注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

アメリカ発行の小切手を日本で換金する場合の注意点について

留学などの理由で、アメリカの小切手を手にした場合、日本で換金できるのかどうか心配になりますよね。

日本で換金する場合、どの銀行でも可能なのでしょうか?手数料はかなりかかるのでしょうか?換金する時に注意しなければいけないこととは?

アメリカで発行された小切手を日本で換金する方法と注意点について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストッキングが破れるのが太もも部分のときの対処法と予防対策

ストッキングを履いているとうっかりひっかけて破れることがあります。 破れたときがなぜか太もも部分ば...

名札ワッペンは服に穴が開かずに便利!名札ワッペンの作り方

名札を服に直接付けると穴が空いてしまいますよね。毎日名札を付け替えていると、その穴もだんだんと目立つ...

寒い朝は布団から出たくない!スムーズに起きる方法はコレ!

気温が低くなってくると、朝起きるのが億劫になってきますよね。寒い朝は布団からなかなか出たくないもので...

上海に旅行するときに気をつけたいお金の常識

上海に旅行に行くときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?とくに気をつけたいのがお金について...

ラインで友達の連絡先を別の友達に教える方法について紹介!

ラインで友達の連絡先(ラインアカウント)を 別の友達に紹介したい場合、どのような方法があるのでしょう...

靴の形や特徴!女性のシューズは種類が一杯!シーンにあわせて

女性の靴には本当に多くの種類があります。 パンプスやサンダル、フラットシューズの中にも形によっ...

風船を浮かせる裏技をご紹介!子供の誕生会を盛り上げましょう

子供の誕生会を自宅でする場合、どんな飾りつけにしようかとママとして悩んでしまうのではないでしょうか。...

ミディアムボブのパーマをゆるふわに仕上げるコツやポイント

ミディアムボブのパーマは一歩間違うと、広がり気味のヘアスタイルに見られがち。 可愛くゆるふわに...

舞台俳優へのプレゼントにオススメなものと贈る場所とは

好きな俳優さんの舞台に行く人や通う人は多いと思います。 何か差し入れをしたいと思っても、実際に...

6ヶ月くらいから赤ちゃんは人見知りをする?対処方法について

赤ちゃんの人見知りは何ヶ月くらいから始まるものなのでしょうか? だいたい6ヶ月くらいからと言わ...

ハムスターの鳴き声。プスプスは口や喉からではなく鼻からの音

ハムスターの鳴き声!? キュッキュやクッククククというハムスター特有の鳴き声ではなく『プスプス...

服にペンキが!服についてしまったペンキの落とし方について

服にペンキがついてしまったらもう諦めるしかない?洋服にマジックや油性ボールペンがついてしまうとがっか...

夢で同じ場所の夢を見る!知らない場所が何度も出てくる時の暗示

私達が眠っている間に見る夢には、隠されている意味や何かの暗示があることもあります。普段は夢についてあ...

【ガーランドの作り方】簡単にできる可愛い手作りガーランド

壁や窓ぎわにあるガーランドはお部屋を明るくしてくれて、お子様がいるご家庭にもぴったりです。 ガーラ...

カラスが怖いと道を通れない時は「バンザイ」で回避できる

カラスの子育て時期は人を襲うこともあるため怖いですし、その道を通れないこともあります。 カラス...

スポンサーリンク

アメリカで発行された小切手を日本で換金するためには

国際化が始まっているこの世の中ですが、留学であったり海外出張で、アメリカの小切手を手に持っている人もいます。その小切手を日本で換金する場合ですが、どのような方法ですることができるのでしょうか。

そういった場合ですが、銀行で換金することができます。銀行によって書類が必要になってきます。大体のケースですが、次の書類が必要になってきます。

  1. 自分が行く銀行の預金通帳
  2. 預金取引印
  3. 本人確認資料(運転免許証・保険証・パスポートなど)
  4. 手数料(銀行によって異なります)

銀行によって手数料が異なってきますし、必要書類も異なってくる可能性があります。上記はあくまで参考なので、銀行に行く前に銀行に一度問い合わせてみて下さい。

アメリカの銀行で発行された小切手を日本で換金してみました

アメリカの銀行で発行された小切手を日本で換金する時ですが、どんな事に気をつけてみたら良いのか、みてみたいと思います。

期限内に換金する

まず、小切手には期限がありますから、その期限内に換金してしまいましょう。場所は銀行で行います。上記でも触れていますが、手数料がかかります。その手終了ですが、銀行によって異なってきます。また、大抵、自分が開いている口座の銀行で換金するのが一般的です。

期限内に換金すること、また自分が持っている口座の銀行で換金するのが一般的であり、手数料がかかることがわかりますね。

アメリカの小切手を日本で換金する場合、事前に銀行へ確認しよう

銀行で無駄な時間を費やし無い為にも、小切手を換金できるかどうか、確認してから銀行にいきましょう。

というのも、銀行によっては、海外からの小切手を換金できない所もあるからです。そうなると、折角銀行に足を運んだにも関わらず、その時間が無駄になってしまいますよね。

例え大手の銀行でも、全ての支店で換金できる訳ではありません。その為、まずその銀行で換金することができるのか、そして、どんな書類が必要になるのか、確認してから銀行には行きましょう。

アメリカの小切手をもし紛失してしまったらどうなるのか

アメリカの小切手ですが、もし紛失してしまったらどうなるのか、答えからいいますと、例え紛失してしまったとしても、悪用される可能性は低いです。というのも、小切手には、宛名と住所が書かれていますし、銀行では身分証明の提示が求められるので、悪用される可能性は極めて少ないといえます。

その為、仮にアメリカからの小切手を誤って紛失してしまったとしても、悪用される可能性はない、その心配は不要になります。

小切手に宛名と住所に書かれていること、また、銀行で身分証明書の提示が求められることで悪用は、防げそうですよね。

アメリカの小切手を日本で換金する場合の注意点とは

アメリカの小切手をもし紛失してしまったとしても、小切手には宛名と住所が記載されていて、銀行では身分証明を提示されるので、悪用される可能性は殆どないことを上記では学んできました。

最後に、アメリカの小切手を日本で換金する場合ですが、注意点をここでみていきたいと思います。

換金には手数料がかかる

上記でも何度か触れてきましたが、銀行で換金するとなると、手数料がかかります。どの位かかるかというと、3000-5000円かかるので、その点を注意する必要があります。

銀行によっては、自行振り出しの場合は無料となっているので、手数料は気にしなくても良い所もあります。どの銀行を使うのか、クレジットカードや月間平均貯金額も手数料に関係してくるようです。

換金するとなると、手数料が気になりますね。

アメリカの小切手を日本で換金する場合は手終了が面倒

国際化が始まっている今、アメリカの小切手を手にする機会も多くなってきますが、換金するとなると、換金できる銀行が決まっていること、また、手数料が予想以上にかかる心配があるので、換金する際には注意が必要な事がわかります。どの銀行でアメリカからの小切手を換金できるのか、事前に調べておくこと、また、手数料についても確認してから銀行に行くほうが賢明でしょう。必要が書類も調べておく必要があります。

小切手を悪用されるのではないか?っと思う人もいますが、その点は小切手に宛名と住所が書かれており、銀行でも身分証明の提示があるため、悪用の可能性が低いことがわかっています。利用者としては安心できますよね。ただ、換金するとなると、頭が痛いのは、やはり手数料ではないでしょうか。