注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

コロッケを上手に揚げたい!最適な温度と時間について

みんな大好きホクホクのコロッケ。手作りコロッケも美味しいですが、最近は冷凍食品のコロッケも美味しいと評判です。

コロッケはタネを成形したあと油で揚げますが、油で揚げたときに爆発して失敗してしまうことがよくあります。

そこで今回は、コロッケを揚げる際に適した温度や時間について調べてみました。温度計がない場合の温度の見分け方についてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

目玉焼きを作る時はフライパンの蓋はする?しない?作り方を紹介

あなたは目玉焼きを作る時、フライパンの蓋をしますか?それともしませんか? 蓋をしないで作ると、黄身...

おでんのだしは万能!こんなにリメイクできます!

おでんはたくさん作りすぎて、余ってしまうことありませんか? でも、そこで捨てないで下さい!おで...

赤ワインは冷蔵庫で保存?常温で保存?ワインを保存する方法

家にワインセラーがない人や普段からあまりワインを飲まない人はワインをどのように保存するのが良いかわか...

キャベツのサラダでもう1品!忙しいママに時短・簡単レシピ

キャベツはサラダとしても食べることが多い食材ですよね。 忙しい夕食の準備で、あと1品欲しいとい...

日本の寿司で外国人に人気のネタは?外国人に人気の日本の料理

日本を訪れている外国人に「日本料理といえば?」という質問をすると「寿司!」という答えが返ってくること...

台湾の食事は日本人には合わない?その特徴について徹底解説

東京から約4時間で行くことができる人気の海外旅行先の台湾。食事は比較的おいしいと言われていますが、中...

停電で冷蔵庫の中の食品はどうなる?卵や牛乳は注意しよう

台風や地震などの災害によって停電が起こることも考えられますよね。そこで心配になるのが冷蔵庫の中に入っ...

朝コーヒーは眠気覚ましになるが飲み方に注意が必要です

朝のコーヒー1杯が眠気覚ましになる!という方は多いのでは? 夜にコーヒーを飲むと眠れなくなると...

冷蔵庫に野菜を保存するときのポイントやコツをご紹介

野菜はどのように保存するのが正解なのでしょうか?冷蔵庫で保存しないほうがいい野菜とは? 比較的...

冷凍のエビフライは解凍してから揚げるのはNG!上手な揚げ方

エビフライが好きな人も多いですよね! またお弁当にも大人気ですね。 でも毎回つくるのはちょっ...

キャンプで定番のカレー!鍋の片付け方やオススメのレシピを紹介

家族と友人と仲間と一人でも、キャンプは楽しいものですね! キャンプでは食事も楽しみの一つ。バー...

スーパーの惣菜を冷凍するのはありかなしか。冷凍の方法を紹介

夕方や閉店の時間が近くなると、スーパーでは惣菜が値引きされていますね。 2割引きや3割引き、半...

【刺身を食べる時のマナー】わさびをつけて食べる時の食べ方

刺身を食べる時、薬味としてわさびをつけて食べる人もいますよね!わさびをつけて食べる時にはマナーがある...

家の屋上でのバーベキューは最高です!その魅力とは

アウトドアが好きな人は、自宅でバーベキューをする方も多いですね。 家族や仲間と開くバーベキュー...

お昼ご飯にパンは何個食べるか聞いてみた!オススメな食べ方とは

パンが好き!という方は毎日食べても飽きないですね! 甘いパンや惣菜パン、菓子パンやサンドイッチなど...

スポンサーリンク

冷凍コロッケが上手に揚がる温度・時間は?

冷凍コロッケを揚げるときのポイントはやっぱり温度です!低い温度で揚げてしまうと中身が飛び出てしまったり、爆発してしまったりと失敗をしてしまいます。

でもパッケージの裏面に書いてある通りの温度にしたのに、失敗をしてしまうこともありますよね。

そんな時は最初は温度がキチンと上がっていても、コロッケを入れたときに温度が下がってしまい低温になっていることが考えられます。

少ない油の量だと、余計に食材の出し入れに温度が左右されてしまいますので、たっぷりの油を使うことをオススメします。

また一度に沢山の量をいれずに、できれば一つずつ時間差で揚げていくと温度が急激に下がってしまうことを防げます。

もし温度の変化がわかりづらいのであれば、調理用の温度計を使用して揚げ物をすると失敗が少なくなりますよ。

手作りコロッケを揚げる場合の温度や時間は?

冷凍のコロッケは油の温度が急激に下がってしまうと、失敗の原因になります。

しかし手作りのコロッケだと、中身がとても冷たいわけではないので揚げる際の温度管理がラクになると思います。

約180度の油を熱して、高温短時間でカラッと上げていきます。

イモもひき肉や玉ねぎも、すでに火が通っているので中身の心配が要らないのも手作りならでは!嬉しい点ですよね。

しかし衣の付け具合には注意が必要です。

衣が薄く付いていると、衣がはがれてしまい中身が油の中に飛び出してしまいます。

衣はしっかりと付けてくださいね。

また冷凍のコロッケと同じように、油の温度は低くならないようにすること、そして入れはじめに箸で余り触らないようにする事も、美味しいコロッケを揚げる際のポイントです。

コロッケは揚げる温度と時間以外にも衣の付け方がポイント!

上記したような注意点に気をつけてもコロッケを揚げると、爆発をしてしまう場合は具の水分が関係している可能性があります。

玉ねぎを炒めるときには水分を十分に飛ばすこと。またイモを茹でるときも同じです。粉拭きイモを作る容量で、火が通った後は水分を飛ばしてから潰してくださいね。

またイモの水分を上手に飛ばせない場合は、電子レンジを活用してイモに火を通す方法もあります。

時間も短縮できるので、忙しい方にもオススメの方法ですよ。

そして衣がどうしてもはがれやすいという方は、衣のつけ方にも注意が必要です。

場所によって薄くなってしまっている事が無いように、パン粉と卵を二度付けして衣を付けると心配が要りません。

最後にしつこいようですが、油にコロッケを投入して衣が固まるまでは、菜箸などで触らないことも上手に揚げるためのポイントですよ。

気になって触ってしまうと、そこから衣が剥がれてしまう可能性大です。コロッケは裏返すときに一度だけ触る。そのくらいの気持ちで触らないことが重要です。

コロッケを揚げたいけど温度計がない!温度の見分け方とは?

コロッケは油の温度管理が重要ですが、調理用の温度計がない方も多いと思います。

そこで温度計が無くても出来る温度の見分け方をご紹介します。

私が良くやるのは、パン粉を利用して油の温度を見る方法です。パン粉をつまんで油に入れて下に落ちてなかなか上がってこない場合は、まだ油は低温です。

一度下に落ちても、すぐに上がってくるのは170度くらいで、一度も落ちずにそのままパン粉が揚がるようなら180度以上に油が熱せられています。

その他には菜ばしを使って油の温度を見ることも出来ます。

菜ばしを油の中に入れて少しの泡が出てくるときは170度程度。入れてしばらくしてから泡が出る場合は160度以下です。

そして菜ばしを油につけた瞬間に沢山の泡が出るときは180度以上です。

最初は見分けづらいですが、だんだんと油の温度がわかるようになりますので、いつも確認を忘れずに行ってくださいね。

揚げるときに爆発しやすいクリームコロッケ。揚げる温度や時間は?

コロッケの中でもクリームコロッケは揚げるのが難しいです。手作りのクリームコロッケを揚げる際にはしっかりと衣を付けてください。

この場合のポイントは小麦粉と卵で層を作り、クリームが流れ出るのを防ぐことです。

なので通常は小麦粉を付けた後に卵、そしてパン粉と衣付けは進みますが、小麦粉から卵と衣を付けたら、もう一度小麦をつけて卵、パン粉という手順を行い二度付けをすると爆発しづらくなりますよ。

また小麦粉は薄力粉よりも強力粉を使うと、よりしっかりと衣が付いて揚げやすくなります。

クリームコロッケも他のコロッケと同じように温度管理も重要です。

コロッケを揚げる際に適切な温度は180度ですので、コロッケを投入したときに温度が急激に下がらないように注意をする事。

油の表面にコロッケが顔を出してしまうと、温度差が生じてしまうのでたっぷりの油を使ってコロッケを揚げることも重要です。

もちろんコロッケを油に大量に油の中に入れすぎて、温度を下げるのもNGです。注意をしてください。