注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

スタンドでの洗車のやり方は簡単!セルフできれいに洗おう!

天気の良い休みの日に洗車する人も多いでしょうが、毎回自分で手洗いするのも大変ですよね。

そんな時にはガソリンスタントの洗車機を使ってみませんか?

でもやり方がよくわからない、お金もかかるし…。しかしそんな心配は必要ありません。

ガソリンスタンドでの洗車のやり方【セルフ】の場合と【有人】の場合について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

日本にはどんな魅力があるのでしょうか海外の反応は?

日本には独特な魅力がある観光地が数多くあります。 その中には日本人はそれほど行かないのに、海外の人...

ラインのやりとりで検証!長続きカップルを目指すには

カップル同士のラインのやりとりによって、そのカップルが長続きするかすぐに別れるかがわかるそうです。 ...

父と息子が不仲の場合は?不仲の理由や対処方法について

父と息子が不仲のときには、お母さんはどのように対応したらいいのでしょうか? 男同士だから、その...

住宅の階段幅はどうする?意外と重要な階段幅の決め方

注文住宅を決める際、意外と盲点なのが階段幅です。 住宅の階段幅は建築基準法である程度決められて...

上の階の足音が気になるなら手紙で伝えるのがオススメなワケ!

マンションやアパートに住んでいて、上の階の足音や騒音に悩まされてはいませんか? 近隣トラブルは...

服はレンタルもアリかも!結婚式の服で迷わずにすむ方法

結婚式の服は前と同じものは着れないなぁ~と思っている人におすすめなのが服のレンタルです! あま...

靴磨きクリームの基本の使い方や手順、ポイントを簡単解説!

普段履いている革靴。大切にお手入れしていますか? しっかり靴磨きをすることで、自分の足に馴染ん...

ネットで安い服を購入する場合に気をつけたいこと

ネット通販を見ると、驚くくらい安い値段の服がたくさんあります。 ついその安さにつられてポチっと...

願書や証明写真での上手な写り方と髪型などの身だしなみについて

大学の願書やいろいろな証明写真、髪型で気を付けなければいけない点はあるのでしょうか? いつも証...

洗濯機が脱水するとガタガタ揺れる原因と対策について

洗濯機の脱水をするとガタガタと揺れることありませんか? 購入してから年数が経つともう古くなった...

赤ちゃんには母乳?それとも粉ミルク?選択方法について

赤ちゃんを育てるのには母乳?それとも粉ミルク?どちらにするか悩んでいるのなら、先のことを見越して決め...

大学の入学金が払えないときにやるべき対処法と平均金額

大学の入学金が払えないと悩む受験生もいるでしょう。せっかく厳しい受験を勝ち向いて合格を手にしたのに、...

窓の防音対策。賃貸でできる範囲の対策や方法について

窓の防音対策のおすすめを紹介します。 賃貸物件なら、自分の好きなように防音対策をすることができませ...

合皮ソファーの劣化を防ぐポイント!長く使えるお手入れ方法

ソファーには布製や、本革、合皮などがありますよね。 本革のソファーよりもリーズナブルで、色もいろい...

クッションフロアのカビの取り方とは?落とし方や掃除方法を紹介

クッションフロアにカビが生えてしまったときには、どんな方法で掃除をしたらいいのでしょうか? カ...

スポンサーリンク

スタンドでの洗車の手順とやり方とは?

初めてスタンドで洗車をする場合、ちょっとドキドキしてしまいますね。まずはガソリンスタンドのスタッフの人に洗車をしてもらうのか、洗車機を使ったドライブスルー洗車をするのか、どちらかを決めて洗車をすることです。

ガソリンスタンドのスタッフに頼む場合は、事務所の近くに車を止めて、洗車をお願いすればOKです。後は洗車が終わるまで待ちましょう。

自分でセルフで洗車をする場合には、洗車の機械のある場所に行き、手順どおりに操作をすすめていきます。

大抵の場合は、手順書が機械についているか、看板などに大きく表示をされています。

機械でのセルフの場合は、小銭が必要になる場合もありますので、あらかじめ用意をして置くと焦らずにすみます。

またやり方がわからない場合はガソリンスタンドのスタッフの方に、どちらの場合もきいてみると良いですよ。

スタンドでの洗車のやり方【セルフ】の場合を詳しく解説します!

洗車のやり方がわからない場合はガソリンスタンドのスタッフの方に聞いてみてください。とお話しましたが、聞きにくかったり、忙しそうで無理!なんて場合もありますよね。

そこでセルフの場合の洗車のやり方について、できるだけ分かりやすく説明をしていきます。

まずは洗車をしたいガソリンスタンドの下調べをしておく事をお勧めします。スタンドによっては洗車後のふき取りタオルや踏み台まで用意されているところがあり、それだと何も用意していかなくても、洗車する事が出来ます。

用意されていない場合は、自分でふき取りタオルを用意して行ってくださいね。

いよいよ洗車ですが、洗車機の機械の前に受付を済ませるお金を入れる場所があります。そこに車を寄せて、まずはお金を投入!使用できるコースが表示されますので、自分の行いたい洗車コースを選びましょう。下回りの洗浄などはオプションでつける事が出来ます。

次に注意する箇所が表示される場合があります。アンテナが収納されない場合には取り外ししなければいけませんし、ドアミラーも畳んでおく必要がありますので、お忘れなく。

そして全てのチェック項目が終わるとスタートボタンを押します。

車に乗り込んだら指示がある場所まで車を進ませてください。停止の指示がある場所まで進ませたら停止をしてエンジンを切ります。

後は洗車が済むまで車の中で待機!終わったら終了のランプなどが点灯しまうので、指示に従って車を移動させます。

その後水の残っている場所を拭き取りして終了です。

スタンドでの洗車のやり方【有人】の場合は頼むだけ?

最初にお話したとおり、ガソリンスタンドのスタッフの方に洗車をお願いする、有人洗車、手洗い洗車の場合は、基本、スタッフの方に「洗車お願いします」と一声かけるだけでOKです。

そのとき車にキーを付けっぱなしにしておくか、スタッフの方にキーを渡してください。

後は洗車が終わるまで休憩コーナーで待つだけです。支払いは先に済ませる場合、後で済ませる場合、スタンドによって違いがあります。

ちなみに有人で洗車をガソリンスタンドに頼む場合も、洗車機で洗車を済ませる場合、手洗いの場合というように違いがあります。

手洗いの場合は、やはりそれなりに時間が掛かりますので、時間に余裕があるときに行くのがオススメです。

テレビを見たり、雑誌を読んだり、スタンドによってはコーヒーなどが無料サービスのところもあります。料金にも違いがありますので、お気に入りのスタンドを探してみてくださいね。

洗車機のブラシの素材をチェックしよう!

ガソリンスタンドの洗車機を使用すると塗装が傷む。なんて話を聞いたことありませんか?これはブラシの素材が関係しています。

セルフの洗車機が流行り始めた時はブラシの素材によっては、傷がつきやすいこともあったようです。

ちなみにプラスチックブラシ、このタイプのブラシだと硬い毛先のために細かな傷がつきやすいというデメリットが存在します。

今はブラシの素材も改良されていて、このタイプのブラシが使われるお店は少なくなりました。

その代わりに出てきたのがスポンジや布、ゴムなどの素材がブラシに使用されるようになり、傷がつきにくくなってきています。

しかし高速でブラシが回転するのですから、ノーリスクという訳には行きません。気になる方はブラシの素材をチェックしてみてくださいね。

また手洗いと同じように、最初にほこりやチリなどの汚れを取り除いておくと、洗車のときの傷防止になりますよ。

スタンドで洗車するよりも手洗いの方がメリットはある?

もちろんどちらかを選ぶのは一長一短、どちらにもメリットデメリットが存在します。

手洗いのメリットは?というと、やはり丁寧に洗車ができること。確認しながら汚れを落とす事が出来ます。

また自分の目で確認しているので、どこにどんな傷があるかもすぐに知る事が出来ますね。このようなメリットがあるのが手荒い洗車!汚れ残りがなく、また傷なども確認できるので、サビなどが入る前に対処することも出来ます。

しかしデメリットもあります。一番は時間が掛かること、その労力ですよね。

キレイになる分、体力を使うのは必衰です。また間違った洗車方法をしていると、手洗いをしているのにもかかわらず、車に傷をつけてしまうことも。

傷のことを考えるのなら、洗車の仕方、道具などにも気を配る必要があります。