注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ストッキングの穴はこれで応急処置!使えるアイテムと再利用法

職業柄ストッキングの着用が必須だったり、スカートなどの洋服のスタイルによってはストッキングを履くことがありますね。

出かけるのを急いでいるときに限ってストッキングに穴が空いたり、電線したりすることは女性ならではのよくあることです。

また外出先で穴が空いているのい気がつくこともあるでしょう。そこでストッキングの穴の応急処置の方法について紹介します。

まずは自宅にあるもので出来る方法をご覧ください。他にも意外に使えるアイテムがありました。バッグの中に入れておくといざという時に便利でしょう。

ストッキングは穴が空いたりそこから伝線しやすいものですが、事前に出来る対策もご覧ください。お気に入りだったり、高価だったストッキングは捨てるのがもったいないと思うこともあるでしょう。

アレンジして再利用するアイディアを紹介しますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

靴磨きクリームの基本の使い方や手順、ポイントを簡単解説!

普段履いている革靴。大切にお手入れしていますか? しっかり靴磨きをすることで、自分の足に馴染ん...

名古屋の観光で子供向けのスポット!色んなジャンルが楽しめます

名古屋には観光スポットがたくさんありますが、動物園や水族館など子供向けの施設も以外とありますよ! ...

フローリングに敷く布団の寒い底冷え対策とカビ予防

フローリングの床に直接布団を敷くと、寒いと感じることはありませんか? 夏はそれほど感じませんが...

男性が香水臭いと感じた時の伝え方を紹介!香水男子の心理とは

香水をつけている男性をどう思いますか? 最近はおシャレな男性が増えて、洋服や髪型だけでなく香水...

ユニットバスの使い方を解説。ホテルでも湯船に入りたい場合

ホテルに泊まると部屋についているのが、ユニットバスということは多いでしょう。 お湯に浸かりたい...

心落ち着く場所は身近にあった!あなたに合った場所を探して

毎日の仕事や育児や生活で疲れていませんか? 心がほっと落ち着ちつける場所を探してはいませんか? ...

アパート2階に住む時に試したい騒音対策とは

アパート2階に住むと気になるのが、1階に響く音です。 子供の足音や椅子を引く音など、アパートの...

北京観光で注意しておきたいポイントをチェック!安全な過ごし方

北京は比較的治安は良いとされていますが、場所によっては注意が必要な区域もありますので、観光に行く前に...

アパートのドアの隙間を防ぐ対処法で寒さや虫の対策をしよう

アパートのドアに隙間があると、風が部屋の中に入り込むのでとても寒くなってしまいます。ドアの隙間を塞い...

首都高の運転は難しい!高速を走る時のコツやポイントとは

首都高の運転は怖い…。という人は多いのではないでしょうか?なぜ、首都高の運手は難しいと思われているの...

靴の消臭剤を手作りしよう!身近にあるもので簡単に手作り消臭剤

靴の臭いが気になることはありますよね。お気に入りの靴に嫌な臭いがついてしまうと、とてもショックをうけ...

試してみたい!願いが叶う方法や考え方について

誰しもが「こうなりたい」という願望がありますよね。 その願望がもし努力をして叶うものならば、自分の...

住宅の階段幅はどうする?意外と重要な階段幅の決め方

注文住宅を決める際、意外と盲点なのが階段幅です。 住宅の階段幅は建築基準法である程度決められて...

浄化槽を撤去する際の費用や手順について紹介します!

浄化槽を撤去するには、費用がかかります。 そもそも浄化槽とは何?と思っている人もいるのではないでし...

2日目のお風呂は追い炊き?ガス代は夏・冬で違う?節約について

あなたの家庭では、2日目のお風呂は追い炊きしていますか?それとも毎日入れ替えしていますか? ガス代...

スポンサーリンク

ストッキングの穴に塗って出来る応急処置

朝の忙しいときや外出先でストッキングの穴に気がついたらショックも大きいですよね。新しいストッキングに履きかえている時間もなかったり、かえのストッキング自体が無いこともあるでしょう。ストッキングの穴はそのままにしておくと、どんどん大きくなってしまいます。穴に気がついたらとりあえず応急処置をしておくことが肝心です。

自宅で穴に気がついた時はマニュキアを用意

穴が大きくならないように、穴の周りや伝線した部分にマニュキアを塗ります。

透明のマニュキアが良いのでトップコートがおすすめです。

色付きのマニュキアしか無い場合はストッキングの色に近い色を選んでください。
外出先で穴が開いてしまうこともありますので、小さめのマニュキアを1本、常にバッグの中に入れておくと良いでしょう。

職場で穴に気がついたときは修正液を使う

マニュキアと同様に、穴の周りに塗って固めておきましょう。

ただし、修正液の場合は白く残ってしまうため、目立たない場所に限られてしまいます。

また、水でゆるんでしまうため、雨の日は気をつけてくださいね。

意外な物もストッキングの穴の応急処置に使える!

ストッキングの穴にはマニュキアを塗る方法ならご存知の方も多いかと思います。

意外な方法を使った応急処置

ヘアスプレー

ストッキングの穴や伝線部分にヘアスプレーを吹きかけてください。ヘアスプレーはヘアスタイルをキープするために髪の毛を固めるものですが、ストッキングの穴に吹きかけることで穴の周辺を固めて広がらないようにすることができます。

のり

職場でストッキングの穴に気がついた時、修正液を使って応急処置することができますが、それでは白く目立ってしまいますよね。目立つ部分の穴には液体のりを使ってみてください。液体のりも乾くと固まるので、穴が広がるのを防ぐことができます。ただし、乾くまでマニュキアや修正液よりは時間がかかってしまいます。

靴下用のノリ

靴下が下がらないようにするためのスティクタイプのノリがありますよね。これもストッキングの穴の応急処置に使うことができます。

ストッキングの穴を縫うという応急処置

ストッキングの穴が小さい場合や目立たない部分

穴を縫うのも良い方法

ストッキングは薄くて繊細なので、縫う場合は穴を広げないように注意深く扱ってください。大きな穴の場合は縫うのも難しくなりますが、穴が小さいのなら縫って穴を負債でおきましょう。

薄手のストッキングよりは、少し厚めのストッキングには便利な方法です。
穴が太ももやヒップなど目立たない部分にある場合も、縫うことでまた履くことができます。

裾上げテープを使う方法

裾上げテープはアイロンの熱を使って生地に貼り付けるものです。

ストッキングの穴に使う場合は、ストッキングの表と裏から裾上げテープを貼り付けて穴を塞いでしまいます。

  1. 裾上げテープをストッキングの穴よりも少し大きめに切り、ストッキングの表と裏から穴をカバーしたら、アイロンの熱で貼り付けます。
  2. アイロンはストッキングに直接当てないで、あて布を使うようにしてください。

ストッキングの穴や伝線を防ぐための一工夫

ストッキングにすぐに穴を開けてしまう人なら、事前に穴が開きにくくなるような工夫をしておくと良いでしょう。ちょっとしたひと手間で穴が開きにくくなりますよ。

ストッキングを履く前に

ストッキング全体に霧吹きで水を吹きかけて、少し湿らせた状態にします。ビニール袋の中に濡らしたストッキングを入れたら、冷凍庫で少し冷やしてください。ストッキングの繊維を引き締めることで、丈夫にして穴が開きにくくできます。

水の代わりにヘアスプレーを吹きかけるのも良いです。

ストッキングを洗うとき

ストッキングを洗濯機で洗うと、他の衣類の金具などに引っかかって穴を開けてしまう場合もあります。

ストッキングはできれば手洗いをする

洗濯機で洗う場合は洗濯ネットを使ってください。

すすぎの最後に洗濯のりを使います。洗濯のりでストッキングの繊維を補強しておきましょう。伝線しにくくできます。

干すときは洗濯ネットに入れたままの状態で干す

干すときに爪が引っかかって穴が出来てしまうこともありますよね。少しでも穴や伝線ができる原因を取り除いておきましょう。

穴の空いたストッキングはまだ捨てない!再利用方法を紹介

ストッキングに穴ができてしまうと履くことが難しくなります。スカートで隠れる部分ならまだしも、ふくらはぎやスネのような目立つ部分に穴があると諦めるしかありませんよね。お気に入りのストッキングならショックも大きいものです。

ストッキングに穴、再利用する方法

ストッキングの中には柄があったりワンポイントがついているデザインがあります。それと同じように穴が開いたストッキングを加工してしまうのです。

アイロンで貼り付けることができるアップリケを用意

穴をカバーできるサイズのアップリケを用意して、穴を塞いでしまうのです。
穴の部分によってはアップリケが不自然に感じる場合もあります。そのときは、穴がひとつだけであってもアップリケは何枚か複数用意して、穴の無い部分にも貼り付け、ストッキングの柄のように見せてください。水玉模様とか花柄のストッキングに見せてしまいましょう。

足首のあたりにある穴なら、アップリケでワンポイントを作るのも良いでしょう。リボンタイプのアップリケで一周巻くのも面白いです。

お気に入りのストッキングも穴を上手に塞ぐことで履き続けることができます。ぜひ、諦めずに試してみてくださいね。