注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

男性がネックレスをつけるのには隠された心理が関係していた!

最近男性でもネックレスをオシャレとして身に付けている人を見かけます。実はただのオシャレではなく、そこには隠された心理が関係していることもあります。

ではネックレスをつける男性の心理とは?また男性がアクセサリーを見につける時の注意点についてご紹介いたします。

女子ウケがいいネックレスや、そのわけについても調べましたので参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャリーケースのサイズや選び方は日数にあわせて!

国内や海外の旅行にかかせないキャリーケースですが、日程によってどんなサイズがいいのか悩んでしまいます...

ハムスターの種類や性格について!ハムスターの飼い方をご紹介

ハムスターは種類によって性格も違うものなのでしょうか?飼いやすいハムスターとは? とくに人気の...

お盆は電車も空いてるし電話も鳴らない!ベストな仕事環境だった

「お盆の時に仕事なんてかわいそうに」と思っていませんか? いえいえ、そんなことはありません。 ...

運動会の持ち物【保育園編】定番以外であると嬉しい便利グッズ

待ちに待った保育園の運動会!前日までにあらゆる持ち物を準備します。 運動会の持ち物リストはある...

6ヶ月くらいから赤ちゃんは人見知りをする?対処方法について

赤ちゃんの人見知りは何ヶ月くらいから始まるものなのでしょうか? だいたい6ヶ月くらいからと言わ...

イギリスの文化で、日本との違いはこんなところがあります!

日本と同じ島国イギリスは、やはり似ている部分はあるのでしょうか? イギリス料理は美味しくないと...

歌の才能は生まれつき?歌の才能やセンスは環境が左右する!

歌が上手い人を見ると「やっぱり才能がある、センス抜群!」と思ってしまいます。 歌手の中にも親が...

機内持ち込みのバッグで女性にオススメな使い方や入れたい物

海外など長い期間の旅行ならつい荷物が多くなってしまいますね。 荷物は3つのバッグに分けるととて...

ご祝儀を会社から頂いた場合お返しは必要?マナーについて

結婚祝いや出産祝いなどで会社からご祝儀を頂く場合があると思います。そんなときに気になるのがお返しです...

ライブ最前列の緊張感を楽しいものに!最前列ならではの楽しみ方

ライブで運良く最前列に入れるなんて、想像しただけで緊張してしまうものです。だって大好きなアーティスト...

舞台俳優へのプレゼントにオススメなものと贈る場所とは

好きな俳優さんの舞台に行く人や通う人は多いと思います。 何か差し入れをしたいと思っても、実際に...

家は木造?鉄筋がいい?構造の違いから見るメリットとデメリット

家の構造には、木造や鉄筋コンクリートといった工法がありますが、それぞれどんな違いがあるのか正直分から...

自分好みのリースを手作り!可愛く見える作り方やコツをご紹介

クリスマスになると玄関にリースを飾るお家が増えていますね。可愛いリースが飾ってあると見ているこちらも...

ガチャガチャはなぜ人気?外国人が感じるその魅力とは

ガチャガチャといえば日本では子供が楽しむものという印象でしたが、今では外国人に人気のおみやげの一つと...

秋の北海道観光おすすめの場所!秋の北海道には魅力がたくさん

秋に北海道観光をしようと思っている人に、北海道のおすすめの観光スポットをご紹介します!秋の北海道には...

スポンサーリンク

男性がネックレスをつけるのは深層心理が関係している?

男性がネックレスをつけるのは自分に自身が持てないから

自己肯定感の低い男性が、ネックレスを好むことがあります。

「自分に自身がない=アピールできるところがない」と感じてしまうことから、ネックレスによって自信があるように見せかけるというのです。

心理的な部分を変えるのは難しくとも、ネックレスをすることで自信があるように見せかけるのは簡単ですね。

注目して欲しいからネックレスをつける

寂しさや自分に注目して欲しいという欲求がネックレスをすることに繋がることもあります。

どちらかといえば男性がネックレスをするのは少数派。それをわかった上でつけるのは、注目されたいという願望の現われです。

女性のように「寂しい」などと軽々しくは言いにくい男性にとって、ネックレスが寂しさを和らげるアイテムになり得るのだそうです。

男性のネックレスは自分をアピールしたい心理の表れの場合も!

男性が自分のアピールのためにネックレスをするケースは前述しました。

さらに言うと、権威性をより強くアピールしたい場合にネックレスをしている場合もあります。

特にゴールドのネックレスは「お金持ち」「稼いでいる」というイメージもありますよね。

自分は、多額の金を稼いでいる・社会人として成功しているということを目に見える形で具現化したものとしてネックレスがあるのです。

実際、メディアに登場する芸能人や企業家、権力者などを目にすることがあるでしょう。
自分の成功や財力・権力を積極的に周囲にアピールしたいという気持ちの表れの1つがネックレスなわけです。

付けていてなぜ悪い、文句があるかとばかりに派手なものやゴツイものを付けている人は、その欲求がより強いということなのでしょう。

ただ、あまりにも自慢げなアピールは、逆に悪い印象を残してしまいます。

男性のネックレスはこんな心理が隠されている場合も

鍛えたボディやスタイルを見せ付けたい欲求でネックレスをする

ジムでトレーニングをしてガッチリとした筋肉を付けた男性に、ネックレスを愛用している人が多くみられます。

鍛えた身体に自信がある、自分のファッションやスタイルに自信があるといった場合もネックレスを通して自分自身を見せ付けたいという欲求が現れています。

えてしてこのタイプは、肌の露出が多かったり、首元が大きく開いたTシャツなどを好んできます。

この場合、肉体美やセンスを積極的に褒められたいタイプが多いようです。

ネックレスをお守りとしてつける男性いる

スポーツアスリートは、意外と縁起をかつぐ人も多く、お守りとして見に付けている場合もあります。

その場合はゴールドよりも天然石や特別なデザインであることも。

思い入れがあって、常に身に着けていたいというネックレスなのかもしれません。

ファッションに合わせてネックレスをつける

流行やファッションに合わせ、高価な物よりもコーディネイトとして複数のネックレスを使い分けます。

男性がアクセサリーをつける時の注意点

ネックレスをするときは他のアクセサリーを付けすぎない

ネックレスのほかに、ブレスレットや指輪などを同時にジャラジャラ付けてしまうと品がない印象を与えてしまいます。

特に指輪を2個以上、それも両手にしていると下品な印象になりがちなので要注意です。

安物は付けない

作りの粗悪な安物のアクセサリーは、アピールになるどころか、その人自信を安く見せてしまいます。

特に女性は男性が思うより目が肥えているので、安物はすぐに見抜かれてしまいますよ。

シンプルなデザインを選ぶ

極端に大きなものや華美な装飾があるものは女性ウケしないことが多いので注意が必要です。

ドクロのデザインなど好む人がいる一方、嫌いな人も多いことをお忘れなく。

そもそもネックレスは女子ウケが悪い

一般的には男性がネックレスをすること自体、あまり良い印象を持たれないケースが多いようです。

男性のネックレスはシンプルが良いと言われるワケ

男性がネックレスを選ぶときに考えたいのは「シンプル・イズ・ベスト」ということ。

そもそも、ネックレスは「なくてもいいもの」であるわけです。

実用品としての意味がある時計や靴と違い、単なる装飾であるネックレスは本来「高感度」や「女子ウケ」からは対極にあるものです。

ですから、付ける場合もできるだけシンプル・ナチュラルなものを選ぶのがおすすめです。

「寝癖風の髪型」が流行したことがありましたが、それはつまり「自然である」ことが好まれた結果です。

ネックレスをしていることがカッコいいと思って、むやみにぶら下げているのでは逆効果。

ネックレスよりも、服装選びなどコーデを磨くほうが、よほど効果的に自分アピールができます。

それを踏まえたうえでバランスよくアクセサリーを選べるようなら文句なしでしょうね。