注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

靴の消臭グッズを簡単に手作り!リーズナブルで効果的な消臭剤

暑い季節になってくると、どうしても靴の臭いが気になりますよね。特に子供の靴の臭いに悩んでいるという方も多いと思います。
そこで靴の消臭に効果的な消臭グッズを手作りしてみませんか?
靴がたくさんあると、市販の消臭アイテムを使うと以外に個数が必要になりますが、自分で作ればリーズナブルにたくさん作れます。
簡単にできるので、ぜひ試してみて下さいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車が趣味の女性が増加!自転車が人気の理由と魅力・効果

自転車が趣味の女性が増えてきているってご存知ですか?自転車に乗るのはファッション性が低いとか、オシャ...

49日法要の引き出物の表書きについてやマナーについて

49日法要では参列して頂いた方に引き出物を渡します。このときに渡す引き出物には表書きを書くことになる...

ボーナスについて!ボーナスが30万ならその使い道は

ボーナスの時期が近づくと何に使おうか、いくら貰えるのかとワクワクしますね! 皆さんどのくらいボ...

大学の入学金が払えないときにやるべき対処法と平均金額

大学の入学金が払えないと悩む受験生もいるでしょう。せっかく厳しい受験を勝ち向いて合格を手にしたのに、...

洗濯機が脱水時にガタガタうるさいのはなぜ?異音の原因と対策

洗濯機の脱水時にガタガタうるさいと、何が原因なのか、もしかして故障!?と気になります。 洗濯機は高...

ダウンジャケットの洗濯をコインランドリーでする場合の注意点

1シーズン着用した後のダウンジャケットの洗濯は、クリーニング店に頼んだ方が良いことはわかっていても料...

本の内容のまとめ方、本を要約するポイントと書き方のコツ

本を一冊読みその内容をまとめしようとしても、まとめ方がわからないという方も多いでは? 本の内容...

手帳に10月始まりがあるのはなぜ?手帳の種類とおすすめの手帳

たくさんの種類の手帳が発売されている現代ですが、その中には10月始まりのものもあります。なぜ10月始...

アナログとデジタル時計のそれぞれの短所や長所と心理的効果

ビジネス用やプライベート用などで腕時計は必要ですね。購入を考えた時にアナログかデジタルかで悩んでしま...

アルミシートの保温性が高いのはどっち側?アルミシートの使い方

アルミシートはどのようにして使うと保温性が高まるのでしょうか?使い方を変えると、一年中使うことができ...

本棚をきれいに見せる収納アイデアをご紹介!グッズを活用しよう

リビングに本棚があると、なんでも入れて収納してしまうのでぐちゃぐちゃになってしまっていませんか。 ...

タイルの目地を白くする方法は家庭にある物でも出来る!防止法も

梅雨の時期はあっという間にカビが生えてしまうのがタイルの目地ですね。 タイルの目地の汚れは、拭...

試してみたい!願いが叶う方法や考え方について

誰しもが「こうなりたい」という願望がありますよね。 その願望がもし努力をして叶うものならば、自分の...

男性が苦手な原因と克服するための方法!慣れるためのステップ

女性の中には男性が苦手という方も少なくありません。でも男性が苦手だと、彼氏がなかなかできないというだ...

白Tシャツがすけない方法と正しいインナーの選び方

夏になると着たくなる白のTシャツ。 クローゼットの中に1枚はありますよね。 ボトムスを選ばずにど...

スポンサーリンク

100均で材料を揃えて靴の消臭グッズを手作り

玄関のイヤなニオイをなんとかしたい!イヤなニオイの原因は、ズバリ靴です。そんな時は、手作りの消臭グッズで今すぐニオイ対策をしましょう。ここではまず、簡単に手作り出来る靴用の脱臭剤をご紹介します。

手作り消臭グッズに必要なものと作り方

用意するものは、100円ショップに売っているミニサイズの麻袋と重曹、それに本来は茶葉を入れて使うお茶パックです。

まず、お茶パックの半分くらいまで重曹を入れ、お茶パックの口を閉じてから、麻袋へ入れます。この時、重曹を入れすぎるとこぼれてしまうので注意しましょう。念のためにお茶パックは二重にしておくとさらに安心です。あとは、麻袋の口を適当に縫って閉じたら完成です。

重曹はニオイだけでなく湿気も吸収してくれるので、ポンポンと麻袋を靴に入れておくだけで、カビ対策にも効果的です。すべて100円ショップで揃えることが出来るのも嬉しいですよね。

手作りの消臭グッズで靴箱のイヤな臭いも消臭

靴箱全体のイヤなニオイを取り除くための消臭剤

用意するものは、先ほどの重曹と紙コップ、ペーパーナプキンと輪ゴムだけです。さらに好きな香りのアロマオイルを垂らすのもオススメです。

500gの重曹を使って、ミニサイズの紙コップで7~8個の消臭剤が作れます。まず、紙コップに重曹を注ぎ、倒れても中身がこぼれないように、そこにペーパーナプキンを被せて輪ゴムで閉じます。靴箱を開けた時に見えてもいいように、可愛らしい紙コップにしても良いですね。

出来上がった消臭剤を、靴箱だけでなくクローゼットなどのニオイ気になる場所に置きます。なるべく下の方においたほうが、より効果的だそうです。

アロマオイルを垂らしすぎると、イヤなニオイと混ざって強烈なニオイになってしまう可能性があるので、まずは少量ずつからにします。とくにレモンやペパーミントなどの、甘すぎず爽やかな香りがオススメですよ。

捨ててしまうコーヒーかすで靴の消臭グッズを手作り

毎日飲んだあとに捨ててしまうコーヒーかすを利用して、靴用の消臭グッズを手作りする方法もご紹介します。

使用済みのコーヒーかすをお皿に広げ、日当たりの良い場所でサラサラに乾くまでそのまま乾燥させます。梅雨時や湿度の高い日が続く時期であれば、大皿に広げてそのままラップをせずにレンジで数分加熱してもOKです。コーヒーかすの量が多い時は、途中でスプーンなどを使って均して、全体がサラサラになるまで加熱します。

乾燥が終わったら、ジップロックなどに溜めておくと、いつでもすぐに作れて便利ですよ。コーヒーフィルターに乾燥させたコーヒーかすを適量入れ、口を閉じます。中身が出てこないように、ミシンでしっかりと閉じるのがベスト。

出来上がった消臭剤をニオイの気になる靴に1つずつポンポンと入れたら、なんと一晩でイヤなニオイは消え、ほのかにコーヒーの良い香りまでするのです。

小さなお子さんのいるご家庭なら、コーヒーフィルターに絵を書いたり、かわいいハンコを押したりしながら作るのも楽しいですよ。

身の回りにあるこんなものも靴の消臭に効果的

あまりお金も手間もかけずに、もっと簡単に靴の消臭を試してみたいという方には、自宅にあるこんな方法はいかがでしょうか?

ドライヤーで靴のニオイと湿気を除去

イヤなニオイの原因となる分子は熱に弱く、ドライヤーの熱風を当てることによって、ニオイを消すと同時に湿気による雑菌の繁殖も抑えてくれます。

古新聞紙が消臭グッズに使える

適当なサイズに切った新聞紙を丸めて靴に入れておくだけでも、湿気をグングン吸い取り、新聞紙に使われているインクがイヤなニオイも消してくれます。

乾燥剤は捨てないで靴の消臭に使う

お菓子などについてくる乾燥剤(シリカゲル)を、そのまま靴の除湿剤として使うことが出来ます。靴に入れる前に、電子レンジなどで加熱することで、除湿効果がアップします。同じく食品に封入されていることが多い脱酵素剤は、カビの抑制効果はありますが、除湿効果はありませんのでご注意を。

靴のニオイ対策に洗える素材は洗浄を

靴のニオイを根本から除去するには、やはり丸洗いするしかありませんが、素材によっては自宅で丸洗いするのが難しいものもあるので、購入した際のタグなどで確認してからにしましょう。

丸洗い出来るのは、天然素材もしくは合成繊維と天然皮革を使った靴か、合成繊維と人工皮革を使った靴であれば問題ありません。

靴の丸洗いの基本的な方法は、まず外側に付着した泥汚れなどをブラシで落とします。靴ひもやインソールなどの外せる部分はあらかじめ外し、40℃以下のぬるま湯にしばらく浸けておきます。
靴専用の洗剤や中性洗剤を使って、汚れを落としていきますが、傷つきやすい素材もあるため、最初からブラシで強くこするのは避けましょう。その後、洗剤がしっかりと取れるまですすいだら、まるめた新聞紙などを詰めて形を整え、風通しの良い日陰で乾かします。

靴の除菌目的でしたら、紫外線に当てて天日干しするだけでも効果はありますが、素材によっては変色する可能性もあるので、そちらも確認が必要です。