注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

キッチンのリフォームをDIYで行うポイントとおすすめDIY

キッチンのリフォームはDIYでもできますが、やりすぎは禁物。
キッチンのいたる所をDIYでリフォームしようと考えるのは避けた方が無難ですし、プロに任せた方がいい箇所もあります。
ちょっとしたdiyでも十分リフォームになりますし、見た目だけでなく収納力もアップするので、これからご説明する方法をぜひ試してみてはいかがでしょうか。
キッチン扉を変えるだけでもかなり印象が変わるのでおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

詩の書き方とは?小学校高学年はココを意識して詩を作ろう

小学校高学年はどのようにして詩を書いたらいいのでしょうか?詩の書き方は好きなことを書いていいからこそ...

古い通帳は処分すべき?その理由と処分する方法を教えます

通帳がいっぱいになって新しい通帳になりますが、気がつくと古い通帳が何冊も引き出しの中に入っていた…そ...

布を購入するときのサイズは何センチから?お店によって違います

布を購入するときにはどのくらいのサイズから買うことができるのでしょうか?私はずっと1メートルからしか...

ベンジャミンは剪定が必要!やり方や準備するものを紹介

お部屋のインテリアに観葉植物があると癒やされますね! なかでもベンジャミンは華やかで育てやすく人気...

北京観光で注意しておきたいポイントをチェック!安全な過ごし方

北京は比較的治安は良いとされていますが、場所によっては注意が必要な区域もありますので、観光に行く前に...

ハイターの色落ちを戻す染め直しのコツや知っておきたい予防法

ハイターを洗濯に使用することで衣類の色落ちをしてしまったときは、戻すことはできるのでしょうか? ...

アイデアを募集している企業を利用してアイデアを売り込むコツ

スマホで「アイデア 募集」と検察すると、様々な企業がアイデアを募集しているのがわかります。 これだ...

車の騒音で通報する時の方法と注意点!騒音対策もご紹介

車の騒音に困っていませんか? いつも決まった時間になると爆音を響かせている車。夜もゆっくりできずど...

子犬のトイレトレーニングの方法は?共働きでも成功させる方法

共働きで家を留守にする時間が多いご家庭でも、犬を飼いたいと考える人もいるのではないでしょうか。共働き...

本についたシミやカビを諦めない!キレイにする方法とやり方とは

長い期間しまっておいた本を見たら、カビやシミがびっしりついていた!ということはありませんか? ...

ラインのやりとりで検証!長続きカップルを目指すには

カップル同士のラインのやりとりによって、そのカップルが長続きするかすぐに別れるかがわかるそうです。 ...

フローリングに敷く布団の寒い底冷え対策とカビ予防

フローリングの床に直接布団を敷くと、寒いと感じることはありませんか? 夏はそれほど感じませんが...

自治会への挨拶は引っ越し後必ず必要なのか

引っ越しをしたときは、粗品を持って近所に挨拶回りを行いますが、自治体にも挨拶が必要なのか迷ったことあ...

ネットで安い服を購入する場合に気をつけたいこと

ネット通販を見ると、驚くくらい安い値段の服がたくさんあります。 ついその安さにつられてポチっと...

エアコンの暖房は扇風機の併用で節約に!効率的な使い方を紹介

エアコンで室内を温める時は、扇風機も一緒に使うといいって知っていますか? 扇風機は夏のイメージ...

スポンサーリンク

キッチンをDIYでリフォームする前に知っておきたいこと

DIYを始めたきっかけは、収納を増やしたかったとか、リビングに棚が欲しかったということが多いのではありませんか?
DIYは自分の希望通りに作ることが出来るのメリットですよね。
自宅の隙間にぴったりと収まる収納棚などは、まさにその典型です。

DIYに慣れてくると、そのうち手をつけたくなるのがキッチンではないでしょうか。
女性は毎日数時間、キッチンで過ごします。
より快適に、より素敵にと思うのは当たり前です。

しかし、キッチンのDIYでは気をつけなくてはいけないことがあります。
それは、素人が手を出してはいけない箇所があるということです。

  • システムキッチン
  • ビルトインタイプのガスコンロ

システムキッチンは業者が行うという決まりがあり、ビルトインタイプのガスコンロはガス管を接続しなくては行けないため資格を持った人しか出来ません。

また、照明も注意が必要です。
照明器具に直接電線がつながっているタイプの照明器具を外したりつけたりすることは、配線工事となりますから資格を持った人しか行なえません。

これらはキッチンではメインと言える場所ですし、リフォームするとなると価格もそれなりなので自分でDIYしてできるだけ安くしたいと思ってしまう箇所でもありますから、注意しましょう。

自分好みのキッチンにDIYでリフォームできる箇所とポイント

キッチンを自分好みにDIYリフォームするのは大賛成!
しかし、全てを自分で作業できるわけではないので注意しましょう。
手をつけてはいけない箇所は、システムキッチンのガスコンロや換気扇などの部分です。
特にビルトインタイプのガスコンロはガス管に触れることになりますから、素人が手を出すには危険すぎます。
また、シンクなどはシステムキッチンでなければDIYも可能ですが、水を扱う場所ですから失敗してしまったらトラブルにもなりかねない場所です。
水や火などを扱う部分は、専門的な知識のある業者などに依頼した方が安心です。

キッチンのDIYをする時には、資格が無くても可能な壁や収納、カウンター場所だけにしましょう。

キッチンでは調理の時に油や調味料が飛んでしまって壁紙が汚れてしまうことも多いですよね。
すぐに汚れを拭き取れる壁紙にリフォームしてみるのはいかがでしょう?

「失敗したら、どうしよう。」と不安になってしまうなら、マスキングテープ+両面テープの方法がおすすめです。
壁にマスキングテープを張ってから、両面テープで壁紙を固定する方法です。
この方法なら手軽ですから、定期的に壁紙交換するのも可能ですね。

一番簡単にできるDIY!キッチンの扉をリメイクシートでリフォームする方法がおすすめ

キッチンでリフォームDIYするなら、キッチンにある収納棚の扉から始めるのがおすすめです。

シンクの下や上にありませんか?
扉は手をつけても全く問題ありませんし、ここをリフォームするとかなりキッチンのイメージが代わりますよ。

キッチンの扉のリフォームなら、リメイクシートを使うのがおすすめです。

リメイクシートは100均でも売られているの手軽に挑戦することが出来ますよ。

他には、マスキングテープ、ドライバー、定規、カッターとカッター板、スキージー(空気抜き用のヘラ)などを用意しましょう。

  1. 扉を外し、取っ手も取り外します。
  2. 扉のサイズより大きめにリメイクシートを切り出して、扉に貼ります。
  3. 裏側まで側面を巻き込むように貼り付けると綺麗で剥がれにくく仕上げることが出来ます。
  4. 最後に取っ手を取り付けて完成です。

取っ手も今までとは違うものに変えると、雰囲気が一変するのでおすすめですよ。

キッチンにDIYで壁面収納を加えれば、収納力もアップして見た目もおしゃれ

キッチンをリフォームDIYするなら、壁面収納もおすすめです。

壁面を上手に活用すると収納力もアップしますし、ディスプレイ方法によってはとてもおしゃれに見せることが可能になります。

簡単なのは、収納棚を取り付けることです。
棚受けを壁に取り付けて、その上に棚板をのせて、ネジで固定すれば完成です。

お気に入りの食器や調理器具を並べたり、可愛い容器に入れた乾物や調味料を並べるととてもおしゃれですよね。
観葉植物やキッチンハーブなどを置くと、キッチンが華やかになるのでおすすめです。
棚受けは様々なタイプがあり、ステンレス性のシンプルなデザインのものや、アイアンで蔦の様なデザインされたものなど、探すといろいろみつかりますので、キッチンの雰囲気にあわせて選ぶとよいでしょう。
また、棚を可動できるタイプの棚受けもありますので、いろいろと検討してみてくださいね。

狭いキッチンをリフォームしたいなら、カウンターキッチンをDIYしてみては

新しく家を建てるなら、ほとんどの方が対面キッチンを希望するのではないでしょうか?
キッチンからリビングが見えるのは、小さな子供のいるご家庭ではとても便利です。
また、料理を前から出すことが出来たり、少人数の家族ならカウンターテーブルで食事を済ませることも可能です。
狭い日本の住宅事情にマッチする点も多いですよね。

しかし、一昔前まではキッチンといえば、完全に別室となっているかリビングの延長線上にキッチンスペースを作り壁側にシンクを設置しているような間取りがほとんどでした。

昔風キッチンをカウンターキッチンにリフォームしたいならDIYしてみると良いでしょう。

ただし、キッチンが別室になっている場合には、壁を取り壊すことになりますから無理にDIYするのではなく、業者への依頼も検討した方がよいかもしれませんね。
壁側にシンクが設置されているキッチンであれば、カラーボックスなどを使って間仕切り棚を作るだけでも簡易なカウンターキッチンが出来上がります。

すでに対面キッチンだけど収納を増やしたいなら、対面キッチンの上の部分に注目してみてください。
天井までの空間が勿体無いですよね。

柱を増設して棚をつけるだけで、収納力がアップしますよ。
壁も作って目隠しする方法もありますが、おすすめは見せる収納にすること。
見せる収納の方がDIY作業は少なくて済みますし、何よりちょっとしたレストランのようでおしゃれです。
お気に入りの鍋やグラス、食器などと一緒にグリーンも飾りたくなりますね。

見せる収納にする場合には、棚や金具はシンプルにする方が汎用性も高くおすすめです。