注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

子犬のトイレトレーニングの方法は?共働きでも成功させる方法

共働きで家を留守にする時間が多いご家庭でも、犬を飼いたいと考える人もいるのではないでしょうか。共働きで犬を飼う時に困るのが、「子犬のトイレトレーニング」です。

共働きで家を明ける時間が多いと、なかなかトイレトレーニングが進まないのではないかと、子犬を飼うことをためらっている人もいることでしょう。

そんなときは、子犬のトイレトレーニングの方法を知って、自宅に子犬をお迎えしてあげましょう。

ここでは、共働きで子犬を飼う時の子犬のトイレトレーニングについてお伝えします。実際のトイレトレーニング方法に加えて、子犬のトイレトレーニングが進まない原因・犬の習性を知ることでトイレトレーニングをうまく進めるコツについてもお伝えします。

これからご紹介する内容を参考にして、念願の子犬をお迎えしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

駐車場でぶつけらたら?防犯カメラが当て逃げを捕まえる

駐車場で車をぶつけられた経験ありませんか?ドライブレコーダーや防犯カメラに当て逃げした車が写っている...

ネクタイのシワを伸ばすためのケア対策と正しい保管方法

ネクタイにシワがついてしまったときは、普段のネクタイのお手入れだけではなかなか取れませんよね。 ...

高校の学校見学会に着ていく服装は?子供と親の服装ポイント

高校の学校見学会で迷うのが服装です。 子供の服装もそうですが、たくさんの保護者が参加する中で、どん...

部屋の湿度を適正に保つ方法とは?過ごしやすい空間にするコツ

部屋の湿度の適正は何パーセントなのでしょうか?季節によってかなり変化が激しい湿度ですが、実際にどのく...

靴の消臭グッズを簡単に手作り!リーズナブルで効果的な消臭剤

暑い季節になってくると、どうしても靴の臭いが気になりますよね。特に子供の靴の臭いに悩んでいるという方...

自治会への挨拶は引っ越し後必ず必要なのか

引っ越しをしたときは、粗品を持って近所に挨拶回りを行いますが、自治体にも挨拶が必要なのか迷ったことあ...

バルコニーのウッドデッキにゴキブリや虫が!虫の発生を防ぐ方法

バルコニーに敷き詰めたウッドデッキに虫がきて大変な経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。...

乳児と幼児の違いとは?保育園での過ごし方やタイミング

保育園に入れるなら、乳児のときから?それとも幼児になってからがいい?そもそも、保育園には何歳から入る...

ユニットバスの使い方を解説。ホテルでも湯船に入りたい場合

ホテルに泊まると部屋についているのが、ユニットバスということは多いでしょう。 お湯に浸かりたい...

赤ちゃんには母乳?それとも粉ミルク?選択方法について

赤ちゃんを育てるのには母乳?それとも粉ミルク?どちらにするか悩んでいるのなら、先のことを見越して決め...

スカジャンの洗濯!ポリエステル素材を自宅で手洗いする方法

スカジャンの生地には、レーヨン、アセテート、ポリエステルなどが使われていますが自宅で洗濯するころは出...

詩の書き方とは?小学校高学年はココを意識して詩を作ろう

小学校高学年はどのようにして詩を書いたらいいのでしょうか?詩の書き方は好きなことを書いていいからこそ...

鍋の焦げ付きを取る方法!鍋の素材に合わせた効果的な落とし方

うっかり鍋を焦がしてしまったという時には、しばらくお湯に付けておいてから洗いますが、それでもこびりつ...

ラジオの電波が入りにくい原因と電波を入りやすくする方法を解説

ラジオの電波が入りにくいと、大切な情報を聞くことができずに困ってしまいますよね。特に災害などの時は、...

パンプスの色がストッキングについて黒くなるのを防ぐ方法とは

パンプスを履いたときに色移りしてストッキングが黒くなるのはかっこ悪い!だからといって、素足でパンプス...

スポンサーリンク

子犬のトイレトレーニング・共働き夫婦が子犬にトイレを覚えさせるには

子犬のトイレトレーニングを始めるならがオシッコ前にする行動や仕草を見抜く

女性も社会に出て働くことが国を挙げて推奨されている今は、昔よりも共働き世帯が増えてきています。

夫婦共に働いているので、平日の日中は誰も家にいないという家庭も多いようです。

そんな共働き世帯でも、家族の一員として犬を迎え入れたいと考えることもあるでしょう。

でも、犬は生き物なので、お世話が付き物です。

特に、しつけが未熟な子犬を留守がちな家で飼って、きちんとやっていけるのだろうかと不安になってしまいますよね。

しつけの中でも、まず覚えさせたいのが「トイレ」です。

トイレトレーニングがしっかり出来ていないと、家に帰ったら部屋中がオシッコやフンまみれで目も当てられない状態になってしまいます。

犬を初めて飼う場合は、トイレトレーニングに苦労することが多いようです。

犬はオシッコをしたくなったら、本能的に同じ場所をクルクル回ったり、床の臭いを嗅ぐなど、オシッコ前の決まった行動を取ります。

この行動や仕草をまずは注意深く観察して見抜くことが重要です。

「オシッコがしたいんだな」ということが分かれば、トイレに誘導して、「シーシー」とか「ワンツー、ワンツー」など飼い主さんがオシッコを誘う言葉で犬にオシッコをさせます。

オシッコがしたくなったら自分でトイレに行けるのが一番良いですが、子犬のうちは飼い主さんが抱きかかえてトイレに連れていっても良いでしょう。

オシッコがトイレで出来たら、大げさに褒めて「トイレでオシッコすること」を犬に覚えさせましょう。

共働き夫婦の子犬のトイレトレーニング・ケージでトレーニングを行う場合

子犬で、これからトイレトレーニングを始める場合、ケージはトイレの部屋と寝る部屋に仕切りのあるタイプがおすすめです。

犬を室内で飼う場合、犬用のケージやサークルで飼育することが一般的です。

動きが制限されるケージで飼うなんて犬が可哀想と思う方もいるかもしれませんが、ケージで犬を飼うことはメリットがたくさんあります。

犬は、小型犬であっても自分だけの空間を与えることが大切です。

それは、犬にとってもストレスがなく、リラックスして過ごせるからです。

犬は、縄張り意識が強い動物なので、自分の居場所を作ることはとても大切なのです。

特に留守がちな共働き世帯の場合は、誰もいない日中はケージの中で飼育することで犬にも飼い主にとっても互いにメリットがあります。

トイレが分かれていることで、寝る場所との違いを理解しやすく、早くトイレを覚えてくれるのに役立ってくれそうです。

子犬のトイレトレーニングが上手に進まない原因

トイレトレーニングをマスターすることができれば、ドッグランなどの公共の施設にも連れて行けるので、行動の幅が広がりますよね。

でも早く覚えさせたいとトイレトレーニングを頑張っていても、子犬が失敗を繰り返したり、なかなか覚えてくれないこともあります。

子犬のトイレトレーニングがうまく進まない原因として多いのはトイレの場所をちゃんと把握していないことです。

家に初めてやってきた子犬が、トイレの場所を最初から理解するのは無理です。

飼い主さんが根気強く、トイレの場所を子犬に覚えさせる必要があります。

ケージの中にトイレを用意していても、他の場所にオシッコなどの臭いが残っていたら、そこがトイレの場所だと勘違いしてしまうことも。

トイレの場所をしっかり子犬に覚えさせ、同時にトイレは清潔に保つことも大切です。

次に考えられる要因は、トイレで失敗して怒られた経験が影響しているということです。
トイレの場所は合っていたのに、オシッコがはみ出たり、子犬にありがちな食糞をして飼い主さんから怒られると、子犬は「この場所でトイレをしたらいけないんだ」と間違って覚えてしまうことがあります。

共働きでも子犬のトイレトレーニングを成功させるには

共働きでも、トイレトレーニングを成功させるためには、まず子犬のトイレのサインを見つけることが大切です。

留守にすることが多くなる共働き世帯では、子犬に早くトイレトレーニングを覚えさせることが最重要課題です。

トイレトレーニングを覚えないまま家を留守にしてしまうと、子犬のことが気になってしまって仕事が手に付かなくなってしまいます。

トイレをしたい時、どんな行動をするのか、どんなタイミングでトイレをすることが多いかなど、じっくり観察することで、傾向が見えてきます。

傾向がわかれば、トイレトレーニングも効率よく進めることが出来ます。

トイレサインを見逃さないようにしましょう。

子犬のトイレトレーニング・犬の習性を知って上手にトイレトレーニングを

排泄しやすい時間帯を知るなど子犬の習性を理解してトイレトレーニングを進めることが効果的な方法です。

犬は、基本的に綺麗好きな動物です。

特に、体を休めるために寝る場所は清潔にしておきたいと思うようです。

そして、犬がオシッコなどの排泄をする時、舗装された道路よりも草むらや土の上などでする方が多いのは、足場の柔らかいところで排泄しやすいから。

このような犬の習性を理解してトイレトレーニングを進めることが効果的な方法です。

そして、人間と同様、犬にも排泄しやすい時間帯があるということを知っておきましょう。

寝起き直後や、食後は排泄しやすい時間帯です。

また、ひと通り遊び終わってホッとひと息ついた頃にも排泄しやすいです。

犬によって個体差もありますので、観察しながらどんな時に排泄するのかをつかみ、トイレトレーニングをすると、効率よく行えます。