注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ポリエステルは静電気が起きやすい!タイツや洋服に出来る対策

寒い時期になると、タイツの出番が多くなりますね。

タイツを履くと、スカートやズボンが足にピッタリとまとわり付いてイヤな感じですよね。
これは静電気によるものですが、触るとパチパチして静電気が痛いときもあります。

静電気やまとわり付くのを防いでくれる、何かいい方法はないのでしょうか。

ポリエステルの素材は静電気が起きやすいそうです。こんな対処法を試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカースパイクの洗い方は?注意点や臭い対策も

サッカーのスパイクって雨の日などには泥だらけに汚れてしまいますよね。 では、サッカーをする上で...

ハンドメイド用のミシンを購入したい!おすすめポイントをご紹介

ハンドメイドの入園・入学グッズなどを見ていると自分も作りたくなりますよね。 昔と違って最近のミ...

タイルの目地を白くする方法は家庭にある物でも出来る!防止法も

梅雨の時期はあっという間にカビが生えてしまうのがタイルの目地ですね。 タイルの目地の汚れは、拭...

日本にはどんな魅力があるのでしょうか海外の反応は?

日本には独特な魅力がある観光地が数多くあります。 その中には日本人はそれほど行かないのに、海外の人...

同じ苗字だと結婚ができない?韓国の結婚に関する法律をご紹介

韓国では同じ苗字の方をよく耳にします。それもそのはず日本に比べると韓国の苗字の種類は、とっても少ない...

アスファルトの工事は雨の日でもOK?天気との関係性について

自宅の駐車場などのアスファルト舗装工事を依頼する場合、梅雨のシーズンなど雨の多い時期は問題ないのか気...

靴磨きクリームの基本の使い方や手順、ポイントを簡単解説!

普段履いている革靴。大切にお手入れしていますか? しっかり靴磨きをすることで、自分の足に馴染ん...

服を買うことが苦手な人のための洋服の買い方を教えます!

少しでもおしゃれな服を着たいと思っていはいるものの、服を買うことが苦手という女性もたくさんいると言わ...

電車のトラブルに巻き込まれたときの対処法や予防方法をご紹介

電車のトラブルに巻き込まれないようにするにはどんな対処法があるのでしょうか? トラブルが起きな...

神棚の掃除の頻度は少なくても半年に1回!失礼のない作法とは

神聖な神棚の掃除はしていますか? どのくらいの頻度で掃除はするものなのでしょうか? できれば...

平日休みのお出かけ。女子ならではの楽しみ方を紹介します

お仕事のお休みは平日が多いですか? 周りの友達のほとんどが土日の休みなので、平日が休みだと遊ぶ...

スカジャンの洗濯!ポリエステル素材を自宅で手洗いする方法

スカジャンの生地には、レーヨン、アセテート、ポリエステルなどが使われていますが自宅で洗濯するころは出...

洗濯機が脱水するとガタガタ揺れる原因と対策について

洗濯機の脱水をするとガタガタと揺れることありませんか? 購入してから年数が経つともう古くなった...

着る服がない!レディースファッションで悩む40代女性の服選び

「どんな服を着ればいいの?」大人レディースファッション悩む40代女性は多いのではないでしょうか。 ...

ウエストのゴムを伸ばす簡単な方法と注意点について徹底解説

しばらく履いていなかったスカートやパンツをはこうと思ったら、太ったわけではないのにウエストのゴムがき...

スポンサーリンク

ポリエステルのタイツは静電気が起こりやすい!対策を紹介します

スカートの時にタイツなど静電気がおきやすいです。そんな時の静電気防止対策をご紹介します。

静電気の予防・防止する対策と除去方法

静電気がおこってしまう原因である「摩擦」と「乾燥」
冬は寒いので、重ねて着る事が多いですし、空気が乾燥していて外の湿度は変える事ができません。

そのなかで自分で静電気を予防するためには、どうしたら良いのでしょうか。

静電気を気にせずにスカートやワンピースなどを着れるように、ちゃんと対策をしていきましょう。

  • 静電気予防スプレー
    衣服専用の静電気を予防してくれるスプレーが市販されています。
    スカートなどの内側や、裏地など全体に内側からスプレーして使用しましょう。

シミになってしまう可能性が心配でしたらペチコートのようなものを身につけて、そこにスプレーしましょう。
それだけでも1日、スカートがまとわりついてしまう事などが予防されます。

携帯用の小さいサイズのものもありますので、そちらもお勧めです。

タイツにスカートがまとわりつく原因は静電気!ポリエステルは特に注意が必要

乾燥している時期にスカートなどを身につけていて、足にまとわりついてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。
もしくはそのようになってしまっている人を、見かけた事がある人も多いかもしれません。

まとわりついてしまっていると歩きにくく、動く際に特に気持ち悪いし見た目も変になってしまいますが、直そうとして整えても直らないです。

スカートがまとわりついてしまう理由は静電気です。静電気が発生する原因にはどんな理由があるのでしょうか?

  • 冬などの寒い日
    コートなどを脱いだ時にも静電気がおきる事があったりします。
    特に冬に発生してしまいやすいようです。
  • 衣類の素材
    衣類の素材の組み合わせによっても静電気がおきてしまいやすくなってしまいます。

綿でできている素材のものは静電気がおきにくいです。

注意しないといけないのは、ポリエステルとウールを組み合わせてしまった時です。

同じ素材同士ですと静電気もおきにくいと言われているので、重ね着する際には同じ素材にするようにしましょう。

ポリエステルなどのタイツや洋服の静電気を抑える方法

  • 柔軟剤の使用
    柔軟剤を薄めたものを容器に入れてスプレーする事によって静電気をおきにくくする事が可能になります。
  • ハンドクリームの使用
    ハンドクリームを手の平によく伸ばしてから、ストッキングなどの上からでもいいので静電気がおきてしまっている太ももなどを擦ります。

普段からハンドクリームを持ち歩いている人も多いですし荷物も増えずに気楽にできると思います。

ハンドクリームの殆どに入っているグリセリンという成分があります。

グリセリンは保湿してくれる効果があるのですが、空気の中に電気を逃がす事ができる効果があると言われています。
その効果も約8時間ほどあるようなので期待できるでしょう。

静電気がおきた時に何も持っていない時の応急処置

急に乾燥した場所に行った時、荷物など何も持っていない状況で早く何とかしたいという場合は、手を水で少し濡らして、太ももなどの静電気が起きているところ辺りを擦りましょう。
乾いてしまった時に再び静電気がおきてしまいますが、あくまで応急処置です。

静電気が発生するわけと、発生しにくいコーディネート!

静電気がおきてしまう理由について

静電気はそれぞれ違う素材同士が擦れてしまうことで、おきてしまう事が理由とされています。
違う素材どうしの衣類などが擦れてしまうと、それぞれプラスとマイナスの電気がおきてしまう事があります。
このような現象を「帯電」といいますが、帯電している素材からの静電気から「放電」されてしまい、それが「パチパチ」という静電気がおきてしまうのです。

素材によって、プラスの電気がおきやすいもの、マイナスの電気がおきやすいものがあります。
色々な種類の素材の衣類がありますので、そのプラスとマイナスが擦れてしまった時に静電気がおきてしまう現象になります。

ですので同じ性質の素材を選ぶようにしましょう。

静電気がおきてしまいやすい組み合わせ

  • マイナスの電気
  • ポリエステル
  • プラスの電気
  • ナイロンやウール

これらを組み合わせてしまうと、静電気がおきやすくなってしまいます。
もしも組み合わせたいとしても、電気が発生しにくい綿を間にいれてあげたりしましょう。

ポリエステルはどんな生地なの?メリット・デメリット

マイナスの電気がおきやすいポリエステルの特徴をご紹介します。

ポリエステル生地のメリット

  • 耐久性がある
    耐久性があって、シワになりにくく、型崩れもしにくい素材です。
    低温であればアイロンも大丈夫です。
  • 吸湿する事が少ない
    吸湿性が少ないという事は、湿気を吸い込んでしまいにくという事です。
    洗濯をしても傷みが少なく、乾きやすいです。
    汗を吸ったときに乾くのも早い事から、寝具のカバーなどにもよく使われています。
  • 簡単に保管できる
    折り目が取れにくいためにプリーツ加工などのお手入れが楽です。
    アイロンも低温で軽くかけるだけで大丈夫ですので、軽くてやわらかいシワになりにくいブラウスやスカートなどに特に多くつかわれています。

ポリエステル生地のデメリット

  • 静電気がおきやすい
  • 毛玉ができやすい