注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

お守りの中身を開けるのはNG?お守りの中身と処分方法について

神社やお寺などでお守りを購入した事がある人もいますよね。お守りの中身を開けると、一体どんなものが入っているのか気になる人もいるでしょう。

お守りの中身を開けてみたい衝動に駆られた経験がある人もいるかもしれませんが、実際に開けることに問題はないのでしょうか。

そこで今回は、お守りを開けて中身を見ることについてと、お守りの中に実際に入っているものについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園からピアノを始めるべき?習い事のピアノについて

ピアノは習い事の中でもかなり人気ですよね。小さい頃から始めたほうがいいとは聞くけれど、実際どのくらい...

一人暮らしでペットを飼う大学生のメリットや注意点!

大学生になり一人暮らしを始めたけど寂しい…。そんなときにペットを飼おうと考える人もいると思います。 ...

1周忌の挨拶!お悔やみの手紙についてや服装について

故人が亡くなってから1年立つと1周忌という法要が行われます。一周忌は親族や近しい人だけで行われるので...

運動会の持ち物【保育園編】定番以外であると嬉しい便利グッズ

待ちに待った保育園の運動会!前日までにあらゆる持ち物を準備します。 運動会の持ち物リストはある...

車のCDプレーヤーが故障?故障原因と対処法について

車のCDプレーヤーが動かない!故障?と感じたら・・・。故障といっても症状によっては当たり前ですが、対...

6ヶ月くらいから赤ちゃんは人見知りをする?対処方法について

赤ちゃんの人見知りは何ヶ月くらいから始まるものなのでしょうか? だいたい6ヶ月くらいからと言わ...

テーブルマナー・フランス料理のフォークとナイフの基本の使い方

大人になると、色々なシーンでマナーが必要になります。食事のときのテーブルマナーもそのうちの一つです。...

タイの気温は年間で見ても暖かい?タイの気候とは

タイの気温はいったいどのくらいなのでしょうか?一年中、暖かいイメージがあるタイですが四季はあるのでし...

パンプスのサイズが合わないのはどうしたらいい?対処方法とは

パンプスのサイズが合わないときには、どう対処したらいいのでしょうか? 出先で、パンプスのサイズ...

【子猫の睡眠】4ヶ月の子猫の睡眠時間の平均と成猫の睡眠時間

猫はいつも寝ているイメージがある人もいますよね。うとうとしている猫の姿はとっても可愛いものです。 ...

車の修理にタッチペン!コツを覚えて失敗しないように!

車に小さな塗装剥がれや、こすり傷が・・・。こんな時にはタッチペンを使用して補修する事ができますよ!コ...

昭和の女性の服装の移り変わり。女性のファッションの歴史

激動の時代と呼ばれる「昭和」。 女性の服装は時代の移り変わりと共に、どのような変化をしてきたのでし...

筆の洗い方の紹介!固まった場合や、普段のお手入れについて

書道を習い事でやっているお子さんもいれば、趣味で書道をやっている方もいますね。 筆を使ってその...

文鳥がくちばしを鳴らすのはなぜ?文鳥の気持ちと体の変化

文鳥がいつもとは違う行動を取る場合、飼い主としては心配になってしまいます。 また聞いたことがな...

アゲハ蝶の幼虫を育てよう。与えるエサの種類と注意点

美しいアゲハ蝶を自宅で育てて幼虫から羽化させてみましょう。エサと飼育環境させ整えれば、比較的容易に飼...

スポンサーリンク

お守りの中身を開けるのはNG!だめな理由は?

日本人の方は、神社やお寺にいくと、お守りを買って、自分に対して幸運を願うと思います。でもふと、「このお守りの中には、何が入っているのだろう?」と中身を開けたくなりませんか?

でも、そのお守り、中身を開けてはいけないようです。ここでは、その理由について調べてみたいと思います。

2つの考え方があるようです。

お守りの中身を開けるとバチが当たる

お守りの中身ですが、神様と同じだと捉えられてます、その神様には触れないでおく、ひと目には触れさせないでおくことが大切なようです。本当かどうかはわかりませんが、開けない方が無難という考え方です。

効力がなくなるのでお守りの中身は開けないようにしよう

お守りの中身を開けてしまうと、あなたが欲しい幸運の効力がなくなってしまうと見られています。そのお守りが持つ効力を最大限に生かしたいと思っているのなら、お守りを開封するのは、辞めましょう。

真意は不明ですが、上記の点がお守りの中身は開けない方が良い理由になります。参考にしてみて下さい。

お守りを開けると中身が汚れる可能性があるから開けないで!

皆さんが興味があるお守りの中身、開けない方が良い理由を先程は2つみてきました。

引き続き、どうしてお守りの中身を開けてはいけないのか、別の理由をみていきたいと思います。

ずばり、それは中身が汚れる可能性があるからです。

上記でも触れたように、お守りの中身というのは、神様と同じだと考えられていますよね。その神様と同じ存在なものを、開けて汚してしまうと、神聖なものを汚してしまいます。

私達は単純に「お守り」として持ち運んでいますが、お守りはただの物ではなく、神様が宿っているものです。それを汚すとなると、その神聖さに欠けてしまいます。お守りの持っている神聖さを保っていきたいですよね。

汚さない為にも、お守りは開けることもせず、綺麗な状態で保存しましょう。その方がお守りの効果を保つことにも繋がります。

お守りの中身を開けると一体何が入っているの?

先程は、お守りを開けると神様と同様として捉えられている中身を汚すことになるので、開けない方が良いというアドバイスをみてきました。

でも、お守りの中身って気になりますよね。そんな方の為に、お守りの中身はどんなものであるのか、中身の内容をここで紹介したいと思います。

「神社」

  • 「神璽(しんじ/御祭神の印)」「御守護」などと朱色か黒色で書かれた紙

「寺」

  • 御本尊の名前
  • 御本尊に通じる経典の一部の文字
  • 御影

「神社、寺に共通するもの」

  • お守りをガードするもの。スポンジなど。

外見は異なっていることもありますが、中身は基本的に同じになります。

お守りですが、神職や巫女さん、寺院で作られた後、ご神前の前でお供えします。

色んな種類があると思いますが、どのお守りも基本的には中身は一緒になります。中身を知った今、開けないで効果を保っていきましょう。折角買ったお守りですから、効果を存分に生かしましょう。

お守りを処分する目安と方法について

気になるお守りの中身。一体何が入っているのか、上記では詳しくみてきました。

次に、そのお守りですが、処分する目安と方法についてみていきたいと思います。

処分する目安ですが、1年になります。

その理由ですが、汚れが気になり、お守りの本来の効果が出なくなるのか、その時期だからです。

その為、1年毎にお守りを変えていきましょう。そして、必要ではなくなったお守りですが、そのお守りを買った神社やお寺に返しましょう。

上記でも少し触れましたが、お守りの中身は神様と同様の扱いになります。その為、ゴミ箱に捨てずに、敬意をもって、神社やお寺に返しましょう。

でも、旅行の際に買ったお守りです!というケースもあると思います。その場合は、近くの神社かお寺に返却で問題はありません。
1年間自分を守ってくれてありがとう、その気持ちを持って、返却しましょう。守って下さったのですから、敬意が大切になります。

お守りを手作りした場合は中身にどんな物を入れたら良い?

大切にしているお守りを処分する目安とその方法について、先程は説明しました。

最後に、そのお守り、あなたが手作りする場合ですが、どんな物を中身にした良いのか、ここで紹介したいと思います。

  • 言葉
    あなたが叶えたいことを言葉にして、お守りの中身にします。あなたの目的であったり目標であっても良いと思います。あなたが是非、達成したいことを書いて下さい。
  • メッセージ
    あなたが大切にしている人に与えたいメッセージがあるのでしたら、それを手紙にしてお守りの中身にしても大丈夫です。その時の文章ですが、相手の方が喜ぶような、応援のようなメッセージだと最適です。
    文章ですが、短めにしましょう。お守りは小さい事がメリットですから、入れるものもコンパクトにしましょう。

  • 自分のラッキカラーであったり、縁起の良いものを入れると良いでしょう。厚紙の方がより効果が期待できます。間違っても縁起が悪いものは入れないで下さい。