注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

古文のコツとは?中学古文を苦手克服するための勉強法

国語の中でも古文が苦手という中学生も多くいるのではないでしょうか?

では、中学古文の苦手を克服するためのコツとはどんなことでしょう?

また、中学古文がスラスラと読めるようになるためには?オススメの勉強法とはなにか?

そこで、古文のコツについて、中学古文を苦手克服するためのオススメな勉強法などまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お守りを落としたことの意味とは?モノが持つエネルギーについて

お守りを落とした! バチが当たってしまいそうで、ビクビクしてしまいますが、お守りが自分の身代わりに...

上海に旅行するときに気をつけたいお金の常識

上海に旅行に行くときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?とくに気をつけたいのがお金について...

ご祝儀を会社から頂いた場合お返しは必要?マナーについて

結婚祝いや出産祝いなどで会社からご祝儀を頂く場合があると思います。そんなときに気になるのがお返しです...

靴の形や特徴!女性のシューズは種類が一杯!シーンにあわせて

女性の靴には本当に多くの種類があります。 パンプスやサンダル、フラットシューズの中にも形によっ...

演奏会の髪型はどうしたら良い?男の子の髪型や服装をご紹介

お子さんの演奏会や発表会!晴れ舞台を初めて経験する息子、当人よりも親御さんの方が緊張をしてしまうので...

車のCDプレーヤーが故障?故障原因と対処法について

車のCDプレーヤーが動かない!故障?と感じたら・・・。故障といっても症状によっては当たり前ですが、対...

干支の置物はいつまで置いておく?片付ける時期や片付け方法

お正月になると干支の置物を飾る人もいますよね。ここで気になってくるのが、干支の置物はいつまで飾ってお...

タロット占いで未来を占える期間は?カードが教える未来の時期

タロット占いで未来を占う場合、一体どのくらい先までの期間を占うことができるのでしょうか。「未来」を占...

側溝の掃除は役所がしてくれる?気になる疑問について

側溝が詰まってしまった場合は役所に掃除をしてもらう?そう考えている人は少なくないはずです。 し...

男性がネックレスをつけるのには隠された心理が関係していた!

最近男性でもネックレスをオシャレとして身に付けている人を見かけます。実はただのオシャレではなく、そこ...

ミディアムボブのパーマをゆるふわに仕上げるコツやポイント

ミディアムボブのパーマは一歩間違うと、広がり気味のヘアスタイルに見られがち。 可愛くゆるふわに...

バージンロードを一緒に歩く両親がいない場合の方法

結婚式といえば父親とバージンロードを歩き、新郎の場所まで行きますよね。しかし、両親がいない花嫁さんの...

不妊は離婚の理由になるの?不妊の苦しみとその末路とは

不妊を理由として離婚することはできますか? 基本的に離婚は、双方の合意があればどのような理由で...

【子猫の睡眠】4ヶ月の子猫の睡眠時間の平均と成猫の睡眠時間

猫はいつも寝ているイメージがある人もいますよね。うとうとしている猫の姿はとっても可愛いものです。 ...

家電量販店の店員の知識があるかの見分け方や失敗しないコツとは

家電量販店で家電を購入する際、できれば商品知識がある店員さんに色々聞きたいですよね。 では、家...

スポンサーリンク

中学生の古文のコツを教えてください!

古文って、漢字などの意味を考えればなんとなくできそうだと思いますが、きちんと勉強法を理解していないとテストで点数はとれません。

中学の古文を読むコツ

  • 主語を探す
  • 登場人物の把握
  • よく出る文法や語句を頭にいれる
  • 単語の暗記

古文の勉強は高校でもあるので中学のうちに勉強法のコツをマスターしておくと、高校でスムーズかもしれませんね。

古文は主語が隠れていたり省略されているので、主語を見定めなければ文の内容を理解する事ができません。

今と違う意味や使われなくなった単語はテストででてくる確立が非常に高いので必ず暗記して頭に入れておきましょう。

また文末の「らむ」は推量、「せむ」は願望など助動詞を覚えておく事も重要です。

勉強の順番としては文法から単語と進めていき、何度も繰り返し読む練習をしましょう。

中学国語の古文のコツはルールを理解すること!

古文の勉強法のコツは古文のルールを理解する必要があります。
ルールを覚え、繰り返り勉強する事で驚くほど古文を読めるようになりますよ。

  • 登場人物の把握
    古文では同じ人物でも、職業や名前など違った呼び方をしてでてくる事がありますので、ここを間違えると話の流れが掴めめませんので、人物名に印などをつけながら呼んでいきましょう。
  • 話の内容
    誰の動作やセルフ、気持ちなかを把握しながら読み進めていきましょう。
  • 仮名遣い
    仮名使いを現在の意味に直すことで意味を理解できる語があります。
  • 重要古語
    現在の語と異なる意味を持つ語や、形は近いけど意味は異なる場合、そもそも現在では使われない語などがあります。
    少しややこしいですが、繰り返し勉強をし頭に叩き込みましょう。
    重要な古語を現在の語に照らし合わせて意味を理解していきましょう。
  • 省略された語
    主語や助動詞は省略されることがあり、敬語や文脈から主語を推測する必要があります。尊敬語、謙譲語、丁寧語の違いを覚えましょう。
  • 係り結び
    文中で「ぞ・なむ(なん)・や・か・こそ」のような使われると文末の結びの形が変わる。
    結びが連体形になる→「ぞ・なむ(なん)・や・か・こそ」
    結びが已然形になる→「こそ」

中学国語の古文のコツを知りたい!ポイントは?

慣れるまでは助詞(は・で・を)を付け足しながら読み進めると内容が掴みやすくなります。

例えば・・
「光源氏、笛吹きたり」という古文があります。
これに助詞をつけたしていくと
「光源氏が、笛を吹きたり」となります。

助詞を足すことでずいぶんと読みやすく理解しやすくなるのです。

古文は助詞は省略されることが多く、主語や修飾語がわかりづらくなっていますので、助詞を足して読む癖を中学でつけけておけば後が楽でしょう。

何度も何度も繰り返し問題を解き、覚えていくしかありません。
主語がわからなければ文の内容があやふやで、点数はとれません。
決して難しい勉強法ではありませんので頑張りましょう。

苦手克服するための古文の勉強方法

古文は難しいしややこしいからと、勉強する前から苦手という中学生は少なくありません。
勉強のコツをしっかり掴めていれば、成績も上がりますよ。

  • 音読
    古文の勉強法は英語と似ているかもしれません。
    まず音読するだけでも、単語の意味がわからず、読み方が読みずらかったりしますが、最初は音読する上で文につまづいても意味のわからない単語があってもいいのです。
    言い回しやリズムに慣れていくことを優先させます。この時は黙読ではなく音読をしてリズムを意識しましょう。
  • 読みながら主語がどれかを見極めます。
    主語がわからなければ文の内容もめちゃくちゃになってしまいます。
  • 現代語訳を先に見る
    始めにとりあえず古文を読むんでみると、内容がかなりわかりにくいと思います。
    なのではじめに現代語訳を読んで内容を頭に入れます。
    それから古文を読むと話の内容もわかりやすいと思います。
  • 全体の内容を理解したら古語の意味を勉強します。
    慣れないうちはこのように勉強していってもいいでしょう。

単語が分からない場合はどうすればいいの?

暗記
英語と単語と一緒でひたすら単語とその意味を暗記するしかありません。
声に出してもいい、マークシートを使ってもいい、家中単語の貼り紙を貼るなどとにかく覚えなければいけません。
ノートにひたすら書き綴ると頭に入りやすいかと思います。

多義語
英語や日本語にもあるように、1つの単語に複数意味を持つ単語の事。

例 あし・・悪い、荒れ模様

内容を理解していると多義語がでてきても、どの意味が当てはまるのかわかってくるはずです。

語呂合わせで覚えない
語呂合わせで暗記していくと、テストの問題の出方によっては答えがわからなくなってしまいますので、必ず単語で覚えていきましょう。

とりあえず、暗記しないことにははじまりません。
暗記が苦手な人もいますが、古文を勉強するにはここは通らなければいけない道であります。
腹をくくって本領発揮していきましょう。
少しずつ、単語や決まった文法を覚えていくと苦手意識も薄れていき勉強が楽しくなるかもしれませんね。