注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ネクタイのシワを伸ばすためのケア対策と正しい保管方法

ネクタイにシワがついてしまったときは、普段のネクタイのお手入れだけではなかなか取れませんよね。

では、ネクタイについてしまったシワを伸ばすためにはどうしたらいいのでしょうか?しシワを伸ばす方法とは?

また、シワにならないためにはネクタイはどのように保管するといいのでしょうか?正しい保管方法とは?

そこで、ネクタイのシワを伸ばすためのケア対策と正しい保管方法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

寝る時の音楽の癒し効果とは?寝つきが悪い人はぜひお試しを

寝る時の音楽には癒し効果があるという噂。 寝る時は無音の方がいいのでは?音楽を聴きながらなんて逆に...

天中殺の過ごし方、恋愛をしやすい時期だが同棲結婚は焦らずに

天中殺とは、12年に一度だけ巡ってくる2年間のリセット時期。 この天中殺の過ごし方の中でも大きく影...

キッチンのリフォームをDIYで行うポイントとおすすめDIY

キッチンのリフォームはDIYでもできますが、やりすぎは禁物。 キッチンのいたる所をDIYでリフォー...

キャンバス生地の洗い方を知ってスニーカーはキレイなまま履こう

キャンバス生地のスニーカーやトートバッグは、最近流行っていますね。 白いスニーカーはオシャレで...

窓の隙間を埋めるのが暖房効率アップのコツ!お部屋の冷気対策

寒い季節になると窓際から冷たい風が入っていることはありませんか? 暖房をつけているのに、足元にひん...

顔のパーツを中心寄りに見せる『求心顔メイク』で知的美人!

「求心顔」と「遠心顔」という言葉を聞いたことがありますか?最近は、顔のパーツが中心寄りになっている求...

屋根裏のネズミはすぐに駆除しよう!その方法と注意点を解説

屋根裏から「タタタタ」「ガサガサ」という音が聞こえると不気味ですよね。そして夜も眠れないという人も多...

お風呂に入るための値段は1回いくら?1人暮らしでも節約可能!

1人暮らしをしていると、少しでも光熱費を節約したいですよね。そのためにお風呂に入らずシャワーで済ませ...

上の階の騒音は直接言うより管理会社へ!それでもダメな時は

上の階の騒音で悩んでいる人も多いことでしょう。 騒音に耐えられなくなったからと言って、直接苦情...

合皮ソファーの劣化を防ぐポイント!長く使えるお手入れ方法

ソファーには布製や、本革、合皮などがありますよね。 本革のソファーよりもリーズナブルで、色もいろい...

FFの雪道対策 雪道を運転するときの注意点やポイント

FFで雪道を運転するときにはどんなことに気をつけたらいいでしょうか?雪道運転の対策とは?FFで雪道を...

ストッキングの穴はこれで応急処置!使えるアイテムと再利用法

職業柄ストッキングの着用が必須だったり、スカートなどの洋服のスタイルによってはストッキングを履くこと...

中学生が勉強しないでゲームばかり!やる気へ導く親の行動とは

中学生が勉強しないでゲームばかりやっているとほとんどの親は心配になります。だから親はなんとかゲームを...

テフロン加工のフライパンの焦げ付きにやってはいけない事

テフロン加工のフライパンが焦げるようになってきたと感じることはありませんか? 長く使っていると...

布を購入するときのサイズは何センチから?お店によって違います

布を購入するときにはどのくらいのサイズから買うことができるのでしょうか?私はずっと1メートルからしか...

スポンサーリンク

ネクタイのお手入れとは?シワを伸ばすには?

スーツには欠かせないネクタイですが、月日が経つと共に当然ネクタイも傷んできてしまいます。「今日はこのネクタイにしよう」と思って取り出したネクタイがシワになってしまっていたなんてこともあるのではないでしょうか。

そんな悩みを解決するために、ネクタイのシワを予防するための正しいお手入れを覚えておきましょう。

まず見直したいのは、毎日なんとなく同じネクタイを締めてはいないかということです。これはネクタイの生地を傷める原因になるので、止めた方が良いでしょう。1日締めたネクタイは、少なくとも1日間は休めることが基本です。汗をかきやすい夏だと3日間は休ませて乾燥させることが理想です。

ネクタイを首から外したばかりだと、結び目の跡のシワが生地にくっきり残っています。このシワはムリに伸ばす必要はありません。ハンガーなどにかけて吊るしておけば自然とシワが消えるからです。

ネクタイは毎日違うものを選び、使い終わったらその辺に放置しないできちんと吊るして保管する。この2点を守るだけでも普段のネクタイのお手入れとしては十分です。

次は吊るしただけでは取れなかった、ネクタイのシワを伸ばす方法について詳しくご紹介します。

ネクタイについてしまったシワを伸ばす方法とは

吊るして保管しただけでは取れないシワもあります。「今日はこのネクタイにしよう」と思って取り出したネクタイが、シワだらけだったらがっかりですよね。「大切な会議のときはこのネクタイ」などと決めているものなら、なおさらです。

そんなときはアイロンを使ってサッとシワを伸ばしましょう。たった3分もあればできるので、朝の忙しい時間でも無理なく作業することができます。毎月1~2回、全てのネクタイをまとめてアイロンにかける習慣をつけるのも良いでしょう。

ネクタイのシワを伸ばす方法

  1. アイロンを温めている間に、シワがどこについてしまっているか確認しましょう。作業し終わってから見落としたシワが見つかると二度手間になってしまいます。
  2. シワの部分にアイロンのスチームを当てます。アイロンで直接プレスするとネクタイの生地を傷めてしまうので絶対に止めましょう。
  3. シワを伸ばすように手で優しく揉みましょう。シワの様子を見つつ、スチームと手もみを繰り返します。

時間があるようなら、首周りの生地にもスチームを当てると良いでしょう。この部分はシワにはなりませんが、汗を吸収しやすい部分です。スチームで脱臭効果が期待できるので、時間があればネクタイの首周りの生地のケアも一緒に済ませてしまいましょう。

ネクタイのシワを伸ばすときにさらに美しく仕上げるには

先ほどご紹介したネクタイのシワを伸ばす方法ですが、更にもう一手間加えることでワンランク上の仕上がりを手に入れることができます。

薄くてぺらぺらした印象のネクタイよりも、ふっくらして厚みのあるネクタイの方が見栄えがします。月に1~2回のネクタイのお手入れで、ふっくら感のある立体的なネクタイををキープしましょう。

ネクタイをふっくらさせる方法

  1. 菜箸やハンガーなど、細長くて熱に強いものを用意します。
  2. ネクタイを裏返し、折り目にぴったり沿って差し込んでいきます。
  3. 差し込んだ菜箸などを持ち上げてネクタイを浮かせましょう。当て布の上からスチームを当てます。この作業を反対側の折り目でも行い、乾かせば完了です。

よく手入れされたふっくらして立体的なネクタイは周囲の印象も良くなります。こういう小さな一手間で、清潔感やきちんと感を生みましょう。

気をつけたい!ネクタイのNGケアとは

ネクタイはデリケートな素材でできたものです。ケアを間違えば記事が傷んで使えなくなってしまうこともあります。そこで、ネクタイのケアをする際に気をつけるべき点として、ネクタイのNGケアをまとめました。

  • アイロンでプレスする

アイロンで直接プレスしてしまうと生地の風合いが損なわれます。シワを伸ばそうと躍起になってプレスしながらネクタイを引っ張るのはもってのほかです。ネクタイが伸びてしまい、元に戻らなくなる可能性があるので気をつけましょう。

  • 水洗いをする

プロにお任せすれば問題ありませんが、自宅の洗濯機での水洗いは避けましょう。ネクタイが型崩れしてしまいます。脱水の段階で強いダメージを受けて敗れてしまうこともあります。

どれもついやってしまいそうなミスでしたが、ネクタイのお手入れをする際には気をつけましょう。

シワにならないためのネクタイの正しい保管方法

ネクタイのことで悩むのが、シワを伸ばす方法と保管方法ではないでしょうか。正しい保管方法を守れば長く愛用することができます。正しい保管方法をいくつかご紹介しますので、ご自宅の収納事情と照らし合わせて、1番自分に合った良い方法を見つけてください。

ネクタイの正しい保管方法

  • 平置き

ネクタイを折って棚や引き出しに並べます。簡単に収納できる上に、ショップのように上品な見た目はインテリアとしてもおしゃれに見せてくれます。棚や引き出しのスペースに合わせて2つ折りでも3つ折りでも大丈夫です。

  • 丸める

ネクタイを端からくるくると緩めに丸めて、引き出しや細かい仕切りをつけた棚に並べる方法です。コンパクトで取り出しやすくておすすめです。100円ショップなどで販売されている透明なキューブ型の小さいボックスを重ねて棚のようにすれば、インテリアとしても美しく見せることができます。

  • 吊るす

湿ってしまったネクタイを乾かしたり、シワを伸ばすためには吊るしておくのが1番です。しかし長期間吊るすと生地が傷む可能性があるので、長期間保管する場合は平置きしたり丸めるなどするのがおすすめです。