注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

シングルマザーはパートでも家を買うことが可能?その条件を解説

シングルマザーでもアパートではなく一軒家に住みたいと思いますよね。子供のために家を残してあげたい…。そんな思いを持っている人も多いのではないでしょうか?

でも、正社員ならともかくパート勤務のシングルマザーとなると、家を買うためのローンが組めるのかどうかが気になるところ。実際パートでも年収が多ければローンを組むことは可能なのでしょうか?

パートのシングルマザーが家を買うことは夢ではない?そのための条件について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学の入学金が払えないときにやるべき対処法と平均金額

大学の入学金が払えないと悩む受験生もいるでしょう。せっかく厳しい受験を勝ち向いて合格を手にしたのに、...

スマホを充電するタイミングは?バッテリーに負担をかけない方法

スマホを充電するタイミングによっては、バッテリーに負担をかけてしまうこともあるってご存知でしたか?充...

満員電車ではリュックが迷惑?持ち方や電車のマナーについて

満員電車ではどのように荷物を持てばいいのでしょうか?とくにリュックのような大きなカバンは周りの人にか...

屋根裏のネズミはすぐに駆除しよう!その方法と注意点を解説

屋根裏から「タタタタ」「ガサガサ」という音が聞こえると不気味ですよね。そして夜も眠れないという人も多...

親指が長い人と短い人の性格の違いとは?さっそくチェックしよう

手相で性格がわかるということは有名ですが、実は指の長さによってもだいたいの性格がわかると言われていま...

運転免許の更新は時間どれくらいかかる?免許の更新について

運転免許の更新に時間どれくらいかかるものなのでしょうか? 運転免許の更新の流れとは?運転免許の...

バルコニーのウッドデッキにゴキブリや虫が!虫の発生を防ぐ方法

バルコニーに敷き詰めたウッドデッキに虫がきて大変な経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。...

大学卒業式に親が行くのは過保護?親子で十分話し合うことが大切

子供の大学の卒業式。出席して子供の成長を見守りたい親御さんも多いと思います。 卒業式は入学式よりも...

靴の消臭剤を手作りしよう!身近にあるもので簡単に手作り消臭剤

靴の臭いが気になることはありますよね。お気に入りの靴に嫌な臭いがついてしまうと、とてもショックをうけ...

洋服を通販で買うときのポイント 40代女性の服の選び方

40代女性が洋服を通販で買うときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?20代の頃の服で...

カレーの匂いってなかなか取れない。鍋に染み付いた臭いの取り方

カレーの匂いって残りますよね。 室内にも、服にも食器にも鍋にも… カレーは作りやすい半面、後...

アップスタイルにアレンジ【髪型】子供の簡単可愛いアレンジヘア

子供のアップスタイルにはいろいろなアレンジ方法があります。そこで、小さなお子様におすすめのヘアアレン...

詩の書き方とは?小学校高学年はココを意識して詩を作ろう

小学校高学年はどのようにして詩を書いたらいいのでしょうか?詩の書き方は好きなことを書いていいからこそ...

車のタイヤホイールに傷がつく原因や対処方法について

車のタイヤホイールに傷をつけてしまった・・・。縁石に擦ってしまったり、乗り上げたりしたときにはタイヤ...

鍋の焦げ付きを取る方法!鍋の素材に合わせた効果的な落とし方

うっかり鍋を焦がしてしまったという時には、しばらくお湯に付けておいてから洗いますが、それでもこびりつ...

スポンサーリンク

パート勤務のシングルマザーでも家を買うことはできる?できない?

パートで子育てを頑張りながら、生活している人も多いのではないでしょうか。

賃貸の家賃も結構な金額になるので、この先のことを考えるなら一戸建てを購入したいと考えることもあるでしょう。

パートタイムで年収130万円、養育費が月に15万円もらっているシングルマザーの方の例を考えてみましょう。

一戸建てを購入するとなると、まず、家を建てる「土地」と、そこに建てる「建物」が必要です。

住宅ローンは、基本的に土地と建物を担保にしてお金を貸すという仕組みになっています。

あらかじめ土地を自己資金で購入したとしても、この土地に建物の担保をつけることは当然のことなので、土地を購入したからといって住宅ローンの融通が聞くということは難しいでしょう。

この例の場合では、年収の低さがネックになります。

貸す側としても、安定した収入が見込まれなければ貸さないことが多いので、まずは年収200万円以上を1年間続けて初めて借入ができるということになります。

この収入には、慰謝料は含まれません。

また、年収さえ増やせばいいとパートの掛け持ちをしても、それは「安定した年収」にはならないので難しいでしょう。

養育費も、子どもが成人するまでという期間限定の費用のため、一戸建てを購入したいのであれば、この費用を貯蓄に回し、自己資金を貯めるのが得策です。

シングルマザーでも家を買うためのローンを組むことはできる?パートでは無理?

シングルマザーかどうかということは、住宅ローンを借りるのに重要な要素ではありません。

貸す側が最も重要視していることは借りる人の「年収」なのです。

これも年収が高ければ良いという単純なものではありません。

自由業で、繁忙期には月収が良いけど、それ以外では月収が低いということであれば安定した年収ということは言えませんので、難しいでしょう。

自分が希望する借入額にもよりますが、一定以上の年収が見込まれなければ希望額の借入が認められないというケースもあります。

ご自分の現在の年収で、いくらくらいまで借りられるのかを事前に確認しておき、その額に応じた予算を決めるということが大切です。

購入する家の予算を決めるときには、借入額ギリギリで決めるのではなく、その後の生活費や必要経費のことも頭に入れ、余裕をもって決めるのが良いでしょう。

ローン契約者の勤務形態や勤続年数も、住宅ローンの審査では重要とされます。

派遣社員や契約社員、パートなどで働いている人は、正社員の人と比べ、審査で不利になることが多いというのは事実です。

現在パートで、家の購入を考えているのであれば、正社員で1年以上勤務するということが望ましいでしょう。

各自治体によっては、「ひとり親家庭」に対して費用の補助や免除を行っているところもあります。

ご自身の住む自治体のこのような制度を活用しながら、生活にかかる費用を削減していくということも大切です。

パートで働くシングルマザーが家を買う場合に必要な最低の年収額は?

納税の義務は、収入が103万円を超えると発生します。

住宅ローンを組む際には、収入が103万円を下回る場合には、申し込むこと自体が出来ないということもあります。

最低でも年収は200万円あるという状態が望ましいです。

住宅ローンの審査において、重要な書類というのはいくつかありますが、中でも1年間の給料や税金が記入された「源泉徴収票」は重要です。

雇用形態がアルバイトやパートの人は、この源泉徴収票が会社から渡されないということもあるので、勤務先に発行をお願いするか、もしくは最寄りの役所で「課税証明書」を発行してもらうということになります。

アルバイトやパートの人が、住宅ローンの審査を通るのは難しいですが、貸す側が見ているのは、雇用形態だけではなく、個人の信用度も重要視しています。

これは、過去にクレジットカードでの買い物の延滞をしていないか、他に払い終わっていないローンがないかといったことです。

過去に自己破産をしている場合も、同じです。

このような個人情報は、住宅ローンに関わる機関で共通して履歴に残っているため、個人の信用度に関わることでローン審査が通らなかった場合、どの金融機関のローンで申し込みをしても通る望みはないと言えます。

ローンの延滞などの履歴は、機関で5年間保存されますので、延滞に心あたりがある人は5年経過した後に申し込みをすることが良いでしょう。

シングルマザーが家を買うと、家の修繕や税金の支払いが大変かも?

現在払っている家賃も馬鹿にならないし、それならいっそ家を購入した方が資産にもなるし良いのでは?と思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

しかし、家を買うということは確かに自分の資産にはなりますが、いずれ家に関わるお金がかかってくるということを見落としていることがあります。

賃貸物件の場合、水道の調子が悪かったり、戸や窓が壊れたという家のトラブルは管理会社に連絡さえすれば、自分に非がなければ、管理会社が費用も含め修繕してくれます。

でも、自分で家を買うとなると、このような修理に関する費用はすべて自分持ち。

連絡も、壊れた箇所に応じて業者を探して日程調整するなど、すべてを自分で行わなければいけません。

また、家を購入すると、「固定資産税」という税金を毎年収めなくてはいけません。

賃貸の場合は、数年後ごとに更新する時には更新料を支払うということがありますが、家を購入すると、この固定資産税を毎年支払う義務が発生するのです。

賃貸の場合は、オーナーさんと家賃や更新料の値段交渉も出来ることもありますが、固定資産税は値段交渉などはもちろんなく、決められた金額を収めるということになります。

家を買うことが無理なら、シングルマザー専用のシェアハウスに住むという方法も

一戸建てを購入するには、資金面で難しかったり、その後の生活を考えると躊躇するシングルマザーの方も多いのではないでしょうか。

でも、ずっと賃貸の物件に暮らすには寂しいし、少し物足りないと考える人におすすめしたいのが、複数の世帯とシェアして暮らす「シェアハウス」です。

人と話すことが好きとか、みんなで何かすることが好きという方に向いている最近注目されている新しい暮らしの形です。

中でも、シングルマザー専用のシェアハウスというものもあり、同じような境遇で理解し合えたり、助け合えるというメリットがあります。

共有のスペースとプライベートのスペースが分けられているので、いざという時や寂しい時などには誰かがいてくれるという安心感もありますし、普通のマンションやアパートで暮らすよりは広々と使えるという利点もあります。