注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

スカートのチャックが壊れたときは?直し方をご紹介!

スカートのチャックが動かなくなってしまったときって焦りますよね。
では、チャックが壊れてしまったときはどうしたらいいのでしょうか?

また、スカートのチャックが噛んだときや閉まらないときの直し方とは?

そこで、スカートのチャックが壊れたときの対応や直し方などについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電話のセールスがしつこい時の撃退法!毅然とした態度で示そう

普段鳴らない電話に出てみると、勧誘セールスだったといった経験ありませんか? どこから電話番号を調べ...

湿度が高いとなぜ暑いと感じるのか、その理由を教えます!

日本の夏は高温多湿と言われていますが、湿度と気温の関係って気になりますよね。 なぜ湿度が高いと...

スマホを充電するタイミングは?バッテリーに負担をかけない方法

スマホを充電するタイミングによっては、バッテリーに負担をかけてしまうこともあるってご存知でしたか?充...

中学生【勉強出来ない子】特徴や出来る子になるために大切なこと

中学生で勉強出来ない子の特徴とは共通していることが多いです。どんなに勉強しなさいと親が注意しても、本...

試してみたい!願いが叶う方法や考え方について

誰しもが「こうなりたい」という願望がありますよね。 その願望がもし努力をして叶うものならば、自分の...

春の花壇の作り方や植えたい花や、初心者でも簡単人気の花を紹介

色とりどりの花が咲き誇った花壇はステキですね! 春になったらガーデニングの準備を始める人、これから...

ウエストのゴムを伸ばす簡単な方法と注意点について徹底解説

しばらく履いていなかったスカートやパンツをはこうと思ったら、太ったわけではないのにウエストのゴムがき...

靴の消臭グッズを簡単に手作り!リーズナブルで効果的な消臭剤

暑い季節になってくると、どうしても靴の臭いが気になりますよね。特に子供の靴の臭いに悩んでいるという方...

ポリエステル生地の特徴!乾きが早いが毛玉ができやすいのが難点

ポリエステル生地には特徴があるので、その特徴を活かした生活用品が私達の身の回りにたくさんあります。あ...

アスファルトの工事は雨の日でもOK?天気との関係性について

自宅の駐車場などのアスファルト舗装工事を依頼する場合、梅雨のシーズンなど雨の多い時期は問題ないのか気...

一人暮らしのトイレにおすすめのインテリアや簡単DIY

一人暮らしの場合には、トイレもやはり狭いというのが一般的です。 その広くない空間もやはり快適でリラ...

車で北海道への旅!本州からの色んなルートや運航時間を紹介

本州から北海道旅行する時に、マイカーで行って色んなところを周ってみるという計画もいいですね。 ...

部屋6畳サイズでも大丈夫!広くオシャレに見せる工夫

進学や就職などで一人暮らしを始める方も多いと思います。 住む部屋6畳がサイズの場合、どうしても...

電子レンジのオーブン機能の使い方や注意点を紹介します

電子レンジのオーブン機能の使い方がわからないから、温める専門として使っている人は多いのではないでしょ...

男性が香水臭いと感じた時の伝え方を紹介!香水男子の心理とは

香水をつけている男性をどう思いますか? 最近はおシャレな男性が増えて、洋服や髪型だけでなく香水...

スポンサーリンク

スカートのチャックの直し方は?壊れたときは?

家の中で気づくならまだしも、出先でスカートのチャックが壊れてしまうと焦りますよね。そんなときに落ち着いて対処できるように、直し方や対処法をまとめてみたのでぜひ参考にしてください。

チャックの指でつまむ部分(スライダー)が壊れてしまったときは、残念ながらもうそのスカートはチャック自体を交換して付け直すか、スカートを買い直すしかありません。自分で修理して失敗する可能性が心配でしたら、修理屋さんを頼るのも良いでしょう。

スライダーが片方のチャックから外れてしまうときもありますよね。そんなときはきちんと対処法があります。以下はスライダーが片方外れてしまったときの対処法です。

スライダーが外れてしまったときの直し方

  1. スライダーをドライヤーで温めます
  2. 定規やマイナスドライバーでスライダーの隙間を広げます
  3. 外れてしまった方のチャックに噛ませてあげます
  4. 最後にペンチなどでスライダーの隙間を攻めなおして完成です

スライダーは硬い金属なので、ドライバーやペンチを使うときは結構手の力を使います。力の入れ過ぎで隙間を作りすぎても、最後に締め直すのが大変になるので注意しましょう。

スカートのチャックが噛んだときの直し方

チャックを閉める際に周りの布を巻き込んでしまって動かなくなってしまったことは、きっと誰でも1度は経験したことがあると思います。焦ってやみくもにチャックを動かそうとすると悪化してしまいます。噛んでしまったチャックの簡単な直し方がいくつかあるのでご紹介しましょう。

チャックが噛んでしまったときの直し方

  • 噛んだ布を動かしてみる。
    噛んでいる布を引っ張ります。チャックに対して水平の方向にゆっくりと引っ張ってみましょう。焦らず落ち着いて引っ張ることが重要です。
  • ドライヤーで温める
    例えばデニムのような硬い布を噛んでしまったときは、まずドライヤーなどを使って温めてみてください。温めすぎると高温になりやけどの恐れがあるので注意しましょう。細くて硬いものを布とチャックの間にひねり入れると、噛んだ布が引っ張り出しやすくなります。温めることでチャックが柔らかくなり、やりやすくなります。

スカートのチャックが動かない、閉まらないときの直し方は?

これまでご紹介した方法で必要なドライバーやドライヤーなどは、出先には無い場合もありますよね。そんなときのために、目からうろこのあの道具を使ってチャックを直す方法もご紹介します。覚えておけばもしものときに役に立つこと間違いなしです。

チャックが動かなくなったときの直し方

  • 鉛筆
    鉛筆の先でチャックの歯をこすってから、もう1度ゆっくり動かしてみましょう。
  • 潤滑剤(固形石鹸、リップクリームなど)
    まず、チャックを最後まで閉めてしまいます。それから身の周りに潤滑剤に使えそうなものがあれば、チャックの歯に塗りこみます。潤滑剤を足していきながらチャックを少しずつ動かし、チャックが最後まで開くまで続けましょう。成功率が高いのでお勧めの方法です。

外れてしまったスカートのチャックを直すには

チャックが壊れてしまって着られないけれど、お気に入りだったり高価だったために捨てられずにクローゼットに眠っているスカートはありませんか?もしあるのなら、思い切って裁縫セットとペンチを用意し、そんなスカートをもう1度蘇らせましょう。次は本格的なチャックの直し方についてご紹介します。お裁縫が得意な方は、時間のあるときにぜひ直してみてください。

外れてしまったチャックの直し方

  1. ファスナーの1番したの止め金具をはずすため、周りの糸をほどいて金具が見える状態にします。
  2. 止め金具をペンチで取りはずします。(細いペンチだと作業がしやすいでしょう。)
  3. 抜けた2つのチャックをしっかり揃えてファスナーに戻します。
  4. 金具を再度ペンチで戻して完成です。
    ※金具が戻せない場合は糸でぐるぐる巻きに縛って固定しても良いでしょう。

スカートのチャックが壊れて動かないときは?

このように、スカートのチャックが壊れて動かなくなってしまっても、直す方法はたくさんあります。「こんな方法始めて知った!」という人も多かったのではないでしょうか。

急にスカートのチャックが動かなくなってしまう原因は様々です。チャックに糸や布などが詰まっていて動かなくなってしまった場合は、焦らずじっくり観察して異物が挟まっていないかチェックしましょう。このとき、裏側からも確認すると見落としがありません。同時にチャックの歯が1本植えてしまっていないか、ゆがんでしまっていないかなど、チャック自体の異変も探しましょう。

チャックの歯の形も崩れていなく、異物が挟まっていないときは、潤滑剤になりそうなものを塗りこんでからゆっくり動かしましょう。潤滑剤になるものは工夫次第で様々です。鉛筆の黒鉛や、固形石鹸、リップクリーム、水で薄めた洗剤をティッシュに染み込ませたりしてみてください。

それでもだめな場合、スライダー部分が緩んだりきつくなってしまったりしている可能性があるのでペンチで調節しましょう。

急にスカートのチャックが壊れても、焦らずじっくり観察して原因を突き止めて対処すればきっと上手くいきますよ。