注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

白Tシャツがすけない方法と正しいインナーの選び方

夏になると着たくなる白のTシャツ。
クローゼットの中に1枚はありますよね。
ボトムスを選ばずにどんなアイテムとも合わせやすく、着回しのしやすさは抜群です。

しかし、この白Tシャツで一番気になるのは、インナーが透けやすいという点です。
せっかくおしゃれに着こなしても、下着が透けてしまっては下品なイメージに。

白Tシャツのすけない方法や正しいお手入れ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

契約駐車場の無断駐車の対処法と無断駐車させないための予防法

契約駐車場に無断駐車をされたとき、契約している人の車を駐車することが出来ずに困ることになります。何か...

女友達と旅行中にケンカをしないために心がけることとは

女友達との旅行。 気心が知れている友達だからこそ、旅行中に相手への不満が爆発しちゃうことってあるん...

ボールペンの水性か油性の見分け方と特徴!メリット・デメリット

ボールペンは大きく2つに分けると水性と油性に分かれます。なんとなく違いはわかると思いますが、それぞれ...

大学の入学式で髪色を明るくしてもいいが、明るすぎるのはNG!

高校までは黒髪でも、大学の入学式前に髪色を明るくしようと考える方もいるのではないでしょうか。 大学...

アパート2階に住む時に試したい騒音対策とは

アパート2階に住むと気になるのが、1階に響く音です。 子供の足音や椅子を引く音など、アパートの...

大学を卒業できない夢を見た!夢の示す意味と隠れている深層心理

大学を卒業できない夢を見てもやもやした目覚めを経験したことがある人もいますよね。実際に自分が大学卒業...

キャラを動きがある魅力的なポーズにする描き方教えます!

漫画やイラストで必須なのことの1つは、キャラの魅力的なポーズが描けること。いつも棒立ちで同じ向きの動...

アルミシートの保温性が高いのはどっち側?アルミシートの使い方

アルミシートはどのようにして使うと保温性が高まるのでしょうか?使い方を変えると、一年中使うことができ...

平日休みの過ごし方。メリットを最大限に生かして休みを満喫!

平日休みの過ごし方。 土曜・日曜が休みの働き方の人は、約7割だそうです。 だから土日はど...

本の内容のまとめ方、本を要約するポイントと書き方のコツ

本を一冊読みその内容をまとめしようとしても、まとめ方がわからないという方も多いでは? 本の内容...

ペットボトルを凍らせるとクーラーの代わりになるの?除湿効果も

暑い夏、クーラーがない部屋で快適に過ごすにはどうしたら良いか、頭を悩ませている人もいますよね。ペット...

本についたシミやカビを諦めない!キレイにする方法とやり方とは

長い期間しまっておいた本を見たら、カビやシミがびっしりついていた!ということはありませんか? ...

算数ができない子供。どうしたらいいの?算数が好きになる魔法!

算数ができない子供、算数が得意な子ども。 この2つの差ってなんだと思いますか? それは、算数...

ウエストのゴムを伸ばす簡単な方法と注意点について徹底解説

しばらく履いていなかったスカートやパンツをはこうと思ったら、太ったわけではないのにウエストのゴムがき...

アパートのドアの隙間を防ぐ対処法で寒さや虫の対策をしよう

アパートのドアに隙間があると、風が部屋の中に入り込むのでとても寒くなってしまいます。ドアの隙間を塞い...

スポンサーリンク

白Tシャツがすけない方法、インナーにおすすめの色は?

時代を問わず、夏にさわやかな着こなしをするなら白Tシャツですよね!でも白Tシャツを着るときに気になるのがインナー。

下着が透けてしまうのが気になるところです。夏でなければ白Tシャツを着ても、上に何かを羽織ることでインナーを気にせずにすみます。

しかし熱い夏は、やはり羽織り物が無いほうが涼しく過ごせるので、インナーは透けないものを選ばなければいけません。

そこで白Tシャツにオススメの透けない、インナーカラーをご紹介します。

白地に透けないのは、やっぱり白では?そう思いがちですが、意外に白いインナーは透けてしまいます。透けないインナーを選ぶなら白ではなくベージュ、またはモカが良いでしょう。

専門店でオススメされるのは肌色よりも濃い色のモカです。モカだと下着との境目がよりわかりづらくなります。

透けない色を選んでも心配!という方はタンクトップをインナーに着るのがオススメです。

タンクトップなら透ける事を計算に入れて、色物やボーダーを選んで見ても良いと思いますよ。

Tシャツの下がすけない方法!白の場合は下着をシンプルに

白Tシャツの場合のインナーに透けないオススメの色を紹介しましたが、実は色だけでなくデザインもTシャツには響いてしまいます。

モカやベージュを選んでも、インナーのレースが透けてしまっては、残念ですよね。

一番響かないデザインは縫い目がない、モールドカップです。コレならアウターに響かずキレイなシルエットを作ることが出来ます。

またレースがカップに装飾されているものを選ぶときは、凹凸が少ないものを選ぶようにすると良いでしょう。

レースが多く付いているものは可愛らしく魅力的ですが、アウターにひびかないという点で選ぶのならNGです。

また夏場向けの通気性の良い下着も販売されていますので、汗が気になるという方は素材にも注意をしてみてくださいね。

白Tシャツがすけない方法は厚手の物を選ぶといい

白Tシャツはどれも同じようにインナーが透けて目立つのか、というとそうではありません。

Tシャツの素材、厚さによってもインナーが透ける度合いは違ってきます。

生地は薄くなればなるほど透ける度合いは大きくなり、厚くなればなるほどインナーが目立たなくなってきます。

インナーの色や形を考慮しても、透け感が気になってしまうという方は白Tシャツの厚さを気にしてみると良いと思います。

薄着をする季節に白Tシャツは、インナーが透けて見えるから敬遠している。そんな方はインナーと生地の厚さのダブルの防止策を取って、白コーデのオシャレを楽しんでみてください。

コーデの幅がグンと広がること間違いナシです!

大人女子におすすめ!白Tシャツのおしゃれコーデ

爽やかな白Tシャツは夏にピッタリのアイテム!年齢を問わずに楽しむことが出来ます。

でも大人女子の皆さん!若い頃とはちょっと違う、カジュアルではなくキレイめなコーデが気になりませんか?

白Tシャツは、どんなコーデにもあう万能選手なので、キレイめのコーデにもばっちりとはまっちゃいますよ。

オススメの白Tシャツを使った、きれいめコーデはコチラ!

花柄のボトムと合わせるコーデです。花柄には色々な色が入っているので、キレイめな色をトップスに合わせる方も多いと思いますが、ココはあえての白!

トップスに白を持ってくることで、花柄が引き締まりキレイめ大人コーデの出来上がるんです。

またスカートが花柄の定番ですが、今は同じ花柄でも柄が大きいもの、小花柄、色が控えめのものと種類も色々とあり、スカートだけではなく色々なボトムにも使われています。
スカートがチョット・・・。という方もぜひ、他のボトムで花柄と白Tのコーデにチャレンジをしてみてください。

お気に入りの白Tシャツを長く着るためには正しくお洗濯

白Tシャツは沢山販売されていますが、デザインが微妙に違ったりして、皆さんお気に入りの一枚があると思います。

ジャブジャブと洗濯が出来るTシャツですが、白Tだと洗濯をするときに気をつけなければいけない点もあることをお忘れなく!

それは色移り!色が濃いものと一緒に洗濯をしてしまうと、色が移ってしまってせっかくの白Tが台無しになってしまう事も。

少量だからまとめて洗濯!と思ってしまいますが、白と色物は必ず分けて洗濯をしてください。

また白Tシャツは汚れが目立ちやすいのも特徴です。なんだかうっすらと汚れているような場合には、漂白剤を使って洗濯をすると良いでしょう。

この時に気をつけたい点は酸素系漂白剤を使うか、塩素系漂白剤のどちらを使用するか?という点。塩素系漂白剤の方が漂白する力は高いですが、色物には使用できないので、白Tシャツにワンポイントが入っているときなどは、不向きです。

また漂白の力が強い分、生地を傷めてしまう可能性も高いです。頻繁に使用するなら酸素系漂白剤を。どうしても落ちない汚れには塩素系を。というように使い分けをしてみると良いですよ。