注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

薄手コートは秋と春兼用でもいいの?コート選びのポイント

薄手のコート一枚が欲しくなる時期。そう秋です。

秋近くになると店頭には様々なタイプの薄手コートが並び、ついつい手に取ってしまいますが、ちょっと気になるのが、同じく薄手コートを必要とする春のこと。

秋と春とで兼用しても問題ないのかが気になります。

薄手コートは秋と春兼用でもいいの?コート選びのポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性が苦手な原因と克服するための方法!慣れるためのステップ

女性の中には男性が苦手という方も少なくありません。でも男性が苦手だと、彼氏がなかなかできないというだ...

本棚をきれいに見せる収納アイデアをご紹介!グッズを活用しよう

リビングに本棚があると、なんでも入れて収納してしまうのでぐちゃぐちゃになってしまっていませんか。 ...

乳児と幼児の違いとは?保育園での過ごし方やタイミング

保育園に入れるなら、乳児のときから?それとも幼児になってからがいい?そもそも、保育園には何歳から入る...

平日休みの過ごし方。メリットを最大限に生かして休みを満喫!

平日休みの過ごし方。 土曜・日曜が休みの働き方の人は、約7割だそうです。 だから土日はど...

ガソリンの燃費向上のためには本当に満タンNGなのか検証!

ガソリンの価格が上がると、少しでも車の燃費を良くしたいと思いますよね。 また値上がりするかもし...

ハイターの色落ちを戻す染め直しのコツや知っておきたい予防法

ハイターを洗濯に使用することで衣類の色落ちをしてしまったときは、戻すことはできるのでしょうか? ...

シングルマザーはパートでも家を買うことが可能?その条件を解説

シングルマザーでもアパートではなく一軒家に住みたいと思いますよね。子供のために家を残してあげたい…。...

白Tシャツがすけない方法と正しいインナーの選び方

夏になると着たくなる白のTシャツ。 クローゼットの中に1枚はありますよね。 ボトムスを選ばずにど...

ハンドメイド用のミシンを購入したい!おすすめポイントをご紹介

ハンドメイドの入園・入学グッズなどを見ていると自分も作りたくなりますよね。 昔と違って最近のミ...

先輩だった彼女の呼び方を変えるタイミングや使い分ける効果

先輩彼女への呼び方は意外と悩む人も多いです。先輩でも彼女になったのだから、やっぱり呼び方は変えた方が...

父と息子が不仲の場合は?不仲の理由や対処方法について

父と息子が不仲のときには、お母さんはどのように対応したらいいのでしょうか? 男同士だから、その...

スウェットに毛玉ができる原因とは?毛玉対策はコレ

スウェットの毛玉の原因にはどんなものがあるのでしょうか?普段していることが毛玉の原因かもしれません。...

大学を卒業できない夢を見た!夢の示す意味と隠れている深層心理

大学を卒業できない夢を見てもやもやした目覚めを経験したことがある人もいますよね。実際に自分が大学卒業...

アパートの電気がつかないときに考えられる原因について

突然部屋の電気が消えてしまった…。そんなときに考えられるのはまずは電気の使いすぎでブレーカーが落ちた...

鶏肉を冷凍して解凍する方法や解凍後の保存方法と再冷凍について

手軽にタンパク質を摂取できる鶏肉。 この鶏肉を冷凍した場合、解凍する方法を知っていますか? ...

スポンサーリンク

薄手のコートで秋に着る物の特徴は?春に兼用しても問題ない?

洋服選びと季節を考えると、春夏秋冬ではなく夏・冬・春と秋と考える人が多いのではないでしょうか?春と秋は気温が近い事もあり、同じものを着用出来た方が経済的ですよね。

特に、洋服の中でも高額なコートは何枚も買い揃えるのは大変ですから、兼用したいアイテムのひとつです。しかし、「スプリングコートを秋に着ても大丈夫?」「秋のコートを春に来ていたら暑苦しく見えない?」と気になる人もいるでしょう。

もちろん、春と秋のコートは兼用しても大丈夫です。ただし、春と秋では適したコートが異なっています。

春に販売されるコートは、「春らしさ」を取り入れた淡い色や明るい色で、どんどん暖かくなる季節に合わせて軽めの素材になっています。逆に秋は、「秋らしさ」を取り入れて落ち着いた色合いで、どんどん寒くなる季節に対応するために厚めの素材が使われています。そのため、厳密に言えば、春のコートと秋のコートは別物です。

しかし、最近は「その季節らしい素材」の境界線が曖昧になってきているので、気にせず春と秋のコートを兼用にして大丈夫です。ただし、選ぶときは兼用にすることを前提とした色や素材選びをしましょう。

薄手コートの代表トレンチコートは春と秋で違いがあるの?

春と秋のコートを兼用にしたいと考えている人は、トレンチコートがおすすめです。トレンチコートはあまり季節を選ばず、長いシーズン着ることが出来る万能選手です。

特に最近は、春でも秋でもライナーがついていたりして、春と秋に販売されているトレンチコートの違いが全く分からない、ショップやブランドも増えてきています。

しかし、やはり春のトレンチコートは秋に比べるとカラーバリエーションが淡い色合いが多く、生地も薄い傾向にあります。秋には厚めの中綿やボアなど防寒対策ばっちりなライナーがついてることも多いですが、春はライナーどころか裏地ナシの場合もあり、ブランドやショップによって様々です。

春と秋は気温の変化が大きい時期ですので、兼用のトレンチコートを買う場合はライナー付きを選ぶのがおすすめです。また、単純に春と秋と言ってもいつからいつまで着るのかによって着るときの気温が変わるので、選ぶコートが変わってくるでしょう。

薄手の秋物トレンチコートを春にまわす時のポイントは?

春のトレンチコートは薄い素材で淡い色が多く、秋のトレンチコートは厚めの生地で落ち着いた色味が多いです。秋に厚みのある深い色のトレンチコートを購入した場合は、春に着ると少し重たく見えてしまう可能性もあるでしょう。

しかし、暖かくなる春よりもどんどん寒くなる秋の季節に販売されているトレンチの方が、ライナーがついていたりして、長いシーズン着るのには便利だったりします。

秋に春にも使うことを想定してトレンチコートを購入する場合は、春に来ていても重くなく、秋に着ていても寒々しくない色を選びましょう。

パステル系の色は軽やかな春を連想し、キャメルやダークブラウンなどは温かみのある秋を連想させます。そこで、季節を選ばない色と言えば、ベージュです。ベージュと言っても淡いベージュから濃いめのベージュまでありますので、淡すぎず濃すぎないベージュで自分の顔色にあるベージュが良いでしょう。他にはネイビーなどもおすすめです。

秋の定番トレンチコートを着るタイミングは?

夏から秋にかけて段々気温が低くなってくると、ちょっとした羽織からコートへと本格的に防寒アイテムを取り入れていくようになりますが、それはいつがベストなのでしょうか?

通勤中や休日の街中で周りの人がコートを着だしたら、なんとなく自分もコートを着るという人が多いと思いますが、気温が高くてコートを着るにはまだ暑いと感じる時や逆に寒がりで人よりも早くコートが着たいという人もいるでしょう。

周りがコートを着ているのに自分だけ来ていなかったり、自分だけコートを着ていると浮いて見えてしまいそうで気になりますよね。個人的には、世間的に制服の衣替えが行われる10月を目安にするのがおすすめです。

単純に体感温度でトレンチコートを着るタイミングをはってしまうと、いつまでも暑いと思っていたら急に気温が下がって、トレンチコートでは寒いという気候の年もありますよね。ですから、おしゃれを楽しむという意味でも、トレンチコートを着るタイミングは10月を基準にしたら良いでしょう。

薄手のコートを着るタイミング、春は?

秋は10月を目安にトレンチコートを着るのがおすすめですが、春も冬用のコートから春のコートに変えるタイミングが難しいですよね。春は通勤時間帯の朝晩が寒くて、気温的にはまだまだ冬用のコートを着ていたいのが本音という人もいるでしょう。しかし、気温が低くても春になれば冬のコートは見た目的に暑苦しくなってしまいます。

住んでいる地域にもよりますが、3月か遅くとも4月になったら春用のコートに衣替えしましょう。朝の気温が15度前後になったら冬のコートは見た目にも重いです。

まだ寒いけど冬用コートでは重い寒い時用のコートと大分暖かくなったけど、アウターを着ないと少し肌寒い時用のコートを使い分けるか、ライナー付きコートのライナーで調節するのがベストですね。