注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ボレロもショールもダサい?ダサくならない結婚式スタイル

結婚式に久々に招待をされると、服装が気になりますよね。昼間の結婚式は基本的に肌の露出が多いのはNGとされているため、ボレロやショールを羽織るものですが、そのボレロやショールがダサいと評判になっているようです。

そこで結婚式のドレスがダサく見えない羽織もの、コーディネートについてご紹介をしていきます。ぜひドレスを購入する際の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2ヶ月で10キロ痩せることができる?痩せる方法や注意点!

体型が気になっていてダイエットをしたい、またしている人は多いのではないでしょうか? ダイエット...

シングルマザーはパートでも家を買うことが可能?その条件を解説

シングルマザーでもアパートではなく一軒家に住みたいと思いますよね。子供のために家を残してあげたい…。...

FFの雪道対策 雪道を運転するときの注意点やポイント

FFで雪道を運転するときにはどんなことに気をつけたらいいでしょうか?雪道運転の対策とは?FFで雪道を...

バルコニーのウッドデッキにゴキブリや虫が!虫の発生を防ぐ方法

バルコニーに敷き詰めたウッドデッキに虫がきて大変な経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。...

一人暮らしのトイレにおすすめのインテリアや簡単DIY

一人暮らしの場合には、トイレもやはり狭いというのが一般的です。 その広くない空間もやはり快適でリラ...

一人暮らしが怖い!克服する方法は?住む場所選びも大切です

一人暮らしをするのが怖い、どうにかして克服したい!と思っている人に、どんな風にその気持を克服したら良...

赤ちゃんが母親になつかないのはなぜ?接し方を変えてみましょう

赤ちゃんが生まれて毎日忙しい新米ママ。しかし、母親である自分になつかないと感じるママも多いといいます...

一人暮らしで不安になる事は?女性は特に防犯面!物件選びと対策

憧れの一人暮らしですが、女性が一人だけの場合は色んな不安がありますね。 まず一番に心配なのは防...

住宅の階段幅はどうする?意外と重要な階段幅の決め方

注文住宅を決める際、意外と盲点なのが階段幅です。 住宅の階段幅は建築基準法である程度決められて...

洋服を通販で買うときのポイント 40代女性の服の選び方

40代女性が洋服を通販で買うときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?20代の頃の服で...

スノボウェアは洗濯表示を確認してから洗濯機で洗いましょう

滑り終わった後のスノボウェア。天気が良い日だと汗をかくこともあるでしょう。 そこで気になるのが...

窓の防音対策。賃貸でできる範囲の対策や方法について

窓の防音対策のおすすめを紹介します。 賃貸物件なら、自分の好きなように防音対策をすることができませ...

心落ち着く場所は身近にあった!あなたに合った場所を探して

毎日の仕事や育児や生活で疲れていませんか? 心がほっと落ち着ちつける場所を探してはいませんか? ...

スウェットに毛玉ができる原因とは?毛玉対策はコレ

スウェットの毛玉の原因にはどんなものがあるのでしょうか?普段していることが毛玉の原因かもしれません。...

団地の玄関の寒さ対策で光熱費も節約!冬を快適に過ごそう

団地の玄関の寒さ対策に悩んでいる人は必見です。 団地の玄関からの冷気を抑えることはできれば、暖...

スポンサーリンク

ボレロやショールはダサい?肩出しNGの理由

結婚式に参加している女性でボレロやショールを身に着けている人を見かけることが多いです。そんなボレロやショール姿がダサく映ってしまうこともありますよね。

結婚式はおしゃれにも気を使いたい場所なのに、自分がダサいと思う服装は避けたいと思う気持ちは分かります。

ただ、ボレロやショールを着ているのはその人の趣味とは限りません。

フォーマルな場では服装にもマナーがあります。ファッション性を重視するよりもマナーを守ることが大切です。

結婚式は、服装のマナーを守る必要がある

結婚式にゲストとして出席するならセミフォーマルの服装をする

昼なら肩を出したり肌の露出度の高い服や光る素材を控えた方が良く、夜ならある程度肌出しもOKです。

日本で結婚式向けのドレスワンピースのデザインは、ボレロやショールをプラスすることで昼でも夜でも使えるように袖のないデザインが主流になっています。

そのため、昼の結婚式や肌の露出が気になる女性はボレロやショールを羽織っているので、マナーを意識している常識的な人という事になります。

ダサいと思って避けたために、非常識な人と思われないように注意しましょう。

ダサいと言われるボレロやショールについて

ボレロやショールがダサいと言われがちですが、デザインやコーディネートによってはダサくなりません。

どういうボレロやショールだとダサく見えるのか?

これを知っておけば、ダサさから逃れることが出来ます。

ボレロがダサいと思われる理由

ボレロの丈感やデザイン

ボレロはその形から少女感が出やすいため、可愛らしい雰囲気になりやすいです。そのため、可愛い系が好きな女性には受け入れられますが、可愛い系が好みではない女性からはダサいと思われてしまいやすいです。

そして、可愛い系が好きな女性はアクセサリー等も可愛い系でコーディネートを統一します。ついついやりすぎてしまうため、ダサく見えてしまうのですが、それがボレロが原因に思われてしまっているのです。

甘さを控えたデザインや色のボレロを選んで、トータルでかわいらしさを抑えればダサく見られにくくなります。

ショールがダサいと思われる理由

ショールの素材

ショールのすべてがダサいのではなく、ダサい印象になるショールはオーガンジーのショールです。いわゆる羽衣ショールと呼ばれているもので、光沢があって透け感があるショールです。

これが一時期流行したので、このタイプのショールを羽織っていると一昔前の服装にみえてしまうため、ダサく見えます。

レースタイプのショールなど時代に合った物を選べばダサく見えにくくなります。

ボレロやショールがダサいなら袖のついたドレスを選ぼう

ボレロやショールは、それを変えるだけで同じドレスでも印象が変わるので、便利なアイテムです。でも、やっぱりボレロやショールがダサいと思ってしまうなら、ボレロやショールを使わなくても良いドレスを選びましょう。

ボレロやショールを使う理由

フォーマルの肩だしNGのマナー違反にならないため

つまり、肩が出ない袖付きのドレスやワンピースを選べばボレロやショールが不要という事です。

袖が付いていれば袖丈は何分袖でも基本的には大丈夫です。ただ、真夏の結婚式に10分丈の袖が付いていると暑く見えかねません。逆に冬に短い袖でもマナー違反にはなりません。

5分丈~7分丈位の袖が季節を問わず使いやすいでしょう。

ダサいボレロやショールの代わりになる羽織もの

結婚式の服装でボレロやショールはダサいと思うけど、手持ちのドレスを活かしたい場合もあるでしょう。

また、ボレロやショールはダサい上に年齢的や立場的にもう少し大人っぽいアイテムや落ち着いて見えるアイテムが欲しいという人もいると思います。

ジャケット

ボレロやショールよりもかっちりした印象で、大人の女性にお勧めのアイテム

結婚式の服装に合わせるジャケットは、素材やデザインで少し華やかなものを選びましょう。

光沢を感じる素材や丈が短めだとドレスとの相性も良くなります。

例えば、テーラードカラーの黒のジャケットだと素材によってはビジネス寄りになりすぎてしまいますが、ノーカラーやショールカラーなら黒でもパーティーシーンにも合いやすくなります。

ダサくならないボレロもあります

結婚式ではご祝儀以外にも、ヘアセットや衣装、バッグや靴など色々とお金がかかりますよね。女性の場合は、同じグループの友達の結婚式に毎回同じコーディネートで行くのが嫌だと思う人も多いでしょう。そのため、毎回高額な出費になってしまっている人もいるのではないでしょうか。

結婚式の服装でボレロやショールがダサく感じても、ドレスにジャケットを合わせようと思うと、ジャケット自体は服の中でも高価なアイテムなので、ジャケットだけで結構な出費になる事もあります。

出費の点で言えば、ボレロやショールの方がジャケットに比べると比較的価格帯が低くなるので手を出しやすい物も多いです。

ジャケットを検討しているけど出費も気になる人にはボレロもお勧めします。ボレロでもジャケットのように着丈も袖丈も長いタイプが増えていて、デザイン的にもシンプルなデザインも増えてきていま。

一見するとノーカラージャケットのようなジャケットとボレロの中間のような物もあります。

ジャケットに近いデザインのボレロは、甘さが抑えられているのでダサく見えにくい

それでいて、丈感やデザインなどドレスとの相性も良いので、コーディネートがまとまりやすくなります。

ボレロだからダサいと決めつけずに、時代に合ったデザインを探してみると結構いいものも見つかりますよ。