注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

塩を清めの為に持ち歩く人は増えている!使い方や交換時期を解説

日本人にとっては馴染み深い、盛り塩やお清めの塩。

神棚にお供えしたり、お店の玄関先やトイレなどでよく見かけますね。

昔から塩は厄除けや魔除けとしても使われていましたが、最はお守り代わりに持ち歩く人も増えているようです。

清めの塩は持ち歩く以外にも、こんなシーンでも使ってみてはいかがでしょうか。

塩の交換時期なども詳しくみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ホテルの当日予約は電話がオススメな理由とお得になるタイミング

ホテルの当日予約には、電話予約をするのがオススメです。 また、ホテルを当日に予約したいときは、...

湿度が高いとなぜ暑いと感じるのか、その理由を教えます!

日本の夏は高温多湿と言われていますが、湿度と気温の関係って気になりますよね。 なぜ湿度が高いと...

スライムを手作り!洗濯糊がない時に代用可能な物について

子供がお家でスライムを作りたいといい出したら、何が必要でしょうか?洗濯糊やホウ砂が必要となりますが、...

靴の消臭剤を手作りしよう!身近にあるもので簡単に手作り消臭剤

靴の臭いが気になることはありますよね。お気に入りの靴に嫌な臭いがついてしまうと、とてもショックをうけ...

鍋の焦げ付きを取る方法!鍋の素材に合わせた効果的な落とし方

うっかり鍋を焦がしてしまったという時には、しばらくお湯に付けておいてから洗いますが、それでもこびりつ...

大学の入学式で髪色を明るくしてもいいが、明るすぎるのはNG!

高校までは黒髪でも、大学の入学式前に髪色を明るくしようと考える方もいるのではないでしょうか。 大学...

一人暮らしは初めてというアラサーさん必見!準備しておく事とは

アラサーになってから、初めて一人暮らしをするという人もいます。 一人暮らしをしようと思ったキッ...

窓の防音対策。賃貸でできる範囲の対策や方法について

窓の防音対策のおすすめを紹介します。 賃貸物件なら、自分の好きなように防音対策をすることができませ...

電話のセールスがしつこい時の撃退法!毅然とした態度で示そう

普段鳴らない電話に出てみると、勧誘セールスだったといった経験ありませんか? どこから電話番号を調べ...

手帳に10月始まりがあるのはなぜ?手帳の種類とおすすめの手帳

たくさんの種類の手帳が発売されている現代ですが、その中には10月始まりのものもあります。なぜ10月始...

電車での携帯使用不可の理由と今緩和されつつあるワケ

電車での携帯通話はマナー違反。定着されているルールだと思っていましたが、なぜ電車で会話をするのはOK...

天中殺の過ごし方、恋愛をしやすい時期だが同棲結婚は焦らずに

天中殺とは、12年に一度だけ巡ってくる2年間のリセット時期。 この天中殺の過ごし方の中でも大きく影...

バッグの持ち手がボロボロになったら簡単にリメイクするコツ

お気に入りのバッグの持ち手は、気がつくとボロボロになっていたりしませんか? では、そんなボロボ...

フローリングに敷く布団の寒い底冷え対策とカビ予防

フローリングの床に直接布団を敷くと、寒いと感じることはありませんか? 夏はそれほど感じませんが...

アスファルトの工事は雨の日でもOK?天気との関係性について

自宅の駐車場などのアスファルト舗装工事を依頼する場合、梅雨のシーズンなど雨の多い時期は問題ないのか気...

スポンサーリンク

お清めの塩を持ち歩くことの意味とは

塩には目には見えない災いを浄化する作用があると言われています。
盛り塩を玄関にするのは、悪いものが家の中に入らないようにということですね。

ですから、塩をお守りがわりに持ち歩く人も居ます。

塩は、悪いものを遠ざけると同時に、良いものも引き寄せると言われています。

私は、出張が多く、色々なホテルや旅館に泊まります。
その時、なんとなく嫌な雰囲気の部屋に当たってしまうことがあります。

そんな時、お清めの塩を部屋に振ります。

空気がガラッと変わるのを感じますよ。

私は、大さじ1ほどの量の清めた塩を半紙に包持ち歩くようにしています。

持ち歩くだけでもお守りになりますし、嫌な場所や嫌なことが続くとそこにひとつまみ撒いたり、お風呂に入れて入ったりします。

お清め塩はこんな場面にも持ち歩くといいでしょう

塩にはパワーがあります。

私が部活の試合で緊張しているとおばあちゃんが塩を舐めなさいといって塩壺を持ってきて指に塩を付け、私の舌にくっつけました。
ちょっぴりしょっぱい!でも、不思議と気持が落ち着いたのです。

試合の結果はよくありませんでしたが、不思議と変な緊張感はなく、落ち着いて戦えました。

それが私と塩の出会いです。

社会人になった今でも、仕事で大事なプレゼンや、得意先との打ち合わせがる時にはお守りの塩をほんの少し舐めます。
そうすると、不思議と落ち着きが身体の中から湧き出てくるのです。

持ち歩くお塩は、使い切らないといつまでたっても、同じものを持ち続けることになりますよね?

塩は悪いものを吸ってしまうので、あまりにも長い期間同じ塩を持ち続けると邪気をたくさん含みすぎた塩になってしまいます。

ですから、月に一度は塩を交換するようにしましょう。

私は、月のはじめに新しい塩にします。

今まで持ち歩いていた塩はお風呂に入れます。

お清めの塩は持ち歩く他に、職場のデスクに置いてもOK

職場の人間関係に悩んでいるなら、相性の悪いその相手に塩を投げつけてやりましょう!というのは、もちろん冗談です。

どんな出来事も相手が100%悪いということはあり得ません。

自分の周りの気をクリーンにしておけば、嫌なことも寄せ付けないと思います。

そこで自分のデスクの上に、盛り塩を置きたいところですが、やはり職場です。
そこまで自由にすることは難しいでしょう。

そんな時には中身が塩のお守りを作ってみませんか?

お清めされた塩を半紙にくるみ小さな巾着に入れます。

仕事の邪魔にならない程度の観葉植物をデスクの上に置くのも、浄化作用には効果的です。

もし、観葉植物の育ちが悪く枯れてしまったらそれはあなたの身代わりになってくれている証拠です。
感謝しながら土に返してあげましょう。

部屋や生活が淀んでいると感じたら塩で清めてみよう

部屋の空気がどんよりしてる。
そう感じることってありませんか?

まずは、部屋の掃除をしましょう。

散らかっていなくても、テレビ台や棚などに誇りがうっすらと積もってはいませんか?

また、隙間にびっくりするくらいのワタボコリが溜まってはいませんか?

散らかっては居なくても、なんとなく乱雑に積み上げられた書類や雑誌など、気の流れを止めているような場所はありませんか?

また、見落としがちなのが『壁』と『天井』

部屋の天井の四隅、なんだかくすんでいませんか?

天井の四隅をホウキやハンディーモップですす払いしてみてください。
それだけで部屋全体がスッキリ明るくなりますよ。

『汚れ』ではなく『汚れ』を取り除く気持で掃除しましょうね。

まずは掃除をして、部屋をすっきりさせてあげましょう。
良い気が流れる部屋を作らないと、いくら塩でお清めしても意味がありません。

良い気が流れる部屋になったら、煎り塩をつくります。

フライパンに塩を入れ水分を飛ばします。

その塩を部屋に撒いて、掃除機で吸い取ります。

煎り塩が悪い気を吸い取ってくれます。

塩が持つ役目とは?

適度な塩分がなければ、食事ができませんよね?
塩味をつけると言うよりも、素材の味を引き立てる役割のある塩。

食材だけではなく、私達の身体にも大事な役割を果たしてくれているのです。

取りすぎてもダメですし、全く取らないのもダメです。

身体にとっても直接重要な役割を果たしている『塩』

塩と上手に付き合って、健康を保ち邪気を払い楽しい毎日を過ごしましょう!