注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

車の騒音で通報する時の方法と注意点!騒音対策もご紹介

車の騒音に困っていませんか?
いつも決まった時間になると爆音を響かせている車。夜もゆっくりできずどうにかしたいものです。

対処法の一つとして警察への通報がありますが、どういった流れで通報するべきなのでしょうか。そもそも車の騒音で通報してもいいのでしょうか。

車の騒音で通報する時の方法と注意点、騒音対策についてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のタイヤホイールに傷がつく原因や対処方法について

車のタイヤホイールに傷をつけてしまった・・・。縁石に擦ってしまったり、乗り上げたりしたときにはタイヤ...

アナログとデジタル時計のそれぞれの短所や長所と心理的効果

ビジネス用やプライベート用などで腕時計は必要ですね。購入を考えた時にアナログかデジタルかで悩んでしま...

アイデアを募集している企業を利用してアイデアを売り込むコツ

スマホで「アイデア 募集」と検察すると、様々な企業がアイデアを募集しているのがわかります。 これだ...

ネクタイのシワを伸ばすためのケア対策と正しい保管方法

ネクタイにシワがついてしまったときは、普段のネクタイのお手入れだけではなかなか取れませんよね。 ...

洗濯機が脱水時にガタガタうるさいのはなぜ?異音の原因と対策

洗濯機の脱水時にガタガタうるさいと、何が原因なのか、もしかして故障!?と気になります。 洗濯機は高...

お風呂に入るための値段は1回いくら?1人暮らしでも節約可能!

1人暮らしをしていると、少しでも光熱費を節約したいですよね。そのためにお風呂に入らずシャワーで済ませ...

スライムを手作り!洗濯糊がない時に代用可能な物について

子供がお家でスライムを作りたいといい出したら、何が必要でしょうか?洗濯糊やホウ砂が必要となりますが、...

電話の受話器が上がっている?それを確認する方法を教えます

何回電話をしても話し中の時って「もしかして受話器上がっている?」って思ってしまいますよね。 相...

女子らしい部屋の収納でスッキリ可愛く見せるコツやポイントとは

女子の一人暮らしの部屋は、狭くて収納スペースがあまりないと困りますよね。 では、女子らしく可愛...

靴の消臭剤を手作りしよう!身近にあるもので簡単に手作り消臭剤

靴の臭いが気になることはありますよね。お気に入りの靴に嫌な臭いがついてしまうと、とてもショックをうけ...

正月の帰省・義実家に赤ちゃんを連れて行くときの注意点と対処法

赤ちゃんを出産してからはじめてのお正月。義実家に赤ちゃんを連れて帰省しようか、悩んでいるママもいるの...

2ヶ月で10キロ痩せることができる?痩せる方法や注意点!

体型が気になっていてダイエットをしたい、またしている人は多いのではないでしょうか? ダイエット...

着る服がない!レディースファッションで悩む40代女性の服選び

「どんな服を着ればいいの?」大人レディースファッション悩む40代女性は多いのではないでしょうか。 ...

革のバッグを雨の日に使って濡れてしまった時の手入れ方法

お気に入りの革のバッグを持って出かけていたら、急な雨で大事なバッグが濡れてしまった!そんな時はちゃん...

旦那が嫌いだけど離婚しない妻へ。幸せを見つけるためのヒント

旦那のことは正直嫌いだけど、離婚しないという妻は少なくありません。女性側にも経済的に自立できる自信が...

スポンサーリンク

車の騒音で警察へ通報するには?

車の騒音で警察官へ通報する場合は、公衆電話から通報する様にしましょう。

自分の携帯電話からだと、誰が電話をかけてきているのか警察に身元がばれます。

もし匿名で通報したい場合は公衆電話から電話をかける事をおすすめします。

警察に通報する際は相手からの質問に的確に答えるようにしてください。

警察に電話をすると、まず事件なのか事故なのか問われます。
その際に、近所のうるさい車に迷惑している事を伝えてください。

詳しい場所や今相手の車のいる位置などを聞かれるでしょう。

あなたの名前を聞かれるとは思いますが、匿名が良い場合は匿名で大丈夫です。

この通報を受けて警察官は言われた車の持ち主の家を訪ね、質問や音、車検証の確認をして注意をしてくれるでしょう。

もし止まっていた場所が駐車違反の場所であれば、警察官が切符を切ってくれるなどの対応をしてくれます。

車の騒音だけで通報しても怒られない?通報する場合の注意点は?

車の騒音だけで果たして通報しても良いのかと疑問に思う人もいますよね。

しかしこれはまったく問題ありませんので、悩んでいるのであればしっかり通報しましょう。

警察官は市民が安全で平穏に暮すためにいるので、騒音の苦情などにもしっかり対応してくれるのです。

とはいっても、むやみやたらに何回も警察に通報するのは避けてください。

警察官も様々な仕事があって急がしいため、ただ相談したいからと言う理由で通報するのは控えましょう。

家の周りを徘徊し始めて迷惑している場合や、相手の特定ができている場合などに通報する方がベストです。

そして注意して欲しいのがコールで呼び出しをしたら電話を切らない事が大切です。
もし切ってしまうと警察からのリコールの電話がかかってきますし、出るまでずっとコールがなり続けます。

1コールでもしたら覚悟をもって電話をするようにしてください。

車の騒音で通報したいけど、どの程度で通報してもいいの?

騒音の感じ方は人それぞれで、どのレベルが騒音として捉えられるのかわからないですよね。

そういった疑問があるせいで、なかなか通報するまでに至らない場合が多いのでしょう。

では騒音の定義をお伝えしましょう。
騒音と認められる音量としては、昼間は「55デシベル以上」、夜間は「45デシベル以上」となっています。
「55デシベル」とは普段の人の話し声くらいの大きさであると言われており、「45デシベル」とはエアコンの風の音などを表します。

隣の部屋から普段の人の話し声くらいの音が聞こえるようでしたら、それは立派な騒音であるといえるでしょう。

環境省の定義によると、「健康上に被害が出ないレベル」とされています。

音のせいで睡眠が妨害されたり、イライラしてストレスが溜まることで健康上に被害がでる場合もあります。

そうなる前に騒音対策として通報した方が良いでしょう。

車の騒音が気になる場合の防音対策とは?

もし外の車の騒音が気になる場合は、以下のような防音対策をとってみてはどうでしょうか。

  • 防音テープを張る
    もっとも手軽なのが窓のサッシの隙間に防音テープを張ることです。
    賃貸マンションの場合などは窓をリフォームする事も難しいので、サッシの機密性を揚げる事が重要となってきます。
    サッシは隙間があるものなので、底から音漏れが起きますので隙間を埋めてしまいましょう。
  • カーテンを変える
    防音効果のある厚手のカーテンも売ってますので試してみても良いでしょう。
  • 二重サッシにリフォームする
    窓の内側にもう一枚窓をつける二重サッシを試してみてはどうでしょうか。
    設置することも容易ですし、二重サッシにすると防音効果だけでなく断熱効果もあるのでぜひお勧めします。

以上のような対策をするだけでかなり騒音の感じ方が変わってくるでしょう。

車の騒音対策として意外に効果を発揮する方法とは?

他にも外の車の騒音対策としては意外な方法があります。

それは家具の配置を変えることです。

家具の配置は一見騒音と関係ないように感じられますが、騒音の緩和にそれなりの効果があります。

部屋が道路に面した場所だと、車の騒音や車の振動によって家具が揺れて音を引き出している場合があります。
食器棚などだと振動で音が出てしまいやすいです。

その為、家具の配置を一度換えてみることは有効であると感じます。

もちろん防音グッズまでとは行かなくても、少しは騒音を緩和する事ができるでしょう。

しかし注意して欲しいのは、家具の配置を変えたからといって必ずしも騒音が緩和されるわけでもありません。

むしろ前の配置の方が良かったという状況にもなりかねませんので、事前に調査してしっかり家具配置を考えてから移動した方が良いでしょう。

大型の家具だと移動するのも手間なので後悔しないようにしてくださいね。