注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

パンプスのサイズが合わないのはどうしたらいい?対処方法とは

パンプスのサイズが合わないときには、どう対処したらいいのでしょうか?

出先で、パンプスのサイズが気になるときにはこのような対処をすればなんとかできるかもしれません。

また、以前にパンプスを履いてみて、かかとがパカパカしてしまったという人はこのアイテムで対応するといいでしょう。パンプスのサイズが大きいときの対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ライブ最前列の緊張感を楽しいものに!最前列ならではの楽しみ方

ライブで運良く最前列に入れるなんて、想像しただけで緊張してしまうものです。だって大好きなアーティスト...

結婚式のナプキンが持ち帰りOKな場合と色々な活用方法

友人や親戚や職場の人などの結婚式に出席したときに、テーブルに用意されたナプキンの持ち帰りを司会の方か...

アクリル絵の具は洗濯してもOK!布に描くことが可能なアイテム

アクリル絵の具を使って布に描くとき、「洗濯をしてもアクリル絵の具は落ちない」という話を聞いたことがあ...

機内持ち込みのバッグで女性にオススメな使い方や入れたい物

海外など長い期間の旅行ならつい荷物が多くなってしまいますね。 荷物は3つのバッグに分けるととて...

幼稚園からピアノを始めるべき?習い事のピアノについて

ピアノは習い事の中でもかなり人気ですよね。小さい頃から始めたほうがいいとは聞くけれど、実際どのくらい...

【ロサンゼルス空港で乗り継ぎ】時間潰しにおすすめの遊び方!

ロサンゼルス空港で乗り継ぎして他のアメリカ国内の都市や他の国へ行く場合、乗り継ぎ時間が何時間もある場...

サングラスのテンプルに歪みがあった時の修理方法とは

サングラスには、フロントからこめかみを経由して耳にかける「テンプル」と呼ばれる部分がありますが、長く...

名札ワッペンは服に穴が開かずに便利!名札ワッペンの作り方

名札を服に直接付けると穴が空いてしまいますよね。毎日名札を付け替えていると、その穴もだんだんと目立つ...

アロマスプレーの作り方!無水エタノールで作る方法

市販のアロマスプレーを使ったことがある方も多いと思います。リビングや寝室などスプレーを使うと、いい香...

親にスマホを買ってもらうための説得方法はコレだ!

親にスマホを買って!と言うだけではスマホを手に入れることはできないのです。 スマホが本気で欲し...

お守りの中身を開けるのはNG?お守りの中身と処分方法について

神社やお寺などでお守りを購入した事がある人もいますよね。お守りの中身を開けると、一体どんなものが入っ...

カラスが怖いと道を通れない時は「バンザイ」で回避できる

カラスの子育て時期は人を襲うこともあるため怖いですし、その道を通れないこともあります。 カラス...

ハリネズミのご飯のふやかし方!熱湯はNGです

ハリネズミのご飯は、ハリネズミ用のフードをふやかして与えるのが基本となっています。 ただ、ふや...

テーブルマナー・フランス料理のフォークとナイフの基本の使い方

大人になると、色々なシーンでマナーが必要になります。食事のときのテーブルマナーもそのうちの一つです。...

100均の商品を使ってシールを手作りしたい

手紙やプレゼントの包装などを可愛くデコれるものと言えば、シールが便利ですよね。 世の中には可愛いシ...

スポンサーリンク

パンプスのサイズが合わないときにすぐできる対処方法といえば?

短時間の場合は気にならないのに、長時間パンプスを履き通しでいると、足が痛くなることがありますよね。

それはやはりパンプスと足のサイズが合わない事が原因です。特にパンプスはヒールが高いので、サイズが合っていないと足がつま先部分へと、どんどんずれていき足が痛くなってしまいます。

こんな時出先ですぐにできる対処法は、ずれないように足を固定する事です。といっても難しいことではありません。つま先部分などに詰め物をして足がずれないように調整するだけです。

例えばちり紙。柔らかく薄いので、どんな形にも対応してフィット感があります。

また家にいるときに調整を行うのなら、要らなくなったストッキングがオススメです。こちらも柔らかく薄い素材です。またちり紙よりも柔軟性があるため、足に触れても違和感がありませんよ。

サイズが合わないパンプスはインソールで調整しよう

パンプスなど靴のサイズが合わない場合、靴の中で足が動いてしまうような時、靴屋さんに相談すると中敷を入れることをすすめられます。

中敷を入れることで靴の中の空間が狭くなって、靴に足がフィットするようになり、靴擦れなどの足の痛みを軽減できるのです。

今ある薄い中敷を外して、厚い中敷に取り替えてくれることもありますが、これは自分で行うと無理やり中敷をはがしてしまって、靴を痛めることになりかねません。

自分で中敷を入れる場合には、今ある中敷の上に丁度よい厚さの中敷を入れて調整を行ってください。

また靴全体の中敷を使用すると、靴が浅くなってしまって履き心地が悪くなる場合もあります。そのような場合にはつま先部分だけなどの、部分的な中敷が販売されていますので、そちらをご利用になって履き心地を確認してください。

中敷は靴屋さんで購入する事もできますし、100均などでも色々な種類のものが販売されています。

値段も手頃ですので、靴に敷いてしっくりと来るものを探してみてください。

パンプスのサイズが合わないときにはコレもおすすめ

パンプスのサイズが合わなくて、かかと部分が歩くたびにパカパカしてしまう、そんな女性は意外と多いんです。

そして、そんな女性が多いことを証明するかのように、悩みに対応したグッズも販売されています。

パンプスを脱げにくくするアイテム

シューズバンド

その名の通り、靴用のバンドです。これを靴につければ、パンプスと足を固定してくれますので、歩いている時に脱げてしまうことはありません。

どうしても靴のサイズが合わないと脱げないように指先に力が入ってしまい、歩いていると痛みだけではなく疲れも出てしまいますが、シューズバンドをつければ靴が脱げてしまうことを防げるので、足への負担も、履いている際のストレスも軽減ができますね。

シューズバンドはパンプスのデザインを邪魔しないように、透明で目立たないものから、目立ってもさらにそれがデザインとしてかわいいと感じるものまで、様々なものが販売されています。

好みのもの、また自分の足と靴のサイズにあったものをお選びください。

ちなみにこちらも100均でも販売されていますので、手軽に購入することができますよ。

パンプスのサイズが合わないときには絆創膏が役に立つ

パンプスのサイズが合わない時の対処法について、色々と紹介しましたが、つま先部分に物を入れても、中敷を入れてもかかと部分がすれてしまう場合には、応急処置として絆創膏を使用してその場をしのぐ方法もあります。

また何枚か絆創膏を重ね付けする事で、サイズ調整を行うことも可能です。

方法は靴のかかと部分に絆創膏を貼り付けます。ご存知のとおり絆創膏の真ん中部分にはガーゼがついていて、チョットしたふくらみと柔らかさがありますよね。それがクッションとなり痛みを軽減する事ができ、さらに数枚重ねることで足が靴の中でずれないようにサイズを調整する事もできるのです。

しかし上から見たとき、沢山絆創膏を貼っていると一目で違和感を感じます。

どうしても困った時の応急処置として使用してくださいね。

またパンプスのサイズ違いが、わずかなものならばカバーソックスを履くことで、足がずれないように対処する事が可能です。

カバーソックスはパンプスからはみ出してしまうのでは?と心配になりますが、パンプスを履いても大丈夫な浅いつくりの物もあるので大丈夫!靴の中で脱げないように滑り止めがついているものを選んでくださいね。

パンプスのサイズ選びは大丈夫?足に合うものを履こう!

パンプスを選ぶ時に、履きやすいサイズがピッタリなものを選ぶには何が重要か知っていますか?

それはもちろん足の大きさ。と答える方がほとんどだと思います!また足の幅も重要!と答える方もいるでしょう。

どちらも正解です。23センチ2Eなどのように、足の縦の長さと横の幅を考えて選ぶ事が重要です。そして同じサイズでも靴のつくりや、メーカーによっては小さめだったり大きめだったりする事があるので、必ず両足試着をして買うことも大切です。

しかしもう一つ重要な点があります。それは靴の中でも足の納まり具合、位置の確認です。

そしてこの位置を確認するための場所が親指の付け根、小指の付け根、そしてかかとの3点です。

しっかりと靴の中でこの3点が収まっていることを確認するのも、パンプスのピッタリなサイズ選びには大切なんです。

使用時に靴擦れなどをおこさないためにも、靴選びはしっかりと行ってくださいね。