注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

給油口のキャップを紛失したら!重要な対処方法について

最近はガソリンや軽油をセルフで入れられるようになって、給油口のキャップをし忘れてしまう場合も。もし紛失をしてしまったらどうすればよいのでしょうか?

給油口がない!と思ったときにまず確認すること、応急処置の方法についてをご紹介いたします。

また給油口が無いままにしておくと、どんなことが起こるのかについても調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓の隙間を埋めるのが暖房効率アップのコツ!お部屋の冷気対策

寒い季節になると窓際から冷たい風が入っていることはありませんか? 暖房をつけているのに、足元にひん...

部屋の湿度を適正に保つ方法とは?過ごしやすい空間にするコツ

部屋の湿度の適正は何パーセントなのでしょうか?季節によってかなり変化が激しい湿度ですが、実際にどのく...

車の騒音で通報する時の方法と注意点!騒音対策もご紹介

車の騒音に困っていませんか? いつも決まった時間になると爆音を響かせている車。夜もゆっくりできずど...

ボレロもショールもダサい?ダサくならない結婚式スタイル

結婚式に久々に招待をされると、服装が気になりますよね。昼間の結婚式は基本的に肌の露出が多いのはNGと...

クッションフロアのカビの取り方とは?落とし方や掃除方法を紹介

クッションフロアにカビが生えてしまったときには、どんな方法で掃除をしたらいいのでしょうか? カ...

家族が布団で寝る時の寝方、やっぱり川の字で広い布団で快適に

新婚時代は夫婦でダブルベッドというスタイルが多いでしょう。 子供が出来ると子供はどこに寝かそう...

薄手コートは秋と春兼用でもいいの?コート選びのポイント

薄手のコート一枚が欲しくなる時期。そう秋です。 秋近くになると店頭には様々なタイプの薄手コート...

駐車場でぶつけらたら?防犯カメラが当て逃げを捕まえる

駐車場で車をぶつけられた経験ありませんか?ドライブレコーダーや防犯カメラに当て逃げした車が写っている...

先輩だった彼女の呼び方を変えるタイミングや使い分ける効果

先輩彼女への呼び方は意外と悩む人も多いです。先輩でも彼女になったのだから、やっぱり呼び方は変えた方が...

ウエストのゴムを伸ばす簡単な方法と注意点について徹底解説

しばらく履いていなかったスカートやパンツをはこうと思ったら、太ったわけではないのにウエストのゴムがき...

寺や神社のお守りは複数持っていても大丈夫!神様は喧嘩しません

妊娠している時に「安産祈願」のお守りをたくさんもらった場合、これって全部持ち歩いてもいいのかな?と疑...

FFの雪道対策 雪道を運転するときの注意点やポイント

FFで雪道を運転するときにはどんなことに気をつけたらいいでしょうか?雪道運転の対策とは?FFで雪道を...

洗濯機が脱水時にガタガタうるさいのはなぜ?異音の原因と対策

洗濯機の脱水時にガタガタうるさいと、何が原因なのか、もしかして故障!?と気になります。 洗濯機は高...

中学生【勉強出来ない子】特徴や出来る子になるために大切なこと

中学生で勉強出来ない子の特徴とは共通していることが多いです。どんなに勉強しなさいと親が注意しても、本...

洗濯機の脱水が弱い原因がわかれば、自分で対処できます!

洗濯機の脱水が弱くなっていて、いつもよりも洗濯物が濡れている。そういう場合、洗濯機が故障してしまった...

スポンサーリンク

給油口のキャップを紛失したら、まずする事とは

給油口のキャップを紛失したら、まず何をしなければならないのでしょうか?

だれかのいたずらで紛失したのなら、それはもう探しようがありません。
しかし、ガソリンスタンドでキャップを閉め忘れた場合は、最後に給油したガソリンスタンドへ戻り事務所の人に給油口のキャップの忘れ物は無いか聞きに行きましょう。

そこで忘れたキャップが保管されていれば良いですが、忘れ物として届けられていなかった場合はガソリンスタンドのキャップ置き場を確認し、それでも無い場合は諦めるしかありません。

もしも運が良ければ、数年以上引き取り手のいない同じ車種のキャップが保管されていることもまれにあります。
しかし、運が悪く同じキャップも無かった場合、買うしかないのです。

一番安全なのは、やはり純正品をディーラーに問い合わせて買うことです。
通販などで売られている安いものは、しっかり密閉されずにガソリンが漏れてしまう可能性も少なくないので、純正品を買うのがおすすめです。

キャップが無いまま運転するのは大変危険なので、キャップが無いことがわかったら速やかにキャップを入手してください。

給油口のキャップを紛失した場合の一時的な対処法

給油口のキャップを紛失してしまったことに気づいても、どこで紛失してしまったのか覚えていない場合や最後に給油したガソリンスタンドまで遠い場合は、危険を避けるために応急処置をしましょう。

キャップの代わり

ガソリンの気化や拡散を防ぐために、密封性の高いもので給油口を塞ぎましょう。
例えば、食品用のラップやビニール袋などで代用できます。
絶対に外れることのないように、何重にも重ねて輪ゴムなどでしっかりと固定してください。

ラップや輪ゴムなら近くのコンビニやスーパーでも買えるので、危険と隣りあわせで遠くのガソリンスタンドに行くよりは安全です。

応急処置をした後、近くのディーラーや整備工場などでキャップを取り寄せてもらうなど、速やかにキャップを入手するようにしましょう。

給油口のキャップを紛失したままだとガソリンが気化します!

最近では自分でガソリンを入れるセルフ式のスタンドが普及しているので、自分で給油することが増えていることと思います。

自分で給油することが増えたため、給油口のキャップの紛失や閉め忘れるトラブルも増えているのです。

給油口のキャップを紛失してしまうとどのような弊害があるのでしょうか。

自分で給油をした場合、うっかりそのままキャップを置き忘れてしまって紛失してしまうことがあります。
キャップを閉め忘れていることにも気づかずに運転を再開するととても危険な状態になってしまうのです。
運転しているときに振動によってガソリンが外部に漏れ出してしまう可能性は十分に高いです。

ガソリンは揮発性が高い

どんどん気化してしまいます。
この状態で走行を続けてしまうと様々なリスクがあるので、キャップを閉め忘れることのないように注意してください。

給油口のキャップを忘れると、こんな事にも

給油口のキャップを閉め忘れてそのまま走行するとどんなことになるのでしょうか。

キャップを閉め忘れて走行すると

走行中の振動でガソリンが漏れ出す

ガソリンが漏れると車の塗装が痛んでしまう場合があります。これはガソリンが塗装に付着することで、その部分のワックスが落ちてしまうからなのです。
しかし、最近の車の塗装は強いので、付着してしまったガソリンをすぐに拭き取れば目立つあとにはなりません。

キャップを閉め忘れてしまうと爆発する可能性もある

ガソリンは揮発性が高く、気化したガソリンは地面に広がってしまいます。
この広がってしまったガソリンの蒸気に引火すると、爆発を起こしてしまうことがあるのです。

実際に過去にも同じような事故が起こって、車の運転手は大怪我をして数ヶ月の入院になったケースもあるので、キャップの閉め忘れには本当に気をつけましょう。

給油口のキャップを紛失しないための防止策

ここまでは給油口を閉め忘れてしまった場合の応急処置についてお伝えしましたが、給油口のキャップの紛失を防止する対策について紹介していきます。

紛失防止の対策とはとても簡単なことで、給油するときに必ずキャップを確認することです。
この確認をしても閉め忘れてしまうことがあるので、そういった場合のために給油キャップ自体に紛失を防止する対策がされているのです。

紐が給油口についているキャップや、マグネットタイプのキャッぷなどがあり、紛失や置忘れ防止に大変役立っているのです。

さらには鍵の付いているものもあり、盗難やいたずらの防止にもなっています。

このような対策をとることでキャップの閉め忘れや盗難といった紛失を未然に防ぐことができるので、忘れっぽい人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

この対策をとっておけば、キャップの閉め忘れによる危険な事故も未然に防止できるのです。
値段はやはりもともとついているものに比べれば高いですが、数千円~1万円程度なので万が一忘れてしまったとき、自分の命を守るためと考えれば安いものですね。