注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

窓の隙間を埋めるのが暖房効率アップのコツ!お部屋の冷気対策

寒い季節になると窓際から冷たい風が入っていることはありませんか?
暖房をつけているのに、足元にひんやりとした風が流れてきたり、部屋全体がなかなか温まらないという時には、窓の隙間対策が必要です。
窓からの冷気をシャットアウトすると、お部屋全体が温まりやすくなり、暖房効率を上げることができます。
窓の隙間を埋める方法はいろいろとありますが、まずは低予算で対処したいという方には隙間テープがおすすめです。
お部屋の冷気対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャラを動きがある魅力的なポーズにする描き方教えます!

漫画やイラストで必須なのことの1つは、キャラの魅力的なポーズが描けること。いつも棒立ちで同じ向きの動...

部屋6畳サイズでも大丈夫!広くオシャレに見せる工夫

進学や就職などで一人暮らしを始める方も多いと思います。 住む部屋6畳がサイズの場合、どうしても...

スカートとストッキングがくっつく原因は静電気!お手軽な対処法

スカートを履いて歩いているうちに、太ももにぴっちりとスカートが張り付いていることはないですか? ...

神棚の掃除の頻度は少なくても半年に1回!失礼のない作法とは

神聖な神棚の掃除はしていますか? どのくらいの頻度で掃除はするものなのでしょうか? できれば...

スノボウェアは洗濯表示を確認してから洗濯機で洗いましょう

滑り終わった後のスノボウェア。天気が良い日だと汗をかくこともあるでしょう。 そこで気になるのが...

30分間歩くと距離はどのくらい?ダイエット効果を上げる方法

徒歩30分とはどのくらいの距離を言うのでしょうか?30分歩くというのはけっこうな 距離を歩きますよね...

絵が上手くなる方法。まずはどんな顔を描きたいのかを決めよう

絵が上手くなる方法【顔】 顔を描く時に、注意しなければならないいくつかの点があります。 それ...

住宅の階段幅はどうする?意外と重要な階段幅の決め方

注文住宅を決める際、意外と盲点なのが階段幅です。 住宅の階段幅は建築基準法である程度決められて...

春の花壇の作り方や植えたい花や、初心者でも簡単人気の花を紹介

色とりどりの花が咲き誇った花壇はステキですね! 春になったらガーデニングの準備を始める人、これから...

自治会への挨拶は引っ越し後必ず必要なのか

引っ越しをしたときは、粗品を持って近所に挨拶回りを行いますが、自治体にも挨拶が必要なのか迷ったことあ...

アパート2階に住む時に試したい騒音対策とは

アパート2階に住むと気になるのが、1階に響く音です。 子供の足音や椅子を引く音など、アパートの...

正月の帰省・義実家に赤ちゃんを連れて行くときの注意点と対処法

赤ちゃんを出産してからはじめてのお正月。義実家に赤ちゃんを連れて帰省しようか、悩んでいるママもいるの...

ペットボトルを凍らせるとクーラーの代わりになるの?除湿効果も

暑い夏、クーラーがない部屋で快適に過ごすにはどうしたら良いか、頭を悩ませている人もいますよね。ペット...

フローリングに敷く布団の寒い底冷え対策とカビ予防

フローリングの床に直接布団を敷くと、寒いと感じることはありませんか? 夏はそれほど感じませんが...

上の階の騒音は直接言うより管理会社へ!それでもダメな時は

上の階の騒音で悩んでいる人も多いことでしょう。 騒音に耐えられなくなったからと言って、直接苦情...

スポンサーリンク

窓の隙間を埋めるのに便利な隙間テープ

窓からの隙間風を対処する時に、一番に思いつくのは隙間テープではないでしょうか?

隙間テープはその名の通り、隙間風が入ってくるようなわずかな隙間を埋める役割をしてくれるテープです。

スポンジタイプ、細かな毛が付いているモヘアタイプ、ゴムタイプなど場所に合わせて選ぶ事が可能です。

窓の隙間を埋めるのならスポンジタイプが一般的で、多く使用されています。

スポンジの裏にテープが付いていて貼紙を剥がして使用する事が出来、簡単便利に使用する事が出来ますよ。

ホームセンターで購入が出来、冬場なら大型スーパーやドラッグストアなどでも販売されています。また100均でも購入可能です。

お手軽に使用できる隙間テープですが、貼り方にはちょっとしたポイントがあります。

上手な貼り方については、次でご紹介していきますね!

窓の隙間を効果的に埋める隙間テープのはり方

とってもシンプルな構造で隙間を埋める隙間テープ、窓に簡単に貼り付ける事ができるのですが、はがれないようにするためにはチョットしたポイントがあります。

まずは貼り付け部分の掃除です。どんなテープやシールも貼り付け面が汚れていると、しっかりと張り付かず剥がれてしまう原因になりますよね。

隙間テープも同じです。特に窓は砂埃などの細かな汚れが付きやすい場所です。砂などは掃除機で吸い取り、拭き掃除をして汚れを取り除きましょう。

水拭きをした後はしっかりと乾燥させてから、テープを貼り付けてくださいね。

ちなみにどこから隙間風が発生しているのか、最初に確認をしておくと張り付け場所が明確になり、効果的に隙間テープを使用する事が出来ます。

窓の隙間を埋める対策をしたのにまだ風が入ってくる場合には

隙間テープを使用したのに、まだ隙間風が入ってくる場合は隙間を適切にテープで埋める事が出来ていない可能性があります。

まずはどこから隙間風が入ってくるのかを確認してください。そしてその場所に隙間テープを貼りましょう。

貼るときは上記したように、はがれないように汚れを取り除いてから貼り付けてくださいね。

もし風が入り込んでくる場所が隙間テープを貼っている場所なら、窓を開けて隙間テープがしっかりと付いているかを確認してください。

もしかすると窓の開け閉めが原因で剥がれかかっているのかもしれません。

またサッシなどは変形している場合もあります。そこにピッタリと貼り付いていない場合は隙間テープを貼っても、効果が実感できません。

おさらいをすると、まずは隙間風が入ってくる場所を確定する。そしてそこに隙間テープがなければ新たに貼り付ける。貼り付けが完了されている場合には、はがれていないかしっかり密着されているかを確認することです。

窓の断熱効果を上げるなら断熱カーテンがおすすめ

隙間テープを利用して、さらに部屋の断熱性を上げたいのなら断熱カーテンがオススメです。

部屋の断熱はカーテンによっても違いがあるんですよ。年中同じ厚さのカーテンを使用している場合には、その断熱性を考えて冬場の寒い時期には厚手のカーテンを使用し、夏場には薄手のカーテンを使用するなどの工夫をしてください。

また断熱カーテンを使用していても、窓のサイズに合っていなければ意味がありません。
窓をすっぽりと覆い隠す大きさのものを使用することも、カーテン選びには重要なポイントです。

また私たちは視覚にも左右されます。カーテンはその部屋の大部分の割合を占めるものですからカラーにも注意が必要です。

夏場ならひんやりとしたイメージがあるブルー系の色を、冬場なら温かみがあるオレンジなどの暖色系のカラーを選ぶと、視覚的にも暖かさを感じます。

どうも窓からの隙間風が気になる!と言う方は隙間テープと断熱カーテンの合わせワザを試してみてください。

窓の隙間風に効果的ないろいろな対策

断熱カーテンと隙間テープとの合わせワザのように、一つだけではなく、いくつかの隙間風対策を同時に行うことで、部屋の保温性を高めることが出来ます。

ホームセンターなどでは冬になると冷気対策として、色々なグッズが販売されていますよ。

窓に直接貼り付ける断熱シートもその一つ!シートを貼り付けても透明なので、明かりはバッチリ部屋に差し込みます。

いつもレースのカーテンをかけて、部屋の中が見えないようにしている方なら、さらに目隠しになって一石二鳥ですよね!

またさらに断熱を強化させたいのであればシートではなく、断熱パネルを使用する方法もあります。

窓枠にピッタリと当てはめてもいいですし、ただ窓に立てかけておくだけでも、あるとないのとでは断熱に違いが出ます。

このように自分では思いつかなかった隙間風対策が、ホームセンターでは推奨されていて、すぐに購入して試す事ができるのも嬉しい点です。

隙間風の対策が一つでは十分でなくても、諦めずにいくつかの方法を同時に試してみてください。