注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

スタンドでの洗車のやり方は簡単!セルフできれいに洗おう!

天気の良い休みの日に洗車する人も多いでしょうが、毎回自分で手洗いするのも大変ですよね。

そんな時にはガソリンスタントの洗車機を使ってみませんか?

でもやり方がよくわからない、お金もかかるし…。しかしそんな心配は必要ありません。

ガソリンスタンドでの洗車のやり方【セルフ】の場合と【有人】の場合について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしのトイレにおすすめのインテリアや簡単DIY

一人暮らしの場合には、トイレもやはり狭いというのが一般的です。 その広くない空間もやはり快適でリラ...

合皮ソファーの劣化を防ぐポイント!長く使えるお手入れ方法

ソファーには布製や、本革、合皮などがありますよね。 本革のソファーよりもリーズナブルで、色もいろい...

契約駐車場の無断駐車の対処法と無断駐車させないための予防法

契約駐車場に無断駐車をされたとき、契約している人の車を駐車することが出来ずに困ることになります。何か...

屋根裏のネズミはすぐに駆除しよう!その方法と注意点を解説

屋根裏から「タタタタ」「ガサガサ」という音が聞こえると不気味ですよね。そして夜も眠れないという人も多...

神棚の掃除の頻度は少なくても半年に1回!失礼のない作法とは

神聖な神棚の掃除はしていますか? どのくらいの頻度で掃除はするものなのでしょうか? できれば...

部屋6畳サイズでも大丈夫!広くオシャレに見せる工夫

進学や就職などで一人暮らしを始める方も多いと思います。 住む部屋6畳がサイズの場合、どうしても...

お風呂で使ったタオルが臭い!その原因を知って消臭しよう

お風呂で使ったタオルやバスタオルから臭いニオイがすることってありませんか? 「洗濯したばかりな...

プールで財布はどうする?海やプールでの盗難防止対策はコレ!

暑い季節になってくると、海やプールに行って思いっきり遊びたいと思いますよね!夏を満喫することはとって...

電話で暇つぶしになる遊び方!友達や恋人と楽しめるオススメとは

電話を使った暇つぶしになる遊びには、どんなゲームなどが楽しめるのでしょうか。 例えば、友達や恋...

エアコンの暖房は扇風機の併用で節約に!効率的な使い方を紹介

エアコンで室内を温める時は、扇風機も一緒に使うといいって知っていますか? 扇風機は夏のイメージ...

ガラステーブルは汚れやすい?キレイに掃除して保つには

ガラステーブルってかっこよく、部屋がおしゃれに見えますよね。 でも、ほこりや手垢などがつきやす...

洗濯機が脱水時にガタガタうるさいのはなぜ?異音の原因と対策

洗濯機の脱水時にガタガタうるさいと、何が原因なのか、もしかして故障!?と気になります。 洗濯機は高...

女友達と旅行中にケンカをしないために心がけることとは

女友達との旅行。 気心が知れている友達だからこそ、旅行中に相手への不満が爆発しちゃうことってあるん...

洗濯機の脱水が弱い原因がわかれば、自分で対処できます!

洗濯機の脱水が弱くなっていて、いつもよりも洗濯物が濡れている。そういう場合、洗濯機が故障してしまった...

通帳と印鑑の保管場所は別々の場所で保管するように注意

通帳と印鑑を自宅で保管している人がほとんどでしょう。 その保管場所はどこにしていますか? 多...

スポンサーリンク

スタンドでの洗車の手順とやり方とは?

初めてスタンドで洗車をする場合、ちょっとドキドキしてしまいますね。まずはガソリンスタンドのスタッフの人に洗車をしてもらうのか、洗車機を使ったドライブスルー洗車をするのか、どちらかを決めて洗車をすることです。

ガソリンスタンドのスタッフに頼む場合は、事務所の近くに車を止めて、洗車をお願いすればOKです。後は洗車が終わるまで待ちましょう。

自分でセルフで洗車をする場合には、洗車の機械のある場所に行き、手順どおりに操作をすすめていきます。

大抵の場合は、手順書が機械についているか、看板などに大きく表示をされています。

機械でのセルフの場合は、小銭が必要になる場合もありますので、あらかじめ用意をして置くと焦らずにすみます。

またやり方がわからない場合はガソリンスタンドのスタッフの方に、どちらの場合もきいてみると良いですよ。

スタンドでの洗車のやり方【セルフ】の場合を詳しく解説します!

洗車のやり方がわからない場合はガソリンスタンドのスタッフの方に聞いてみてください。とお話しましたが、聞きにくかったり、忙しそうで無理!なんて場合もありますよね。

そこでセルフの場合の洗車のやり方について、できるだけ分かりやすく説明をしていきます。

まずは洗車をしたいガソリンスタンドの下調べをしておく事をお勧めします。スタンドによっては洗車後のふき取りタオルや踏み台まで用意されているところがあり、それだと何も用意していかなくても、洗車する事が出来ます。

用意されていない場合は、自分でふき取りタオルを用意して行ってくださいね。

いよいよ洗車ですが、洗車機の機械の前に受付を済ませるお金を入れる場所があります。そこに車を寄せて、まずはお金を投入!使用できるコースが表示されますので、自分の行いたい洗車コースを選びましょう。下回りの洗浄などはオプションでつける事が出来ます。

次に注意する箇所が表示される場合があります。アンテナが収納されない場合には取り外ししなければいけませんし、ドアミラーも畳んでおく必要がありますので、お忘れなく。

そして全てのチェック項目が終わるとスタートボタンを押します。

車に乗り込んだら指示がある場所まで車を進ませてください。停止の指示がある場所まで進ませたら停止をしてエンジンを切ります。

後は洗車が済むまで車の中で待機!終わったら終了のランプなどが点灯しまうので、指示に従って車を移動させます。

その後水の残っている場所を拭き取りして終了です。

スタンドでの洗車のやり方【有人】の場合は頼むだけ?

最初にお話したとおり、ガソリンスタンドのスタッフの方に洗車をお願いする、有人洗車、手洗い洗車の場合は、基本、スタッフの方に「洗車お願いします」と一声かけるだけでOKです。

そのとき車にキーを付けっぱなしにしておくか、スタッフの方にキーを渡してください。

後は洗車が終わるまで休憩コーナーで待つだけです。支払いは先に済ませる場合、後で済ませる場合、スタンドによって違いがあります。

ちなみに有人で洗車をガソリンスタンドに頼む場合も、洗車機で洗車を済ませる場合、手洗いの場合というように違いがあります。

手洗いの場合は、やはりそれなりに時間が掛かりますので、時間に余裕があるときに行くのがオススメです。

テレビを見たり、雑誌を読んだり、スタンドによってはコーヒーなどが無料サービスのところもあります。料金にも違いがありますので、お気に入りのスタンドを探してみてくださいね。

洗車機のブラシの素材をチェックしよう!

ガソリンスタンドの洗車機を使用すると塗装が傷む。なんて話を聞いたことありませんか?これはブラシの素材が関係しています。

セルフの洗車機が流行り始めた時はブラシの素材によっては、傷がつきやすいこともあったようです。

ちなみにプラスチックブラシ、このタイプのブラシだと硬い毛先のために細かな傷がつきやすいというデメリットが存在します。

今はブラシの素材も改良されていて、このタイプのブラシが使われるお店は少なくなりました。

その代わりに出てきたのがスポンジや布、ゴムなどの素材がブラシに使用されるようになり、傷がつきにくくなってきています。

しかし高速でブラシが回転するのですから、ノーリスクという訳には行きません。気になる方はブラシの素材をチェックしてみてくださいね。

また手洗いと同じように、最初にほこりやチリなどの汚れを取り除いておくと、洗車のときの傷防止になりますよ。

スタンドで洗車するよりも手洗いの方がメリットはある?

もちろんどちらかを選ぶのは一長一短、どちらにもメリットデメリットが存在します。

手洗いのメリットは?というと、やはり丁寧に洗車ができること。確認しながら汚れを落とす事が出来ます。

また自分の目で確認しているので、どこにどんな傷があるかもすぐに知る事が出来ますね。このようなメリットがあるのが手荒い洗車!汚れ残りがなく、また傷なども確認できるので、サビなどが入る前に対処することも出来ます。

しかしデメリットもあります。一番は時間が掛かること、その労力ですよね。

キレイになる分、体力を使うのは必衰です。また間違った洗車方法をしていると、手洗いをしているのにもかかわらず、車に傷をつけてしまうことも。

傷のことを考えるのなら、洗車の仕方、道具などにも気を配る必要があります。