注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

塩を清めの為に持ち歩く人は増えている!使い方や交換時期を解説

日本人にとっては馴染み深い、盛り塩やお清めの塩。

神棚にお供えしたり、お店の玄関先やトイレなどでよく見かけますね。

昔から塩は厄除けや魔除けとしても使われていましたが、最はお守り代わりに持ち歩く人も増えているようです。

清めの塩は持ち歩く以外にも、こんなシーンでも使ってみてはいかがでしょうか。

塩の交換時期なども詳しくみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

腕時計のガラス曇りの原因と湿気を除去するおすすめの対処法

腕時計のガラスにつく曇りや水滴。 ガラス内部にどうして!と気になりますし、何よりお気に入りの時計が...

大学の入学金が払えないときにやるべき対処法と平均金額

大学の入学金が払えないと悩む受験生もいるでしょう。せっかく厳しい受験を勝ち向いて合格を手にしたのに、...

クッションフロアのカビの取り方とは?落とし方や掃除方法を紹介

クッションフロアにカビが生えてしまったときには、どんな方法で掃除をしたらいいのでしょうか? カ...

アメリカの電車や地下鉄の乗り方をマスターして旅行を楽しもう

アメリカを旅行する場合、一都市だけではなく二都市以上滞在するのであれば電車や地下鉄の乗り方を知ってお...

絵が上手い子供について。親子で書くことを楽しむには

絵が上手い子供になって欲しいと願うなら、子供に対してどのような声掛けをしながら接すると良いのでしょう...

携帯を水没させたときの対処方法とは?すぐにコレを外そう

携帯を水没させてしまったときにはどのような対処方法が正解なのでしょうか?ついつい、慌てて電源を入れよ...

アルバムを手作りして仕掛けでサプライズ!簡単なアイデアを紹介

アルバムの手作りや仕掛けのサプライズはプレゼントとしても最適です。 大切な友達や彼氏に喜ばれる仕掛...

鶏肉を冷凍して解凍する方法や解凍後の保存方法と再冷凍について

手軽にタンパク質を摂取できる鶏肉。 この鶏肉を冷凍した場合、解凍する方法を知っていますか? ...

カレーの匂いってなかなか取れない。鍋に染み付いた臭いの取り方

カレーの匂いって残りますよね。 室内にも、服にも食器にも鍋にも… カレーは作りやすい半面、後...

玄関ドアの防音対策!手軽な防音対策からリフォームまでご紹介

マンションやアパートでしばしば問題となるのが騒音問題。 以外に盲点なのが玄関ドアです。 特に...

子犬のトイレトレーニングの方法は?共働きでも成功させる方法

共働きで家を留守にする時間が多いご家庭でも、犬を飼いたいと考える人もいるのではないでしょうか。共働き...

薄手コートは秋と春兼用でもいいの?コート選びのポイント

薄手のコート一枚が欲しくなる時期。そう秋です。 秋近くになると店頭には様々なタイプの薄手コート...

家族が布団で寝る時の寝方、やっぱり川の字で広い布団で快適に

新婚時代は夫婦でダブルベッドというスタイルが多いでしょう。 子供が出来ると子供はどこに寝かそう...

大学卒業式に親が行くのは過保護?親子で十分話し合うことが大切

子供の大学の卒業式。出席して子供の成長を見守りたい親御さんも多いと思います。 卒業式は入学式よりも...

窓の隙間を埋めるのが暖房効率アップのコツ!お部屋の冷気対策

寒い季節になると窓際から冷たい風が入っていることはありませんか? 暖房をつけているのに、足元にひん...

スポンサーリンク

お清めの塩を持ち歩くことの意味とは

塩には目には見えない災いを浄化する作用があると言われています。
盛り塩を玄関にするのは、悪いものが家の中に入らないようにということですね。

ですから、塩をお守りがわりに持ち歩く人も居ます。

塩は、悪いものを遠ざけると同時に、良いものも引き寄せると言われています。

私は、出張が多く、色々なホテルや旅館に泊まります。
その時、なんとなく嫌な雰囲気の部屋に当たってしまうことがあります。

そんな時、お清めの塩を部屋に振ります。

空気がガラッと変わるのを感じますよ。

私は、大さじ1ほどの量の清めた塩を半紙に包持ち歩くようにしています。

持ち歩くだけでもお守りになりますし、嫌な場所や嫌なことが続くとそこにひとつまみ撒いたり、お風呂に入れて入ったりします。

お清め塩はこんな場面にも持ち歩くといいでしょう

塩にはパワーがあります。

私が部活の試合で緊張しているとおばあちゃんが塩を舐めなさいといって塩壺を持ってきて指に塩を付け、私の舌にくっつけました。
ちょっぴりしょっぱい!でも、不思議と気持が落ち着いたのです。

試合の結果はよくありませんでしたが、不思議と変な緊張感はなく、落ち着いて戦えました。

それが私と塩の出会いです。

社会人になった今でも、仕事で大事なプレゼンや、得意先との打ち合わせがる時にはお守りの塩をほんの少し舐めます。
そうすると、不思議と落ち着きが身体の中から湧き出てくるのです。

持ち歩くお塩は、使い切らないといつまでたっても、同じものを持ち続けることになりますよね?

塩は悪いものを吸ってしまうので、あまりにも長い期間同じ塩を持ち続けると邪気をたくさん含みすぎた塩になってしまいます。

ですから、月に一度は塩を交換するようにしましょう。

私は、月のはじめに新しい塩にします。

今まで持ち歩いていた塩はお風呂に入れます。

お清めの塩は持ち歩く他に、職場のデスクに置いてもOK

職場の人間関係に悩んでいるなら、相性の悪いその相手に塩を投げつけてやりましょう!というのは、もちろん冗談です。

どんな出来事も相手が100%悪いということはあり得ません。

自分の周りの気をクリーンにしておけば、嫌なことも寄せ付けないと思います。

そこで自分のデスクの上に、盛り塩を置きたいところですが、やはり職場です。
そこまで自由にすることは難しいでしょう。

そんな時には中身が塩のお守りを作ってみませんか?

お清めされた塩を半紙にくるみ小さな巾着に入れます。

仕事の邪魔にならない程度の観葉植物をデスクの上に置くのも、浄化作用には効果的です。

もし、観葉植物の育ちが悪く枯れてしまったらそれはあなたの身代わりになってくれている証拠です。
感謝しながら土に返してあげましょう。

部屋や生活が淀んでいると感じたら塩で清めてみよう

部屋の空気がどんよりしてる。
そう感じることってありませんか?

まずは、部屋の掃除をしましょう。

散らかっていなくても、テレビ台や棚などに誇りがうっすらと積もってはいませんか?

また、隙間にびっくりするくらいのワタボコリが溜まってはいませんか?

散らかっては居なくても、なんとなく乱雑に積み上げられた書類や雑誌など、気の流れを止めているような場所はありませんか?

また、見落としがちなのが『壁』と『天井』

部屋の天井の四隅、なんだかくすんでいませんか?

天井の四隅をホウキやハンディーモップですす払いしてみてください。
それだけで部屋全体がスッキリ明るくなりますよ。

『汚れ』ではなく『汚れ』を取り除く気持で掃除しましょうね。

まずは掃除をして、部屋をすっきりさせてあげましょう。
良い気が流れる部屋を作らないと、いくら塩でお清めしても意味がありません。

良い気が流れる部屋になったら、煎り塩をつくります。

フライパンに塩を入れ水分を飛ばします。

その塩を部屋に撒いて、掃除機で吸い取ります。

煎り塩が悪い気を吸い取ってくれます。

塩が持つ役目とは?

適度な塩分がなければ、食事ができませんよね?
塩味をつけると言うよりも、素材の味を引き立てる役割のある塩。

食材だけではなく、私達の身体にも大事な役割を果たしてくれているのです。

取りすぎてもダメですし、全く取らないのもダメです。

身体にとっても直接重要な役割を果たしている『塩』

塩と上手に付き合って、健康を保ち邪気を払い楽しい毎日を過ごしましょう!