注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

【ガーランドの作り方】簡単にできる可愛い手作りガーランド

壁や窓ぎわにあるガーランドはお部屋を明るくしてくれて、お子様がいるご家庭にもぴったりです。
ガーランドはいろいろな身近にある素材を使って、簡単に作ることもできます。
そこで、簡単に作れる手作りガーランドの作り方をご紹介します。
基本の三角ガーランドから、楽しいアレンジガーランドなど、アイデア次第でいろいろなガーランドが作れます。
お子様と一緒に作っても楽しいですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハリネズミのご飯のふやかし方!熱湯はNGです

ハリネズミのご飯は、ハリネズミ用のフードをふやかして与えるのが基本となっています。 ただ、ふや...

セキセイインコの保温は湯たんぽでも大丈夫?保温の方法

セキセイインコの保温に湯たんぽを使うことはできるのでしょうか?インコ用のヒーターが届くまでの間、簡易...

グアムと沖縄、行くならどっち?迷ったときの選別方法

今年の夏休みはどこか旅行に行きたいな~と思っている方、必見です。グアムと沖縄のどっちかで悩んでいるな...

昭和の女性の服装の移り変わり。女性のファッションの歴史

激動の時代と呼ばれる「昭和」。 女性の服装は時代の移り変わりと共に、どのような変化をしてきたのでし...

演奏会の髪型はどうしたら良い?男の子の髪型や服装をご紹介

お子さんの演奏会や発表会!晴れ舞台を初めて経験する息子、当人よりも親御さんの方が緊張をしてしまうので...

腕時計をしない人の心理とは。時計の選び方でわかる隠れた心理

最近は腕時計をしない男性も増えていますが、その理由は何だと思いますか? そうです!やはりスマホ...

結婚は女性にとって負担?その原因と対処方法について

結婚したくない、もしくは結婚をしなくてもいいという女性が増えている?結婚は女性にとってどのような負担...

神奈川のおすすめ観光スポット!子供も楽しめる場所を大特集!

夏になると、子供とお出かけして思いっきり遊ばせてあげたいと思いますよね。 神奈川県にはいろいろ...

お盆は電車も空いてるし電話も鳴らない!ベストな仕事環境だった

「お盆の時に仕事なんてかわいそうに」と思っていませんか? いえいえ、そんなことはありません。 ...

幼稚園の面接で落ちたあとの対策や二次募集園を探す方法

幼稚園の面接で落ちた場合、その後どうしたらいいのか頭が真っ白になってしまいますよね。子どもより親のほ...

干支の置物はいつまで置いておく?片付ける時期や片付け方法

お正月になると干支の置物を飾る人もいますよね。ここで気になってくるのが、干支の置物はいつまで飾ってお...

テーブルマナー・フランス料理のフォークとナイフの基本の使い方

大人になると、色々なシーンでマナーが必要になります。食事のときのテーブルマナーもそのうちの一つです。...

アゲハ蝶の幼虫を育てよう。与えるエサの種類と注意点

美しいアゲハ蝶を自宅で育てて幼虫から羽化させてみましょう。エサと飼育環境させ整えれば、比較的容易に飼...

アロマスプレーの作り方!無水エタノールで作る方法

市販のアロマスプレーを使ったことがある方も多いと思います。リビングや寝室などスプレーを使うと、いい香...

フラダンスの発表会の費用について場所による違いや楽しみ方

フラダンスの発表会には費用がかかります。衣装代はもちろん、会場費など教室によって生徒も負担することに...

スポンサーリンク

基本の簡単布製ガーランドの作り方

ガーランドはお部屋をぱっと可愛く演出でき、子どもにも人気の飾りです。
誕生日などの特別な日に飾ってもいいですし、子どもの部屋に飾ってもキュートです。

そんなガーランドを布で作ってみましょう。

簡単「三角ガーランド」の作り方

用意するもの

  • お好みの端切れ
  • 麻紐
  • ボンド
  • 型紙(厚紙が望ましい)
  • アイロン
  1. 型紙をつくる
    型紙は作りたい三角を二つくっつけたようなひし形でカットします。
    今回は三角ですが、出来上がりが半円のガーランドもかわいいです。
    お好みの形にカットしてください。
  2. 型紙に合わせて端切れをカット
    端切れを先ほどとった型紙の形にカットしていきます。
    アイロンで端切れのしわを伸ばし、半分に折っておくと仕上がりが綺麗になります。
  3. 麻紐にボンドでくっつける
    麻紐に先ほどカットした端切れをボンドで接着していきます。

「リボンガーランド」の作り方

用意するもの

  • お好みの端切れ
  • 麻紐
  1. 端切れを細長くカット
    端切れを5cm×40cmほどにカットします。
    この時真っ直ぐでなくても、端がほつれていても可愛く仕上がりますので大丈夫ですよ
  2. 端切れを麻紐へくくりつける
    カットした端切れを麻紐にくくりつけて行きましょう。
    二つ折した端切れの切れ端を、もう片方の端にあるわっかへ通して結びます。
    (携帯電話へストラップをつけるときと同じ結び方です)

お子様のお誕生日におすすめ!簡単フォトガーランドの作り方

可愛いお子さんの写真を飾りたいけれど、フォトスタンドを立てる場所がない…
そんなときはフォトガーランドがお勧めです!

用意するもの

  • フォトギフトパック(封筒に写真が見えるような小窓がついたようなもの)
  • お好みのおりがみ
  • タコ糸
  • お好みの写真
  1. ガーランドを作る
    先ほど紹介した三角ガーランドの作り方で、タコ糸とおりがみを使ってガーランドを作ります。
    この時間に写真入りのガーランドを入れる間を開けておりがみを貼り付けていきましょう。
    おりがみは四角いので、カットせずにそのまま使ってもOKですよ。
  2. ガーランドの間にフォトギフトパックをはさむ
    お好みの写真を入れたフォトギフトパックを、おりがみの間に挟んでタコ糸に接着していく。

これだけです!

間にフェイクグリーンをくくりつけても可愛いですね。
また、横だけでなく縦にフォトを飾ってもおしゃれに仕上がりますよ。

ふわふわが可愛い簡単ポンポンガーランドの作り方

何シーズンも使わないまま毛糸があまってはいませんか?
そんなときは毛糸でポンポンを作ってポンポンガーランドを作りましょう。

準備するもの

  • ポンポンメーカー(100円ショップで手に入ります)
  • お好みの毛糸
  • 手芸針
  • はさみ
  1. ポンポンをつくる
    ポンポンメーカーを使ってどんどんポンポンを作っていきましょう。
    2種の毛糸をミックスしてみたり、風合いが違う毛糸を使っても良いですね。
  2. 針で糸にポンポンを通していく
    針で糸にポンポンを通していきましょう。
    もし太い紐や糸を使いたい場合は、ポンポンのひとつの糸を使ってくくりましょう。
    この時、出来るだけポンポンの根元で結ぶと見栄えが良いですよ。

1年中でも飾っておきたい鯉のぼりガーランド

男の子の節句は祝ってあげたいけど、インテリアは崩したくない!
そんなおしゃれなママへお勧めなのが鯉のぼりガーランドです。

用意するもの

  • 両面模様のある折り紙
  • 白の画用紙(目になります)
  • 黒のペン(目を書き込みます)
  • お好みの紐
  • はさみ
  • のり
  • 紙用ボンド
  1. おりがみをカット
    おりがみを鯉のぼり型にカットしていきます。
    この時、折り紙を2等分し、二つ折りにした後に端をVカットすると簡単に鯉のぼりが作れますよ。
  2. 目をつける
    まるくカットした白の画用紙にお好みの目を書き込んで、鯉のぼりに貼り付けます。
    ひとつひとつ表情を変えると可愛いですよ。
  3. 紐へ接着
    出来上がった鯉のぼりを紐へ接着していきましょう。

子供と一緒に作りたい松ぼっくりの簡単ガーランド

お外が大好きな子供が拾ってきた松ぼっくり、せっかくなのでガーランドにして飾りませんか?

おしゃれな松ぼっくりガーランドの作り方

用意するもの

  • 松ぼっくり
  • 毛糸(ラメ入りの毛糸だと映えてよい)
  • その他プラスで飾りたいもの
  1. 下処理をしましょう
    松ぼっくりは冷凍か煮沸をしたあとしっかりと乾燥させましょう。
    虫が付いてしまっている可能性があるからです。
    ニスをスプレーで吹きかけると劣化を防げるのでおすすめですよ。
  2. 毛糸にくくりつけていく
    毛糸に松ぼっくりやその他プラスで飾りたいものをくくっていきましょう。
    松ぼっくりに糸を4~5回ほどぐるぐると巻き、その後固結びをするとしっかり固定できますよ。

松ぼっくりと一緒に飾るものは、クリスマス飾りに良く使われるようなものがお勧めです。
100円ショップでもセット販売されていますし、プラスチックで作られたヒイラギやモミの葉を使ってもおしゃれですね。
また、クリスマスの飾りと一緒に松ぼっくりをガーランドにするなら、白やゴールドのラメが入った塗料で松ぼっくりを塗っても良いでしょう。