注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

高校の学校見学会に着ていく服装は?子供と親の服装ポイント

高校の学校見学会で迷うのが服装です。
子供の服装もそうですが、たくさんの保護者が参加する中で、どんな服装がいいのか、スーツを着ていくべきなのかで悩んでしまいます。
高校の学校見学会にはどのような服装がベストなのでしょうか。
子供と親の服装についてご紹介します。
子供も親も、極端にカジュアルな服装でなければ問題ありませんが、「よそ行きの服装」程度がおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

集合住宅の騒音の張り紙は効果がある?張り紙の作り方とは

集合住宅の騒音はとても難しい問題ですよね。張り紙をするときには、どのようなことに気をつけるといいので...

大学の入学金が払えないときにやるべき対処法と平均金額

大学の入学金が払えないと悩む受験生もいるでしょう。せっかく厳しい受験を勝ち向いて合格を手にしたのに、...

スカジャンの洗濯!ポリエステル素材を自宅で手洗いする方法

スカジャンの生地には、レーヨン、アセテート、ポリエステルなどが使われていますが自宅で洗濯するころは出...

寝る時の音楽の癒し効果とは?寝つきが悪い人はぜひお試しを

寝る時の音楽には癒し効果があるという噂。 寝る時は無音の方がいいのでは?音楽を聴きながらなんて逆に...

お腹の筋肉がつる原因とは?つったときの対処方法

お腹の筋肉や足の筋肉、背中の筋肉などこんな場所がつることあるの?と年齢を感じることはありませんか? ...

ベンジャミンは剪定が必要!やり方や準備するものを紹介

お部屋のインテリアに観葉植物があると癒やされますね! なかでもベンジャミンは華やかで育てやすく人気...

キャンバス生地の洗い方を知ってスニーカーはキレイなまま履こう

キャンバス生地のスニーカーやトートバッグは、最近流行っていますね。 白いスニーカーはオシャレで...

布団の干す時間は冬ならこの時間帯がオススメ!効果的な干し方

布団を干すとお日様の匂いがしてフカフカで気持ちの良いものですよね。 暖かい季節は積極的に干して...

高校進学で不安な友達作り。友達になるきっかけとポイント!

希望の高校に合格した喜びもつかの間、今度は友達ができるかどうかで不安になります。特に同じ中学の子が少...

通帳と印鑑の保管場所は別々の場所で保管するように注意

通帳と印鑑を自宅で保管している人がほとんどでしょう。 その保管場所はどこにしていますか? 多...

プールで財布はどうする?海やプールでの盗難防止対策はコレ!

暑い季節になってくると、海やプールに行って思いっきり遊びたいと思いますよね!夏を満喫することはとって...

FFの雪道対策 雪道を運転するときの注意点やポイント

FFで雪道を運転するときにはどんなことに気をつけたらいいでしょうか?雪道運転の対策とは?FFで雪道を...

神棚の掃除の頻度は少なくても半年に1回!失礼のない作法とは

神聖な神棚の掃除はしていますか? どのくらいの頻度で掃除はするものなのでしょうか? できれば...

同棲のための部屋探しはいつから?早すぎるのはNGです

大好きな彼氏との同棲が決まると、ウキウキしちゃいますよね。 一番楽しみなのは一緒に住むことにな...

シングルマザーはパートでも家を買うことが可能?その条件を解説

シングルマザーでもアパートではなく一軒家に住みたいと思いますよね。子供のために家を残してあげたい…。...

スポンサーリンク

高校の学校見学会に参加する際の子供の服装と注意点

高校の学校見学会に行く場合は、どんな服装にしたらいいのか迷うことも多いと思います。子供だから改まった服装ではなくても良さそうですが、だからといって普段着では場違いな感じがしますよね。

高校の学校見学会に行く時は中学校の制服を着ていきましょう

実際に学校見学会に行く子供の大半は制服を着ています。制服は冠婚葬祭にも使える正式な服装なので、場違いな感じにはなりません。それにどこの中学校かも制服を見るだけでわかります。

制服の場合も、きちんとした身だしなみを心がけてください。

学校見学会の前に制服をチェックしてみましょう

  • 制服にホツレがある場合は直しておく
  • ボタンが取れていたり、取れかかっていないか確かめる
  • シャツや制服に目立るシミや汚れがある場合はキレイにしておく
  • スカートは適切な長さかどうかチェックする

制服は正しく着ることも大切です。シャツはズボンやスカートの中に入れて、ネクタイやリボンなどもキチンとつけてください。靴やカバンなども状態を確認しておきましょう。上履きを用意する場合も、目立つ汚れがある場合は洗っておくと良いです。

学校見学会で着る子供の服装を私服にする場合のポイント

高校の学校見学会に私服で行く場合は、普段着よりはキチンとした印象を受ける服装にしてください。特に改まった服を用意する必要はありませんが、カジュアルになりすぎる服装やスポーツウェアなどは避けるようにします。
中学校でも私服の学校はありますが、学校見学会に来ている他の中学生は制服の人が多いので、周りから浮いてしまわない服装にすることがポイントです。見学先の高校生も制服を着ていますので、場にふさわしい服を選ぶようにしましょう。

男子中学生はシャツに細めのズボンといった服装がおすすめです

シャツは白やブルーといった清潔感のある色にして、襟のないTシャツやカットソーではなく襟のあるシャツにしてください。特にボタンダウンシャツは襟が広がることがないので、着崩れすることなくキチンと感が出すことができます。
下に合わせるズボンは細身のもので、紺やグレーといったダークカラーを選んでください。ぴったりしすぎず、動きやすさもある服装が良いです。

女子中学生はブラウスにスカートといった服装をおすすめします

ブラウスや白や淡い色を選び、カーディガンを羽織ってもいいでしょう。スカートにはいろいろなものがありますが、キチンと見えるものを選びます。丈は長すぎず短すぎない膝丈くらいにして、フリルがついたりひらひらしているものは避けてください。紺や黒などのダークカラーがおすすめです。チェック柄くらいなら無難ですが、派手な柄や花柄などはやめておきましょう。
ワンピースもおすすめです。ちょっとしたお出かけの時に着るような紺やグレーのワンピースならキチンとした印象で堅くなりすぎることはありません。

高校の学校見学会では親の服装も注意が必要

高校の学校見学会には親も一緒に行く場合も多くあります。その場合、親の服装も迷うかもしれませんよね。

親も子供と同様に、きちんとした服装を心がけてください

カジュアルな服装や派手なデザインのものは避けて、高校という場にふさわしい服装を選んでください。

高校の学校見学会に来ている親の服装では、やはりスーツの人が多いです

スーツが一番無難と言えます。スーツも紺やグレーといった仕事で使うようなスーツなら問題ありません。
女性ならワンピースも良いでしょう。ワンピースも派手なデザインや柄物など個性的なものはやめて、紺やグレーといった落ち着いた色にしてください。学校見学会では制服の人も多いので、周りから浮かないデザインや色を選ぶようにします。
ブラウスにスカートというスタイルでも良いです。カーディガンを羽織ってもいいですし、ジャケットを合わせるだけでスーツではなくてもキチンとした印象がでます。

服装だけでなく、持ち物や化粧にも気をつけてください。派手なメイクや香りの強い香水はもってのほです。高校という場を意識して、ナチュラルメイクか薄化粧をし、香水はつけないようにしましょう。

学校見学会の親の服装は高校の校風にもよる

高校の学校見学会は、その高校の校風によって服装を考えてみてください。大抵の高校はスーツが無難ですが、スーツを着るほどではない場合もあります。あまりかしこまりすぎても浮いてしまうような場合もあるかもしれまんせん。

迷うような場合は、ブラウスやシャツにスカートやズボンといった服装が便利です。キチンとした印象があり、また正装すぎなくて丁度良い感じが出せます。
シャツやブラウスはボタンをしめてボトムの中に入れるようにします。
下に合わえるズボンやスカートなどは紺やグレー、黒などのようなダークカラーを選ぶと良いでしょう。これにジャケットを1枚用意しておくと、更にキチンとした感じを出すことができます。

特に服装を気にかけなくても良いような場合でも、ジーンズやスポーツウェアなどは避けてください。また、派手な服装も浮いてしまいます。ラフになりすぎなず、日常着よりも少しキチンとした感じになるようにすると良いです。

学校見学会であると便利な持ち物

学校見学会に行く時は必要な持ち物も確認しておきましょう。高校によっては生徒だけでなく同伴する親も上履きが必要な場合も多いです。

他にはペンやメモ帳といった筆記用具も必要です。個別相談がある場合はお子さんの成績表や模試の結果も持っていくと良いでしょう。個別相談の時に成績表や模試の結果を見てもらい、アドバイスをもらうことができます。

説明会で資料をもらうことも考えて、大きめのサブバッグも用意してください。小さくてもA4サイズが入るくらいの大きさは必要です。折りたたみ式のバッグをカバンの中に入れておくと良いでしょう。

見学する時間が長くなる場合に備えて、夏なら扇子や飲み物、冬なら羽織るものを用意しておくと安心です。天気の変化も考えて折りたたみ式の傘も必要なら用意しておいてください。

持ち物の他に質問なども前もって考えて用意しておくと良いです。特に個別の相談の時はいろいろアドバイスをもらえるチャンスです。知りたいことを事前に準備をしておいてください。

高校の学校見学会では、これからお子さんが通うかもしれない学校をしっかりと見てくることが重要です。その高校の生徒や先生、学校の環境や校風も合わせて見ておくようにしましょう。