注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

アゲハ蝶の幼虫を育てよう。与えるエサの種類と注意点

美しいアゲハ蝶を自宅で育てて幼虫から羽化させてみましょう。エサと飼育環境させ整えれば、比較的容易に飼育が可能です。

ただ、注意すべき点はエサ。アゲハ蝶の幼虫は特定の植物しか食べません。知らずに思い込みで別の野菜などを与えてしまうと悲しい結果になりかねません。

飼育するアゲハの種類を把握して正しいエサで飼育すれば、数ヶ月後には美しい蝶の姿が見られますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

液晶テレビの画面に傷が、薄くすることはできる?傷の対処法

液晶テレビの画面に傷がついてしまったときに消すことはできるのでしょうか?消すことはできなくとも薄くす...

白いバッグは手入れが大変でも絶対欲しい!白さを保つ手入れ方法

暖かくなってくるとファッションも変わり、それに合わせてバッグも変えたくなりますね! 白いバッグ...

自分好みのリースを手作り!可愛く見える作り方やコツをご紹介

クリスマスになると玄関にリースを飾るお家が増えていますね。可愛いリースが飾ってあると見ているこちらも...

【ガーランドの作り方】簡単にできる可愛い手作りガーランド

壁や窓ぎわにあるガーランドはお部屋を明るくしてくれて、お子様がいるご家庭にもぴったりです。 ガーラ...

室内では帽子を脱ぐのがマナーですが女性も同じなのかを解説

ニット帽やベレー帽や麦わら帽子など女性のファッションのトータルコーディネートには欠かせないアイテムの...

釣り女子が気になるトイレ事情について調べてみました

釣りは男性のイメージがありますが、最近は釣りを楽しむ釣り女子も増えています。 釣りの方法は、船...

歌の才能は生まれつき?歌の才能やセンスは環境が左右する!

歌が上手い人を見ると「やっぱり才能がある、センス抜群!」と思ってしまいます。 歌手の中にも親が...

テーブルマナー・フランス料理のフォークとナイフの基本の使い方

大人になると、色々なシーンでマナーが必要になります。食事のときのテーブルマナーもそのうちの一つです。...

パンプスのサイズが合わないのはどうしたらいい?対処方法とは

パンプスのサイズが合わないときには、どう対処したらいいのでしょうか? 出先で、パンプスのサイズ...

運動会の持ち物【保育園編】定番以外であると嬉しい便利グッズ

待ちに待った保育園の運動会!前日までにあらゆる持ち物を準備します。 運動会の持ち物リストはある...

ヌマエビはメダカと共存していける?その上手な飼育方法について

熱帯魚は可愛いペットである上に、部屋のインテリアにも映える存在ですよね。 我が家も小さめの水槽です...

犬をバリカンでカットする時には怪我をしないよう準備が大切

自宅で犬をカットしてあげるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?バリカンであってもこのよ...

アメリカ発行の小切手を日本で換金する場合の注意点について

留学などの理由で、アメリカの小切手を手にした場合、日本で換金できるのかどうか心配になりますよね。 ...

文鳥がくちばしを鳴らすのはなぜ?文鳥の気持ちと体の変化

文鳥がいつもとは違う行動を取る場合、飼い主としては心配になってしまいます。 また聞いたことがな...

家は木造?鉄筋がいい?構造の違いから見るメリットとデメリット

家の構造には、木造や鉄筋コンクリートといった工法がありますが、それぞれどんな違いがあるのか正直分から...

スポンサーリンク

アゲハの幼虫を飼育する場合に用意するケースとエサについて

アゲハの幼虫を飼育するために必要なものはケースとエサです。

まず、ケースを用意しましょう。
夏休み近くなると良くお店で見かけるような、昆虫用のプラスチックケースでも良いですし、食材保管用のタッパーでも大丈夫です。

掃除をするので、開け閉めが簡単なものがおすすめです。
また、幼虫が小さいうちは、探しやすくするためにケースも小さなものの方が良いでしょう。
最近ではあまり見かけませんが、フィルムケース程度がベストです。小さなタッパーでも良いでしょう。

タッパーを用意した場合、密閉されているので空気穴が必要かと思うでしょうが、その必要はありません。
昆虫は私たちよりもずっと少ない空気で生きていけるので、掃除の時の開け閉めで十分足ります。

ただし、長時間開けられない時には、空気穴を開けることをおすすめします。

次にエサですが、蝶の幼虫は決まった植物だけを食べます。
アゲハチョウやクロアゲハなどにはミカン科の葉を、キアゲハにはセリ科の植物を与えましょう。

幼虫にはお気に入りの植物があり、それ以外は食べません。

春の新芽しか食べない種類もいるので、飼育する幼虫の生態については事前によく調べましょう。

アゲハの幼虫に与えるエサの注意点。新鮮なものをたっぷりと

アゲハの幼虫にエサをあげるときには、好みの植物を与えるほかにも、いくつか注意点があります。

幼虫はたくさんの葉を食べて、さなぎになり、蝶へと変身します。
その為、栄養もたくさん必要になりますので、エサもたくさん与えてください。

また、幼虫は葉がしおれると食べてくれません。

もぎ取った葉はすぐにしおれやすいので、水に挿しておきます。

小さな幼虫が水の中に落ちては大変なので、瓶に水を入れたら、ラップをはってから葉を挿しましょう。

葉を挿してから綿をつめるなどして隙間をふさぐ方法でも大丈夫です。

大事なのは、幼虫が水の中におちておぼれないことです。

幼虫の飼育ケースを置く場所は、刺激が強すぎるので直射日光の当たらない場所におきます。

エサは何を与える?育てるアゲハ蝶の幼虫の種類を確認しておく

アゲハの幼虫を飼育しようと思ったら、まずは飼育するアゲハについてよく調べましょう。

アゲハは種類によってエサが違います。
ミカン科の植物を食べて育つ種類とセリ科の植物を食べて育つ種類がいます。

ミカン科の植物が好きなのは「ナミアゲハ」と呼ばれる、よく見かけるアゲハ蝶です。
ミカン、ユズ、サンショウなどがミカン科の植物です。

また、セリ科の植物が好きなのは「キアゲハ」と呼ばれる少し黄色みの強い蝶です。
セリ、ニンジン、パセリ、アシタバなどがセリ科の植物になります。

アゲハは好きな植物以外は食べないので、種類の確認が必要になります。
幼虫を見つけてきた場合は、どこで見つけたのかがわかると、食べる植物もわかるでしょう。

アゲハの幼虫が成虫になるまでの期間は?その間の注意点

アゲハは卵から成虫になるまでに、1~2ヶ月ほどかかります。

始めはとても小さな1齢幼虫です。
3齢幼虫までの期間は3週間程度で、緑色になってきた4~5齢幼虫も3週間くらいの期間を要します。

緑色になった頃にミカンの葉をたくさんあげて、全く食べなくなったら蛹になる準備に入ります。

そこからはそっと見守りましょう。

成虫になるまでのポイントで最も大事なのは、エサになる植物の種類です。
ある程度大きくなったら、エサの葉は枝ごと入れたほうがしおれにくいのでおすすめです。
しかし、枝ごと入れられるケースが必要になります。

枝はそのままではしおれてしまうので、水などに挿すか、濡れティッシュで押えてラップを巻くなどして、乾燥を防ぎましょう。

葉っぱが少なくなったら枝を交換してください。

幼虫が大きくなってくると、大量に葉っぱが必要になります。

アゲハの幼虫が特定の植物しかエサにしない理由は?

アゲハのように特定の植物だけを食べることを食草や食樹と言います。

それはアゲハの幼虫の本能です。

植物は葉を食べられないように毒成分を作り出しますが、蝶はそれを食べるために抵抗力をつけてきました。
それは、植物と蝶とのいたちごっこのようなものでしょう。
蝶としては、たくさんの種類の植物の抵抗力を身につけるより、1種類の植物の抵抗力を身につける方がたやすかったのではないでしょうか。

そのような長い進化の歴史が反映されて、食草や食樹が本能として備わったのだと考えられています。

その能力を生かして、蝶の中にはあえて毒成分を体内に蓄積して、鳥などから身を守る種類もいるのです。

また、幼虫は特定の葉しか食さないため、メスの成虫は産卵場所を正確に判断する必要があります。
間違えて産卵することは、次の世代の生存数に多く影響することでしょう。

そういった理由から、蝶には特定の植物を見分ける能力が備わったのです。