注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

免許証の写真写りがひどい。全国民共通の悩みを解決しますよ!

免許証の写真写りがひどいことで得するのは、お笑い芸人さんくらいでしょうか?

免許証の写真写りがひどいだけで、実物はそんなにひどくない!
少しでも実物に寄せた表情で写真撮影をして欲しい!

そんな全国民の願いを叶えるべく、免許証の写真写りが残念な結果にならないための極意をご紹介しますよ!

今回の更新で失敗すると、あと何年この残念な写真写りの免許証を使うことになりますか?

何年も後悔の念を引きずらないために、是非熟読し実物よりも写りの良い写真で免許証を手に入れましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

古い通帳は処分すべき?その理由と処分する方法を教えます

通帳がいっぱいになって新しい通帳になりますが、気がつくと古い通帳が何冊も引き出しの中に入っていた…そ...

クワガタを幼虫から飼育する際のポイントをご紹介します!

クワガタを幼虫から飼育したいと考えている方も多いことでしょう。 まず幼虫を手に入れるためには、...

ラジオの電波が入りにくい原因と電波を入りやすくする方法を解説

ラジオの電波が入りにくいと、大切な情報を聞くことができずに困ってしまいますよね。特に災害などの時は、...

ポリエステル生地の特徴!乾きが早いが毛玉ができやすいのが難点

ポリエステル生地には特徴があるので、その特徴を活かした生活用品が私達の身の回りにたくさんあります。あ...

30分間歩くと距離はどのくらい?ダイエット効果を上げる方法

徒歩30分とはどのくらいの距離を言うのでしょうか?30分歩くというのはけっこうな 距離を歩きますよね...

一人暮らしで不安になる事は?女性は特に防犯面!物件選びと対策

憧れの一人暮らしですが、女性が一人だけの場合は色んな不安がありますね。 まず一番に心配なのは防...

テフロン加工のフライパンの焦げ付きにやってはいけない事

テフロン加工のフライパンが焦げるようになってきたと感じることはありませんか? 長く使っていると...

天中殺の過ごし方とは?仕事ではこのように立ち回ろう

天中殺はどのような過ごし方をしたらいいのでしょうか?これから仕事を始める、転職を考えている、異動を言...

首都高の運転は難しい!高速を走る時のコツやポイントとは

首都高の運転は怖い…。という人は多いのではないでしょうか?なぜ、首都高の運手は難しいと思われているの...

アルバムを収納する際は押し入れの下段手前がベスト

アルバムの収納場所で多い押し入れですが、適当に置いたりダンボールに入れっぱなしにして、いざ見たい時に...

スタンドでの洗車のやり方は簡単!セルフできれいに洗おう!

天気の良い休みの日に洗車する人も多いでしょうが、毎回自分で手洗いするのも大変ですよね。 そんな...

部屋の湿度を適正に保つ方法とは?過ごしやすい空間にするコツ

部屋の湿度の適正は何パーセントなのでしょうか?季節によってかなり変化が激しい湿度ですが、実際にどのく...

スカートのチャックが壊れたときは?直し方をご紹介!

スカートのチャックが動かなくなってしまったときって焦りますよね。 では、チャックが壊れてしまったと...

服にハンガーの跡が付いてしまった時の対処法!跡をつけない為に

ニットやセーターやTシャツなどをハンガーにかけて干したり、長い時間置いておくことで肩の部分にハンガー...

プリクラはどう撮る?カップルで撮るならこの撮り方がおすすめ

カップルでプリクラを撮るときにはどんなポーズをとればいい?付き合い始めだと、なかなかはじけて撮ること...

スポンサーリンク

免許証の写真写りがひどいのはナゼ?

普段、友人と撮る写真映りは良い方なのに、免許証がヒドイ!という人は多いと思います。

この写真は次の免許の更新まで同じ写真なので、映りが良くないと免許を提示する場面で出すのをためらってしまうこともありますね。

各運転免許試験場で免許証用の写真を撮影する場合には、事務的に次々と撮影されるので、撮り直しも難しいです。

免許証の写真映りは普段より良いという人は稀で、多くの人は普段より映りが悪い人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

この原因としては、免許証の写真撮影特有のルールが関係していると考えられます。

まず、免許証とは本人であることを証明する証明書です。

写真には、顔を隠すような帽子を被ることはNGですし、顔の一部を覆うような髪の毛の場合も許可がおりないことがあります。

そして歯を出して笑うような表情もダメなので、自然と無表情で映ることになります。

また、免許証の更新時に撮られる写真は、大勢を次から次へと撮影していかなければならず、1人に時間をかけていられません。

写真館などのように、人物にピントを合わせて撮ることはなく、多くは広角レンズを使って撮影するため、仕上がりはのっぺりとした顔になってしまう傾向があるのです。

免許証の写真写りが毎回ひどい時には、事前に表情を作る練習を

免許証の写真は、笑ってはいけないので、口にギュッと力を入れてしまいがちです。

緊張気味の力の入った表情では、口角は真一文字か、下に向いているため、年齢よりも老けて写ってしまうこともあります。

そこでおすすめなのは、口元をきつく締めすぎず、軽く閉じた状態で口角を引き上げる表情です。

こうすることで、自然な明るい表情を作ることができます。

また、緊張で肩に力が入っていると、肩にも知らず知らずのうちに力が入り、怒り肩になっている人もいます。

首元がスッキリしている写真は、見栄えもよく、スリムに見られることがあるので、写真撮影の時は少し意識して気持ち肩を下げる感じで撮影に望むことをおすすめします。

そうすることで、自然と姿勢も良くなり、力が入った状態より写真映りもよくなるはずです。

写真を撮る時に顎を引き気味で撮ると写真映りが良くなるということを耳にしたことがありませんか?

顎を引き気味にすることで、目が大きく映り、エラが目立たないということが言われていますが、これも顎の引き加減が重要です。

あまりに引きすぎてしまうと、睨みつけているような攻撃的な印象になってしまうこともあります。

自分で、撮影の前にちょうど良い顎の引き加減を確認して望むことが良いでしょう。

免許証の写真写りがひどいなら、白いハンカチを用意しよう

人物を綺麗に撮るには、光のコントロールが重要です。

よくテレビなどで女優さんが写真を撮る時に、光を色んな角度から当てるということがあります。通常は、レフ板という撮影の被写体に光を反射させる道具を使います。

写真を撮る時、通常は逆光で撮ることが多いですよね。

でもそのまま撮影すると、人物が暗く写ってしまいます。

そこで、活躍するのがレフ板です。

レフ板を使うことで、逆光の光を人物に反射させて、人物を明るく撮ることが出来るのです。

このレフ板は、専門的な物を使わなくても、私達の身近にあるもので代用が出来ます。

一番手軽なものは、白いハンカチです。

白いハンカチを撮影時に膝に置いておくと、多少の効果が期待できます。

もっと効果を得たい場合は、より面積の広いものをレフ板代わりに使うと良いでしょう。
例えば、スケッチブックは、A4~A3サイズくらいまで大きさも色々ありますよね。

置く場所も、顔により近い方が光の反射が大きいので、セルフ撮影する場合はフレームに入らないギリギリの位置でスケッチブックを水平に持って撮影すると良いでしょう。

顔の影が消えて、肌も明るくなり、好印象の写真が期待できます。

免許証の写真写りがひどいからって撮り直しはできるの?

免許証の写真を撮る際には、いくつかの条件があります。

帽子をかぶっていないこと、正面を向いていること、背景が単一であること、上三分身であることなどです。

これらの条件が満たされていれば、写真映りが悪いという理由で撮り直しや免許証の無料の再発行は残念ながら認められません。

それでも写真だけは変えたいという場合、免許証紛失扱いとして免許証の再発行をしてもらうという方法しかありません。

再発行には、数千円の手数料がかかります。

また、再発行すると、免許証番号の末尾の番号が0から1に変わり、再発行したという履歴が残ります。

このことがデメリットになるのかは分かりませんが、写真を取り直したいという理由で手数料まで払い、履歴も残る再発行をすることは避けた方が良いですよね。

撮影時に後悔しないよう、撮影のコツを抑え、満足のいく写真を撮りましょう。

免許証の写真写りがひどい!とっておきの一枚を持ち込む方法も

免許センターの中には、一部のところで、免許更新時に持ち込み写真に対応していることもあります。

お住まいの地域の免許センターを調べて、ルールを確認してから行くのが良いでしょう。
写真が持ち込み可能であっても、免許センターによっては1日に対応可能な人数を設定して制限しているところもあります。

また、交通違反をして免停中の場合や、紛失して再発行する場合は対応不可ということもあります。

持ち込み可能である場合も、どんな写真でも良いという訳ではありません。

先ほどご紹介したような基本の条件の他にも、申請前の○ヶ月以内に撮影されたものとか、カラーであること、加工していないことなど細かな条件が設定されていることがありますので、お住まいの免許センターの決まりをあらかじめ確認しておくことがベストです