注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

男性が苦手で怖いという人が苦手意識を克服する方法

男性が苦手で接するのが怖い…という女性はいます。
特に中高と女子校育ちで、同じ年頃の男性と接する機会が極端に少ない人は、男性に苦手意識があるのではないでしょうか。
大学に入学してから、今までとのギャップに驚き、新鮮さを感じながらも戸惑ってしまうのです。
男性が苦手で怖いという人が克服するにはどうすればいいのでしょうか。
急ぐ必要はありません。焦らずゆっくりと克服していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

掃除や片付けが苦手な人へ 掃除や片付けを楽にこなそう

掃除や片付けが苦手な人は多いのではないでしょうか?私自身も掃除や片付け苦手です。 掃除や片付け...

電話のセールスがしつこい時の撃退法!毅然とした態度で示そう

普段鳴らない電話に出てみると、勧誘セールスだったといった経験ありませんか? どこから電話番号を調べ...

電車のトラブルに巻き込まれたときの対処法や予防方法をご紹介

電車のトラブルに巻き込まれないようにするにはどんな対処法があるのでしょうか? トラブルが起きな...

服はレンタルもアリかも!結婚式の服で迷わずにすむ方法

結婚式の服は前と同じものは着れないなぁ~と思っている人におすすめなのが服のレンタルです! あま...

アパートの電気がつかないときに考えられる原因について

突然部屋の電気が消えてしまった…。そんなときに考えられるのはまずは電気の使いすぎでブレーカーが落ちた...

車のタイヤホイールに傷がつく原因や対処方法について

車のタイヤホイールに傷をつけてしまった・・・。縁石に擦ってしまったり、乗り上げたりしたときにはタイヤ...

上の階の騒音は直接言うより管理会社へ!それでもダメな時は

上の階の騒音で悩んでいる人も多いことでしょう。 騒音に耐えられなくなったからと言って、直接苦情...

集合住宅の騒音の張り紙は効果がある?張り紙の作り方とは

集合住宅の騒音はとても難しい問題ですよね。張り紙をするときには、どのようなことに気をつけるといいので...

高校の学校見学会に着ていく服装は?子供と親の服装ポイント

高校の学校見学会で迷うのが服装です。 子供の服装もそうですが、たくさんの保護者が参加する中で、どん...

クッションフロアのカビの取り方とは?落とし方や掃除方法を紹介

クッションフロアにカビが生えてしまったときには、どんな方法で掃除をしたらいいのでしょうか? カ...

革のバッグを雨の日に使って濡れてしまった時の手入れ方法

お気に入りの革のバッグを持って出かけていたら、急な雨で大事なバッグが濡れてしまった!そんな時はちゃん...

部屋の湿度を適正に保つ方法とは?過ごしやすい空間にするコツ

部屋の湿度の適正は何パーセントなのでしょうか?季節によってかなり変化が激しい湿度ですが、実際にどのく...

洗濯機が脱水時にガタガタうるさいのはなぜ?異音の原因と対策

洗濯機の脱水時にガタガタうるさいと、何が原因なのか、もしかして故障!?と気になります。 洗濯機は高...

中学生が勉強しないでゲームばかり!やる気へ導く親の行動とは

中学生が勉強しないでゲームばかりやっているとほとんどの親は心配になります。だから親はなんとかゲームを...

キャンバス生地の洗い方を知ってスニーカーはキレイなまま履こう

キャンバス生地のスニーカーやトートバッグは、最近流行っていますね。 白いスニーカーはオシャレで...

スポンサーリンク

男性が苦手で怖いという人に共通すること

女性で男性が苦手という人がいますが、特に中学や高校と恋愛などの青春時期に女子校育ちだと男性と接する機会がすくないため、そのまま男性が苦手になってしまう傾向にあります。
中学や高校の時は男性が苦手など意識はしてなかったけど、大学に入って男性と接する機会が増えると男性との接し方に戸惑ってしまう人が多いのではないでしょうか。

男性が苦手で怖いと思ってしまう人に共通すること

家族以外の男性との関わりが少ない

家族の他に男性と接する機会が極端に少ないと男性との接し方がわからなくなってしまうことがあります。
「接し方がわからない=怖い」このように思ってしまうのです。

中高と女子校育ちのため苦手

中高と女子校育ちで同じような年代の男性と関わってこなかった人は自然と男性との距離ができてしまうことがあります。
女子だけで、男性なしの日常が当たり前となってしまうのです。

男性がトラウマ

過去の恋愛や父娘感での出来事がトラウマとなり男性嫌いになってしまうことがあります。
このような理由の男性苦手は上記とは少し違い、考えようによって克服できるものではないレベルのものがあります。
専門家とのカウンセリングなど必要な場合があります。

女子校育ちは温室育ち?大学で男性が苦手だと自覚する人は多い

女子校育ちの人は「温室育ち」な人が多いのか、という疑問を持っている人がいます。

そもそも温室育ちとは何かを調べてみました。

温室育ちとは
温室育ちを野菜で考えてみるとビニールハウスで自然災害や虫、直射日光を避けられ水を切らさず大事に育てられるが、その環境から露地物に比べ貧弱かつ甘さや栄養が少なく育ってしまいます。
しかし、出来上がりは華やかで綺麗なのです。

これを人間に例えると想像しやすいです。
大事に育てられ見た目や言動にはとても品があるが、精神的には打たれ弱い面があり、少々過保護に育てられたということになります。

考えようによっては良くも悪くも意味を解釈することができますが確かに「女子校育ち」「男性が苦手で怖い」と聞くと、このようなイメージを持たれやすいのかもしれません。
あくまでも、女子校に温室育ちの女性が多いというイメージだけですので、全然違った子もいるでしょう。
しかし、女子校育ちの女性で男性が苦手で怖いという人が多い傾向にありますので実際には温室育ちというイメージがついてしまうのは否定できない部分もありますよね。

このような男子が苦手で怖いという人は中高の時に意識することはあまりなく、大学に入り男性と接することが多い、身近な存在になったことで気がつく人が多いんですよ。

男性が苦手で怖いという気持ちを克服するには

男性苦手を克服したいと思っている女性がいますが「克服しよう」と意識すればするほど、短時間の間で克服しようとして空回りしてしまいます。

苦手意識を克服するには時間をかけてゆっくりと

まず男性を男性と意識するのではなく、一人の人間、自分と同じ人間と思うようにしましょう。
女性であっても男性であっても人間です。
友達同士やただの同級生だったら相手はあなたになんの意識もしていません。
女性と同じような感覚で接して、自然に克服できることを期待してみましょう。

もし、過去のトラウマや何かがきっかけに男性が苦手で怖くなった場合

一人で克服するのは無理と感じた場合にはカウンセリングで相談してみましょう。

この記事を読んでいるあなたは、男性は苦手で怖いけど、どこかで男性と接したいと思う気持ちがあるののではないでしょうか。

社会にでれば自然と男性と関わることは増えます。
今のうちに克服しておきたいところですね。

男性が苦手で怖いけど恋愛はしたい時の克服方法

男性が苦手で怖いけど「恋愛をしてみたい」と思うことがあります。
これは恥ずかしいことでもなんでもありません。

そのためにはまず男性が苦手なのを克服する必要があります。
男性と接する機会がなく出会いがないと恋愛しようがありませんね。

男性が苦手で怖い、そんな女性が恋愛するためには

男女問わず色んな人と接すること

あなたは口下手ではありませんか。
口下手なあまり男性と話せなく男性が苦手で怖いと思っている可能性はあります。
男女問わず、できるだけ多くの人と会話をして会話力を身に着けましょう。
会話力を身につける相手が男性だろうが話す事が出来ますし、話す機会が多くなりますよ。

男性に対して消極的にならないこと

男女は常にお互いを意識していると思っていませんか。互いに恋愛感情を持たない限り意識はしません。友達同士なら、女性だろうが男性だろうが感情は同じです。
恋愛として意識する相手に消極的であれば、割り切る気持ちを持ちましょう。
「嫌われたらどうしよう」と思っていても恋愛は始まりませんし、何もしないまま後悔するよりは、素直になることが大切です。
まずは、友達の男性で苦手や怖いという思いを克服してみましょうね。

友達に協力してもらうこと

男性と接する機会がなかったり、勇気がなかったら友達に協力してもらいグループになって遊んだり会話したりしてみましょう。
男性でも、女性と同じ友人のうちの一人、グループのうちの一人と思えば抵抗感がなくなります。

男が怖い苦手意識がある人は、少し距離を置いて接してから徐々に慣れていくしかないかも

男性ん対して苦手意識があるなら、無理に近づく必要はありません。
返って苦手意識が強くなり怖いと思ってしまうだけかもしれません。

少し距離を置きながら接する機会があれば徐々に接していくと良いでしょう。
例えば、隣に座った男性が忘れ物をして困っていたら、テキストを一緒に見せてあげたり、文房具を借してあげたり、ささいなことでも接していることに変わりません。
困っている人を見かけると男女問わず助けたいという気持ちになりますよね。

男性と徐々に接していくためには、男子に対する苦手意識を克服するためにはこれもチャンスです。

あまり苦手意識を、「克服しよう」「克服しなきゃ」と考えすぎずに自然な流れで接していけるよう心がけてみましょう。