注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

窓の隙間を埋めるのが暖房効率アップのコツ!お部屋の冷気対策

寒い季節になると窓際から冷たい風が入っていることはありませんか?
暖房をつけているのに、足元にひんやりとした風が流れてきたり、部屋全体がなかなか温まらないという時には、窓の隙間対策が必要です。
窓からの冷気をシャットアウトすると、お部屋全体が温まりやすくなり、暖房効率を上げることができます。
窓の隙間を埋める方法はいろいろとありますが、まずは低予算で対処したいという方には隙間テープがおすすめです。
お部屋の冷気対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スマホを充電するタイミングは?バッテリーに負担をかけない方法

スマホを充電するタイミングによっては、バッテリーに負担をかけてしまうこともあるってご存知でしたか?充...

先輩だった彼女の呼び方を変えるタイミングや使い分ける効果

先輩彼女への呼び方は意外と悩む人も多いです。先輩でも彼女になったのだから、やっぱり呼び方は変えた方が...

タイルの目地を白くする方法は家庭にある物でも出来る!防止法も

梅雨の時期はあっという間にカビが生えてしまうのがタイルの目地ですね。 タイルの目地の汚れは、拭...

ボールペンの水性か油性の見分け方と特徴!メリット・デメリット

ボールペンは大きく2つに分けると水性と油性に分かれます。なんとなく違いはわかると思いますが、それぞれ...

携帯を水没させたときの対処方法とは?すぐにコレを外そう

携帯を水没させてしまったときにはどのような対処方法が正解なのでしょうか?ついつい、慌てて電源を入れよ...

試してみたい!願いが叶う方法や考え方について

誰しもが「こうなりたい」という願望がありますよね。 その願望がもし努力をして叶うものならば、自分の...

ネットの通信速度を上げるには?速度が遅い原因とは

ネットの通信速度を上げるにはどのようなことをしたらいいのでしょうか? どうしても改善したいので...

一人暮らしが怖い!克服する方法は?住む場所選びも大切です

一人暮らしをするのが怖い、どうにかして克服したい!と思っている人に、どんな風にその気持を克服したら良...

神棚の掃除の頻度は少なくても半年に1回!失礼のない作法とは

神聖な神棚の掃除はしていますか? どのくらいの頻度で掃除はするものなのでしょうか? できれば...

オービスの撮影は必ず気づくの?昼間は気づかない可能性も!

道路上に設置されてあるオービス。 スピードの取締りを行う機械ですが、オービスは皆さんがご存知の通り...

49日法要の引き出物の表書きについてやマナーについて

49日法要では参列して頂いた方に引き出物を渡します。このときに渡す引き出物には表書きを書くことになる...

充電器のコンセントが熱いのは危険?異常がなければ大丈夫!

スマホや電化製品を使っている時、充電器のコンセントが熱いことがありますよね。コンセントが熱をもってい...

シングルマザーはパートでも家を買うことが可能?その条件を解説

シングルマザーでもアパートではなく一軒家に住みたいと思いますよね。子供のために家を残してあげたい…。...

乳児と幼児の違いとは?保育園での過ごし方やタイミング

保育園に入れるなら、乳児のときから?それとも幼児になってからがいい?そもそも、保育園には何歳から入る...

ガス代が一人暮らしなのに8000円以上かかる人のための節約術

一人暮らしをしていても何かとお金はかかりますが、ガス代が8000円以上もかかっているという人も多いと...

スポンサーリンク

窓の隙間を埋めるのに便利な隙間テープ

窓からの隙間風を対処する時に、一番に思いつくのは隙間テープではないでしょうか?

隙間テープはその名の通り、隙間風が入ってくるようなわずかな隙間を埋める役割をしてくれるテープです。

スポンジタイプ、細かな毛が付いているモヘアタイプ、ゴムタイプなど場所に合わせて選ぶ事が可能です。

窓の隙間を埋めるのならスポンジタイプが一般的で、多く使用されています。

スポンジの裏にテープが付いていて貼紙を剥がして使用する事が出来、簡単便利に使用する事が出来ますよ。

ホームセンターで購入が出来、冬場なら大型スーパーやドラッグストアなどでも販売されています。また100均でも購入可能です。

お手軽に使用できる隙間テープですが、貼り方にはちょっとしたポイントがあります。

上手な貼り方については、次でご紹介していきますね!

窓の隙間を効果的に埋める隙間テープのはり方

とってもシンプルな構造で隙間を埋める隙間テープ、窓に簡単に貼り付ける事ができるのですが、はがれないようにするためにはチョットしたポイントがあります。

まずは貼り付け部分の掃除です。どんなテープやシールも貼り付け面が汚れていると、しっかりと張り付かず剥がれてしまう原因になりますよね。

隙間テープも同じです。特に窓は砂埃などの細かな汚れが付きやすい場所です。砂などは掃除機で吸い取り、拭き掃除をして汚れを取り除きましょう。

水拭きをした後はしっかりと乾燥させてから、テープを貼り付けてくださいね。

ちなみにどこから隙間風が発生しているのか、最初に確認をしておくと張り付け場所が明確になり、効果的に隙間テープを使用する事が出来ます。

窓の隙間を埋める対策をしたのにまだ風が入ってくる場合には

隙間テープを使用したのに、まだ隙間風が入ってくる場合は隙間を適切にテープで埋める事が出来ていない可能性があります。

まずはどこから隙間風が入ってくるのかを確認してください。そしてその場所に隙間テープを貼りましょう。

貼るときは上記したように、はがれないように汚れを取り除いてから貼り付けてくださいね。

もし風が入り込んでくる場所が隙間テープを貼っている場所なら、窓を開けて隙間テープがしっかりと付いているかを確認してください。

もしかすると窓の開け閉めが原因で剥がれかかっているのかもしれません。

またサッシなどは変形している場合もあります。そこにピッタリと貼り付いていない場合は隙間テープを貼っても、効果が実感できません。

おさらいをすると、まずは隙間風が入ってくる場所を確定する。そしてそこに隙間テープがなければ新たに貼り付ける。貼り付けが完了されている場合には、はがれていないかしっかり密着されているかを確認することです。

窓の断熱効果を上げるなら断熱カーテンがおすすめ

隙間テープを利用して、さらに部屋の断熱性を上げたいのなら断熱カーテンがオススメです。

部屋の断熱はカーテンによっても違いがあるんですよ。年中同じ厚さのカーテンを使用している場合には、その断熱性を考えて冬場の寒い時期には厚手のカーテンを使用し、夏場には薄手のカーテンを使用するなどの工夫をしてください。

また断熱カーテンを使用していても、窓のサイズに合っていなければ意味がありません。
窓をすっぽりと覆い隠す大きさのものを使用することも、カーテン選びには重要なポイントです。

また私たちは視覚にも左右されます。カーテンはその部屋の大部分の割合を占めるものですからカラーにも注意が必要です。

夏場ならひんやりとしたイメージがあるブルー系の色を、冬場なら温かみがあるオレンジなどの暖色系のカラーを選ぶと、視覚的にも暖かさを感じます。

どうも窓からの隙間風が気になる!と言う方は隙間テープと断熱カーテンの合わせワザを試してみてください。

窓の隙間風に効果的ないろいろな対策

断熱カーテンと隙間テープとの合わせワザのように、一つだけではなく、いくつかの隙間風対策を同時に行うことで、部屋の保温性を高めることが出来ます。

ホームセンターなどでは冬になると冷気対策として、色々なグッズが販売されていますよ。

窓に直接貼り付ける断熱シートもその一つ!シートを貼り付けても透明なので、明かりはバッチリ部屋に差し込みます。

いつもレースのカーテンをかけて、部屋の中が見えないようにしている方なら、さらに目隠しになって一石二鳥ですよね!

またさらに断熱を強化させたいのであればシートではなく、断熱パネルを使用する方法もあります。

窓枠にピッタリと当てはめてもいいですし、ただ窓に立てかけておくだけでも、あるとないのとでは断熱に違いが出ます。

このように自分では思いつかなかった隙間風対策が、ホームセンターでは推奨されていて、すぐに購入して試す事ができるのも嬉しい点です。

隙間風の対策が一つでは十分でなくても、諦めずにいくつかの方法を同時に試してみてください。