注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

窓の隙間を埋めるのが暖房効率アップのコツ!お部屋の冷気対策

寒い季節になると窓際から冷たい風が入っていることはありませんか?
暖房をつけているのに、足元にひんやりとした風が流れてきたり、部屋全体がなかなか温まらないという時には、窓の隙間対策が必要です。
窓からの冷気をシャットアウトすると、お部屋全体が温まりやすくなり、暖房効率を上げることができます。
窓の隙間を埋める方法はいろいろとありますが、まずは低予算で対処したいという方には隙間テープがおすすめです。
お部屋の冷気対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車で北海道への旅!本州からの色んなルートや運航時間を紹介

本州から北海道旅行する時に、マイカーで行って色んなところを周ってみるという計画もいいですね。 ...

こめかみの髪の毛がはねるのをなんとかして!はねの原因と対処法

こめかみ部分の髪の毛だけがはねると、セットも上手くいかず毎朝イライラしてしまうのではないでしょうか。...

車の騒音で通報する時の方法と注意点!騒音対策もご紹介

車の騒音に困っていませんか? いつも決まった時間になると爆音を響かせている車。夜もゆっくりできずど...

携帯を水没させたときの対処方法とは?すぐにコレを外そう

携帯を水没させてしまったときにはどのような対処方法が正解なのでしょうか?ついつい、慌てて電源を入れよ...

詩の書き方とは?小学校高学年はココを意識して詩を作ろう

小学校高学年はどのようにして詩を書いたらいいのでしょうか?詩の書き方は好きなことを書いていいからこそ...

布を購入するときのサイズは何センチから?お店によって違います

布を購入するときにはどのくらいのサイズから買うことができるのでしょうか?私はずっと1メートルからしか...

赤ちゃんが母親になつかないのはなぜ?接し方を変えてみましょう

赤ちゃんが生まれて毎日忙しい新米ママ。しかし、母親である自分になつかないと感じるママも多いといいます...

通帳と印鑑の保管場所は別々の場所で保管するように注意

通帳と印鑑を自宅で保管している人がほとんどでしょう。 その保管場所はどこにしていますか? 多...

本棚をきれいに見せる収納アイデアをご紹介!グッズを活用しよう

リビングに本棚があると、なんでも入れて収納してしまうのでぐちゃぐちゃになってしまっていませんか。 ...

アスファルトの工事は雨の日でもOK?天気との関係性について

自宅の駐車場などのアスファルト舗装工事を依頼する場合、梅雨のシーズンなど雨の多い時期は問題ないのか気...

高校の学校見学の時の服装について。生徒や保護者の場合と注意点

学校見学は子供だけで行く場合、友人何人かで行く場合、保護者も付きそう場合があるでしょう。 子供が通...

車選びでピンク色に乗るのに年齢は関係ないという意見は多い

車の購入を考えている場合に気になるのが、車種の他に車の色も気になるところではないでしょうか。 ホワ...

一人暮らしが怖い!克服する方法は?住む場所選びも大切です

一人暮らしをするのが怖い、どうにかして克服したい!と思っている人に、どんな風にその気持を克服したら良...

ハンドメイド用のミシンを購入したい!おすすめポイントをご紹介

ハンドメイドの入園・入学グッズなどを見ていると自分も作りたくなりますよね。 昔と違って最近のミ...

赤ちゃんには母乳?それとも粉ミルク?選択方法について

赤ちゃんを育てるのには母乳?それとも粉ミルク?どちらにするか悩んでいるのなら、先のことを見越して決め...

スポンサーリンク

窓の隙間を埋めるのに便利な隙間テープ

窓からの隙間風を対処する時に、一番に思いつくのは隙間テープではないでしょうか?

隙間テープはその名の通り、隙間風が入ってくるようなわずかな隙間を埋める役割をしてくれるテープです。

スポンジタイプ、細かな毛が付いているモヘアタイプ、ゴムタイプなど場所に合わせて選ぶ事が可能です。

窓の隙間を埋めるのならスポンジタイプが一般的で、多く使用されています。

スポンジの裏にテープが付いていて貼紙を剥がして使用する事が出来、簡単便利に使用する事が出来ますよ。

ホームセンターで購入が出来、冬場なら大型スーパーやドラッグストアなどでも販売されています。また100均でも購入可能です。

お手軽に使用できる隙間テープですが、貼り方にはちょっとしたポイントがあります。

上手な貼り方については、次でご紹介していきますね!

窓の隙間を効果的に埋める隙間テープのはり方

とってもシンプルな構造で隙間を埋める隙間テープ、窓に簡単に貼り付ける事ができるのですが、はがれないようにするためにはチョットしたポイントがあります。

まずは貼り付け部分の掃除です。どんなテープやシールも貼り付け面が汚れていると、しっかりと張り付かず剥がれてしまう原因になりますよね。

隙間テープも同じです。特に窓は砂埃などの細かな汚れが付きやすい場所です。砂などは掃除機で吸い取り、拭き掃除をして汚れを取り除きましょう。

水拭きをした後はしっかりと乾燥させてから、テープを貼り付けてくださいね。

ちなみにどこから隙間風が発生しているのか、最初に確認をしておくと張り付け場所が明確になり、効果的に隙間テープを使用する事が出来ます。

窓の隙間を埋める対策をしたのにまだ風が入ってくる場合には

隙間テープを使用したのに、まだ隙間風が入ってくる場合は隙間を適切にテープで埋める事が出来ていない可能性があります。

まずはどこから隙間風が入ってくるのかを確認してください。そしてその場所に隙間テープを貼りましょう。

貼るときは上記したように、はがれないように汚れを取り除いてから貼り付けてくださいね。

もし風が入り込んでくる場所が隙間テープを貼っている場所なら、窓を開けて隙間テープがしっかりと付いているかを確認してください。

もしかすると窓の開け閉めが原因で剥がれかかっているのかもしれません。

またサッシなどは変形している場合もあります。そこにピッタリと貼り付いていない場合は隙間テープを貼っても、効果が実感できません。

おさらいをすると、まずは隙間風が入ってくる場所を確定する。そしてそこに隙間テープがなければ新たに貼り付ける。貼り付けが完了されている場合には、はがれていないかしっかり密着されているかを確認することです。

窓の断熱効果を上げるなら断熱カーテンがおすすめ

隙間テープを利用して、さらに部屋の断熱性を上げたいのなら断熱カーテンがオススメです。

部屋の断熱はカーテンによっても違いがあるんですよ。年中同じ厚さのカーテンを使用している場合には、その断熱性を考えて冬場の寒い時期には厚手のカーテンを使用し、夏場には薄手のカーテンを使用するなどの工夫をしてください。

また断熱カーテンを使用していても、窓のサイズに合っていなければ意味がありません。
窓をすっぽりと覆い隠す大きさのものを使用することも、カーテン選びには重要なポイントです。

また私たちは視覚にも左右されます。カーテンはその部屋の大部分の割合を占めるものですからカラーにも注意が必要です。

夏場ならひんやりとしたイメージがあるブルー系の色を、冬場なら温かみがあるオレンジなどの暖色系のカラーを選ぶと、視覚的にも暖かさを感じます。

どうも窓からの隙間風が気になる!と言う方は隙間テープと断熱カーテンの合わせワザを試してみてください。

窓の隙間風に効果的ないろいろな対策

断熱カーテンと隙間テープとの合わせワザのように、一つだけではなく、いくつかの隙間風対策を同時に行うことで、部屋の保温性を高めることが出来ます。

ホームセンターなどでは冬になると冷気対策として、色々なグッズが販売されていますよ。

窓に直接貼り付ける断熱シートもその一つ!シートを貼り付けても透明なので、明かりはバッチリ部屋に差し込みます。

いつもレースのカーテンをかけて、部屋の中が見えないようにしている方なら、さらに目隠しになって一石二鳥ですよね!

またさらに断熱を強化させたいのであればシートではなく、断熱パネルを使用する方法もあります。

窓枠にピッタリと当てはめてもいいですし、ただ窓に立てかけておくだけでも、あるとないのとでは断熱に違いが出ます。

このように自分では思いつかなかった隙間風対策が、ホームセンターでは推奨されていて、すぐに購入して試す事ができるのも嬉しい点です。

隙間風の対策が一つでは十分でなくても、諦めずにいくつかの方法を同時に試してみてください。