注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

白Tシャツがすけない方法と正しいインナーの選び方

夏になると着たくなる白のTシャツ。
クローゼットの中に1枚はありますよね。
ボトムスを選ばずにどんなアイテムとも合わせやすく、着回しのしやすさは抜群です。

しかし、この白Tシャツで一番気になるのは、インナーが透けやすいという点です。
せっかくおしゃれに着こなしても、下着が透けてしまっては下品なイメージに。

白Tシャツのすけない方法や正しいお手入れ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

湿度が高いとなぜ暑いと感じるのか、その理由を教えます!

日本の夏は高温多湿と言われていますが、湿度と気温の関係って気になりますよね。 なぜ湿度が高いと...

ダウンジャケットの洗濯をコインランドリーでする場合の注意点

1シーズン着用した後のダウンジャケットの洗濯は、クリーニング店に頼んだ方が良いことはわかっていても料...

ヒールが脱げる時の対処法!簡単にできる応急処置と脱げる原因

せっかく買ったお気に入りのヒールを履いて歩いている時、脱げてしまうこともありますよね。対処法がわかれ...

集合住宅の騒音の張り紙は効果がある?張り紙の作り方とは

集合住宅の騒音はとても難しい問題ですよね。張り紙をするときには、どのようなことに気をつけるといいので...

アパート2階に住む時に試したい騒音対策とは

アパート2階に住むと気になるのが、1階に響く音です。 子供の足音や椅子を引く音など、アパートの...

アルバムを手作りして仕掛けでサプライズ!簡単なアイデアを紹介

アルバムの手作りや仕掛けのサプライズはプレゼントとしても最適です。 大切な友達や彼氏に喜ばれる仕掛...

塩を清めの為に持ち歩く人は増えている!使い方や交換時期を解説

日本人にとっては馴染み深い、盛り塩やお清めの塩。 神棚にお供えしたり、お店の玄関先やトイレなど...

充電器のコンセントが熱いのは危険?異常がなければ大丈夫!

スマホや電化製品を使っている時、充電器のコンセントが熱いことがありますよね。コンセントが熱をもってい...

布を購入するときのサイズは何センチから?お店によって違います

布を購入するときにはどのくらいのサイズから買うことができるのでしょうか?私はずっと1メートルからしか...

本棚をきれいに見せる収納アイデアをご紹介!グッズを活用しよう

リビングに本棚があると、なんでも入れて収納してしまうのでぐちゃぐちゃになってしまっていませんか。 ...

寝る時の音楽の癒し効果とは?寝つきが悪い人はぜひお試しを

寝る時の音楽には癒し効果があるという噂。 寝る時は無音の方がいいのでは?音楽を聴きながらなんて逆に...

屋根裏のネズミはすぐに駆除しよう!その方法と注意点を解説

屋根裏から「タタタタ」「ガサガサ」という音が聞こえると不気味ですよね。そして夜も眠れないという人も多...

スウェットに毛玉ができる原因とは?毛玉対策はコレ

スウェットの毛玉の原因にはどんなものがあるのでしょうか?普段していることが毛玉の原因かもしれません。...

メッキのサビ取りに使える裏技をご紹介!さっそく試してみよう

車やバイク、アクセサリーなどのメッキについたサビを取りたいと思っても、メッキが剥がれてしまわないか気...

2日目のお風呂は追い炊き?ガス代は夏・冬で違う?節約について

あなたの家庭では、2日目のお風呂は追い炊きしていますか?それとも毎日入れ替えしていますか? ガス代...

スポンサーリンク

白Tシャツがすけない方法、インナーにおすすめの色は?

時代を問わず、夏にさわやかな着こなしをするなら白Tシャツですよね!でも白Tシャツを着るときに気になるのがインナー。

下着が透けてしまうのが気になるところです。夏でなければ白Tシャツを着ても、上に何かを羽織ることでインナーを気にせずにすみます。

しかし熱い夏は、やはり羽織り物が無いほうが涼しく過ごせるので、インナーは透けないものを選ばなければいけません。

そこで白Tシャツにオススメの透けない、インナーカラーをご紹介します。

白地に透けないのは、やっぱり白では?そう思いがちですが、意外に白いインナーは透けてしまいます。透けないインナーを選ぶなら白ではなくベージュ、またはモカが良いでしょう。

専門店でオススメされるのは肌色よりも濃い色のモカです。モカだと下着との境目がよりわかりづらくなります。

透けない色を選んでも心配!という方はタンクトップをインナーに着るのがオススメです。

タンクトップなら透ける事を計算に入れて、色物やボーダーを選んで見ても良いと思いますよ。

Tシャツの下がすけない方法!白の場合は下着をシンプルに

白Tシャツの場合のインナーに透けないオススメの色を紹介しましたが、実は色だけでなくデザインもTシャツには響いてしまいます。

モカやベージュを選んでも、インナーのレースが透けてしまっては、残念ですよね。

一番響かないデザインは縫い目がない、モールドカップです。コレならアウターに響かずキレイなシルエットを作ることが出来ます。

またレースがカップに装飾されているものを選ぶときは、凹凸が少ないものを選ぶようにすると良いでしょう。

レースが多く付いているものは可愛らしく魅力的ですが、アウターにひびかないという点で選ぶのならNGです。

また夏場向けの通気性の良い下着も販売されていますので、汗が気になるという方は素材にも注意をしてみてくださいね。

白Tシャツがすけない方法は厚手の物を選ぶといい

白Tシャツはどれも同じようにインナーが透けて目立つのか、というとそうではありません。

Tシャツの素材、厚さによってもインナーが透ける度合いは違ってきます。

生地は薄くなればなるほど透ける度合いは大きくなり、厚くなればなるほどインナーが目立たなくなってきます。

インナーの色や形を考慮しても、透け感が気になってしまうという方は白Tシャツの厚さを気にしてみると良いと思います。

薄着をする季節に白Tシャツは、インナーが透けて見えるから敬遠している。そんな方はインナーと生地の厚さのダブルの防止策を取って、白コーデのオシャレを楽しんでみてください。

コーデの幅がグンと広がること間違いナシです!

大人女子におすすめ!白Tシャツのおしゃれコーデ

爽やかな白Tシャツは夏にピッタリのアイテム!年齢を問わずに楽しむことが出来ます。

でも大人女子の皆さん!若い頃とはちょっと違う、カジュアルではなくキレイめなコーデが気になりませんか?

白Tシャツは、どんなコーデにもあう万能選手なので、キレイめのコーデにもばっちりとはまっちゃいますよ。

オススメの白Tシャツを使った、きれいめコーデはコチラ!

花柄のボトムと合わせるコーデです。花柄には色々な色が入っているので、キレイめな色をトップスに合わせる方も多いと思いますが、ココはあえての白!

トップスに白を持ってくることで、花柄が引き締まりキレイめ大人コーデの出来上がるんです。

またスカートが花柄の定番ですが、今は同じ花柄でも柄が大きいもの、小花柄、色が控えめのものと種類も色々とあり、スカートだけではなく色々なボトムにも使われています。
スカートがチョット・・・。という方もぜひ、他のボトムで花柄と白Tのコーデにチャレンジをしてみてください。

お気に入りの白Tシャツを長く着るためには正しくお洗濯

白Tシャツは沢山販売されていますが、デザインが微妙に違ったりして、皆さんお気に入りの一枚があると思います。

ジャブジャブと洗濯が出来るTシャツですが、白Tだと洗濯をするときに気をつけなければいけない点もあることをお忘れなく!

それは色移り!色が濃いものと一緒に洗濯をしてしまうと、色が移ってしまってせっかくの白Tが台無しになってしまう事も。

少量だからまとめて洗濯!と思ってしまいますが、白と色物は必ず分けて洗濯をしてください。

また白Tシャツは汚れが目立ちやすいのも特徴です。なんだかうっすらと汚れているような場合には、漂白剤を使って洗濯をすると良いでしょう。

この時に気をつけたい点は酸素系漂白剤を使うか、塩素系漂白剤のどちらを使用するか?という点。塩素系漂白剤の方が漂白する力は高いですが、色物には使用できないので、白Tシャツにワンポイントが入っているときなどは、不向きです。

また漂白の力が強い分、生地を傷めてしまう可能性も高いです。頻繁に使用するなら酸素系漂白剤を。どうしても落ちない汚れには塩素系を。というように使い分けをしてみると良いですよ。