注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

中学生【勉強出来ない子】特徴や出来る子になるために大切なこと

中学生で勉強出来ない子の特徴とは共通していることが多いです。どんなに勉強しなさいと親が注意しても、本人のやる気がないと勉強の意味がありません。身になるための勉強をしないことには成績も上がらないのです。

そこで、気になる中学生で勉強出来ない子の特徴について、共通していることやそれを理解して勉強のやる気を出す方法、中学生は早いうちに勉強しておくことが大切なことや勉強が出来る中学生になるための勉強法、正しい勉強の仕方を身に着けることなどお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、勉強が苦手な子の理由もわかり、勉強が苦手な子供のために何をしてあげるべきかがわかるでしょう。ぜひ正しい勉強の仕方を教えてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハイターの色落ちを戻す染め直しのコツや知っておきたい予防法

ハイターを洗濯に使用することで衣類の色落ちをしてしまったときは、戻すことはできるのでしょうか? ...

ボーナスについて!ボーナスが30万ならその使い道は

ボーナスの時期が近づくと何に使おうか、いくら貰えるのかとワクワクしますね! 皆さんどのくらいボ...

免許証の写真写りがひどい。全国民共通の悩みを解決しますよ!

免許証の写真写りがひどいことで得するのは、お笑い芸人さんくらいでしょうか? 免許証の写真写りが...

親指が長い人と短い人の性格の違いとは?さっそくチェックしよう

手相で性格がわかるということは有名ですが、実は指の長さによってもだいたいの性格がわかると言われていま...

ヤモリは駆除せず、凍らせるスプレーで動きを止めて逃がそう

ヤモリは害虫を食べてくれる家の守り神とは言われているものの、実際に家に現れるとおどろきますよね。 ...

乳児と幼児の違いとは?保育園での過ごし方やタイミング

保育園に入れるなら、乳児のときから?それとも幼児になってからがいい?そもそも、保育園には何歳から入る...

布団の干す時間は冬ならこの時間帯がオススメ!効果的な干し方

布団を干すとお日様の匂いがしてフカフカで気持ちの良いものですよね。 暖かい季節は積極的に干して...

ヒールが脱げる時の対処法!簡単にできる応急処置と脱げる原因

せっかく買ったお気に入りのヒールを履いて歩いている時、脱げてしまうこともありますよね。対処法がわかれ...

正月の帰省・義実家に赤ちゃんを連れて行くときの注意点と対処法

赤ちゃんを出産してからはじめてのお正月。義実家に赤ちゃんを連れて帰省しようか、悩んでいるママもいるの...

部屋6畳サイズでも大丈夫!広くオシャレに見せる工夫

進学や就職などで一人暮らしを始める方も多いと思います。 住む部屋6畳がサイズの場合、どうしても...

鍋の焦げ付きを取る方法!鍋の素材に合わせた効果的な落とし方

うっかり鍋を焦がしてしまったという時には、しばらくお湯に付けておいてから洗いますが、それでもこびりつ...

高校生活への不安や怖い気持ち。引きずらずに自分らしくいる方法

高校生活への不安や怖いと感じる気持ち、とってもよくわかります。 未知の世界を想像すると恐怖や不安を...

大学の入学金が払えないときにやるべき対処法と平均金額

大学の入学金が払えないと悩む受験生もいるでしょう。せっかく厳しい受験を勝ち向いて合格を手にしたのに、...

中学生が勉強しないでゲームばかり!やる気へ導く親の行動とは

中学生が勉強しないでゲームばかりやっているとほとんどの親は心配になります。だから親はなんとかゲームを...

アパート2階に住む時に試したい騒音対策とは

アパート2階に住むと気になるのが、1階に響く音です。 子供の足音や椅子を引く音など、アパートの...

スポンサーリンク

勉強出来ない子の特徴は中学生でも共通している

勉強は大切だと知っている。でも、勉強はあまりしていないという勉強出来ない子にはいくつかの共通の特徴があります

  • 勉強をするモチベーションが低い、頑張れない
  • 勉強の仕方がわからない。
  • そもそも勉強する必要性を理解していない

といったことなどです。

逆に考えると、勉強がしたくなるキッカケがあると勉強するし、勉強の仕方がわかると勉強に興味を持つということです。

将来の進路に役立つことや、趣味で興味のあることに関連したことであると知れば勉強したいと思うキッカケになるでしょう。

本当は勉強したいと思っているものの、どうやって進めたらいいかわからないうちに勉強についていけなくなる。

こうしたそれぞれの特徴を見極めて手を指しのべることが必要になるのです。

勉強出来ない子の特徴を理解すれば中学生でも成績は上がる

勉強出来ない子も出来る子も、遊びならば誰にも言わなくても進んでやります。

大人から見ると複雑なルールのゲームも、あっさりとルールを覚え攻略方法を模索したり情報を調べてゲームをクリアしていきます。

また、教科書は頭に入らなくても漫画のストーリーや人物名前は覚えられる。この違いが生まれるのは「興味を持つか持たないか」が大きいのです。

人間は年齢に関係なく興味を持っている事柄に関しては、自然と脳が理解しようと働きます。こうなると自ずと理解力がアップします。

若い世代は吸収も反応も早いという特徴がある

得意・不得意はあっても、興味を持たずに頭に詰め込もうしてもなかなか記憶したり理解したりすることができないのは多くの大人も経験しているはずですね。

興味があることと結びつけて勉強がしたくなるように導くことができれば、子どもたちは自然と勉強の内容を理解したり、自分から勉強しようという気持ちになります。

勉強出来ない子の特徴を見直して中学生のうちに出来る子になりましょう

勉強出来ない子・出来る子も、中学生の時期は本当に重要です。

中学生になると勉強内容もより高度になります。小学生の頃は、多少の遅れは頑張ればすぐに取り戻せていたとしても中学生になると、より日々の積み重ねが必要になります。

中学1年生の勉強を疎かにすると、それをベースに進む2年生の勉強が理解できず、更に3年生になるともっとわからなくなります。

高校受験を控え、慌てて勉強するにしても3年分を一気に復習することは無理があります。

まして、高校へ進学して3年後には大学受験があり、社会人になってからも仕事に関して「勉強」はついて回るもの。

「自分が持っていない知識や経験を勉強によって身につける」ということは一生必要なことと言えるでしょう。

勉強は嫌いだ、苦手だという意識を払拭するためにも中学生という時期はとても大切だと言えます。

その子の特徴をきちんと理解して、中学生活を無駄にしないようにするべきです。

勉強が出来る中学生になるために大切なこと

勉強ではわかったつもりでも、本当に理解していないことがあります。

教科書や先生が言っていることはわかる。でも自分では出来ない。これでは勉強したとはいえません。

たとえば「こうすれば早く走れる」という方法は知っていても、自分でやってみて出来ないというように物事を「わかる」ことと、それが「出来る」ことは別物なのです。

教科書を読んでいて、授業を聞いていて自分は出来るんだという気になっているだけ。中学生ではこうしたことが多々あります。

本当に勉強が出来るというのは、1人で問題から答えを見いだせること。結果的にテストで高得点が取れ成績も良いということになります。

では「わかる」から「出来る」に変えるために必要なことがなんだかわかりますか?

答えは実にシンプル。「反復練習」です。

スポーツでも勉強でも、繰り返したことはより確実に身につき、更に繰り返すうち反応が早くなる。

勉強は情報を取り入れるだけでなく、実際に自分で問題を解くというアクションがあってこそ。

本当に大切なのは「出来る」ようにすることです。

正しい勉強の仕方を身に着けて自信を持ちましょう

このように「出来るつもりになっているけれど、本当は出来てない」ことを自覚して勉強をすることができれば、ひとつステップアップできるでしょう。

授業の直後は理解したつもりでも、少し時間が経つと忘れてしまうものです。それを防ぐために復習し、何度も問題を解くなど繰り返して練習することが必要です。

単純なことですが勉強できない子は意外とこの流れを理解していなことが多いのです。

勉強をしている子でも、勉強の仕方を知らなければ効率も悪くなります。

勉強出来ない子ならなおさらで、必死で勉強しているのに頭に入らない・点数が取れない。こうならないように、正しい勉強の仕方を身につけましょう。

勉強とは、見方を変えればクイズやパズル、暗記ゲームなどと同じです。その学年ごとの学習を身に着けていれば、より難度の高いステージに進むことができるゲーム。そんな見方をしてはどうでしょう。

勉強のための勉強だから、みんな興味を持てず勉強が楽しくなくなってしまう。

勉強とは学びであり、ゲームであり、そしておとなになってからも長く続く人生を豊かにするものです。

勉強出来ない・嫌いだという子供がいたら、ぜひその点を教えて上げてください。

勉強が出来ないままで放置するのではなく、出来るようになって自信を持てるようになれば、勉強以外のことでも良い変化があるでしょう。