注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ネクタイのシワを伸ばすためのケア対策と正しい保管方法

ネクタイにシワがついてしまったときは、普段のネクタイのお手入れだけではなかなか取れませんよね。

では、ネクタイについてしまったシワを伸ばすためにはどうしたらいいのでしょうか?しシワを伸ばす方法とは?

また、シワにならないためにはネクタイはどのように保管するといいのでしょうか?正しい保管方法とは?

そこで、ネクタイのシワを伸ばすためのケア対策と正しい保管方法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカースパイクの洗い方は?注意点や臭い対策も

サッカーのスパイクって雨の日などには泥だらけに汚れてしまいますよね。 では、サッカーをする上で...

ハンドメイド用のミシンを購入したい!おすすめポイントをご紹介

ハンドメイドの入園・入学グッズなどを見ていると自分も作りたくなりますよね。 昔と違って最近のミ...

高校生活への不安や怖い気持ち。引きずらずに自分らしくいる方法

高校生活への不安や怖いと感じる気持ち、とってもよくわかります。 未知の世界を想像すると恐怖や不安を...

スマホを充電するタイミングは?バッテリーに負担をかけない方法

スマホを充電するタイミングによっては、バッテリーに負担をかけてしまうこともあるってご存知でしたか?充...

ハイターの色落ちを戻す染め直しのコツや知っておきたい予防法

ハイターを洗濯に使用することで衣類の色落ちをしてしまったときは、戻すことはできるのでしょうか? ...

一人暮らしは初めてというアラサーさん必見!準備しておく事とは

アラサーになってから、初めて一人暮らしをするという人もいます。 一人暮らしをしようと思ったキッ...

女子らしい部屋の収納でスッキリ可愛く見せるコツやポイントとは

女子の一人暮らしの部屋は、狭くて収納スペースがあまりないと困りますよね。 では、女子らしく可愛...

リビングのエアコンが効かないのはなぜ?その原因を解明します

温暖化の影響なのか、どんどん夏の気温が高くなってきているような気がきますよね。 そんな時にリビ...

大学の入学金が払えないときにやるべき対処法と平均金額

大学の入学金が払えないと悩む受験生もいるでしょう。せっかく厳しい受験を勝ち向いて合格を手にしたのに、...

スカジャンの洗濯!ポリエステル素材を自宅で手洗いする方法

スカジャンの生地には、レーヨン、アセテート、ポリエステルなどが使われていますが自宅で洗濯するころは出...

ラジオの電波が入りにくい原因と電波を入りやすくする方法を解説

ラジオの電波が入りにくいと、大切な情報を聞くことができずに困ってしまいますよね。特に災害などの時は、...

メッキのサビ取りに使える裏技をご紹介!さっそく試してみよう

車やバイク、アクセサリーなどのメッキについたサビを取りたいと思っても、メッキが剥がれてしまわないか気...

電子レンジのオーブン機能の使い方や注意点を紹介します

電子レンジのオーブン機能の使い方がわからないから、温める専門として使っている人は多いのではないでしょ...

電車での携帯使用不可の理由と今緩和されつつあるワケ

電車での携帯通話はマナー違反。定着されているルールだと思っていましたが、なぜ電車で会話をするのはOK...

窓の隙間を埋めるのが暖房効率アップのコツ!お部屋の冷気対策

寒い季節になると窓際から冷たい風が入っていることはありませんか? 暖房をつけているのに、足元にひん...

スポンサーリンク

ネクタイのお手入れとは?シワを伸ばすには?

スーツには欠かせないネクタイですが、月日が経つと共に当然ネクタイも傷んできてしまいます。「今日はこのネクタイにしよう」と思って取り出したネクタイがシワになってしまっていたなんてこともあるのではないでしょうか。

そんな悩みを解決するために、ネクタイのシワを予防するための正しいお手入れを覚えておきましょう。

まず見直したいのは、毎日なんとなく同じネクタイを締めてはいないかということです。これはネクタイの生地を傷める原因になるので、止めた方が良いでしょう。1日締めたネクタイは、少なくとも1日間は休めることが基本です。汗をかきやすい夏だと3日間は休ませて乾燥させることが理想です。

ネクタイを首から外したばかりだと、結び目の跡のシワが生地にくっきり残っています。このシワはムリに伸ばす必要はありません。ハンガーなどにかけて吊るしておけば自然とシワが消えるからです。

ネクタイは毎日違うものを選び、使い終わったらその辺に放置しないできちんと吊るして保管する。この2点を守るだけでも普段のネクタイのお手入れとしては十分です。

次は吊るしただけでは取れなかった、ネクタイのシワを伸ばす方法について詳しくご紹介します。

ネクタイについてしまったシワを伸ばす方法とは

吊るして保管しただけでは取れないシワもあります。「今日はこのネクタイにしよう」と思って取り出したネクタイが、シワだらけだったらがっかりですよね。「大切な会議のときはこのネクタイ」などと決めているものなら、なおさらです。

そんなときはアイロンを使ってサッとシワを伸ばしましょう。たった3分もあればできるので、朝の忙しい時間でも無理なく作業することができます。毎月1~2回、全てのネクタイをまとめてアイロンにかける習慣をつけるのも良いでしょう。

ネクタイのシワを伸ばす方法

  1. アイロンを温めている間に、シワがどこについてしまっているか確認しましょう。作業し終わってから見落としたシワが見つかると二度手間になってしまいます。
  2. シワの部分にアイロンのスチームを当てます。アイロンで直接プレスするとネクタイの生地を傷めてしまうので絶対に止めましょう。
  3. シワを伸ばすように手で優しく揉みましょう。シワの様子を見つつ、スチームと手もみを繰り返します。

時間があるようなら、首周りの生地にもスチームを当てると良いでしょう。この部分はシワにはなりませんが、汗を吸収しやすい部分です。スチームで脱臭効果が期待できるので、時間があればネクタイの首周りの生地のケアも一緒に済ませてしまいましょう。

ネクタイのシワを伸ばすときにさらに美しく仕上げるには

先ほどご紹介したネクタイのシワを伸ばす方法ですが、更にもう一手間加えることでワンランク上の仕上がりを手に入れることができます。

薄くてぺらぺらした印象のネクタイよりも、ふっくらして厚みのあるネクタイの方が見栄えがします。月に1~2回のネクタイのお手入れで、ふっくら感のある立体的なネクタイををキープしましょう。

ネクタイをふっくらさせる方法

  1. 菜箸やハンガーなど、細長くて熱に強いものを用意します。
  2. ネクタイを裏返し、折り目にぴったり沿って差し込んでいきます。
  3. 差し込んだ菜箸などを持ち上げてネクタイを浮かせましょう。当て布の上からスチームを当てます。この作業を反対側の折り目でも行い、乾かせば完了です。

よく手入れされたふっくらして立体的なネクタイは周囲の印象も良くなります。こういう小さな一手間で、清潔感やきちんと感を生みましょう。

気をつけたい!ネクタイのNGケアとは

ネクタイはデリケートな素材でできたものです。ケアを間違えば記事が傷んで使えなくなってしまうこともあります。そこで、ネクタイのケアをする際に気をつけるべき点として、ネクタイのNGケアをまとめました。

  • アイロンでプレスする

アイロンで直接プレスしてしまうと生地の風合いが損なわれます。シワを伸ばそうと躍起になってプレスしながらネクタイを引っ張るのはもってのほかです。ネクタイが伸びてしまい、元に戻らなくなる可能性があるので気をつけましょう。

  • 水洗いをする

プロにお任せすれば問題ありませんが、自宅の洗濯機での水洗いは避けましょう。ネクタイが型崩れしてしまいます。脱水の段階で強いダメージを受けて敗れてしまうこともあります。

どれもついやってしまいそうなミスでしたが、ネクタイのお手入れをする際には気をつけましょう。

シワにならないためのネクタイの正しい保管方法

ネクタイのことで悩むのが、シワを伸ばす方法と保管方法ではないでしょうか。正しい保管方法を守れば長く愛用することができます。正しい保管方法をいくつかご紹介しますので、ご自宅の収納事情と照らし合わせて、1番自分に合った良い方法を見つけてください。

ネクタイの正しい保管方法

  • 平置き

ネクタイを折って棚や引き出しに並べます。簡単に収納できる上に、ショップのように上品な見た目はインテリアとしてもおしゃれに見せてくれます。棚や引き出しのスペースに合わせて2つ折りでも3つ折りでも大丈夫です。

  • 丸める

ネクタイを端からくるくると緩めに丸めて、引き出しや細かい仕切りをつけた棚に並べる方法です。コンパクトで取り出しやすくておすすめです。100円ショップなどで販売されている透明なキューブ型の小さいボックスを重ねて棚のようにすれば、インテリアとしても美しく見せることができます。

  • 吊るす

湿ってしまったネクタイを乾かしたり、シワを伸ばすためには吊るしておくのが1番です。しかし長期間吊るすと生地が傷む可能性があるので、長期間保管する場合は平置きしたり丸めるなどするのがおすすめです。