注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

男性が苦手で怖いという人が苦手意識を克服する方法

男性が苦手で接するのが怖い…という女性はいます。
特に中高と女子校育ちで、同じ年頃の男性と接する機会が極端に少ない人は、男性に苦手意識があるのではないでしょうか。
大学に入学してから、今までとのギャップに驚き、新鮮さを感じながらも戸惑ってしまうのです。
男性が苦手で怖いという人が克服するにはどうすればいいのでしょうか。
急ぐ必要はありません。焦らずゆっくりと克服していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アナログとデジタル時計のそれぞれの短所や長所と心理的効果

ビジネス用やプライベート用などで腕時計は必要ですね。購入を考えた時にアナログかデジタルかで悩んでしま...

白Tシャツがすけない方法と正しいインナーの選び方

夏になると着たくなる白のTシャツ。 クローゼットの中に1枚はありますよね。 ボトムスを選ばずにど...

大学の入学金が払えないときにやるべき対処法と平均金額

大学の入学金が払えないと悩む受験生もいるでしょう。せっかく厳しい受験を勝ち向いて合格を手にしたのに、...

浄化槽を撤去する際の費用や手順について紹介します!

浄化槽を撤去するには、費用がかかります。 そもそも浄化槽とは何?と思っている人もいるのではないでし...

家族が布団で寝る時の寝方、やっぱり川の字で広い布団で快適に

新婚時代は夫婦でダブルベッドというスタイルが多いでしょう。 子供が出来ると子供はどこに寝かそう...

部屋6畳サイズでも大丈夫!広くオシャレに見せる工夫

進学や就職などで一人暮らしを始める方も多いと思います。 住む部屋6畳がサイズの場合、どうしても...

スカートの裏地が静電気でくっつく時の対処法と溜めない方法

静電気が原因でスカートの裏地がくっつくことってありますよね。歩く時に邪魔になるし、何よりも見た目もよ...

本の内容のまとめ方、本を要約するポイントと書き方のコツ

本を一冊読みその内容をまとめしようとしても、まとめ方がわからないという方も多いでは? 本の内容...

ネットの情報に疲れる!疲れる理由とネットとの上手な付き合い方

ネットには色々な情報が溢れ、私達の生活を左右しています。自分がネットの情報にコントロールされているの...

キャンバス生地の洗い方を知ってスニーカーはキレイなまま履こう

キャンバス生地のスニーカーやトートバッグは、最近流行っていますね。 白いスニーカーはオシャレで...

キッチンのリフォームをDIYで行うポイントとおすすめDIY

キッチンのリフォームはDIYでもできますが、やりすぎは禁物。 キッチンのいたる所をDIYでリフォー...

ポリエステル生地の特徴!乾きが早いが毛玉ができやすいのが難点

ポリエステル生地には特徴があるので、その特徴を活かした生活用品が私達の身の回りにたくさんあります。あ...

電車で臭い人の隣に!対策方法・対策グッズ・対処法をご紹介!

電車で臭い人が隣に!しかもちょっとキョウレツ! 迷惑って、自分も絶対に誰かにかけているんですよ...

奥行きの収納方法は?洗面所の狭いスペースをスッキリさせる方法

あなたのお家の洗面所はスッキリしてしますか?物でごちゃついていませんか? 洗面所といった限られ...

お風呂に入るための値段は1回いくら?1人暮らしでも節約可能!

1人暮らしをしていると、少しでも光熱費を節約したいですよね。そのためにお風呂に入らずシャワーで済ませ...

スポンサーリンク

男性が苦手で怖いという人に共通すること

女性で男性が苦手という人がいますが、特に中学や高校と恋愛などの青春時期に女子校育ちだと男性と接する機会がすくないため、そのまま男性が苦手になってしまう傾向にあります。
中学や高校の時は男性が苦手など意識はしてなかったけど、大学に入って男性と接する機会が増えると男性との接し方に戸惑ってしまう人が多いのではないでしょうか。

男性が苦手で怖いと思ってしまう人に共通すること

家族以外の男性との関わりが少ない

家族の他に男性と接する機会が極端に少ないと男性との接し方がわからなくなってしまうことがあります。
「接し方がわからない=怖い」このように思ってしまうのです。

中高と女子校育ちのため苦手

中高と女子校育ちで同じような年代の男性と関わってこなかった人は自然と男性との距離ができてしまうことがあります。
女子だけで、男性なしの日常が当たり前となってしまうのです。

男性がトラウマ

過去の恋愛や父娘感での出来事がトラウマとなり男性嫌いになってしまうことがあります。
このような理由の男性苦手は上記とは少し違い、考えようによって克服できるものではないレベルのものがあります。
専門家とのカウンセリングなど必要な場合があります。

女子校育ちは温室育ち?大学で男性が苦手だと自覚する人は多い

女子校育ちの人は「温室育ち」な人が多いのか、という疑問を持っている人がいます。

そもそも温室育ちとは何かを調べてみました。

温室育ちとは
温室育ちを野菜で考えてみるとビニールハウスで自然災害や虫、直射日光を避けられ水を切らさず大事に育てられるが、その環境から露地物に比べ貧弱かつ甘さや栄養が少なく育ってしまいます。
しかし、出来上がりは華やかで綺麗なのです。

これを人間に例えると想像しやすいです。
大事に育てられ見た目や言動にはとても品があるが、精神的には打たれ弱い面があり、少々過保護に育てられたということになります。

考えようによっては良くも悪くも意味を解釈することができますが確かに「女子校育ち」「男性が苦手で怖い」と聞くと、このようなイメージを持たれやすいのかもしれません。
あくまでも、女子校に温室育ちの女性が多いというイメージだけですので、全然違った子もいるでしょう。
しかし、女子校育ちの女性で男性が苦手で怖いという人が多い傾向にありますので実際には温室育ちというイメージがついてしまうのは否定できない部分もありますよね。

このような男子が苦手で怖いという人は中高の時に意識することはあまりなく、大学に入り男性と接することが多い、身近な存在になったことで気がつく人が多いんですよ。

男性が苦手で怖いという気持ちを克服するには

男性苦手を克服したいと思っている女性がいますが「克服しよう」と意識すればするほど、短時間の間で克服しようとして空回りしてしまいます。

苦手意識を克服するには時間をかけてゆっくりと

まず男性を男性と意識するのではなく、一人の人間、自分と同じ人間と思うようにしましょう。
女性であっても男性であっても人間です。
友達同士やただの同級生だったら相手はあなたになんの意識もしていません。
女性と同じような感覚で接して、自然に克服できることを期待してみましょう。

もし、過去のトラウマや何かがきっかけに男性が苦手で怖くなった場合

一人で克服するのは無理と感じた場合にはカウンセリングで相談してみましょう。

この記事を読んでいるあなたは、男性は苦手で怖いけど、どこかで男性と接したいと思う気持ちがあるののではないでしょうか。

社会にでれば自然と男性と関わることは増えます。
今のうちに克服しておきたいところですね。

男性が苦手で怖いけど恋愛はしたい時の克服方法

男性が苦手で怖いけど「恋愛をしてみたい」と思うことがあります。
これは恥ずかしいことでもなんでもありません。

そのためにはまず男性が苦手なのを克服する必要があります。
男性と接する機会がなく出会いがないと恋愛しようがありませんね。

男性が苦手で怖い、そんな女性が恋愛するためには

男女問わず色んな人と接すること

あなたは口下手ではありませんか。
口下手なあまり男性と話せなく男性が苦手で怖いと思っている可能性はあります。
男女問わず、できるだけ多くの人と会話をして会話力を身に着けましょう。
会話力を身につける相手が男性だろうが話す事が出来ますし、話す機会が多くなりますよ。

男性に対して消極的にならないこと

男女は常にお互いを意識していると思っていませんか。互いに恋愛感情を持たない限り意識はしません。友達同士なら、女性だろうが男性だろうが感情は同じです。
恋愛として意識する相手に消極的であれば、割り切る気持ちを持ちましょう。
「嫌われたらどうしよう」と思っていても恋愛は始まりませんし、何もしないまま後悔するよりは、素直になることが大切です。
まずは、友達の男性で苦手や怖いという思いを克服してみましょうね。

友達に協力してもらうこと

男性と接する機会がなかったり、勇気がなかったら友達に協力してもらいグループになって遊んだり会話したりしてみましょう。
男性でも、女性と同じ友人のうちの一人、グループのうちの一人と思えば抵抗感がなくなります。

男が怖い苦手意識がある人は、少し距離を置いて接してから徐々に慣れていくしかないかも

男性ん対して苦手意識があるなら、無理に近づく必要はありません。
返って苦手意識が強くなり怖いと思ってしまうだけかもしれません。

少し距離を置きながら接する機会があれば徐々に接していくと良いでしょう。
例えば、隣に座った男性が忘れ物をして困っていたら、テキストを一緒に見せてあげたり、文房具を借してあげたり、ささいなことでも接していることに変わりません。
困っている人を見かけると男女問わず助けたいという気持ちになりますよね。

男性と徐々に接していくためには、男子に対する苦手意識を克服するためにはこれもチャンスです。

あまり苦手意識を、「克服しよう」「克服しなきゃ」と考えすぎずに自然な流れで接していけるよう心がけてみましょう。