注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

首都高の運転は難しい!高速を走る時のコツやポイントとは

首都高の運転は怖い…。という人は多いのではないでしょうか?なぜ、首都高の運手は難しいと思われているのでしょうか?

他の高速とどんなところが違うの?首都高の運転が初めて、何回か走ったけれどまだまだ運転に自信がないという人はこんな準備をしておくといいでしょう。

首都高を運転するときのコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学を卒業できない夢を見た!夢の示す意味と隠れている深層心理

大学を卒業できない夢を見てもやもやした目覚めを経験したことがある人もいますよね。実際に自分が大学卒業...

キッチンのリフォームをDIYで行うポイントとおすすめDIY

キッチンのリフォームはDIYでもできますが、やりすぎは禁物。 キッチンのいたる所をDIYでリフォー...

玄関ドアの防音対策!手軽な防音対策からリフォームまでご紹介

マンションやアパートでしばしば問題となるのが騒音問題。 以外に盲点なのが玄関ドアです。 特に...

アパートのドアの隙間を防ぐ対処法で寒さや虫の対策をしよう

アパートのドアに隙間があると、風が部屋の中に入り込むのでとても寒くなってしまいます。ドアの隙間を塞い...

ボールペンの水性か油性の見分け方と特徴!メリット・デメリット

ボールペンは大きく2つに分けると水性と油性に分かれます。なんとなく違いはわかると思いますが、それぞれ...

ネットの通信速度を上げるには?速度が遅い原因とは

ネットの通信速度を上げるにはどのようなことをしたらいいのでしょうか? どうしても改善したいので...

旦那が嫌いだけど離婚しない妻へ。幸せを見つけるためのヒント

旦那のことは正直嫌いだけど、離婚しないという妻は少なくありません。女性側にも経済的に自立できる自信が...

父と息子が不仲の場合は?不仲の理由や対処方法について

父と息子が不仲のときには、お母さんはどのように対応したらいいのでしょうか? 男同士だから、その...

アルミシートの保温性が高いのはどっち側?アルミシートの使い方

アルミシートはどのようにして使うと保温性が高まるのでしょうか?使い方を変えると、一年中使うことができ...

2日目のお風呂は追い炊き?ガス代は夏・冬で違う?節約について

あなたの家庭では、2日目のお風呂は追い炊きしていますか?それとも毎日入れ替えしていますか? ガス代...

編み物の棒針は難しい?初心者でも作れる作品やおすすめグッズ

編み物を始めたいと思っている方、棒針だと少し敷居が高いと感じていませんか?編み物には一般的に棒針とか...

ポリエステル生地の特徴!乾きが早いが毛玉ができやすいのが難点

ポリエステル生地には特徴があるので、その特徴を活かした生活用品が私達の身の回りにたくさんあります。あ...

アメリカではトイレの紙を流してもいい?アメリカのトイレ事情

アメリカのトイレでは紙を流せる?それとも流せない?国によって違うトイレ事情ですが、日本のつもりでトイ...

車のタッチペンを使った補修方法!綺麗に仕上げるコツ

車に出来た傷。そのまま放置してしまうとサビの原因にもなってしまいます。 そこで活用したいのが「...

車選びでピンク色に乗るのに年齢は関係ないという意見は多い

車の購入を考えている場合に気になるのが、車種の他に車の色も気になるところではないでしょうか。 ホワ...

スポンサーリンク

首都高の運転が難しい理由 首都高を走るときのポイントは?

運転に慣れていない人は高速よりも難しいのが、首都高の運転ではないでしょうか。

高速はカーブが少なく、合流地点も右や左のどちらか一方であることが多いですね。
しかし首都高は東京の大都市の空いている隙間を埋めるように作られているため、トンネルやカーブ、合流地点も左右両方であることも多いため、標識も複雑です。
どこを見ていいのか、あちこちに気をとられ、首都高初心者にとってはなかなか運転に集中することも難しくなります。

しかし、自分の行き先の確認をし、分岐点の標識は2つですので、自分の目的地を頭に入れておけば迷うこともありませんよね。

また、ナビの使用は強い味方です。
ナビは事前に案内をしてくれますので、その案内と標識を確認すれば間違いありません。
首都高をよく使わなければならない人は、少し練習する必要がありそうですね。
首都高の構造を覚えておくだけでも、気持ちに余裕ができますよ。

首都高の運転が難しい、合流が苦手という人へ

高速の合流地点ではだいたい左側からのことが多く、その感覚を意識していると首都高では混乱してしまいます。
首都高では3分の1程度は右側からの合流地点があります。

首都高の運転が怖いと思う人の多くは、合流地点

  • 合流地点がどっちにあるのかわからず怖い
  • 車が多くてうまく合流できるか怖い
  • 合流車線が短くて心配

合流する時の運転の仕方をマスターしなければ、首都高の怖さを克服することができません。

ウィンカーを早めに長く付けておくことで、周りの車も合流したいんだと察知できます。
合流が苦手な人は後ろの車ばかり気にして、合流するタイミングを失ってまうことがありますので、前の車を意識して合流すると入りやすいですよ。

特に首都高では合流地点も短めですので、ここに入りたいんだと強気な気持ちを持ってください。
弱気な態度は運転にも現れ、いつまでたっても入れなく後ろの車に迷惑かけてしまいますよ。

首都高の運転は難しいですが、慣れておくとなにかと便利ですね。

首都高の運転はコツをつかめば難しいことはない!

首都高は運転初心者に限らず、慣れている人でも混乱してしまう作りになっています。
都心の大きなビルの間を縫うように上手く作られていますので、カーブがすごく多いです。

混雑もしておらず、走りやすいからとうっかりスピードの出しすぎには注意ですよ。
首都高が空いていても、制限速度を守り、カーブに前もって対応できるようにしてください。
周りや後ろの車の妨げにならない程度にカーブの前ではきっちりと減速し、速度をコントロールしながら運転しましょう。

周りの車がスピードを出しているからと、それに合わせる必要は全くありませんよ。

首都高を走っていると「R」という標識がよく出てきます。
右車線を走行中にその標識がでてきたら、直進も左にも曲がれるということになります。
その先にパーキングエリアがあるのなら、左右どちらからでも曲がれるのです。

このような標識の意味を頭にいれておくだけでも、首都高を運転する抵抗感が少しやわらぎますね。

首都高の運転が難しい人は走りやすいときを狙うといい!

慣れない人にとって首都高の運転は難しいですが、最初のうちは渋滞していない時を狙って首都高を利用してみましょう。

  • 渋滞しがち時…平日の朝と夕方(五十日、月末以外)
  • 空いている時…土日祝日

週末は平日よりも初心者ドライバーが多いですので、週末を狙って首都高に慣れる練習をしてみると良いですね。

首都高で最も事故が起こりやすいのは渋滞時です。
渋滞によりノロノロ運転が続きますが、うっかりよそ見をして前の車との距離感を見失い追突してしまいます。
少しの油断が事故につながりかねないので気をつけましょう。
首都高のドライバーズサイトで、交通規制、工事、渋滞など、首都高に関する情報が見れますので、事前に確認してから利用すると首都高でスムーズに運転することができそうですね。

首都高を運転するのは初心者という人は

首都高を利用する時、最初は首都高に慣れた人に同席してもらうといいですよ。
首都高の運転に慣れているばかりに標識や合流地点、カーブなどに詳しく、横で前もって教えてくれると心強いですね。

首都高の運転が怖い、難しいと思っているとその気持が運転にもでます。
ゆっくりノロノロ走っているからと言って安全なわけではありません。
追突をされてしまう危険性が十分にあります。
首都高の運転する車の波に乗って、周りに迷惑がかからないような運転をしなければいけません。

ウィンカーは早めに出して、次はここに曲がりたい、合流したいと意思表示をします。
前の車との車間距離を保ち、前の車が万が一急ブレーキをした時に対応できるようにしましょう。
首都高は道も狭くなっているtめ、車3台分ほど余裕持って車間距離をとりましょう。

首都高の運転に慣れて都内を効率よく車移動できると、少し移動が楽になりそうですね。