですよね。

退職祝いのメッセージの書き方のコツ

  • リストラなど会社事情での退職でないことを確認する。
  • 「枯れる」、「倒れる」、「折れる」、「切れる」などは病気や死をイメージさせるので使わない。
  • 同じ職場等の場合には、今までの感謝の気持ちも添える。
「退職」にはいろいろな状況が考えられます。
その状況によって忌み言葉が多少変わってきますので注意しましょう。
出産のために退職される方なら「流れる」なども忌み言葉となってしまいます。

また、リストラなど本人の意思による退社ではない場合には、「お祝い」ではありません。
そういう場合には新しい仕事が決まった方にスポットを当てて、「就職祝い」などとした方が良いでしょう。

退職祝いでは、退職理由によって柔軟に対応するのがコツになります。

日本にはこんなお祝いもあります。それにふさわしいメッセージは

お祝いごとは、結婚やそれにまつわる出産、新築祝いだけではありません。

親しい人が長生きしてくれることは、とても嬉しいことですよね。
毎年の誕生日もとても嬉しいものですが、長生きの節目となる長寿のお祝いは更に嬉しく感慨深いものです。
満60歳のお祝いである還暦が最も有名ですが、その後もゾロ目の年と10年おきに長寿のお祝いがありますよ。
ただし、還暦以外の長寿祝いは数え年でお祝いします。
  • 満60歳:還暦(かんれき)
  • 70歳:古希(こき)
  • 77歳:喜寿(きじゅ)
  • 80歳:傘寿(さんじゅ)
  • 88歳:米寿(べいじゅ)
  • 90歳:卒寿(そつじゅ)
  • 99歳:白寿(はくじゅ)
  • 100歳:紀寿(きじゅ)もしくは百寿(ひゃくじゅ)
  • 108歳:茶寿(ちゃじゅ)
  • 111歳:皇寿(こうじゅ)

長寿のお祝いメッセージの書き方のコツ

  • 尊敬と労いの気持ちを綴る。
  • これらも長生きして欲しいという気持ちを込めて、励ましの言葉を贈る。
  • 「衰える」、「枯れる」、「朽ちる」、「曲がる」、「折れる」など病気や死を連想させる忌み言葉は使わない。

長寿のお祝いのメッセージを送る相手がいることは、とても幸せなことです。
率直に「長生きしてほしい。」と伝えるだけでも十分に気持ちが伝わると思います。

お祝いの品を受け取る時には、お祝いのメッセージが添えてあったら嬉しさ倍増ですよね。
お祝いメッセージは受け取る方も、贈る方も幸せになれる素敵なプレゼントです。