注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

本の内容のまとめ方、本を要約するポイントと書き方のコツ

本を一冊読みその内容をまとめしようとしても、まとめ方がわからないという方も多いでは?

本の内容を上手くまとめるにはどうすればいいのでしょうか。まとめ方のポイントとは?
授業の課題、または自分の記録としてまとめたい時もあると思います。
書き方は色々ありますが、誰が見ても読みやすいようまとめることが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電話の受話器が上がっている?それを確認する方法を教えます

何回電話をしても話し中の時って「もしかして受話器上がっている?」って思ってしまいますよね。 相...

首都高の運転は難しい!高速を走る時のコツやポイントとは

首都高の運転は怖い…。という人は多いのではないでしょうか?なぜ、首都高の運手は難しいと思われているの...

玄関ドアの防音対策!手軽な防音対策からリフォームまでご紹介

マンションやアパートでしばしば問題となるのが騒音問題。 以外に盲点なのが玄関ドアです。 特に...

メッキのサビ取りに使える裏技をご紹介!さっそく試してみよう

車やバイク、アクセサリーなどのメッキについたサビを取りたいと思っても、メッキが剥がれてしまわないか気...

ウェットスーツの洗い方のコツと使用する洗剤を徹底解説!

サーフィンを始めたものの、ウェットスーツの洗い方がわからないと悩んでいませんか? 「海の中で着てい...

天中殺の過ごし方とは?仕事ではこのように立ち回ろう

天中殺はどのような過ごし方をしたらいいのでしょうか?これから仕事を始める、転職を考えている、異動を言...

部屋の湿度を適正に保つ方法とは?過ごしやすい空間にするコツ

部屋の湿度の適正は何パーセントなのでしょうか?季節によってかなり変化が激しい湿度ですが、実際にどのく...

北京観光で注意しておきたいポイントをチェック!安全な過ごし方

北京は比較的治安は良いとされていますが、場所によっては注意が必要な区域もありますので、観光に行く前に...

窓の隙間を埋めるのが暖房効率アップのコツ!お部屋の冷気対策

寒い季節になると窓際から冷たい風が入っていることはありませんか? 暖房をつけているのに、足元にひん...

シーリングファンの効果が知りたい!夏の使い方を紹介!

シーリングファンが天井にあると、それだけでオシャレな雰囲気が楽しめますね。 またシーリングファ...

心落ち着く場所は身近にあった!あなたに合った場所を探して

毎日の仕事や育児や生活で疲れていませんか? 心がほっと落ち着ちつける場所を探してはいませんか? ...

詩の書き方とは?小学校高学年はココを意識して詩を作ろう

小学校高学年はどのようにして詩を書いたらいいのでしょうか?詩の書き方は好きなことを書いていいからこそ...

薄手コートは秋と春兼用でもいいの?コート選びのポイント

薄手のコート一枚が欲しくなる時期。そう秋です。 秋近くになると店頭には様々なタイプの薄手コート...

団地の玄関の寒さ対策で光熱費も節約!冬を快適に過ごそう

団地の玄関の寒さ対策に悩んでいる人は必見です。 団地の玄関からの冷気を抑えることはできれば、暖...

パンプスの色がストッキングについて黒くなるのを防ぐ方法とは

パンプスを履いたときに色移りしてストッキングが黒くなるのはかっこ悪い!だからといって、素足でパンプス...

スポンサーリンク

本の内容のまとめ方の基本は?

本の内容のまとめ方の基本は、どのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか?

まず、最初にすべき事は、「どの本をまとめたか記しておく」です。
その本が、図書館などから借りたものであれば、返した後でもう一度見たい時に手がかりになります。
また、その本が自分の所有物であっても、大量に本を持っている人や、部屋がごちゃごちゃしている人は、見失ってしまう事があります。
自分のノートや、頭の中に入っていても、誰かに「その本を読んでみたいな」と言われても、貸したり、購入の情報を与えてあげることが出来ません。
そういったことがないように「タイトル」、「著者名」、「出版社名」をメモしておきましょう。

次に本の内容をまとめるポイントですが、「内容のヤマを見つけて書き出す」ということをしてみましょう。
見極めるのが難しい時は、「この出来事を抜かすと、話がわからなくなる」という場所を探し出すと良いです。
それをノートに箇条書きにしたり、図に描いたりしてみると、まとめやすくなるはずです。

本の内容のまとめ方、要約する時のルールとは?

本の内容のまとめ方、要約する時のルールとは、どのようなものがあるのでしょうか?

本をまとめるときには、流れを変えない

本を書く人は、最初から最後まで通して読むことを意識して書いているのですから、まとめたり、要約する上で流れを変えてしまうと、その著者の意図まで変わってしまいます。
ただし、辞書などの途中から読むのが当たり前の本に関しては、これは該当しません。

著者の言いたい事を歪曲しない

それぞれの本には著者からのメッセージが込められています。
わざとわかり辛いように書く人もいますが、だからと言って、憶測で歪曲するのは、あまり良いことではありません。
素直な気持ちと深読みする思慮深さを併せ持ったまとめを心がけましょう。

簡潔を心がける

自分がしようとしていることは、本のまとめや要約ですから、いくらその本の文章が優れているからと言って、まるまるその内容を写したようなまとめ方をするのは止めましょう。
箇条書きでまとめるか、自分なりの簡潔された文章でまとめましょう。

本の内容のまとめ方のポイントになるのは最重要箇所を把握しておくこと

本の内容のまとめ方のポイントになるのは、最重要箇所を把握しておくことです。
一度読んだだけでは分からなくても、何度も読んでいけば、その本の最重要箇所を見つけることが出来るはずです。
書き込んでも良い本であれば、マーカーなどで印を付けても良いですし、ページの角を折り曲げても良いでしょう。
もしその本が、借りた本だったり、汚したくない本であれば、ふせんを付けたり、メモ帳やノートにその箇所を書き出すようにして、綺麗に使いましょう。

夢中になりすぎると、マーカーだらけになったり、要領を得ないメモになってしまうかも知れません。
しかし、マーカーの箇所に気を付けながら幾度も読み込んでいけば、本当に重要な箇所が見つけられます。
その本の最重要箇所を見つけることが出来、それを押さえておけば、他の人から見ても読みやすい文章にまとめることは容易になります。

本の内容をまとめる時、あらすじを書くのは控えよう

本の内容をまとめる時はあらすじを書くのは控えましょう。
本の内容をまとめるのですから、あらすじを書いたほうが良さそうな気がしますよね。
しかし、それをすると、まとめではなく読書感想文になってしまう恐れがあります。
もし、本をまとめる目的が読書感想文でしたら問題ありませんが、研究のためにまとめるものであったりした場合は、淡々と事柄を羅列してから組み直すようにした方が、まとめや要約の役に立ちます。

また、何を読んだのかをメモしている人は、メモするのに夢中になってしまい、「メモをするために読書をする」なんていう、本末転倒なことにならないようにしましょう。
メモはあくまでもメモですから、書き出すのはほどほどにして、本来の目的である読書を楽しみましょう。

本のまとめの締めくくりにも一工夫を

本のまとめの締めくくりも一工夫をしておくと、より良いまとめになります。
これは、読書感想文でも、研究などでまとめられた時にも言える事です。

その一工夫というのは、自分の感想を入れる時に、ちょっと変わった言い回しを使ったり、そのまとめを読んだ人に問いかけるといった仕掛けを入れるものです。
例えば、「この文章を読んでためになった」とか「研究の材料として有効だった」といったありきたりな言葉ではなく、「この偉人の話に影響を受けて、他の人の役に立ちたいと強く思いました。私に出来ることはまだ少ないですが、まずは募金箱にお金を入れることから始めることにします。」と書くと、読んでいる先生もフフッとなるでしょう。
さらに問いかける一文を加えるのなら、上述の文章に「あなたは何から始めますか?」と書き足せば、読んでいる人も「おぉっ」となるはずです。