注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

首都高の運転は難しい!高速を走る時のコツやポイントとは

首都高の運転は怖い…。という人は多いのではないでしょうか?なぜ、首都高の運手は難しいと思われているのでしょうか?

他の高速とどんなところが違うの?首都高の運転が初めて、何回か走ったけれどまだまだ運転に自信がないという人はこんな準備をしておくといいでしょう。

首都高を運転するときのコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おみくじの内容を人に言うのはNG?おみくじの正しい取り扱い方

初詣などで神社に行き、おみくじを引く人もいますよね。この時おみくじに書かれた内容を人に言うのはNGな...

心落ち着く場所は身近にあった!あなたに合った場所を探して

毎日の仕事や育児や生活で疲れていませんか? 心がほっと落ち着ちつける場所を探してはいませんか? ...

自治会への挨拶は引っ越し後必ず必要なのか

引っ越しをしたときは、粗品を持って近所に挨拶回りを行いますが、自治体にも挨拶が必要なのか迷ったことあ...

奥行きの収納方法は?洗面所の狭いスペースをスッキリさせる方法

あなたのお家の洗面所はスッキリしてしますか?物でごちゃついていませんか? 洗面所といった限られ...

馬の置物の風水効果とは?置く場所や顔の向きがポイント

運気を良くしたい!財運をアップさせたい!と思いませんか? 皆さんもよく知っている風水では、馬の置物...

湿度が高いとなぜ暑いと感じるのか、その理由を教えます!

日本の夏は高温多湿と言われていますが、湿度と気温の関係って気になりますよね。 なぜ湿度が高いと...

電話のセールスがしつこい時の撃退法!毅然とした態度で示そう

普段鳴らない電話に出てみると、勧誘セールスだったといった経験ありませんか? どこから電話番号を調べ...

タイルの目地を白くする方法は家庭にある物でも出来る!防止法も

梅雨の時期はあっという間にカビが生えてしまうのがタイルの目地ですね。 タイルの目地の汚れは、拭...

旅館の浴衣の着付け方のポイントや上手に美しく着るコツとは

旅館の浴衣の着付け方がよくわからず、自分で着れるのか不安な人もいますよね。 でも、せっかくの温...

窓の防音対策。賃貸でできる範囲の対策や方法について

窓の防音対策のおすすめを紹介します。 賃貸物件なら、自分の好きなように防音対策をすることができませ...

編み物の棒針は難しい?初心者でも作れる作品やおすすめグッズ

編み物を始めたいと思っている方、棒針だと少し敷居が高いと感じていませんか?編み物には一般的に棒針とか...

塩でお清め、それが浸透した理由とは?その効果について

葬儀などに参列すると帰宅時にお清めの塩が配られる事がありますよね。この時に配られる塩は自宅に入る前に...

屋根裏のネズミはすぐに駆除しよう!その方法と注意点を解説

屋根裏から「タタタタ」「ガサガサ」という音が聞こえると不気味ですよね。そして夜も眠れないという人も多...

白Tシャツがすけない方法と正しいインナーの選び方

夏になると着たくなる白のTシャツ。 クローゼットの中に1枚はありますよね。 ボトムスを選ばずにど...

試してみたい!願いが叶う方法や考え方について

誰しもが「こうなりたい」という願望がありますよね。 その願望がもし努力をして叶うものならば、自分の...

スポンサーリンク

首都高の運転が難しい理由 首都高を走るときのポイントは?

運転に慣れていない人は高速よりも難しいのが、首都高の運転ではないでしょうか。

高速はカーブが少なく、合流地点も右や左のどちらか一方であることが多いですね。
しかし首都高は東京の大都市の空いている隙間を埋めるように作られているため、トンネルやカーブ、合流地点も左右両方であることも多いため、標識も複雑です。
どこを見ていいのか、あちこちに気をとられ、首都高初心者にとってはなかなか運転に集中することも難しくなります。

しかし、自分の行き先の確認をし、分岐点の標識は2つですので、自分の目的地を頭に入れておけば迷うこともありませんよね。

また、ナビの使用は強い味方です。
ナビは事前に案内をしてくれますので、その案内と標識を確認すれば間違いありません。
首都高をよく使わなければならない人は、少し練習する必要がありそうですね。
首都高の構造を覚えておくだけでも、気持ちに余裕ができますよ。

首都高の運転が難しい、合流が苦手という人へ

高速の合流地点ではだいたい左側からのことが多く、その感覚を意識していると首都高では混乱してしまいます。
首都高では3分の1程度は右側からの合流地点があります。

首都高の運転が怖いと思う人の多くは、合流地点

  • 合流地点がどっちにあるのかわからず怖い
  • 車が多くてうまく合流できるか怖い
  • 合流車線が短くて心配

合流する時の運転の仕方をマスターしなければ、首都高の怖さを克服することができません。

ウィンカーを早めに長く付けておくことで、周りの車も合流したいんだと察知できます。
合流が苦手な人は後ろの車ばかり気にして、合流するタイミングを失ってまうことがありますので、前の車を意識して合流すると入りやすいですよ。

特に首都高では合流地点も短めですので、ここに入りたいんだと強気な気持ちを持ってください。
弱気な態度は運転にも現れ、いつまでたっても入れなく後ろの車に迷惑かけてしまいますよ。

首都高の運転は難しいですが、慣れておくとなにかと便利ですね。

首都高の運転はコツをつかめば難しいことはない!

首都高は運転初心者に限らず、慣れている人でも混乱してしまう作りになっています。
都心の大きなビルの間を縫うように上手く作られていますので、カーブがすごく多いです。

混雑もしておらず、走りやすいからとうっかりスピードの出しすぎには注意ですよ。
首都高が空いていても、制限速度を守り、カーブに前もって対応できるようにしてください。
周りや後ろの車の妨げにならない程度にカーブの前ではきっちりと減速し、速度をコントロールしながら運転しましょう。

周りの車がスピードを出しているからと、それに合わせる必要は全くありませんよ。

首都高を走っていると「R」という標識がよく出てきます。
右車線を走行中にその標識がでてきたら、直進も左にも曲がれるということになります。
その先にパーキングエリアがあるのなら、左右どちらからでも曲がれるのです。

このような標識の意味を頭にいれておくだけでも、首都高を運転する抵抗感が少しやわらぎますね。

首都高の運転が難しい人は走りやすいときを狙うといい!

慣れない人にとって首都高の運転は難しいですが、最初のうちは渋滞していない時を狙って首都高を利用してみましょう。

  • 渋滞しがち時…平日の朝と夕方(五十日、月末以外)
  • 空いている時…土日祝日

週末は平日よりも初心者ドライバーが多いですので、週末を狙って首都高に慣れる練習をしてみると良いですね。

首都高で最も事故が起こりやすいのは渋滞時です。
渋滞によりノロノロ運転が続きますが、うっかりよそ見をして前の車との距離感を見失い追突してしまいます。
少しの油断が事故につながりかねないので気をつけましょう。
首都高のドライバーズサイトで、交通規制、工事、渋滞など、首都高に関する情報が見れますので、事前に確認してから利用すると首都高でスムーズに運転することができそうですね。

首都高を運転するのは初心者という人は

首都高を利用する時、最初は首都高に慣れた人に同席してもらうといいですよ。
首都高の運転に慣れているばかりに標識や合流地点、カーブなどに詳しく、横で前もって教えてくれると心強いですね。

首都高の運転が怖い、難しいと思っているとその気持が運転にもでます。
ゆっくりノロノロ走っているからと言って安全なわけではありません。
追突をされてしまう危険性が十分にあります。
首都高の運転する車の波に乗って、周りに迷惑がかからないような運転をしなければいけません。

ウィンカーは早めに出して、次はここに曲がりたい、合流したいと意思表示をします。
前の車との車間距離を保ち、前の車が万が一急ブレーキをした時に対応できるようにしましょう。
首都高は道も狭くなっているtめ、車3台分ほど余裕持って車間距離をとりましょう。

首都高の運転に慣れて都内を効率よく車移動できると、少し移動が楽になりそうですね。