注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ネクタイのシワを伸ばすためのケア対策と正しい保管方法

ネクタイにシワがついてしまったときは、普段のネクタイのお手入れだけではなかなか取れませんよね。

では、ネクタイについてしまったシワを伸ばすためにはどうしたらいいのでしょうか?しシワを伸ばす方法とは?

また、シワにならないためにはネクタイはどのように保管するといいのでしょうか?正しい保管方法とは?

そこで、ネクタイのシワを伸ばすためのケア対策と正しい保管方法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャラを動きがある魅力的なポーズにする描き方教えます!

漫画やイラストで必須なのことの1つは、キャラの魅力的なポーズが描けること。いつも棒立ちで同じ向きの動...

腕時計のガラス曇りの原因と湿気を除去するおすすめの対処法

腕時計のガラスにつく曇りや水滴。 ガラス内部にどうして!と気になりますし、何よりお気に入りの時計が...

電車での携帯使用不可の理由と今緩和されつつあるワケ

電車での携帯通話はマナー違反。定着されているルールだと思っていましたが、なぜ電車で会話をするのはOK...

詩の書き方とは?小学校高学年はココを意識して詩を作ろう

小学校高学年はどのようにして詩を書いたらいいのでしょうか?詩の書き方は好きなことを書いていいからこそ...

給油口のキャップを紛失したら!重要な対処方法について

最近はガソリンや軽油をセルフで入れられるようになって、給油口のキャップをし忘れてしまう場合も。もし紛...

布を購入するときのサイズは何センチから?お店によって違います

布を購入するときにはどのくらいのサイズから買うことができるのでしょうか?私はずっと1メートルからしか...

一人暮らしは初めてというアラサーさん必見!準備しておく事とは

アラサーになってから、初めて一人暮らしをするという人もいます。 一人暮らしをしようと思ったキッ...

フローリングに敷く布団の寒い底冷え対策とカビ予防

フローリングの床に直接布団を敷くと、寒いと感じることはありませんか? 夏はそれほど感じませんが...

試してみたい!願いが叶う方法や考え方について

誰しもが「こうなりたい」という願望がありますよね。 その願望がもし努力をして叶うものならば、自分の...

赤ちゃんが母親になつかないのはなぜ?接し方を変えてみましょう

赤ちゃんが生まれて毎日忙しい新米ママ。しかし、母親である自分になつかないと感じるママも多いといいます...

高校の学校見学会に着ていく服装は?子供と親の服装ポイント

高校の学校見学会で迷うのが服装です。 子供の服装もそうですが、たくさんの保護者が参加する中で、どん...

白Tシャツがすけない方法と正しいインナーの選び方

夏になると着たくなる白のTシャツ。 クローゼットの中に1枚はありますよね。 ボトムスを選ばずにど...

庭の草取りにはコツがある!少しでも負担を減らすために

庭の草取りって面倒ですよね。特に草が長く伸びてしまった時や外の気温が高い時などはやりたくなくなってし...

洗濯機の脱水が弱い原因がわかれば、自分で対処できます!

洗濯機の脱水が弱くなっていて、いつもよりも洗濯物が濡れている。そういう場合、洗濯機が故障してしまった...

子犬のトイレトレーニングの方法は?共働きでも成功させる方法

共働きで家を留守にする時間が多いご家庭でも、犬を飼いたいと考える人もいるのではないでしょうか。共働き...

スポンサーリンク

ネクタイのお手入れとは?シワを伸ばすには?

スーツには欠かせないネクタイですが、月日が経つと共に当然ネクタイも傷んできてしまいます。「今日はこのネクタイにしよう」と思って取り出したネクタイがシワになってしまっていたなんてこともあるのではないでしょうか。

そんな悩みを解決するために、ネクタイのシワを予防するための正しいお手入れを覚えておきましょう。

まず見直したいのは、毎日なんとなく同じネクタイを締めてはいないかということです。これはネクタイの生地を傷める原因になるので、止めた方が良いでしょう。1日締めたネクタイは、少なくとも1日間は休めることが基本です。汗をかきやすい夏だと3日間は休ませて乾燥させることが理想です。

ネクタイを首から外したばかりだと、結び目の跡のシワが生地にくっきり残っています。このシワはムリに伸ばす必要はありません。ハンガーなどにかけて吊るしておけば自然とシワが消えるからです。

ネクタイは毎日違うものを選び、使い終わったらその辺に放置しないできちんと吊るして保管する。この2点を守るだけでも普段のネクタイのお手入れとしては十分です。

次は吊るしただけでは取れなかった、ネクタイのシワを伸ばす方法について詳しくご紹介します。

ネクタイについてしまったシワを伸ばす方法とは

吊るして保管しただけでは取れないシワもあります。「今日はこのネクタイにしよう」と思って取り出したネクタイが、シワだらけだったらがっかりですよね。「大切な会議のときはこのネクタイ」などと決めているものなら、なおさらです。

そんなときはアイロンを使ってサッとシワを伸ばしましょう。たった3分もあればできるので、朝の忙しい時間でも無理なく作業することができます。毎月1~2回、全てのネクタイをまとめてアイロンにかける習慣をつけるのも良いでしょう。

ネクタイのシワを伸ばす方法

  1. アイロンを温めている間に、シワがどこについてしまっているか確認しましょう。作業し終わってから見落としたシワが見つかると二度手間になってしまいます。
  2. シワの部分にアイロンのスチームを当てます。アイロンで直接プレスするとネクタイの生地を傷めてしまうので絶対に止めましょう。
  3. シワを伸ばすように手で優しく揉みましょう。シワの様子を見つつ、スチームと手もみを繰り返します。

時間があるようなら、首周りの生地にもスチームを当てると良いでしょう。この部分はシワにはなりませんが、汗を吸収しやすい部分です。スチームで脱臭効果が期待できるので、時間があればネクタイの首周りの生地のケアも一緒に済ませてしまいましょう。

ネクタイのシワを伸ばすときにさらに美しく仕上げるには

先ほどご紹介したネクタイのシワを伸ばす方法ですが、更にもう一手間加えることでワンランク上の仕上がりを手に入れることができます。

薄くてぺらぺらした印象のネクタイよりも、ふっくらして厚みのあるネクタイの方が見栄えがします。月に1~2回のネクタイのお手入れで、ふっくら感のある立体的なネクタイををキープしましょう。

ネクタイをふっくらさせる方法

  1. 菜箸やハンガーなど、細長くて熱に強いものを用意します。
  2. ネクタイを裏返し、折り目にぴったり沿って差し込んでいきます。
  3. 差し込んだ菜箸などを持ち上げてネクタイを浮かせましょう。当て布の上からスチームを当てます。この作業を反対側の折り目でも行い、乾かせば完了です。

よく手入れされたふっくらして立体的なネクタイは周囲の印象も良くなります。こういう小さな一手間で、清潔感やきちんと感を生みましょう。

気をつけたい!ネクタイのNGケアとは

ネクタイはデリケートな素材でできたものです。ケアを間違えば記事が傷んで使えなくなってしまうこともあります。そこで、ネクタイのケアをする際に気をつけるべき点として、ネクタイのNGケアをまとめました。

  • アイロンでプレスする

アイロンで直接プレスしてしまうと生地の風合いが損なわれます。シワを伸ばそうと躍起になってプレスしながらネクタイを引っ張るのはもってのほかです。ネクタイが伸びてしまい、元に戻らなくなる可能性があるので気をつけましょう。

  • 水洗いをする

プロにお任せすれば問題ありませんが、自宅の洗濯機での水洗いは避けましょう。ネクタイが型崩れしてしまいます。脱水の段階で強いダメージを受けて敗れてしまうこともあります。

どれもついやってしまいそうなミスでしたが、ネクタイのお手入れをする際には気をつけましょう。

シワにならないためのネクタイの正しい保管方法

ネクタイのことで悩むのが、シワを伸ばす方法と保管方法ではないでしょうか。正しい保管方法を守れば長く愛用することができます。正しい保管方法をいくつかご紹介しますので、ご自宅の収納事情と照らし合わせて、1番自分に合った良い方法を見つけてください。

ネクタイの正しい保管方法

  • 平置き

ネクタイを折って棚や引き出しに並べます。簡単に収納できる上に、ショップのように上品な見た目はインテリアとしてもおしゃれに見せてくれます。棚や引き出しのスペースに合わせて2つ折りでも3つ折りでも大丈夫です。

  • 丸める

ネクタイを端からくるくると緩めに丸めて、引き出しや細かい仕切りをつけた棚に並べる方法です。コンパクトで取り出しやすくておすすめです。100円ショップなどで販売されている透明なキューブ型の小さいボックスを重ねて棚のようにすれば、インテリアとしても美しく見せることができます。

  • 吊るす

湿ってしまったネクタイを乾かしたり、シワを伸ばすためには吊るしておくのが1番です。しかし長期間吊るすと生地が傷む可能性があるので、長期間保管する場合は平置きしたり丸めるなどするのがおすすめです。