注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ガソリンの燃費向上のためには本当に満タンNGなのか検証!

ガソリンの価格が上がると、少しでも車の燃費を良くしたいと思いますよね。

また値上がりするかもしれないからと満タンにする人も多いでしょうが、満タンで給油すると車の燃費が悪くなると言われていますよね。でもこれは本当のことなのでしょうか?

ガソリンの燃費と入れるガソリンの量との関係性について計算してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

団地の玄関の寒さ対策で光熱費も節約!冬を快適に過ごそう

団地の玄関の寒さ対策に悩んでいる人は必見です。 団地の玄関からの冷気を抑えることはできれば、暖...

氷が冷蔵庫の製氷室で固まる、そんな場合の解決方法!

水さえ入れれば冷蔵庫の製氷室で簡単に氷を作ることができますが、できた氷が固まってしまって捨ててしまっ...

乳児と幼児の違いとは?保育園での過ごし方やタイミング

保育園に入れるなら、乳児のときから?それとも幼児になってからがいい?そもそも、保育園には何歳から入る...

駐車場でぶつけらたら?防犯カメラが当て逃げを捕まえる

駐車場で車をぶつけられた経験ありませんか?ドライブレコーダーや防犯カメラに当て逃げした車が写っている...

スカートとストッキングがくっつく原因は静電気!お手軽な対処法

スカートを履いて歩いているうちに、太ももにぴっちりとスカートが張り付いていることはないですか? ...

服にハンガーの跡が付いてしまった時の対処法!跡をつけない為に

ニットやセーターやTシャツなどをハンガーにかけて干したり、長い時間置いておくことで肩の部分にハンガー...

2日目のお風呂は追い炊き?ガス代は夏・冬で違う?節約について

あなたの家庭では、2日目のお風呂は追い炊きしていますか?それとも毎日入れ替えしていますか? ガス代...

車の騒音で通報する時の方法と注意点!騒音対策もご紹介

車の騒音に困っていませんか? いつも決まった時間になると爆音を響かせている車。夜もゆっくりできずど...

メッキのサビ取りに使える裏技をご紹介!さっそく試してみよう

車やバイク、アクセサリーなどのメッキについたサビを取りたいと思っても、メッキが剥がれてしまわないか気...

ペットボトルを凍らせるとクーラーの代わりになるの?除湿効果も

暑い夏、クーラーがない部屋で快適に過ごすにはどうしたら良いか、頭を悩ませている人もいますよね。ペット...

電車で臭い人の隣に!対策方法・対策グッズ・対処法をご紹介!

電車で臭い人が隣に!しかもちょっとキョウレツ! 迷惑って、自分も絶対に誰かにかけているんですよ...

古い通帳は処分すべき?その理由と処分する方法を教えます

通帳がいっぱいになって新しい通帳になりますが、気がつくと古い通帳が何冊も引き出しの中に入っていた…そ...

通帳と印鑑の保管場所は別々の場所で保管するように注意

通帳と印鑑を自宅で保管している人がほとんどでしょう。 その保管場所はどこにしていますか? 多...

願い事が叶う方法。信じて疑わず、自分を許すあなたなら叶います

願い事が叶う方法。 願っている内容、心の底から願っていますか? 『どうせ』という気持ちが...

英語の勉強法【大学受験】効率とバランスを考えた勉強で合格を

英語の勉強法について、大学受験に向けてどんな勉強をするべきか悩む受験生は多いです。 ひたすら問題集...

スポンサーリンク

ガソリンの燃費を向上させたいなら満タンにしない方がいい?

「ガソリンの燃費を向上させたいなら満タンにしない方がいい」なんていう言葉、聞いたことがありませんか?
それは本当なのでしょうか。

車は車体が大きかったり、たくさん荷物を積んでいる時は、その重さの分だけエネルギーを使いますから、それだけガソリンの消費も多くなります。
そのため、F1などのレースの際にガソリンを満タンにしないことで、車体の軽量化を図り、少しでもスピードと燃費の向上を計算しているそうです。
頻繁にピットに入るのは、タイヤを交換するためだけではないのですね。

そういったことから、ガソリンタンクを満タンにしない方が燃費が良くなるのは、事実と言えます。
特に燃料タンクが大きい車は、その重さの差が大きいですから、その効果がより分かりやすいのではないでしょうか。

ガソリンの燃費を良くするために満タンにしなかった場合、こんなトラブルが起こってしまう可能性も

前述のとおり、ガソリンタンクを満タンにしない方が燃費が良くなる事がわかりましたが、その一方でこんなトラブルが起こってしまう可能性もあるのです。

ガソリンタンクの劣化が早まる

ガソリンタンクを常に半分にすることで、ガソリンタンクの劣化が早まるかもしれないなんてご存知でしたか?
タンクの中が半分空洞になりますと、その空洞には空気が入る状態になります。
空気には水分が含まれており、その水分とガソリンが混ざると、タンクの内部を錆びさせてしまう原因となってしまいます。

ガソリンを入れにいく回数が増える

仮に半分ほどしかガソリンを入れないのでしたら、燃費が良くなったとはいえ、給油する回数が増えます。
1年間の総給油量は下がるかもしれませんが、いちいちガソリンを入れに行くのは面倒だと考える人には、良い方法ではないのかも知れませんね。

ガソリンが少ないと給油できない時に困る

何もない山道を長く走る時や、災害などでガソリンが給油できない時になったら、とても困りますよね。
災害はいつ起きるかわからないので、それは仕方の無いものですが、長距離を走る時は、燃費を気にするより、満タンにしてきちんと備えておいたほうが良いですね。

燃費はガソリンの重さによっても変わる?満タンにした場合はどうなる?

燃費はガソリンの重さによっても変わるって、本当でしょうか?
満タンにした場合は、重さはどうなるのでしょうか?

ガソリンと一口に言っても、「軽油」と「レギュラー」と「ハイオク」の三種類に分けられます。
実はそれぞれに重さは違い、1リットルあたりの重さですが、軽油は約0.8kg、レギュラーは約0.75kg、ハイオクは約0.78kgほどの重さがあります。
気温などの条件によって重さが変わることがありますが、この数字を基準として考えます。

仮にガソリンタンクの要領が60リットルの車で考えますと、レギュラーを満タンにした場合、その重さは+45kgになります。
そうすると、車に45kgの重みがかかりますので、その分燃費が悪くなります。
対して、レギュラーを半分しか入れなかった場合は、重さも+22.5kgほどになり、燃費もその分だけ良くなるというわけです。

ガソリンの燃費を少しでも良くするための運転方法とは?

ガソリンを満タンにしないことで、燃費は向上しますが、その分何度もガソリンスタンドに行かなくてはいけなくなったり、ガソリンタンクの劣化が早まるリスクもあります。
そういったことを考えますと、節約でタンクを半分にすること以外にも、ガソリンの燃費を良くする方法を考えたほうが良いのではないでしょうか。
それでは、ガソリンの燃費を少しでも良くするための運転方法をご紹介いたします。

トランクなどに荷物を置いたままにしない

車に重さがあればあるほど燃費は悪くなるのですから、交換したタイヤを乗せたままにしたり、クーラーボックスを入れたままにするなどしますと、いくらガソリンタンクを半分に入れていても意味がありません。必要の無い荷物は、車から降ろしましょう。

燃費を良くするために急発進、急ブレーキはしない

ガソリン消費が激しくなる原因のひとつに、急発進と急ブレーキがあります。
非常時以外は、徐々にスピードを出し、止まる時も急に止まらないようにしましょう。

エアコンの使用を控えることで燃費がよくなる

エアコンは、ガソリンを利用して動いていますので、使えば使うほどガソリンを消費してしまいます。
無理をし過ぎない程度に、エアコンの使用を控えましょう。

他にも、「アイドリングを減らす」、「一定のスピードで走る」などの方法もありますので、節約のためにも、色々試してみましょう。

季節によってガソリンの性質が違う?夏は満タンの方がいいってホント?

季節によってガソリンの性質が違うのはご存知でしたか?
夏は満タンの方がいいってホントでしょうか?

実は、ガソリンスタンドで売られているガソリンは、冬と夏とでは異なります。
それは、ガソリンが気温が高い時に揮発しやすく、逆に低いと揮発しにくいという特徴からきています。

ですので、夏に売られるガソリンは、揮発によるエンジンの異常や、揮発したガソリンが空気中に放出されるのを防ぐため、揮発しにくくなる成分を混ぜます。
対して、冬に売られるガソリンは、エンジンをかかりやすくするために、揮発しやすくなる成分を混ぜるのです。
そのため、夏のガソリンを冬まで入れっぱなしにしたり、夏のガソリンを冬まで入れっぱなしにするのは、避けたほうが良いでしょう。

「夏はガソリンを満タンにした方がいいか?」についてですが、夏は気温だけではなく、湿気も高いため、ガソリンタンク内に結露が起こりやすくなります。
結露による水分によってガソリンタンクの中に水が溜まりますと、タンク内が錆びるだけではなく、エンジンの不調にもつながってしまいます。
そういった理由から、夏は常にガソリンタンクを満タンにしておくと、そういったトラブルを最小限に食い止める事が出来ます。